2016-2017ディズニーランド ニューイヤーズ・イヴ体験記~小学生の子連れで年越し

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ

スポンサードリンク

 ディズニーランドで「年越し」ってどんなん?

行ってきました、2016年12月31日の大みそか。夢と魔法の王国、東京ディズニーランドへ。

ウワサの年越しイベント「ニューイヤーズ・イヴ」に、家族で初参戦です。小学生の「お子様」2人を連れていった結果やいかに。

目次

ディズニーリゾートの「ニューイヤーズ・イヴ」とは?

はじめに少々予備知識を。ディズニーリゾートの「ニューイヤーズ・イヴ」ってどんなものなのか、について。

大みそかの夜から元旦の朝にかけての特別営業

2016年-2017年のニューイヤーズ・イヴについては、次のようなスケジュールでした。

  2016年12月31日 2017年1月1日
8:00-18:00 20:00-7:00 9:00-22:00
ディズニーランド 通常営業 年越し特別営業
※特別チケット必要
通常営業
ディズニーシー 通常営業 年越し特別営業
※特別チケット必要
通常営業

つまり、12月31日の20:00から、日付をまたいで1月1日の7:00までの特別営業。これが「ニューイヤーズ・イヴ」です。

チケット争奪戦

この「特別営業」のディズニーリゾートへ入園するためには、「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」なる特別チケットが必要です。

ディズニーランドもしくはディズニーシー、いずれか行きたいパーク用の「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」を取得しなければいけません。

このチケットをめぐり、毎年、ディズニーファンによる争奪戦が繰り広げられているわけです。

正規ルートのひとつである「抽選」を勝ち抜いてチケットを獲得できる確率は、およそ数十倍とも言われています。いやはや、とんでもない倍率です。

抽選後はネットオークションなどで、数倍に値上がりしたこのチケットが取引されることになります。

ひと言でニューイヤーズ・イヴに行くといっても、そこには人それぞれ、さまざまなドラマがあるのです。

ちなみに、「ニューイヤーズ・イヴ・パスポート」の定価は9,700円(税込)。老若男女を問わず、均一料金でございます(3歳以下は無料)。

現在、通常営業時のワンデーパスポートは大人7,400円、中人6,400円、小人4,800円。そう考えると、なかなか「お高い」チケットざます。

 

前置きはここまでにして、『体験記』にいってみましょー。

 

《12月31日 12:31》自宅を出発

横浜市戸塚区の自宅をクルマで出発。なにもなければ1時間程度で到着予定。

開園は20時ですから「相当早い」出発ですが。余裕をもって、現地でのんびりしていればよいかということで。

夕方以降は、現地周辺道路は混雑するとの情報もあります。

 

《12月31日 13:20》東京ディズニーランド駐車場到着

なんの渋滞もなく、出発から約50分。ディズニーランドの駐車場ゲートへ到着。ゲート前に入場待ちの目立った列もなく、スムーズに場内へ。

ところが。

場内の案内に従い、走る走る、どんどん走る。いったいどこまで走るん?みるみるランドからは遠ざかっていきます。で、案内されたのはココ。

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ2

東京ディズニーリゾート公式HPより抜粋した図を加工

結局案内されたのは「R2」という駐車場。上図で「ココ」と示した部分です。と、遠すぎるだろ、これは。

ディズニーリゾート内には「リゾートライン」というモノレールが走っていますが、その駅でいうと「ベイサイド・ステーション」駅の真ん前。

ランドは「東京ディズニーランド・ステーション」駅にありますから、ちょうどひと駅分離れていることになります。

別の駅やないか〜い、ということで。キャスト(従業員)さんに確認したところ。

ランドまでは歩いても15分、リゾートラインに乗っても15分。なかなかの場所に案内されたものです。

 

《12月31日 13:40》東京ディズニーランドR2駐車場 車内

駐車場が遠いのはしかたあるまい。無事に着いたことを良しとして、ゆっくりすることにします。

夜は長いのです。出来うる限りカラダを休めておかなければ、ということで基本寝ます。ひたすら寝るのがベストです。

ところで、わが家は必要に応じてレンタカーもしくはカーシェアを使っていますが。きょうは「寝やすい」ようにと、少し大きめのクルマを調達しています。

ところが。またしても、ところが。

子供たちが寝やしない。小5の娘と、小2の息子がいますが、とくに息子のほう!

運転席で寝ているわたしの後ろでモゾモゾ動き続けるものだから、気になってこっちもいっこうに眠ることができないっ!!

「動くなっ!」「寝ろ!」「目をつぶれ!」・・・

そんな父の言葉もむなしく、さっぱり寝ないでやんの。結局、これがのちに響くことになるわけですが。まぁ、子供なんてそんなもんです。しかたない、しかたない。

 

《12月31日 16:20》東京ディズニーランドR2駐車場からあえて出庫

16時過ぎ。ボチボチ、どこか夕飯でも食べにいきますか。ということで、クルマを出ます。

リゾートラインに乗って、舞浜駅(リゾートゲートウェイ・ステーション)前の施設「イクスピアリ」へでも行ってみようかと。

ところが。

リゾートラインに向かって駐車場内を歩いていると。そこそこの台数「空き」があります。もちろん、早々に帰ったはずもなく。これは「移動」したということ。

近くにいたキャストさんに尋ねたところ、いま現在、ランド隣接の立体駐車場に案内中とのこと。そういうことか、そういうことなのか。

ということで、わが家も移動します。いちど出庫し、あらためて駐車場ゲート前まで戻り再入場。

こんなに早く来なくても良かったんじゃ、って? 人生、何が起こるかわからないもの。備えるに越したことはないのですよ。とにかく今は移動です。

ちなみに、駐車場は当日に限り「再入場」が可能です。なんどでも出し入れは自由。覚えておくと意外とベンリな豆知識。

 

《12月31日 16:35》 東京ディズニーランド 入場ゲート前

駐車場の再入場で、今度は「立体駐車場」へ。これでベストポジション、ランドは目の前です。この時間、駐車場ゲート前に混雑はありません。

イクスピアリに向かって歩く途中、ランドの入場ゲート前を見れば、すでに相当な長さの列が出来ています。20時の開園待ちです。

が、きょうは並びません。体力温存。別に急いで入る必要もなし、というのがきょうのわが家のスタイル。ということで徒歩で10分、イクスピアリに向かいます。

 

《12月31日 16:45》 イクスピアリで夕食を

イクスピアリは舞浜駅の目の前です。その舞浜駅周辺は、相当な人出。イクスピアリ内も同様です。

わたしの感覚で言うと「とっても混んでる」レベル。なんで、こんなにヒトがいる?大みそかの夜というのは、みんなおウチで紅白を観るものではないのか?

それよりも店探しを。ところが、どこもかなり混んでます。お店の前には長い列が目立ち、スッと座れそうな気配がありません。

そんな中、なぜか「真剣勝負」なる店名のラーメン屋だけは空いている。いいんじゃない、真剣勝負。今夜は勝負です。ここでいい。ということで、家族4人で真剣にラーメンをすすります。

 

《12月31日 17:25》ディズニーランド エントランス付近

夕飯も食べたし、また駐車場に戻って「お寝んね」の時間です。その前に、トイレトイレっと。ところが、イクスピアリ内のトイレはダメダメです。めっちゃ混んでます。

舞浜駅からランドへの途中にある、ディズニーショップ「ボン・ヴォヤージュ」店内を覗くと人だらけ。あぁ、入りたくないわ。なんか、カゼとかもらいそう。

ランド前まで戻って、「東京ディズニーランド・ステーション」のトイレ前。には、長蛇の列。そうかそうか、ならば発想を変えようじゃないか。うん。

ということで、ここで周囲を見渡します。機転のきくあなたならば、何かを思いついたはず。でもシーっ!ナイショだよ。

 

《12月31日 19:18》東京ディズニーランド 入場ゲート前スタンバイ

再度の「お寝んね」タイムも案の定、十分な睡眠は得られぬままに。19時を過ぎたので身支度をして、入場ゲートへ向かうことにします。

手荷物検査ゲートは目立った混雑もなく。スムーズに入場ゲート前の列に到着。しかしまぁ、相当な列です。キャストさんの案内に流されるままに並んだのはこの位置。

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ4

東京ディズニーリゾート公式HPより抜粋した図を加工

上図の「太い赤線」が列。その列の最後尾「点線の丸」の辺りに並びました。わかる人にはわかりますが、図で見るほど実際の列は短くありません。はっきり言って、相当長い。

この列が周囲に何本、何十本とあるわけで。しかもニューイヤーズ・イヴへの高まりもあって、ちょっとしたカオス的状況です。普段の待機列よりも密度高くない?

 

《12月31日 20:00》東京ディズニーランド ニューイヤーズ・イヴ開園

20:00、開園です。たぶん、定刻に門は開かれたのだと思います。待機の位置からはその状況がまったくわからず。とくに歓喜の声が聞こえるでもなく。

ところが。

列がさっぱり進まない。ときおり思い出したように「数歩分」進むのみ。時間ばかりが流れていきます。時は金なり。イライラがつのります。

そして、時刻は20:20。開園から20分だというのに、まだ当初の列の半分過ぎといったところか。だいじょうぶか、この列?

それからしばらくののち、キャストさんが拡声器で案内をはじめます。「左側の列が空いています!左側のゲートが空いています!」

一瞬躊躇したものの移動してみて愕然とします。空いてるよ、マジで。もう「右側」のゲートに並ぶのはやめよう、という教訓を経て。20:30、ようやく入園です。

 

《12月31日 20:37》バズ・ライトイヤーのアストロブラスターでFP発券

すでに園内は相当な混雑ぶり。これはちとヤバそうな混み方だな、というのがわかるくらい。入園後すぐのワールドバザール内はこんな感じです ↓

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ5

その後、右手に向かい、アトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」のFP(ファストパス)を発券。

指定された時間は「23:10-0:10」。のっけからとんでもない時間を指定してくるじゃない。子供たちのことを考えると、「FPもあとひとつくらいかな」という状況です。

ちなみにスタンバイ(並んで乗る)は、この時点で45分待ち。参考まで。

 

《12月31日 20:41》トゥモローランド・テラスで休憩

トゥモローランドからトゥーンタウン方向に歩いてみます。すでにポップコーンワゴン(売り場)にも長蛇の列。みんなどんだけポップコーン好きなんだよ。欧米かっ?

そうこうしているうちに、ランド内最大席数の「トゥモローランド・テラス」へ。店内眺めてみるとまだ比較的空いています。

入園までに1時間以上立ちっぱなしでしたからね、ひとまず休憩することに。軽食とドリンクで英気を養います。

ところで、いずれここらは温もりと眠りを求める方々の「仮眠所」と化すらしい。いまはまだ、フツーのレストラン。みんな起きてます。

 

《12月31日 21:10》ガジェットのゴーコースター乗車

休憩も済んだところで、トゥーンタウンに入ります。お目当ては「ガジェットのゴーコースター」。ミニジェットコースターですね、はい。

子供たち大好き、ゴーコースター。ランドに来たら絶対乗ります。ヘタをすると5回くらいの乗る勢いです。でもボクは1回オンリー。それ以上はキラキラ加工が必要になるからね、やめとこう。

いまの待ち時間は5分、すぐ乗れます。コースが短く、意外と回転の良いアトラクション。普段からそれほど混んでいません。そこは好き。

 

《12月31日 21:23》トゥーンタウン内ポップコーンワゴン

ゴーコースター乗車後、トゥーンタウン内を見渡すと。人気のないポップコーンワゴンを発見!待っていたよ、この時を。結局、ボクも欧米かぶれ。

ということで息子は、スティッチのポップコーンバケツにキャラメル味を充填します。安定のキャラメル味。お姉ちゃんは違う味を狙い、今回は見送ります。

よく見ると、なぜかすぐ真向かいにもキャラメル味のポップコーンワゴン。

ボク「あれ!? 同じ(キャラメル味)。」

妻「えっ、鼻血!?だれが?」

あぁ、もういいです。もうだいじょうぶです。こういうことが日常茶飯なウチの妻。聞き間違いが神ってます。楽しいでしょ?

 

《12月31日 21:38》エレクトリカルパレードにてミッキー・ミニー登場

そんなトゥーンタウンを出ようとしたところで、エレクトリカルパレードに遭遇。

いいよね、アノ音楽。トゥントゥルトゥルトゥル、トゥントゥルトゥルトゥル♪・・・世界が平和であることを実感できます、ホントに。

しばし眺めていると、ミッキーとミニーの山車、じゃなくてフロートが登場。そこいらじゅうでみんなが歓喜します。スゲーなミッキー&ミニーは。スゴイよ。

せっかくだからブログに載せようかね。という打算でパシャリっ。さすが、画になるわ。

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ6

 

《12月31日 21:45》キャッスルカルーセル

パレードも終わり、ファンタジーランドへ移動します。こんどは「キャッスルカルーセル」に乗ろうと言う子供たち。

いってらっしゃい。パパはここで待っています。横回転の乗り物にはめっぽう弱いんだ。縦なら負けないんだけどね。

ということで、ここは待ち時間もなく、スムーズに本日2つめのアトラクションが終了です。

 

《12月31日 21:59》ペコスビル・カフェで食べ歩き

ファンタジーランドを後にして歩きます。クリッターカントリーを横目に、ウェスタンランド方向へと進みます。

途中、「ペコスビル・カフェ」なるカフェで「食べ歩き」の食材を調達することに。食べ歩きもディズニーリゾートの楽しみのひとつです。

子供たちはチュロスカフェオレ味を。大人は「フロンティアダブルパイ(ミート&くるみ)」を。

フロンティアダブルパイとか言われたってよくわからないよね。写真をとっておけばよかった、って一口食べてから気付きました。こういうとこなんだよね、ブロガー的にダメなとこ。

すみませんが画像はググってください。ちなみに美味です。期待値を超えておいしいです。

 

《12月31日 22:20》彷徨う

ウェスタンランドには巨塔「ビッグサンダーマウンテン」がありますが。スタンバイに相当な列をなしているのでスルー。

アドベンチャーランドへ向かいます。アドベンチャーランドと言えば、パパが大好き「魅惑のチキルーム」がありますよ、みんな!

家族は誰も振り向いてくれません、完全スルーです。ちぇっ、暖かいし眠れるのにさ。いいよいいよ、また来るよ。

続いて「ジャングルクルーズ」も乗らないと言うこどもたち。「カリブの海賊」は大嫌い(怖いのキライ)。ウェスタンリバー鉄道はやってない。じゃあ、何乗んの?

しばらく、あてもなく彷徨います。

 

《12月31日 22:30》ファンタジーランドへ向かう

ここでアトラクションの待ち時間チェック。待ち時間検索アプリで調べたところこんな感じ ↓

アトラクション 待ち時間
ビッグサンダー・マウンテン 110分
スプラッシュ・マウンテン 90分
ピーターパン 40分
ホーンテッドマンション 75分
プーさん 80分
モンスターズ・インク 80分
スペース・マウンテン 100分
バズ・ライトイヤー 70分
スター・ツアーズ 45分
スティッチ・エンカウンター 40分
スタージェット 40分
グランドサーキット 40分
ミート・ミッキー 70分

これはなかなかだぜ、なかなかの待ち時間。通常時ならいざ知らず。時刻はすでに22時半。どうしても、並ぼうという気にはなれない。これが「夜」のチカラか、くそっ。

そうだこんなときこそ、アレだよ、アレ。ということでファンタジーランドへ向かいます。

 

《12月31日 22:38》イッツ・ア・スモールワールド

はい、イッツ・ア・スモールワールド。およそ5分待ち。やっぱイイよね~。それでも、屋外まで列は伸びています。今夜のランドの混雑ぶりがわかります。

ま、それはそれとして。約10分間の「お船の旅」に出発です。ボクはすぐに眼を閉じます。いいわ~、寝れる。コレは寝れる。

いつものユルいメロディーに暖かな空気。すっかり癒されて、屋外の園内へと戻ります。

寒っ!すごく寒い。

いままであまり意識していませんでしたが寒い。幸い、きょうは日中から風も穏やかで暖かく。夜になっても冷えはわずか。

寒さが敵と言われるニューイヤーズ・イヴにあって、きょうは「ベストコンディション」と言っていい。でも、さすがに寒い。スモールワールドの恵まれた環境が裏目に出ます。

 

《12月31日 22:50》訪れる限界

急に感じた寒さも相まって、急に疲労感が…普段の摂生「早寝」までもがアダと出ます。すごく眠いよ、なんかダルいよ。

でも息子を見ると「もっと」ダメ。眼が半分イっちゃってます。聞けば、「もう限界」らしい。まずいぞ、いくらなんでも年は越さねば。

FPを使える時間がようやく迫っており、ショップでおみやげなんかを物色しながら、ダマしダマしその時を待ちます。

 

《12月31日 23:10》バズ・ライトイヤー FPを発動

23:10、ようやくFPが使えます。本日のメインアトラクション「バズ・ライトイヤーのアストロブラスター」へ。

アストロブラスター(光線銃)を手にすると、テンション復活っ!弱りかけていた息子とともに、悪の帝王ザーグに立ち向かいます。

に、しても。このアトラクション難しくない?ボクの腕が悪いのでしょうけど、いつになっても全然得点が伸びません。

どこ狙ってるんだかイマイチわからない。手応えが無い。誰か上手な人、やり方教えて。

 

《12月31日 23:30》カウントダウンイベント待機を開始

23:20、そろそろメインイベント「カウントダウン」の待機に向かいます。

ホンモノのディズニーファンは何時間も前から、ベストポジションで場所取りをしていますが。子連れでそれはできません、ムチャです。なので、この時間から「そこそこ」の場所を狙います。

移動の途中、「スターツアーズ」0:25からのFPを発券。余力が残っていたら行ってみようかね、ということで。

そして、カウントダウンに選んだ場所はココ です  ↓

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ7

上図で言うと、右上の「赤丸」の場所。シンデレラ城の横方向です。目の前には木もありますので、視界はある程度制限されます。こんな感じです↓

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ10

ほんとうは「赤丸」のすぐ下、橋の上をねらっていました。通常時の「ワンス・アポン・ア・タイム」などでもここは穴場です。

しかしこの時間にはすでにヒトで埋まっており進入不可に。さすがにニューイヤーズ・イヴ、勝手が違います。

というわけで、その進入不可エリアのわずかに外。それが、「赤丸」の場所です。ここならば、この時間でもまだ最前列が空いています。

とはいえ、カウントダウン10分ほど前には、この場所も人だかり。30分前がギリギリといった印象。

ベストポジションはシンデレラ城の真正面ですが、この時間からの場所取りですからぜいたくは言えません。

それでも、ある程度シンデレラ城に近く、「雰囲気は楽しめる」はずのポジションがココ。ここで待つことにします。

 

《12月31日 23:59》カウントダウン開始

さかのぼること3時間半。きょうは入園時に、ゲスト(お客さん)全員、こんなモノをもらっています ↓

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ8

ペンライトみたいなやつです。棒のところを折ると、発光します。これをゲストみんなで振って盛り上がろうという魂胆です。否、企画です。

蛍の光が流れる中、みんなでこのライトを振り、新年を待ちます。そして、20秒前からカウントダウンスタート。会場は一気にヒートアップ。

20、19、18、17・・・3、2、1、ハッピーニューイヤー! だったかな、たぶん。

会場はけっこうな熱気に包まれて新年を迎えます。そして元気な若者が大声で叫んでいます。「2017年、彼女ができますように~!!」あぁ、さよけ。でもここは神社ではございませぬ。

その後、音楽とともに盛大な花火大会が10分弱続きます。この季節にこれだけ立派な花火をたくさん観られるというのも不思議なものですが。新年キターって感じです。

ところで、さきほどの場所で見える花火はこんな感じです↓ だいぶ木でさえぎられますのでご注意を。それでもやはり、雰囲気と迫力は楽しめますが。

 ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ11

 

《1月1日 0:15》グランドサーキット・レースウェイ待機

新年の空気でテンションを持ち直し。今回、絶対に乗っておきたかった「グランドサーキット・レースウェイ」へ。いわゆるゴーカートです。

年越し前からなかなか40分待ちを切らなかったのですが、カウントダウンイベント直後ということで20分待ちに。ここで乗るしかないぜっ!とスタンバイに並びます。

このアトラクションはもうすぐでおしまい。30年以上の歴史あるアトラクションですが、2017年1月でなくなってしまいます。

ゴーカートなのにレールが敷かれ、ドライバーに自由が許されない不条理ともどかしさが好きでした。いったい何回これで走ったのだろう?感慨深いものがあります。だから絶対乗りたかった。

おまけにこの日、息子ははじめて一人で乗車できる身長に到達。サーキットをひとりマシンに向かう息子は、いつもよりちょっとカッコよかったです。

すっかり冷えてきた寒空の下、家族それぞれがマシンに乗り、ファイナルラップを満喫。認定証を頂戴しました ↓

ディズニー・ニューイヤーズ・イヴ9

 

《1月1日 0:50》パン・ギャラクティック・ピザ・ポートで夜食

運転にも疲れたし、小腹が減ったしで。トゥモローランドのピザショップ「パン・ギャラクティック・ピザ・ポート」でカルツォーネを発注。

夜中の1時に、家族4人でカルツォーネって無いよねー。この違和感バリバリの光景は、ずっと記憶に残るんだろうな。なんてことを考えながらすすったホットココアが妙に美味かったりして。

 

《1月1日 1:20》スターツアーズ FPを発動

これが今回さいごのアトラクション。FPを使ってすぐに宇宙の旅へ出発です。

スターツアーズは息子のお気に入りアトラクションでもあり。もっとも多いときは、1日で4、5回乗ります。スターツアーズタイム。このとき、ママと娘は別行動に入ります…

でも今回は、4人みんなで乗船です。

もともとけっこうハードなアトラクションですが、深夜1時にスターツアーズは効きました。これで息子は「限界」。完全に「帰るモード」へ突入です。

 

《1月1日 2:01》帰路へ

「ニューイヤーズ・イヴ パスポート」は1:00以降、ディズニーシーにも入園可能になります。ディズニーシーでも7:00まで遊べます。

というわけで、可能であれば、この後ディズニーシーへもちょっと行ってみたかったのですが。息子はもうムリ。背負っていくわけにもいきません。

娘は「もっと遊びたかったのに(怒)」とキレキレモード。さすがに小5、体力がついてきました。

やれやれ、という感じですが。深夜のお土産買い物タイムを過ごしたのち、帰路につきます。

ゲートを出た後、東京ディズニーランド・ステーションには行列が。リゾートラインに乗るのに20分待ちだとか。

ディズニーシーに行くっていってもこれじゃあねぇ。遊ぶのも徹底するとラクではありません。

 

《1月1日 3:07》自宅に到着

さて、帰りますか。ということで立体駐車場を出るころには、わたしを除いて全員就寝。しかも、みんなばっちりシート倒して、ガチで寝るモードかいっ!

「もっと遊びたかった(怒)」娘もあっという間に寝てるし。まぁ、いいさ。のんびり帰りましょ。

と、意外と元気を持ち直していた自分でしたが。ひとりになると不思議と眠くなります。ひとりって淋しいよね。深夜の高速はスッカスカで刺激もなく…眠りの世界へ…

こんなときのために準備していた「メガシャキ」と「ミントガム」とで乗り切って自宅に到着。いや、けっこうギリだったかも。ディズニーシーまで行ったら…マズかったかもね。

歳とったなオレ。

 

まとめ?

2016年-2017年のディズニー ニューイヤーズ・イヴの体験記でした。

小5、小2の子供たちがいるわが家では、翌朝7時までとはいきませんでしたが。年越しを過ぎても2時まで、特別な一夜を満喫することができました。

今後、ニューイヤーズ・イヴに参戦される方の参考になれば幸いです。

今回は天候に恵まれましたが、寒さ対策、事前の睡眠はくれぐれも万全に。良い年越しを!

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!