フリーランスは現金出納帳をつけてはいけない【毎日5分だけ経理のススメ その1】

毎日5分だけ経理1

スポンサードリンク

キチンと現金出納帳をつけなさい!

と、多くの税理士センセーが言っています。わたしも言っています。でもね、フリーランスなら要らんかも、と思ったりして。

そういえば、フリーランス型税理士であるわたし自身もつけていないしっ!ということで「フリーランスの現金出納帳」についてのお話です。

 「フリーランスの現金出納帳不要論」の目的と理由

フリーランスが「ほんとうに正しい」現金出納帳なんてつけられないだろう、と考えています。あ、能力的にということではなく。現実的にムチャだろうというハナシです。

目的は「毎日5分だけ経理」

今回の「フリーランスの現金出納帳不要論」ですが、最終的には「毎日5分だけ経理」という話につなぎます。

確定申告で苦しまないように、毎日コツコツ5分の経理。結果的にラクしてトクしよう。というのが、わたしがおススメする「毎日5分だけ経理」です。「フリーランスの現金出納帳不要論」は、その前哨戦。

「なんで、現金出納帳をつけないんだ!」と怒られたとき(!?)にビシッと反論できるよう、ご理解いただきたい内容です。

少々マニアックではありますが、その後の「毎日5分だけ経理」を目的に。ぜひ、ついてきてください!

フリーランスは仕事用のサイフとプライベート用のサイフを2つ持ってるのか?

フリーランスに現金出納帳は要らない理由。それは、サイフをひとつしか持っていないから。

仕事用のサイフと、プライベート用のサイフを持って。それぞれのサイフの中で現金を管理していますか?していたら早々に謝ります。ところが、そのようなキトクな人をお見かけすることはまずありません。

ほとんどの人が、「ひとつのサイフ」の中で、仕事用・プライベート用両方の現金をゴチャマゼにして使っています。にもかかわらず、現金出納帳は仕事用オンリーでつけようとするから、さぁタイヘン。

サイフの中にあるおカネと、現金出納帳のおカネの残高は一致しない・・・ なんで?というハナシをこれからしていきます。

 

ほんとうに正しい現金出納帳をつけるなんてナンセンス

サイフの残高と、現金出納帳の残高が一致しないナゼ。具体例で見てみましょう。

フリーランス・ジョーさんの9月30日のカネ使い

フリーランスのジョーさんは、9月30日、次のように過ごしました。

  • 事業用の銀行口座から、50,000円の現金をおろした
  • 家族旅行の申込金 30,000円を旅行会社に払った
  • ○○書店で、1,620円の本を買った
  • 取引先△△商事との打ち合わせで、東京から横浜まで電車で移動。往復で600円
  • 上記、打合せの後、いっしょにレストラン××で、10,000円の食事をした
  • 帰宅途中に、スーパーで食料品 5,000円の買い物をした

さて。自宅に帰ったジョーさんのサイフの中身はいくらでしょう。ちなみに、ジョーさんはサイフをひとつしか持っていません。

ほんとうに正しい現金出納帳を公開!

ジョーさんのサイフの中身は、2,780円です。計算過程は次図のとおり。

現金出納帳

「相手勘定科目」などは気にせず、金額だけ追ってみましょう。現金出納帳の残高とサイフの中身が合ってますね。

そして、上図は「計算過程」であると同時に、「ほんとうに正しい」現金出納帳でもあります。ところが、ちまたによく見かける現金出納帳はちょっと違うんだな、これが。

ちまたによく見るザンネンな現金出納帳を公開・・・

ほんとうに正しい現金出納帳をつけられるなら、フリーランスも現金出納帳をつけるべきです。でも、たいていはうまくいきません。下図のような現金出納帳になります。

現金出納帳2

残高は37,780円。サイフの中身 2,780円とはズレています。ザンネンなことに。ところで、このズレはなんでしょう?

おそらく気づかれたことでしょう。プライベートでの支払い分だけ残高がズレているんです。

仕事用の帳簿づけ(経理)として、現金出納帳をつけようかというときに。プライベートのレシート・領収書までちゃんと記録しようという「意識高い系」のヒトはそういません。

これは経費だぞ、と認識しているレシート・領収書だけを見て帳簿づけします。すると、残高 37,780円の帳簿ができあがる。できあがったところで、サイフの中を覗けば2,780円。

はて・・・と悩んだ末に、ジョーさんは税理士に相談してみることにしました。

そしてできあがる「イイ加減現金出納帳」

税理士に連絡が取れたのは、翌日の夜のことでした。

税理士さん 「で。普段、サイフの中身はいくらくらいです?」

サイフを開くジョーさんは思います。昨日はもう少し少なかった気がするけれど。いまは5,000円くらいか・・・

ジョーさん 「5,000円くらいかな、へへ(笑)」

税理士さん 「(何だ?へへって・・・)じゃ、5,000円くらいにしときますか」

そして、税理士の教えにより、できあがった現金出納帳は下図のとおりです。

現金出納帳3

摩訶不思議。かくして思惑通り、現金出納帳の残高は5,000円です。ちなみに「事業主貸」というのは「事業用のおカネを経費以外に使いました」というような意味です。

ですから、経費の計算自体は問題ないのですが。現金出納帳の残高は事実ではありません。事実は2,780円ですから。こんなイイ加減な現金出納帳でいいんでしょうか。いいはずはありません。

 

「イイ加減現金出納帳」が抱える問題点

イイ加減現金出納帳とはいえ、「ま、いいんじゃないの?経費は合っているんだし」という見方もあります。

ただそれは、「仕事用のレシート・領収書がすべてある」ことが前提です。もし、どこかに紛れ込んでしまった領収書があったら?

領収書がなければ経費は計上できませんから、その分だけ現金出納帳の残高は大きくなりますよね。

このとき、「ほんとうに正しい現金出納帳」をいつもつけているのなら、なにかしら領収書がないことに気づくことができるでしょう。サイフの中身と帳簿の残高が合わないぞ、と。

これが、「ほんとうに正しい現金出納帳」のメリットです。でも、そんな現金出納帳はすごくレア。というハナシをしましたよね。フツーは「イイ加減現金出納帳」です。

しかし、「イイ加減現金出納帳」では気づくことができません。もともと、サイフの中身と合わないモノなんですから。結果、経費を計上し損ねます。税金が高くなります。

さきほどの例では、9月30日たった1日だけのお話ですからまだマシですが。これが1年分となれば、それだけ経費を漏らしてしまう可能性は高まります。

 

まとめ 解決策は「現金を持たない」

「ほんとうに正しい現金出納帳」はつけられない。「イイ加減現金出納帳」には問題がある。というお話をしてきました。だったら現金出納帳なんてつけないことにしよう、そうしよう。

じゃあ、いったいどうするんだ?ということですが。答えは

どうせ管理できない「現金」など、そもそも持たない

現金を持たないなんてムチャ言うな!というお話は次回に続きます。冒頭で触れた「毎日5分だけ経理」です。

確定申告でムダしない!フリーランスの毎日5分だけ経理【毎日5分だけ経理のススメ その2】

2016.10.03

 

************
  きょうの執筆後記
************

なんと、帳簿をつけなくていいのか?とはじめに「ヌカ喜び」をさせてしまっていたらすみません。

そんなことはありません、現金出納帳とは別な帳簿は必要です。それは次回。

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!