節税のチャンスかリスクか?個人事業主を悩ませる『家事関連費』という経費

家事関連費

スポンサードリンク

自宅兼オフィスの電気代って経費に入れていいのかな?

イイんです!入れましょう、入れましょう。ところが、「全額」ってワケにもいきません。経費にできるのは、あくまで「仕事」として使った分だけ。

ならば「いくらまでなら入れていいの?」というのは、フリーランスや個人事業主を悩ませる「家事関連費」問題です。

チャンスでもリスクでもある経費。それが家事関連費

自宅兼オフィスの電気代は、たしかに経費になるのだけれど。ちょっとやっかいなんだよね、というところからいきましょう。

以下、青色申告であることが前提のお話になります。白色申告の場合には、少々事情が異なりますのでご注意ください 

家事関連費とは

ひと言で言うと。家事関連費とは、

プライベート分と仕事分とが混じった費用です。混じった部分のうち、仕事分だと言える部分は、その割合分だけ「経費」にしてOK。

税法的にはもっとちゃんとした表現がありますが、カンタンに言うとそういうことです。具体的なイメージができるよう例を挙げると、

  • 家賃
  • 火災保険、地震保険料
  • 修繕費
  • 水道光熱費(電気、ガス、水道、灯油)
  • 通信費(電話、インターネット)
  • クルマに関する費用(減価償却費、ガソリン、自動車保険、自動車税、車検、駐車場) など

持ち家の場合には、上記とは別に

  • 住宅ローンの利息
  • 建物部分の減価償却費
  • 固定資産税
  • マンションの管理費 など

節税の「チャンス」になるケース

自分で確定申告をしている人の話を聞くと、「家事関連費を経費に計上していない・できていない」という人は少なくありません。その理由は2つあります。

  • そもそも「家事関連費は経費になる」という考え方を知らない
  • なんか経費にはなりそうだけど、どうしたらいいのかわからず何もできない

この場合、家事関連費を理解することで「節税のチャンス」が広がります。

節税の「リスク」になるケース

いっぽうで。家事関連費に「入れ込み過ぎ」ると、危険です。ときどき、度を越えて家事関連費を経費にしている方をお見受けします。家賃をゼンブ!とか、マジもう無理の世界。

さきほど触れたとおり。家事関連費のポイントは「仕事分だけを経費にする」ことです。家事関連費を誤解すると「節税のリスク」に脅かされます。

 

ほんとうは語りたくない具体的計算例

家事関連費の考え方をお話ししたところで。次は具体的な計算例についてみていきましょう。

家事関連費を経費にするために

まずは大原則。家事関連費を経費にするためには、

プライベート分と仕事分とを区分する説明ができることがたいせつです。

「説明ができる」というのは、納得させる・説得できる「材料」があるということ。誰に対して?もちろん、税務署です。ここを安易に考えていると、いざ税務調査というときにケガをします。

家賃は面積按分が基本です

では、メジャーどころとして「家賃」について。さきほどの大原則、「プライベート分と仕事分とを区分」する材料を探しましょう。どうですか?

たとえば2DKの部屋を借りていて、そのうちの1部屋が仕事部屋というケース。「仕事部屋の面積 ÷ 部屋全体の面積」が仕事分としては妥当な考え方でしょう。ということで、キホンは「面積」で区分します。

ワンルーム暮らしのプロブロガーの家賃は?

では、ワンルームのアパートで仕事をするプロブロガーだったら?結論として、こんな算式はどうでしょうか。

家賃 ×( 仕事スペースの面積 ÷ 部屋全体の面積 )×(仕事時間 ÷ 24時間 )

「仕事スペース」は、仕事用のデスクや書棚などがあるなら、その分の面積を計算してみます。キホン的にはこれでいいのですが、デスクや書棚などが「プライベート兼用」だったら?

というときに「時間」の概念を持ち出します。それが「仕事時間 ÷ 24時間 」です。

按分計算の「こたえ」はひとつじゃない

ところが、上記のワンルームプロブロガーの家賃計算式。はっきり言って「ビミョー」です。税理士に聞いても、人によって見解が分かれるところでしょう。保守的にいったら「仕事分はゼロ」ということも。

税法には「明確に区分できるか」という考え方もあり、「ひと部屋を区分する材料はない、ゆえにバツ」というのもひとつの答えだとは考えます。

でも、かわいそうじゃないですか?仕事してるんだから、実際に。ということで、わたしなら税務調査での「ひと悶着」も覚悟しつつチャレンジするという前提での算式でした。

度が過ぎるからヤられる

ビミョーな問題については、「度をわきまえる」ことだと考えています。たとえば、くだんのワンルームプロブロガーが「おれは24時間年中無休だ!」と言って、家賃全額を経費にする。

これはアウトでしょう。度が過ぎます。ところが、さきほど示した算式のように「材料」があるのであれば。税法的な解釈からはビミョーでも、実務上OKになる可能性は少なくない。

わたしはそう考えています。わたしはね。ってしつこいほどに念を押すという。

クルマ

語りたくない具体的計算例の続き

家賃の件で長引いてしまいました。ほかの部分も見ていきましょう。

住宅関連は、家賃の考え方といっしょ

「家」にまつわる費用は、基本的にさきほどの「家賃」の考え方といっしょです。基本は「面積」で案分します。具体的には次のようなもの。

  • 火災保険、地震保険料
  • 修繕費
  • 水道光熱費(電気、ガス、水道、灯油)

持ち家ならば、

  • 住宅ローンの利息
  • 建物部分の減価償却費
  • 固定資産税
  • マンションの管理費

電気代については、「仕事分」の方がより多く使っているというのであれば、別途「材料」を用意するのも良いでしょう。たとえば、「使っているコンセントの数」で按分するとか。

逆に、オフィスとしてのガスや水道は、「面積按分」ほどには仕事分として使わないでしょう。わたし自身も自宅兼オフィスですが、ガスと水道は経費にしていません。ご参考まで。

通信費関連は、材料探しがムズカシイ

電話代、インターネット接続料など。仕事専用の回線であればもちろん100%経費ですが、兼用の場合には「材料」に難があります。

電話であれば通話時間や通話回数。インターネットであれば利用時間などで。プライベート用と仕事用の割合で区分することになります。一定期間の記録をとってみて、以後、その割合を採用するということでよいでしょう。

ちなみにわたし自身は、仕事用の固定電話を持っていません。お客さまなどに公表している電話番号は携帯電話のみ。ということもあり、兼用の携帯電話ですが90%を経費にしています。

兼用の携帯電話で90%経費というのは、「一般的には」かなり経費割合が高い部類に入ることでしょう。ケースバイケースで各々の判断ということです。

クルマ関連は、走行記録をとりましょう

続いて、クルマ関連の費用。減価償却費、ガソリン、自動車保険、自動車税、車検、駐車場など。

「兼用」のクルマというのは、税務署的にはかなり「アヤシゲ」に見られます。配送用のトラックなどであれば仕事感がありますが。フツーの乗用車やファミリーカーだったりするとプライベート感が・・

ということで。怪しまれても説明できるように「材料」を残しましょう。一番はやはり「走行記録」。ずーっと記録し続けるのがベストですがそれもタイヘンです。

いつも状況がだいたい同じであれば、一定期間の記録をとってみて、その割合を採用してもよいでしょう、

減価償却について

建物とクルマについて、「減価償却費」とサラッと書きました。建物もクルマも金額が大きく、1度で経費にできないのが会計のルールです。数年間に分割して経費にするしくみが「減価償却」です。

カンタンに知りたい・説明したい人のための減価償却の考え方

2016.09.13

減価償却費の計算方法は、他に譲らせていただきます。ここで覚えておいていただきたいのは、持ち家の購入費もクルマの購入費も経費になるんだな、ということです。

 

まとめ

プライベート分と仕事分とが混じった経費、家事関連費についてお話してきました。

カンタンではない経費であり、書籍やネットの情報でもいろいろなことが言われている部分です。さいごに大事なことをひとつ。

家事関連費に「万人に共通の正解」などない。

だれかが電話代の70%を経費にしていたからオレも。ということはありえません。オレはオレです。30%かもしれないし、100%かもしれません。あくまで自分の状況で、状況にあった「材料」を準備すること。

節税のチャンスを逃さず、リスクに備えた「家事関連費」にしましょう。

 

 

************
  きょうの執筆後記
************

少々書きにくいテーマでした。〇%とか書くと、数字だけが独り歩きするのは怖いので。
とはいえ、理屈だけを話していたのでは「ほか」と差別化もできません。リスクをとって書いてみました(笑)

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!