コクヨのプレゼンター『黒曜石』でカッコいいプレゼンがおすすめ

スポンサードリンク

プレゼンターっていろいろあるけど、どれがいいんだろうね?

と、迷っているあなた。

コクヨの「黒曜石」という選択肢がありますよ。スマートでカッコいいプレゼン、はじめてみませんか?

おすすめ!コクヨのプレゼンター「黒曜石」

プレゼンでスライドを送ったりするのに使う「プレゼンター」。わたしが使っているプレゼンター「黒曜石」のご紹介です。

指輪型プレゼンターの魔法に驚け

セミナーで講師をする、客先や社内でプレゼンをする。

そんなとき。モニターやスクリーンに映したスライドを、まるで魔法のように動かしてみせるのが「黒曜石」です ↓

kokuyouseki1

この「黒曜石」、販売元のコクヨさんによれば、

  • フィンガープレゼンター
  • 指輪型スライドページ送りリモコン

と称されている商品で。文字通り、指にはめて使います。

この「指輪」ひとつでスライドを動かしてみせようというのですから。

いつもより3割増くらいでカッコよく見えるはず。たぶん、きっと、おそらく・・・

プレゼンで大事なのはもちろん中身ではありますが。見た目がカッコよくて困ることはありません。

黒曜石がカッコいい理由

スライドページを送るリモコン、いわゆる「プレゼンター」はいろいろありますが。

「黒曜石」の特徴はと言うと、

  • とにかく小さい
  • 両手がフリー
  • 操作がシンプル
  • 見た目がカッコいい
  • 細かい配慮が粋

では、それぞれの特徴について。お話をしていきたいと思います。

 

黒曜石の5つの特徴

指輪型プレゼンター「黒曜石」がカッコいい、5つの特徴について。

《特徴1》とにかく小さい

「指輪型」と言うくらいですから、とにかく小さい。

プレゼンターの中には、「なんじゃこりゃ!?」というくらいデカいものがあったりします。

その大きさはテレビのリモコン並みであり。そのうち間違ってリモコンのほうを持ってでかけるのではないか、と心配でしかたありません。冗談です。

デカいことの欠点は、プレゼン中に持っていてジャマなこと。見た目もスマートじゃない、ということ。

そして何より、持ち歩くのに不便でしかたないことです。「テレビのリモコン」をカバンに入れて歩きたいですか?という話です。

その点、「黒曜石」はほんとうに優秀。カバンの隅っこにちょこっと入ります。持って歩くのに苦にならない。これ、意外と重要です。

《特徴2》両手がフリー

ひとつめの特徴「とにかく小さい」の結果として、プレゼン中の両手がフリーです。

これでもう、あなたもスティーブ・ジョブズ。かどうかはわたし次第、あなた次第ではありますが。

とにかく思う存分身振り手振りが可能です。好きなように歩き回り、話すことに集中できます。

具体的には、人差し指に「黒曜石」、親指で操作、というカンジです ↓

kokuyouseki2

ぜひ、両手を後ろに組みながら操作をしてみましょう。知らない人が見ると、「超能力なの?ハンドパワーなの?」と驚きの声が上がります。

あまりやり過ぎると、プレゼンの内容そっちのけになりますので気を付けて。

《特徴3》操作がシンプル

小さいからということも影響して、機能は3つしかありません。だからボタンも3つです ↓

kokuyouseki5
  • NEXTボタン・・・スライド、アニメーションの先送り(長押しでスライドショー実行)
  • BACKボタン・・・スライド、アニメーションの戻し(長押しでスライドショー終了)
  • BLACK OUTボタン・・・画面を真っ黒に暗転させる。もう一度押すと戻る

3つしかないの?と思うかもしれませんが。これで十分じゃない?とも思うわけです。

プレゼンターには高機能なモノもあります。レーザー、タイマー、バイブレーション、電卓などなど。

で、で、電卓?なんに使うん?と思わずツッコミたくなるほどの高機能と引き換えに被る欠点が、「複雑さ」と「デカさ」です。

機能が多ければ操作に手間取ることもあるでしょう。機能が多ければプレゼンター自体が大きくなるのはしかたないでしょう。

だったら、小さくてシンプルな方がいいのに。と、わたしは感じるだけです。

《特徴4》見た目がカッコいい

カッコ、カッコうるさいなぁ。とそろそろ嫌気されているかもしれませんが。カッコから入るタイプのわたしです。

それはともかく。「黒曜石」のデザインは好きです。カッコいい。

飾り気のない漆黒の筐体に、最低限の文字に留められた印字。イイんじゃない、たしかに黒曜石っぽい。素材が若干チープなのは少々残念ですが・・・

ところで。なんで「黒曜石」っていう商品名なんでしょ?ということでコクヨさんのサイトを見てみると ↓

「kokuyoseki」=コクヨ石(コクヨの意志)=黒曜石(オブシディアン)

 パワーストーンの1種である黒曜石(オブシディアン)の黒色には、魔除けの効果があると言われており、『乱れた気持ちを落ち着かせたいとき』『集中力、持続力を高めたいとき』『困難な目標を達成する活力が必要なとき』などにお勧めとされています。プレゼンテーションのシーンで、そのような心境にたつユーザーを応援する『コクヨの意志(意思)』を込めたネーミングです。

へぇ、意外と凝ってるんですね。コクヨの社名(=黒曜)と、意思(=石)の2つをかけるなんてなかなかどうして。

《特徴5》細かい配慮が粋

黒曜石の本体だけでなく、付属物への配慮に「粋(いき)」を感じます。

ひとつめは「受信機」を、本体に刺せる ↓

kokuyouseki3

受信機なんてなくなりそうだし、どっかにわすれてきそうです。これはGood Job!

もうひとつの粋は「ポーチ(袋)」。ポーチが付いているだけでも十分ナイスなのですが、スゴいのはポーチの内側。内袋を出してみると、 ↓

kokuyouseki4

画像ではわかりにくいかもですが、「フタ付きの袋」が付いています。ねぇねぇ、みんな気づいてた?これ。って言うくらい地味な粋です。

ここにはね、予備の電池を入れておくといいです。「黒曜石」はボタン電池で小さいので、ポッケ付きの袋は安心感バツグン。やるな、コクヨ。

《注意点》レーザーはついてない

さいごに、注意点としてひとつ。「黒曜石」には、レーザーがついていません。赤とか緑のビーム的なヤツです。

ですから、「スライドをレーザーで指し示したい」という人はご注意ください。

実はわたしも、その点で「黒曜石」の購入を躊躇した経緯があります。

ところが。スライドの表示先が、液晶ディスプレイ(液晶モニタ)だと。レーザーポインターを当てても、うまく見えないんですね。

表示先がスクリーンならレーザーも良いのですが、最近では大型ディスプレイも増えてきました。そこでレーザーは、基本、機能しません。

代わりの品として、直接画面上にポインタを出す商品もあるようですが・・・

そこでわたしがどうしているかと言うと、ポインターを使わずに済むような「アニメーション」を施しています。

アニメーションと言っても「凝ったもの」ということではなく。スライド内を分割して、アニメーションをつけるということです。

たとえば、箇条書きのスライドであれば。一行一行に何らかのアニメーションをつける、それだけ。

話すタイミングで「黒曜石」のNEXTボタンを押せば該当の箇条書きが現れるので、「いまココを話してるよ!」というポインタは不要になります。

 

まとめ

コクヨさんのフィンガープレゼンター「黒曜石」のご紹介でした。

セミナー講師や、営業、打合せ等でプレゼンの機会が多い人には「一考の価値」ある商品です。

繰り返しになりますが、とにかく小さい。これが最大の特徴であり、メリットでしょう。

気になる方はぜひ。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

 

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!