資金繰り円滑化サービス

資金繰り円滑化サービス

「資金繰り円滑化サービス」とは

資金繰りでいつも悩んでいる個人事業主・会社のための継続サービスです。

金融機関(銀行)と良好な関係を築き、将来にわたって資金繰りに困らない個人事業・会社を目指すための支援をします。

モロトメ

資金調達のプロである銀行融資プランナーのモロトメジョーが、あなたの会社の財務部長として、資金繰り管理と金融機関対応までを主体的に行います。
単なるアドバイスではありません!

 

「資金繰り円滑化サービス」のサービス内容と料金プラン

主なサービス内容

財務部長的な業務全般(中長期の資金繰り予測、金融機関対応)

サービス内容 サービスの流れ

資金繰り表の作成

  • 毎月、当事務所が資金繰り表(実績・予測)を作成し、お客さまにお渡しします

資金繰り会議の開催

  • 当事務所が作成する資金繰り表をもとに、お客さまとの会議を行います
  • 会議では、目指すべき資金繰りの姿、財務戦略を検討・共有します
  • 会議の開催頻度は、毎月、3ヶ月毎、6ヶ月毎からお選びいただけます

金融機関対応支援

  • 必要に応じて随時、当事務所が主体的に、金融機関対応(融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明)を行います
経営分析シートの作成
  • 毎決算後に、金融機関(銀行)の視点を取り入れた「経営分析」を行い、報告書を作成します

料金プラン

料金は「資金繰り会議の開催頻度」で異なります。

 資金繰り会議の開催頻度 月額報酬(税別)
6か月に1度 開催 35,000 円
3か月に1度 開催 40,000 円
毎月 開催 50,000 円

 

《ちょっとQ&A》料金が高いのでは・・・?
大企業にあって、中小零細企業にないものが「財務機能」です。
資金繰りや銀行対応に必要な財務機能を得るため、「財務部長」を雇うとしたらこの金額では不可能です

 

お引受け条件

お引受け条件を、次のようにさせていただきます。条件に合わない場合でも、料金のご相談をいただくことは可能です。

  • 年間売上高 2億円未満
  • 訪問場所が電車・バスなど公共交通期間で、横浜駅から90分程度圏内
モロトメ

当事務所がお役に立てる方・会社について「諸留誕税理士事務所プロフィール」もご覧ください!

 

ご依頼までの流れ

  1.  ご依頼の検討を希望される方は、まずは初回面談(無料)のお申込みをお願い致します
     → ご依頼・お問合せフォーム (「初回面談希望」の項目にチェックをお願いします)
  2.  当事務所よりメールにて、初回面談候補日等をご連絡いたします
  3.  初回面談にてお話をうかがい、本取組みの方向性について提案をさせていただきます
  4.  お客さまに、ご依頼の検討をしていただきます

 

「資金繰り円滑化サービス」導入の効果

脱どんぶり勘定!

資金繰りシミュレーションでお金の流れがわかります!

たとえば、「販売価格の値上げ(値下げ)」「人員の雇用」「設備投資」等の経営判断が、資金繰りに与える影響を数値で把握できるようになります。

手間いらず!

お客さま自身で金融機関向けの資料を作成する手間や時間が省けます。

資金繰りが安定!

半年から1年先の資金の見通しがわかるようになり、資金が不足する場合には前もって資金調達を行えるため、資金繰りが安定すします。

任せて安心!

金融機関(銀行)の考え方を熟知した銀行融資プランナー・モロトメジョーが金融機関対応を行います。

資金調達力向上!

財務戦略が浸透し、経営品質が向上することから、金融機関からの信頼度が上がります。結果、資金調達(融資)力が上がります。

 

【 初回面談のお申込はこちらから 】

 

「資金繰り円滑化サービス」導入事例

実際に導入している会社の社長様へのインタビューをご紹介します。

《 ※ 銀行融資プランナー協会の共同事業に基づく事例です 》

自己紹介をお願いします。

衣類をインターネットで販売しています。2年前に独立をして2期の決算を終えたところです。

本サービスを導入したきっかけを教えてください。

創業時は資金的に余裕がありませんでしたので、税務顧問サービスだけをお願いしていました。
その後、半年ぐらい経過した時に、ネット広告の会社から200万円の広告出稿を提案され、広告を出すべきかどうかを相談したのがきっかけです。

本サービスの導入を決断した決め手は?

当時の私にとって200万円は大金です。200万円も広告に使って本当に大丈夫だろうか?という不安がずっと拭えなかったのですが、資金繰りシミュレーションを用いて、数字で分かりやすく説明してもらうことで不安が払拭されました。

感覚的にモヤモヤしていたものが、「最低○○円売れれば倒産することはない。」と論理的に考えられるようになりましたので、やはり数字で経営をしていかないと・・・と強く感じたことが決め手です。また、難しい財務諸表ではなく、すべてにおいてキャッシュを軸に説明してもらえる点も自分に合っていると感じました。

本サービスを導入した感想をお聞かせください。

財務部長代行サービスをお願いしてからも、何度かアクセルを踏みたい瞬間があり、その都度資金調達を依頼しました。

創業2期で2,000万円以上の資金を調達しましたが、調達業務をお任せ出来るので、苦手な融資の資料作成に時間を費やしたり、銀行対応で嫌な思いをしたりすることもなく、自分の仕事に専念できています。何より、自分には銀行対応の知識も経験もありませんので、そもそもこれだけの金額を調達出来たことが成果です。

調達した資金で思い切った仕入や広告を仕掛け、第2期の売上高は1億8千万円を超えました。
利益もしっかりと出せています。つい1年半前は200万円の広告を出すのが大勝負でしたが、第2期は2,500万円も広告費に費やしています。本サービスなしには実現出来なかった実績だと思っています。

 

【 初回面談のお申込はこちらから 】