毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット

他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット

A銀行からの既存融資をB銀行からのあらたな融資で借り換える。融資条件が良くなれば、他行での借り換え(肩代わり)にはメリットがあります。が、デメリットもある、というお話です。

目次

せっかくの融資が裏目に出ることもある。

銀行融資の「借りかた」の1つに、「他行で借り換え」があります。たとえば、A銀行からの既存融資を、B銀行からのあらたな融資で借り換える。肩代わり融資、などとも呼ばれるものです。

B銀行がA銀行よりも、より良い融資条件(低金利とか)を提案してくれれば、会社にとって、「他行で借り換え」はメリットがあります。いっぽうで、デメリットがないわけでもありません。

この点について、先日、以下のようなツイートをしました↓

このツイートで挙げた3つのデメリットがこちらです↓

他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット
  1. 銀行と不仲になる
  2. メインバンクを失う
  3. 追加費用が発生する

それではこのあと、これら3つのデメリットをくわしく解説していきます。知らずにいると、せっかくの融資が裏目に出ることもあるので、きちんと押さえておきましょう。

他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット

銀行と不仲になる

A銀行からの既存融資を、B銀行からのあらたな融資で借り換える場合には、A銀行との関係性が悪くなるものと考えておきましょう。

場合によっては、以降、A銀行からの融資がまったく受けられなくなることもありえます。A銀行にしてみれば、「裏切られた」ということになるからです。

きっかけは「B銀行からの融資提案(借り換えしませんか?)」だったとしても、その提案に応じたのは自社なのですから、裏切り者と見られてもしかたがないでしょう。

すると、赤字になったときが問題です。借り換え以前は、「A銀行かB銀行」という2つの選択肢がありましたが、借り換え後はB銀行しかありません。B銀行に融資を断られた場合、会社は困ってしまいます。

というように、他行での借り換えによって選択肢が減る、融資が受けにくくなるのはデメリットの1つです。

そのデメリットを解消しようと、あらたに取引銀行を増やすのもカンタンではありません。関係を深めるのには時間もかかります。そもそも、周囲に銀行が少ない環境であれば、取引銀行を増やしたくても増やせません。

ですから、赤字になったときのことも考えて、借り換えを検討するようにしましょう。目先の融資条件につられて、安易に借り換えてしまうと、のちのち死活問題に発展することがあります。

なお、A銀行からプロパー融資(信用保証協会の保証がない融資)を受けていた場合、他行での借り換えによって、以降は、A銀行からのプロパー融資が受けられなくなるでしょう。

繰り返しになりますが、借り換え後はA銀行との関係性が悪くなるからです。だとすれば、わざわざ大きなリスクを負ってまでプロパー融資をする理由が、A銀行にはありません。

そこで、借り換えるときにはB銀行に対して、プロパー融資を依頼するのがおすすめです。B銀行がどうしても融資をしたいと考えていれば、受け入れてもらえる可能性が高くなります。

プロパー融資は、会社にとって重要な融資ですから、安易に手放すことがないようにしましょう。

メインバンクを失う

B銀行からのあらたな融資で借り換えると、A銀行とは不仲になる、という話をしました。これを聞いて、「だったら、B銀行と仲良くすればいい」と考える社長がいます。

ところが、話はそれほどカンタンではありません。A銀行がメインバンクであった場合はとくに、注意が必要です。メインバンクとは、自社と関係性が深い銀行であり、関係性を築くのには時間がかかります。

では、借り換えによってA銀行との関係性が切れたからといって、B銀行がメインバンクになってくれるか? といえば、そういうわけでもないでしょう。

B銀行もまた、関係性を深めるのに時間を要するからです。もし、B銀行が初めて融資を受けるような銀行であれば、なおさら時間がかかります。

このタイミングで赤字となり、融資を受けたいと考えたときに、メインバンクがないのは厳しい状況です。

少々の赤字であれば、下支えするのがメインバンクの役割であり、メインバンクがあれば、会社は融資を受けられる可能性が高まります。また、メインバンクが融資をする姿を見て、他の銀行も融資をするものです。

ところが、メインバンクが無いとなると、どの銀行も「様子見」になってしまいます。業績が好調なときはともかく、赤字のときなどはメインバンクの存在が重要であることを覚えておきましょう。

そう考えると、借り換えによってメインバンクを失うのは、大きなデメリットです。

追加費用が発生する

A銀行からの既存融資について、不動産を担保提供していたとします。借り換えにあたり、B銀行からのあらたな融資にも、同じ不動産を担保提供する場合にどうなるか?

抵当権を付け替えるための費用(登録免許税、司法書士報酬)が発生するので、注意が必要です。融資金額によっては、けして小さくはない負担になります。

また、既存融資について、繰り上げ返済した場合の「違約金」が定められているケースにも気をつけなければいけません。借り換えを実行すれば、違約金も支払う必要があります。

これらの追加費用によって、一本化のメリットが台無しになってしまうことはあるでしょう。

したがって、借り換えを検討する段階で、追加費用の有無と金額を確認しておくことが大切です。追加費用に気づいたのが「実行時」では、いまさらあとには引けなくなってしまいます。

あらたな融資が「信用保証協会の保証付き融資」であれば、信用保証料の支払いも必要です。融資金額や利用する融資制度にもよりますが、大きな金額になることもあります。

やはり、事前に銀行へ確認しておくようにしましょう。

まとめ

A銀行からの既存融資をB銀行からのあらたな融資で借り換える。融資条件が良くなれば、他行での借り換え(肩代わり)にはメリットがあります。

が、デメリットもあるので気をつけましょう。安易な借り換えによって、メリットが帳消しになってしまうことがあります。

    他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット
    1. 銀行と不仲になる
    2. メインバンクを失う
    3. 追加費用が発生する
他行で借り換え(肩代わり)3つのデメリット

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次