二日酔いになったとき、ならないための対策についての考察

二日酔い

うぇ~、気持ちワル… アタマ痛っ…

もう2度と飲み過ぎないと誓っても。わかっちゃいるけどやめられないのが二日酔い。

いままさに二日酔いに苦しむあなた、今度こそ気を付けようと対策を練らんとするあなたへ。二日酔い対策について。

この酒はいつ抜けるんだ?

飲み過ぎたあとに思います。いったいこのお酒はいつカラダから抜けるんだ? と。では、計算してみましょう。計算してみせましょう。

お酒が抜けるまでの時間公式

カラダからアルコールが抜けるまでの時間を計算します。

(アルコール度数 ÷ 100 × 飲酒量【ml】× 0.8)÷(体重【kg】× 0.1)

二日酔いのアタマが、余計に痛みそうな計算式ですが。

前のカッコ書きの中では「アルコール量【g】」の計算を、後ろのカッコ書きの中では「アルコール分解量【g/時間】」を計算しています。

上記算式は、その時々の体調・個人差により実際とは異なります。目安であることにご注意ください 

さぁ、お前の後悔を数えろ

たとえば、体重60kgのボクが。アルコール度数5%のビールを2,000ml くらい飲んだっけ?というのなら。

  • (5 ÷ 100 × 2,000 × 0.8)÷(60 × 0.1)= 13.333…時間

おおよそ13時間。23時に引き上げたとしても。翌日の午前中いっぱいアルコールが体内に残りそうだ、ということになります。どおりで気持ち悪いわけだ、うぷっ。

これはいかんワ。こんどからは半分くらいの1,000mlぐらいにしとこうか、となるわけです。

って、ほんとうに? 世の中、そんなに聞き分けのイイ酒飲みばかりではないでしょう。結局飲んじゃう、みたいな。

せっかくの公式ではありますが。二日酔いの朝に、「オレはあとどれだけの時間を、この後悔とともに過ごせばよいか」を思い知るだけのことになりそうです。

 

二日酔いの朝に試みるコトあるある

わたしを含め、聞き分けの悪い酒飲みが結局迎える二日酔いの朝。なんとか回復を願って、わたしがやってみることについて。改めて検証してみました。

湯船には入るな、シャワーを浴びろ

「熱いお風呂」に入るとなんだかスッキリしそうな気がします。たしかに血流が良くなり、アルコール分解は早まる効果があるようです。でもダメなんですって、危ないから。

アルコールの分解には、体内のたくさんの「水分」を消費します。二日酔いは、まだその「水分」を消費し続けている状態。

熱いお風呂にゆっくり浸かり、大量の汗を流したりしたら・・・脱水状態です。湯船は避けて、熱すぎないシャワーを浴びる程度にしておきましょう。

スポーツドリンクはゆっくり飲むべし

さきほどお話しした通り、アルコールの分解ではたくさんの「水分」を消費します。だから、とにかく水分を摂ることです。

事と次第によっては、水を飲むつど吐いてしまうような状態もあるでしょう。そんなときは水よりも、体内への水分吸収力が高いスポーツドリンクが適しているといえます。

ただし、冷えたスポーツドリンクを一気に飲むのは、弱った胃への刺激にもなってしまうので。できれば常温で、すこし時間をかけてゆっくり飲むのがベストです。

コンビニで冷え冷えのポカリをあおったら気分を悪くし、まもなく同量の水分を失ったことのあるわたし。しばらくポカリがトラウマになりましたのでご注意を。

頭痛薬を呑まずに、コーヒーを飲む

気分はまぁまぁ大丈夫。でも、アッタマ痛い、すごく痛い。という二日酔いもあります。

二日酔いのときには「ロキソニン(頭痛薬)を飲むんだ」という医者の話をどこかで聞いたゾ。で、飲んでいた時期もありますが、もちろんダメなやつです。やっちゃダメ。

お酒と薬をいっしょに飲むのはNGです。頭痛は治るかもしれませんが、胃や肝臓に余計な負担をかけることになるという。

そこで「コーヒー」という選択肢。アルコールで拡張した血管が頭痛の原因であれば、血管収縮作用のあるコーヒーが頭痛を緩和させるそうです。そういうことで、いつものスタバ行こ。

ドリンク剤に頼る

もうダメだ、ほんとうにダメだ。でも仕事に行かなきゃ、という朝には。ドリンク剤に頼ります。朝、コンビニまで妻に買いに行ってもらったこともあるような・・・

アルコールで失った養分を摂取しながら、さらにアルコール分解を助けてくれる。らしいので、多分効きます。効いているような気がします。いや、むしろ頼む、効いてくれ!

コンビニにはいろいろなドリンク剤がありますが、一番効くなぁというのは「液キャベ」です。あくまで個人差でしょうけれど参考まで。

ツボにすがる

それでもダメ、立ち上がることすらままならないときには寝るしかありません。そんなときには、ワラにもすがる思いで寝ながらツボを押すのです。

どこかでわたしが聞いたツボ。それは、手の甲側、親指と人差し指の付け根の間にあるツボです。調べたら「合谷(ごうこく)」というらしい。さぁ、押すのです。信じなさい。

 

秘薬「琉球酒豪伝説」、そして「水」

二日酔いになってからでは遅いんだ。ならないように何とかしたいんだ、とわたしも思います。

飲む前と飲んだ後に、琉球酒豪伝説

つい最近。「琉球酒豪伝説」なる薬(ただしくは健康補助食品)を知りました。谷口孔陛税理士によるこのブログ記事で。

コスパ最強の二日酔い対策! ウコンの力よりヘパリーゼより「琉球酒豪伝説」! |
 こんにちは。めがね税理士の谷口(@khtax16)です。 とうとう今年も12月に入りましたね!12月といえば忘年会。お酒が飛び交う季節です。先日一緒に飲んだあ...

うぉ~強そう、ネーミングだけで強そうだゼ。と、気になって調べたネットでの使用レビューも上々であり。こりゃ、もう買うしかないね。ということで、楽天で即買いです。

お試しということで「6袋入り 800円」を購入。送料込み、ポイント20倍(160円相当)。安くない?これ。

一袋の中身はこんなカンジです ↓

琉球酒豪伝説

ウコンが10粒、ハーブが5粒。うん、効きそう。ウコンは肝機能の働きを活性化するといいますからね。グァバ、マンジェリコン、ギムネマシルベスターなどのハーブは美容にもイイとのこと。

ただ、調べによると。ウコンの1日摂取量からみて、1日4袋までらしいです。そんなに呑まんけど。

これを、飲酒前あるいは飲酒中に1袋。そして、飲み過ぎたときには飲酒後にもう1袋。

すでに服用済ですが、わたしには効果は「アリ」でした。わたしは飲み当日は強いのですが、翌日にめっぽう弱いという体質。

つい先日も、わたし的には「二日酔いになりそうだな」という飲酒量でしたが。琉球酒豪伝説を投入し、事なきを得ました(って、そんなに凄まじい量を飲んだりしてません!)。

そんなわけで、これからの忘年会に備えて追加発注済みです。飲む前にケアしたいあなたは、いちどお試しあれ。

偉大なる水のチカラ

二日酔いケアについて。ほんとうの意味での最強ケアは「水」です。アルコール分解に必要な「水」。これを飲酒前、飲酒中、飲酒後としっかり摂ることです。

それを怠り、飲酒中はアルコールのみ。飲酒後にはこってりラーメンをスープまで飲み干し。おい、水を飲め。ってことです。

ご存じのとおり、アルコールには「利尿作用」があります。飲んだお酒に対して、「1.1倍」の水分が、尿など何らかの形で失われると言います。

これは、お酒を飲んだ分以上に、水分は排出されてしまっているということ。ただお酒だけを飲み続けていると脱水状態になるということです。

お酒を飲むときには、適度に水も一緒に飲むとよい。十分な「水」がアルコールの分解を助け、翌朝の二日酔い防止に貢献します。

 

まとめ

二日酔い対策について、経験を踏まえてお話をしてきました。

なってしまったらしかたないですが。そもそもそんなに飲まなければいいというハナシでもあり。

やはりお酒は後悔なく、楽しく飲みたいものですね。自分の適量というものをわきまえておく。コレに尽きます。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

【無料メルマガ】経営・お金のヒント Weekly News

メルマガ

毎週月曜日と木曜日、無料メルマガ配信中!
経営のヒント・銀行対応・補助金・減税など経営に役立つ情報がいっぱいです。