ガソリン・自動車税・自動車保険・ETCの勘定科目はぜんぶ「車両費」

車両費

ガソリン代、自動車税、自動車保険料、ETC利用料… それぞれの勘定科目は?

ぜんぶ「車両費」をおすすめします。燃料費、租税公課、保険料、旅費交通費などに分けるのもひとつの方法ですが。ぜんぶ「車両費」がおすすめです!

ガソリン・自動車税・自動車保険・ETCの勘定科目はなに?

仕事(事業)でクルマをつかう際にかかる、ガソリン代、自動車税、自動車保険料、ETC利用など。

これらの費用を帳簿付け(経理)するにあたって、「勘定科目(かんじょうかもく)」をどうするか?

勘定科目とは、経理の世界における収入や経費などの「分類名」です。「交際費」とか、「旅費交通費」とか、「消耗品費」とかとか。耳にしたこともあるのではないでしょうか。

したがって、「さまざまな収入や費用の金額を、勘定科目ごとに集計する」のが、経理に課せられた使命のひとつである。とも言えます。

クルマをつかう際にかかった費用もこれにならい、「勘定科目」を使って分類することになるわけです。

で。

ガソリン・自動車税・自動車保険・ETCなどの勘定科目はどうするか? でしたよね。このあとお話をしていきます。

 

「車両費」の一択! 自動車に関わる費用はあえて分類しない

結論として。クルマをつかう際にかかるいろいろな費用の勘定科目は、「車両費」の一択です。

「車両費」ではなく、「車両関係費」「車両関連費」などでもかまいませんが、とにかく、ひとつの勘定科目にまとめる。これをおすすめします。

あえて細かく分類するとどうなるか?

クルマをつかう際にかかる費用の勘定科目は、「車両費」の一択だと言いました。

これに対して、クルマにかかる費用を、それぞれの内容にしたがってそれぞれの勘定科目に分類する。という方法もあります。それも「間違い」というわけではありません。

ひとまず一覧にしてみます↓

費用の内容 勘定科目の候補
ガソリン代、軽油代 燃料費または旅費交通費
自動車税、軽自動車税 租税公課
整備費用、車検費用、タイヤ交換 修繕費
自動車保険料 保険料
車内用品・アクセサリ 消耗品費
ETC利用料 旅費交通費
時間貸し駐車場(コインパーキング)利用料 旅費交通費
月極め駐車場代 地代家賃

上記の一覧を見て。むしろ、細かく分類されていてよいのではないか、と思われるかもしれません。

けれども、その細かさがアダになり、大事なことを見落としてしまうことになります。

だから、上記の費用すべてを分類せず、「車両費」の勘定科目にまとめたほうがよい。その理由を次でお話しします。

その勘定科目は「意思決定」に役立つか?

「クルマをつかう」というのは、「おカネがかかる」ことです。

さきほど一覧表にまとめたとおり、クルマがあると実にさまざまな種類のおカネがかかります。その総額は決して小さなものではないでしょう。

そう考えると、「クルマをつかうか否か(購入して所有するか否か)」という、ひとつの意思決定が必要になることがあります。

ほんとうにクルマが必要なのか? 電車やバスでもよいのではないのか? そんなハナシです。

ところが、このとき勘定科目を細かく分類していると、「クルマをつかうのにどれだけのおカネがかかっているのか」を知ることが困難になります。

いっぽう、「車両費」だけであれば一目瞭然。いつでも、クルマにかかっている費用の金額を知ることができます。

つまり。勘定科目をどうするかを考えるときには、その分類で「意思決定」ができるのか? という視点が大切になります。

決算書や試算表の勘定科目と金額を眺め見るときに。「だからなに?」と言うようでは、意思決定に役立っているとは言えません。

【おまけ】クルマにかかる費用は目に見えないものもある

ところで。クルマをつかうための費用には、「目に見えないもの」もあります。クルマの管理コストです。

車検や保険の手配、駐車場の契約・更新、洗車や清掃、給油、ETCカードの管理などなど。いわゆる「人件費」的な管理コストも生じます。これもバカにはできません。

そういうことも踏まえると、電車・バスのみならず、タクシーを使ってもなお、クルマを持たない方が割安だ。というケースも少なくないでしょう。

また、いまどきはカーシェアリングも広がりを見せていますので、うまく利用できれば、クルマの利便性をそのままにコストダウンも可能です。

 

勘定科目には「自由」がある

クルマをつかうのにかかる費用について、さきほど一覧表を掲載しました。

同じように、いろいろな費用について勘定科目を分類した「勘定科目一覧表」と呼ばれるものが、ネットや書籍などで紹介されています。

経理に不慣れで勘定科目がわからない、というような場合。勘定科目の基本を知るにはたいへん重宝するものです。

ただし。

それらは「ひとつの正解」であって、「絶対的な正解」ではありません。

なぜなら、勘定科目にはあるていどの「自由」な部分というものが許されているからです。

その例が、先ほどの「車両費」。細かく勘定科目を分類をするのもいいけれど、ぜんぶ「車両費」だってかまわない。そういうことです。

【注意】なんでもいい、というわけではない
勘定科目に自由が許されているとはいえ。なんでもいい、というわけではありません。たとえば、接待飲食代を「消耗品費」にする。電車代を「消耗品費」にする、などは自由ではなく「誤り」となりますので念のため。

たとえば、事務用品費。たとえば、旅費交通費。

勘定科目に許された「自由」の例を、もうすこし挙げておきましょう。

文具代などについて、一般的な勘定科目一覧表の分類で「事務用品費」とされていることがあります。また、備品類などは「消耗品費」とされています。

これを受けて、「プリンタのトナーは事務用品費だろうか、消耗品費だろうか?」と悩む…

やめましょう。悩むくらいなら「事務用品費」なんて勘定科目は使わなくてもOKです。文具も備品も「消耗品費」にまとめればいい。という自由があります。

また、電車代やバス代は一般的に「旅費交通費」とされています。ところが、電車・バス代には「通勤費」もあれば、「営業経費としての交通費」もあります。

もしも、営業の活動量を電車・バス代で測ろうという場合、通勤費も含めて「旅費交通費」にしてしまうと、それを測ることはできません。

であれば、「旅費交通費」の勘定科目は「通勤費」と「営業交通費」に分ける。というのもまた自由です。

 

まとめ 作業で終わらせず、意思決定に役立てる

ガソリン・自動車税・自動車保険・ETCの勘定科目はぜんぶ「車両費」、ということについてお話をしてきました。

ただただ勘定科目一覧にあてはめるような事務的・作業的な勘定科目の考え方だと、「意思決定」に使えないことがあります。

せっかく時間と手間をかけて経理をしているのに、もったいないことです。

勘定科目を考えるときには、「その分類が意思決定に役立つか?」という視点を持ちましょう。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  



ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!




1 個のコメント