普段使いでセンスが光る!リストバンド型活動量計『Fitbit Charge2』

fitbitcharge2

スポンサードリンク

なんか「いかにも」っていう活動量計はちょっとね・・・

たしかに。スポーツするときはともかく、日常生活の中ではちょっと「浮く」イメージ。あるよねぇ。

ところがいやいや、そんな活動量計ばかりではありません。

活動量計であることを主張しすぎず、日常的なアクセサリーのひとつとして。普段使いでこそセンスを発揮する活動量計、それが「Fitbit Charge2」。

リストバンド型活動量計『Fitbit Charge2』

世に数ある活動量計の中から、わたしは「Fitbit Charge2」を選んで使っています ↓

その「Fitbit Charge2」について、次の3つのポイントからご紹介します。

  • いちばんの魅力「着せ替えバンド」
  • Fitbitの他製品との比較
  • そもそも活動量計は必要か?

 

いちばんの魅力「着せ替えバンド」

「Fitbit Charge2」の魅力は、もちろんいろいろありますが。わたしにとっていちばんの魅力は「着せ替えバンド」でした。

オシャレに、そして長持ちを実現

「着せ替えバンド」とは、わたしが勝手にそう呼んでいるのですが。その名の通り、「Fitbit Charge2」はバンドを交換できます。

って、さぁ。バンドを交換する意味なんてある?

なんて思っているあなた。あるもある、大ありです。なぜなら、

  • リストバンド型活動量計のスタンダード「ゴム製」のバンドは仕事着で浮く(なんかダサい
  • ゴム製バンドは劣化する命運にある(愛用した分だけ汚れる、切れる・・・

「Fitbit Charge2」も、ゴム製のバンドが標準装備として販売されているのですが。別途、交換可能なバンドを購入することができます。

オシャレに。しかも長持ち。

それが「Fitbit Charge2」の魅力です。

バンドいろいろ七変化

選ぶのに迷うくらい「着せ替えバンド」は売っています。

ちなみに。わたしは標準装備のゴムタイプのバンドのほかに、

  • ステンレスタイプ
  • 革タイプ

の2つのバンドを持っています。それぞれちょっと、ご紹介しましょう。

まずは、ステンレスタイプから ↓

fitbitcharge2-4 fitbitcharge2-5

ブラック、シルバー、ゴールド、ローズゴールドという色の中から、ブラックをチョイスしました。シブいねぇ。

金額は約2,000円ほどですが、チープな感じはありません。それよりも感じるのは、重い・・・

ということもあって、革タイプも購入 ↓

fitbitcharge2-6 fitbitcharge2-7

ブラック、ブルー、ベージュ、ホワイト、レッド、ピンク、ブラウンなどの中から、こちらもブラックをチョイス。無難に、さわやか。

金額は同じく2,000円弱と、わりと気軽にお求めやすく。すぐにまたほかのバンドが「欲しい欲しい病」です。

金属、革、ゴム、それぞれの素材ごとに、さまざまなデザインのバンドが販売されており。

選ぶ人の個性を発揮できるのが「Fitbit Charge2」です。

ところで。ステンレスタイプのバンドのほうは、バンドの長さ調節のための工具が必要になります。

100均ショップ「ダイソー」の時計工具(300円)を使って自分でできましたよ、ということを老婆心ながら申し添えます ↓

fitbitcharge2-1

バンド交換はカンタン、お手軽

着せ替えバンドがオシャレなのはわかった。でも、交換するのはいちいちメンドーじゃないのか?

だいじょうぶ。ものの10秒、そんなところです。

出掛けにちょこちょこっとバンドを交換できちゃうお手軽さ ↓

fitbitcharge2-2

 

Fitbitの他製品との比較

「Fitbit Charge2」購入時、検討対象にあがったFitbitの他製品と比較してみます。

違いを一覧してみる

「Fitbit Charge2」とその他製品について、購入検討時のポイントとなったのは次のとおりです ↓

  Charge2 Blaze Alta HR Alta Surge Flex2
落選理由 当選 デカい・価格高 マルチスポーツなし 心拍数なし バンド交換不可 ディスプレイなし
実勢価格 約18,000円 約26,000円 約20,000円(2017.4発売予定) 約17,000円 約24,000円 約12,000円
バンド交換 ×
ディズプレイ 中型 大型 小型 小型 大型 なし
心拍数 × ×
時計 ×
睡眠記録
SmartTrack(自動)
マルチスポーツ(手動) × × ×
GPS 接続 接続 × × 内蔵 ×
着信通知 通話・テキスト・予定 通話・テキスト・予定・メール・アプリ 通話・テキスト・予定 通話・テキスト・予定 通話・テキスト 通話・テキスト

ディスプレイ、心拍数、マルチスポーツの3つが決め手

数ある候補の中から、最終的に「Fitbit Charge2」に決めた理由は「着せ替えバンド」のほかに3つありました。

  • ディスプレイの有無
  • 心拍数計測の可否
  • マルチスポーツ機能の有無

実は、これら3つが理由になる前提があります。それは、

ランニングウォッチとしても使えるかどうか、です。えーっと、わたし・・・自称ランナーです!

で、理由のひとつめ。ディスプレイが無ければ、走行のスピードやタイムをリアルタイムに確認できません。ゆえに、ディスプレイは必要。

理由のふたつめ。トレーニングの強弱を客観的に理解するために、どうしても心拍数を知りたくなりました。

さいごの理由、マルチスポーツ機能ですが。これは平たく言うと、運動の始まりと終わりを「手動」で設定できるかどうか。

Fitbitの製品には「SmartTrack」といって、運動の始まりと終わりを自動計測してくれる機能があります。これはこれで便利。

でも、より正確に運動の始まりと終わりを計測するには、「手動」が一番です。トレーニングやレースで使うのであれば必須でしょう。

ということで。活動量計を求めながらも、「ランニングウォッチも兼ねてもらおう」というムチャを聞いてくれそうなのが「Fitbit Charge2」だったわけです。

「Fitbit Charge2」のランニングウォッチとしてのレビューはあらためてすることにして。

結論だけお話しておくと。わたしのように1日5Km程度のトレーニング。10kmのレースに出始めたくらいの自称ランナーレベルであれば十分だ、と感じています。

 

そもそも活動量計は必要か?

さいごに、そもそも活動量計なんて必要なの?という点について。

主観に頼らず、客観視する

少し話が逸れますが。わたしは毎日「時間の記録」を取っています ↓

TaskChute Cloud~タスク・スケジュール・時間管理のツール選びに終止符を

2016.09.18

どうしてそんなことをしているかというと、時間に対するヒトの感覚というのは非常にいい加減だからです。

  • この仕事は、だいたい〇分くらいかかるだろう
  • あの仕事が遅れたのは、だいたい〇分くらいだろう

という場合の「〇分」が実際の時間とかけ離れることは少なくありません。

30分で終わったと思っていた仕事が、実は1時間かかっていた。ということもザラであり。そのくらい、時間の感覚はいい加減です。

そのことを理解せずに「ま、こんなもんだろ」でいると、実際の時間を知ることができず。ほんとうの時間管理はままなりません。

健康管理も、これと同じようなことだと考えています。

  • なんとなく食べ過ぎた
  • なんとなく眠れなかった
  • なんとなく体が重い

などなど。なんとなく感じるカラダの調子というものがあるでしょう。

これを感覚だけに頼らず、活動量計が計測したデータを客観視してみよう。というのが、活動量計を身につけるに至った理由です。

その活動量計で何を測ろうというのか?

「Fitbit Charge2」はスマホアプリと連携することで、さまざまな情報を収集・管理できるようになっています。

スマホとはBluetoothで常時連携可能。いつでもスマホで詳細なデータを確認することができます。

ここで紹介をしきれないほど高機能なのですが、わたしが特に気にしているのは次の項目 ↓

こんなカンジですから、「Fitbit Charge2」はほぼ1日中身につけています。

睡眠の記録を取るためには、眠るときもつけている必要があります。その点で、「Fitbit Charge2」のサイズはギリギリ許容でしょう。

さきほどの一覧表で挙げた「Blaze」や「Surge」は高機能で捨てがたかったのですが、いかんせんデカすぎます。

ほぼ1日中身につけているという点では、「電池持ち」も気になるところです。最大5日と公表されていますが、常時Bluetooth接続だと3日程度。まずまずです。

普段は腕時計として

「Fitbit Charge2」は活動量計として、ときにはランニングウォッチとして。

普段は腕時計として、わたしの右手首を定位置にしています。

ディスプレイの表示形式はさまざま選択できますが、わたしはこのタイプで使用中 ↓

fitbitcharge2-3
  • 時刻
  • 日付
  • 歩数
  • 心拍数

の4つが表示されています。

ディスプレイは常時表示されているわけではなく。本体のボタンを押すか、腕時計を見るしぐさを取ることで、画面が点灯します。

また、腕時計として便利な機能はほかにも、

  • 目覚まし時計として、設定した時間になると静かな振動で起こしてくれる
  • スマホに着信があれば振動しながら、ディスプレイには相手の名前を表示してくれる(電話帳に登録があれば)

日常生活における多機能な活動量計としても、「Fitbit Charge2」はおすすめです。

 

まとめ

リストバンド型活動量計「Fitbit Charge2」についてのご紹介でした。

活動量計は実にさまざまありますが、「Fitbit Charge2」はその機能・特徴から見て、とてもコスパが良い製品だと感じます。

活動量計を検討中であれば、選択肢のひとつにいかがでしょうか。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!