グラフより普通にスパークラインが好きー!データ項目が多いときのExcel表現

スパークライン

スポンサードリンク

うへぇ~・・・ なんかグラフがグチャグチャでみにくいわぁ。

っていうExcelはありませんか? きっと、ひとつのグラフにするにはデータ項目が多過ぎるんですね。

そんなときこそ「スパークライン」の出番です。

データ項目が多いときは「グラフ」よりも「スパークライン」で

データをかんたんにグラフ化できるのは、Exceの便利機能のひとつです。

けれども。いつもいつも「グラフ化」が正解とは限りません。たとえば、こんなグラフ ↓

グラフ

これではせっかくのグラフも、「なんだかさっぱりわからんっ!」ということになりかねませんよね。

これは、ひとつのグラフのなかに、データ項目を詰め込み過ぎたことが原因です。

このように、扱うデータ項目が多いときには。「グラフ」をあきらめて「スパークライン」をつかうのがオススメ。 こんなカンジです ↓スパークライン

各支店の売上について、「月ごと売上の推移」「前年同月比」の傾向を、スッキリ見ることができるようになりました。

というわけで。このあと、スパークラインの作成方法とその見方を見ていきましょう。

「スパークライン」は、Excel 2010以降に追加された機能です 

 

Excelで「スパークライン」を作成する方法

難しいことはほとんどありません。サササッとつくってしまいましょう。

元データの準備

まずは元データを準備します。今回はこちら ↓

元データ

上記は、5つの支店の「月ごと売上高」と「前年同月比」のデータです。このデータの右側に、スパークラインを作成していきます。

スパークラインの挿入

次の手順にしたがって、表のデータの右側に「スパークライン」を挿入します ↓ スパークラインの挿入

  1.  スパークラインの挿入場所を範囲選択(J3からJ12)
  2. 「挿入」タブを選択
  3. 「スパークライン」の「折れ線」を選択

続いて表示される「スパークラインの作成」ウィンドウで、次の操作を行います ↓

スパークラインの挿入
  1.  「データの範囲」で、スパークラインに対応させる「元データの範囲」を設定します(D3からI12まで)
  2.  「場所の範囲」は、すでに表示済み(さきほどスパークラインの挿入操作で、挿入場所を範囲選択したため)

これで、「スパークライン」が挿入されます ↓

スパークラインの挿入

スパークラインのグループ化・編集・加工

スパークラインが挿入こそされましたが、いまひとつ工夫が足りません。パッとしない。

そこで、「前年同月比」のスパークラインは「折れ線」ではなく、「棒」にしてみます ↓

スパークラインのグループ化
  1.   前年同月比のスパークラインを、「Ctrl+マウスの左クリック」ですべて選択(J4、J6、J8、J10、J12)
  2.  「グループ化」を選択

これで、スパークラインを「売上高のスパークライン」と「前年同月比のスパークライン」とにグループ分けできました。

続いて、「前年同月比のスパークライン」を編集・加工していきます ↓

スパークラインの編集・加工
  1.  「縦棒」を選択
  2.  「負のポイント」にチェックを入れる
  3.  「前年同月比のスパークライン」が、「折れ線」から「縦棒」に変わる。「負のポイント」にチェックを入れたことで、マイナス値は「赤色」表示に

さらに編集・加工を続けます ↓

スパークラインの編集・加工
  1.  「軸」を選択
  2.  「縦軸の最小値のオプション」「縦軸の最大値のオプション」をともに、「すべてのスパークラインで同じ値」を選択

これが何の操作かというと。そもそも、スパークラインを作成する際、縦軸の最小値と最大値は個々の項目データに対して自動的に決められます。

つまり、この操作をしない場合。複数のスパークライン間で比較をしようとしても、単位が合わないので比較しづらい、ということになります。

操作前と操作後とで、スパークラインを比較してみると ↓

スパークラインの比較

 

スパークラインの見方

作成方法同様、これまた見方についても、特に難しいことはありませんが。

完成後のスパークラインのデータを再掲して説明します ↓

スパークライン

売上高のスパークラインをどう見るか

「売上高」のスパークラインは、各支店の売上高の「推移と傾向」を見たかったので「折れ線」を選択しました。

通常のグラフづくりでもそうですが、「データから何を知りたいか、何を魅せたいか」によって、選ぶグラフの種類は変わります。

難しいのは、データやグラフの見方なのではなく、データやグラフの選び方のほうだ、ということです。

また、「折れ線」については、「棒」のほうで操作したような、「軸」を揃えることをあえてしませんでした。

これは、売上高の「推移と傾向」の強弱をハッキリと捉えるためです。ここで「軸」を揃えてしまうと、強弱が分かりづらくなるのは試してみるとわかります。ぜひやってみてください。

そんなわけで、「売上高」のスパークラインからわかることは。横浜支店は顕著な右肩上がり、福岡支店は逆に右肩下がり。あとの支店は一進一退かな、ということです。

前年同月比のスパークラインをどう見るか

「前年同月比」のスパークラインは、各支店間で前年同月比の大小を比較したかったので「棒」を選択しました。

負の数値は「赤色」にすることで、前年に対して負けている月がよりハッキリとわかります。

このように、スパークラインではいろいろ細かい設定もできるので、試行錯誤でいじってみると意外な発見もあることでしょう。

「前年同月比」のスパークラインからわかることは。横浜支店は売上高推移が右肩上がりで、かつ、前年比でも微増が続いていること。

京都支店は、売上高推移だと上がったり下がったりだけど、前年同月比ではずっとマイナス・・・

福岡支店は、売上高が右肩下がり、かつ、前年同月比でのマイナス幅も増加。そのマイナス幅は、京都支店よりも深刻だ。

神戸支店は、売上高推移は上がったり下がったりだけど、前年同月比では基本的にプラス傾向で順調そう。

札幌支店は、売上高推移も前年同月比も一進一退。余談を許さないぞ、みたいな。

 

まとめ

Excelの「スパークライン」の機能について、作成方法と見方とをお話ししてきました。

元データの項目数が多い時には、グラフに代えて、スパークラインの利用を検討してみるとよいでしょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!