その「借りられる」はダイジョーブ?銀行融資に関するよくある5つの勘違い

銀行融資の勘違い

スポンサードリンク

あの銀行の支店長とは「付き合い」があるからさ。ダイジョーブ、借りられるよ。

それ、ほんとうに大丈夫? 銀行融資は会社存続の「命綱」にもなりうるもの。勘違いは命取りです。

ということで、「借りられる」に関するよくある勘違いをまとめてみました。

ウワサの真偽を確かめよう!銀行融資に関するよくある5つの勘違い

そう思っている、そう聞いたことがある。もっともらしい話の中にも「勘違い」はあるかもしれません。

巷で聞く、銀行融資に関するよくある勘違い。次の5つについてお話をしていきます。

  • 付き合いがあれば、コネがあれば借りられる
  • 計画がしっかりしていれば借りられる
  • 赤字でなければ借りられる
  • 今でなくとも借りられる
  • 自己資金がなくても借りられる

付き合いがあれば、コネがあれば借りられる

付き合いとコネ「だけ」ではおカネを借りることはできません。

付き合いもコネも、無いよりはあったほうがイイ。その程度だと考えておきましょう。

もしも、付き合いやコネで借りられたようにみえても。銀行は、「見るべきところ」はきちんと見たうえで貸しているのです。

銀行が「見るべきところ」を知っておく

そんなわけですから。「○○銀行を紹介しますよ、あそことは懇意にしてますから」というような言葉に期待しすぎてはいけません。

話の入り口としては、いくぶんスムーズにはなりますが。それ以上でも以下でもない。

そのあと借りられるか、借りられないかは、銀行が「見るべきところ」をクリアできるか否かにかかっています。

紹介者もそのあたりのことに触れずに、「ただ紹介する」というのでは。「やや不親切、やや無責任」のそしりは免れないとも言えます。

「見るべきところ」とは何なのか?

ならば、銀行が「見るべきところ」とやらを教えてくれ。という話になるでしょう。このあとの項目でお話をしていきます。

その前にカンタンにお伝えしておくのであれば、それは次のようなことです。

  • 借りたおカネを返せるだけの利益は出ているのか?
  • 万一(返済不能)を考えた際、金目のモノは蓄えているのか?
  • すでに借り過ぎ、なんてことはないのか?

銀行では、ここまで直接的な表現はしないでしょうが。言わずとも見ている、というのが以上の3点です。

 

計画がしっかりしていれば借りられる

「何かしらの計画」があって、おカネを借りたいという場合。たとえば、新規事業、新規出店、設備投資などなど。

計画書はバッチリだ、数字の根拠にも自信がある!

ほんとうにそうだとしても。計画書を見るより前に「お断り」、そんなこともあるのが銀行融資です。

銀行が先に見たいのは、計画ではありません。決算書です。

その実績では、その計画を信用できない

いかなる自信があろうと、いかなる裏付けがあろうと。計画は「未知なるもの」でしかありません。未来は誰にも分らないのです。

いっぽうで、決算書。これには、過去に関する事実が記されています(粉飾などのウソ偽りがなければ)。実績です。

あなたは何をやっても失敗ばかりの「他人」に、おカネが貸せますか? 「こんどこそは」という言葉を信じられますか?

少々極端な言い方をしてしまいましたが、趣旨はそういうことです。

もしも決算書の実績が振るわないのであれば、コワくて貸せない。計画書を見るまでもない。

 創業時の融資について
創業・開業時には、当然「決算書」はありません。このときばかりは「計画書」しかありません。ゆえに、未知である「計画書」だけでも借りることができる創業融資は、一度きりの貴重なチャンスです。

銀行は決算書で何を見ているのか?

では、銀行は決算書をどう見ているのか。それは、さきほど触れたとおりです。再掲します。

  • 借りたおカネを返せるだけの利益は出ているのか?
  • 万一(返済不能)を考えた際、金目のモノは蓄えているのか?
  • すでに借り過ぎ、なんてことはないのか?

これらについて。具体的に「銀行が決算書のどの部分をどう読むか」を知っていることは、極めて重要になります。

銀行からおカネが借りられそうか、いくらくらいなら借りられそうか、が自らわかるようになるからです。結果、どうすれば借りられそうかが見えてきます。

 具体的に「銀行が決算書のどの部分をどう読むか」については、こちらのまとめページを参考にどうぞ 。
【記事まとめ】銀行融資・資金調達のコトが知りたい・・・

 

赤字でなければ借りられる

銀行からおカネを借りるにあたって、決算書を見られることはわかっている。

その決算書が「赤字」であれば見栄えが悪い。おカネは貸してもらえないかも。ということは、なんとなくわかるし、そうも言われています。

実際、赤字よりも黒字のほうがイイ。1円でも黒字のほうが「銀行からの格付け」が良かったりもします。

けれども。すこしばかりの「黒字」というのでは、赤字とそうは変わらない。とも言えるのです。

わずかな「黒字」が好きな経営者

「少し黒字」が好きな社長さんは、世の中に多いものです。なぜ、「少し黒字」がイイのか?

赤字はイヤだ。でも、あまり利益がデカいと税金が高くてしかたない。という理由です。

なるほどその気持ちはよくわかりますが。銀行融資という視点では、その考え方はおすすめはできません。

税金を惜しむから融資が難しくなる

なぜおすすめできないのか? 再三の繰り返しになりますが、

  • 借りたおカネを返せるだけの利益は出ているのか?

これを銀行は見ているからです。ここでいう「利益」が大きければ大きいほど、借入はしやすくなる、額も望めるようになります。

利益があるから、そのおカネで返済ができる。利益が大きいほど、返済力がある。銀行はそう見ているのです。

ですから。ちょっと黒字というくらいの利益では、そうはたくさん貸せないなぁ。「少し黒字」が好きな社長さんのことを、銀行はそう見ているのです。

 具体的に「いくら借りることができそうか」については、こちらのまとめページを参考にどうぞ 。
【記事まとめ】銀行融資・資金調達のコトが知りたい・・・

 

今でなくても借りられる

銀行が「見るべきところ」、何を見ているかという話をしてきました。きっと、もうお気づきのことでしょう。

おカネは好きなときに借りられるわけではありません。今でなくても借りられる、かどうかはわかりません。

銀行からおカネを借りるのには、タイミングがあるのです。

おカネが無くなってから借りる、なんてムリ

銀行からおカネを借りられるタイミングとは。銀行が「見るべきところ」をクリアできているときです。思い出してください、次の3つです。

  • 借りたおカネを返せるだけの利益は出ているのか?
  • 万一(返済不能)を考えた際、金目のモノは蓄えているのか?
  • すでに借り過ぎ、なんてことはないのか?

しつこいくらいに繰り返していますが、とても大切な3点です。

これを見てわかるのは。「ほんとうにおカネが無くなってから」では、おカネを貸してもらうのはムリだということです。

おカネが無くなる背景に「利益が出ていない」ことが挙げられます。利益が出ないと、手持ちの財産を食いつぶしていくことになります。

結果、銀行が期待している「金目のモノ」は無くなっていきます。銀行としては、返すアテもない相手におカネは貸せません。

おカネが無くなりそうを察知する

これに対する方策は、たったひとつです。おカネがほんとうになくなる前に、銀行からおカネを借りることです。

現在の状況から、将来のおカネの流れを予測して、「おカネが無くなりそう」ということを早く察知することです。

決算書の内容が決定的に悪くなる前であれば、銀行融資の道はまだあります。

決して少なくない経営者の方が、決算書の内容が決定的に悪くなってから動きます。残念ながら、それは大きな勘違いです。

具体的には、よく言われる「早期の月次決算、予測資金繰り」です。月次決算なんて、となおざりにできない理由はここにあります。

 

自己資金が無くても借りられる

さいごは、創業時・開業時の融資についてです。

創業や開業のときにはおカネがない、おカネが足りない。だから銀行融資、と考えることは少なくありません。

けれども。自己資金ゼロで全額借入、というわけにはいきません。自己資金が無くても借りられる、というのは勘違いです。

自己資金=覚悟のほど

公的な機関である日本政策金融公庫の創業融資や、自治体の制度融資など。創業期の融資を支えるしくみはありますが。

自己資金ゼロ、というのはまずムリだと考えてください。

制度の内容上、「可能性がまったくない」とまでは言いませんが。実際には、ほとんどムリ。そういうレベルです。

創業・開業をするにあたって、思い付きなどではなく、きちんと準備を重ねてきたのかな。まじめな人なのかな。

自己資金の有無、自己資金の金額はそのあたりの指標にもなっています。創業者の覚悟のほどを見られているのです。

借りられるのは、自己資金の2~3倍程度

では、どのくらいの自己資金があればよいのか?

ケースバイケースではありますが。一般に、借入できるのは「自己資金の2~3倍程度」だと考えましょう。

融資制度の内容などを見ていると、もっとたくさん借りられるように書いてあります。しかし、それはあくまで「制度上の最高限度額」です。

実際にその限度額で借りることができるのは「超レアケース」。そういう理解でいてください。

また、自己資金と直接関係はありませんが。借入希望額が1,000万円を超えると、「多いなぁ」というのが金融機関の感覚です。

前職での経験などが活きる場合にはよいのですが、まったくの未経験事業となれば融資は難しくなります。ご参考まで。

 具体的に「自己資金ってなに?」については、こちらのまとめページを参考にどうぞ 。
【記事まとめ】銀行融資・資金調達のコトが知りたい・・・

 

まとめ

銀行融資に関するよくある勘違いの話をしてきました。

人から聞く話や、よくある話には、間違いや落とし穴がある場合があります。

とくに銀行融資については、そのような話が少なくありません。

誤りのない「借りられる」かどうかの判断をできるように、ただしい情報に耳を傾けましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!