ブログを毎日更新することの功罪 アクセス数1PVの重みを感じて書こう

ブログを更新

ブログを開設、毎日更新をはじめて1か月半。
自分にとって、ブログの「問題点」が目についてきました。

1PVの向こう側にある重み

先日、このようなブログを読みました。
まずは気になった個所を引用させていただきます。

1PVに感じる重さもひとそれぞれでしょう。
それでも1PVの向こう側には人がいることを忘れないでいて欲しい

引用元 1PVの向こう側には人が居る。閉鎖したブログに思うこと / Enter101

言われてみれば、あたりまえであり、とてもだいじなことです。
でも忘れていました、すっかり。

見返りを求めてブログを書く、という違和感

その証拠に、最近の自分ときたら、アクセス数としてのPVが多くなること「ばかり」を気にしています。

だいじなことは「誰が」見に来てくれているかなはずなのに、「何人」見に来てくれているかに関心が移ってしまいました。
その「何人」が「誰か?」ということは、そのときは意識の外。
「誰か?」を知りようがないのも事実なので、見えない「誰か」よりも、見える「数字(PV)」に見返りを求めてしまいます。

いま「見返り」と言いましたが、ブログを毎日更新することは、いまの自分には「かなりの苦行」です。

毎日2,000~3,000字程度の記事に、たっぷり2時間以上かけています。
テーマ選びにはいつも頭を悩ませています。
パソコンを前にして、なかなか書き出せないことも少なくありません。
それゆえか、ブログの投稿が終わると「妙な」満足感もあります。

そんな苦行の見返りとして、がんばりへのご褒美として、はっきり見える数字としてのPVにすがっているようなところがあります。

なんでこうなってしまったんだ・・・?
さきほど引用したブログが気になったのは、自分の中の「違和感」をずばり指摘されたようであったからでしょう。

目的の明確化だけではすまない

先人ブロガーの方々が言われるように、そもそもブログを更新し続けることは楽なことでありません。
それをわかって、自分もはじめたはずでした。

楽なことではないと知りながらはじめたのは「目的」があるからです。
ですがこの状況からみると、その目的はカタチだけのものになってしまい、「ブログを書く」こと自体が目的になっているということなのでしょうか。
だとすれば、いわゆる「手段の目的化」です。

ほんとうに?
ならば目的をあらためて明確にすれば解決することなのか・・・?

実は手段の目的化は、ブログをはじめてから何度も気を付けていたことで、いまとなっては「にもかかわらず」です。
手段の目的化は、何事においても避けるべきことですから。

ちなみに、ブログに対して自分が掲げている目的は2つ。
・アイデンティティの確立
・ブランディング

「アイデンティティの確立」は「自分向け」のこととして、書くことを通じて自己を磨き、自己実現を目指すことにあります。
他方、「ブランディング」は「他人向け」のこととして、書くことを通じて、そんな自分を知ってもらうこと。
ブログの内容それ自体や、知ってもらうことでつながる仕事で、役に立つことを目指すことにあります。

以上の目的の手段として「ブログを書くこと」を位置付けていました。
以前から。そしていまも。
たしかに、ブログ更新の苦しさで目的が薄らいでいた観はあります。
ですが「目的の明確化」だけで、冒頭の違和感が払しょくされたとは思えません。

制約が足りない

切り口をかえるべく思いをめぐらせていたら、ひとつの現象に気が付きました。
ブログを書くことに使う時間が以前よりも増えている、という現象です。
「いろいろ考えるようになっているし仕方ないなぁ」と流していた部分。

これか?
「漫然とした手段」にしてしまったことが苦行を「ただの苦しいだけの行い」たらしめ、
安易な見返りを求めるきっかけになったのかも。

目的を果たすための「制約」が未設定、あるいはあいまいでした。
極端な話、だいじな目的のためにブログを書くのだから、どれだけ時間がかかったとしても仕方ない、そう考えてしまっていました。
正しくは考えていたというよりも、考えていなかった。
制約については考えることを放棄していた、に近いです。

目的を果たす手段はほかにもあります。
ほかにやるべきこともあるはずです。
現実問題として、ブログだけに時間を割いているわけにはいかないのです。

制約の種類は「時間」だけに限られるものではありませんが、ブログ執筆のおおきな要素として、時間に制約を課すことからやり直します。

制約があるから、そこに思考や工夫が生まれます。
そのとき、苦行は「ただの苦しいだけの行い」ではなく、自らを高みに導く「ほんとうの意味での苦行」になるのではないでしょうか。

まとめ

ブログに限らず「どうもしっくりいかないなぁ」というとき。
「目的」を確認すると同時に、「制約条件」も確認してみるとよいでしょう。
私のように、制約の甘さが手段を鈍らせているかもしれません。

ブログを書き始めてから、他人のブログをたくさん読むようになりました
(そういえば、これにも時間がかかっていますね・・・)。
同じような境遇の人のブログもあれば、まったく異なる人のブログもあります。
どちらにも「気づき」が潜んでいます。

同じような境遇でも「こんな考え方があるんだ」と気づかされ、異なる境遇には「こんな世界もあるんだ」と気づかされ。

自分もブログを書く以上、ひとりでも多くの誰かの気づきになるようにと、心します。
その結果、PVが増えることはうれしいことです。
これからも、カウントされる1PVの向こう側に居る人を思い、文字を連ねていきます。

************
  きょうの執筆後記
************

昨日も、終日オフ。
朝のテニスレッスン後、横浜・関内に家族でおでかけ。
我が家は「収穫祭」というイベント目当てでしたが、
横浜スタジアムでプロ野球のデーゲームもあったようで、
駅前を中心にかなりの熱気でした。
人の熱気もさることながら、6月だというのに、
もう夏顔負けの日差しが印象的な休日でした。

 

【無料メルマガ】経営・お金のヒント Weekly News

メルマガ

毎週月曜日と木曜日、無料メルマガ配信中!
経営のヒント・銀行対応・補助金・減税など経営に役立つ情報がいっぱいです。