【レビュー/ANKER SoundBuds Sport NB10】日々のランニングにはパーフェクトなイヤホンと断言

SoundBuds Sport NB10

スポンサードリンク

ランニングのときにジャマにならない、そのうえ、外れないイヤホンはないのかね?

ありますよ、おすすめが。ANKER製の「SoundBuds Sport NB10」。これで決まりだ!

ということで、レビューをいたします。

「パーフェクトなイヤホンだ」とあえて言おう

はじめに言っておきます。これからお話するANKER社製のイヤホン「SoundBuds Sport NB10」はパーフェクトです。

ただし。日常的なランニングでの着用、という目線でのレビューになりますことを、いまここにお断りしておきます。

それではさっそく。どのあたりがパーフェクトなのかを列挙してしまいましょう ↓

  • コードレス
  • 耳から外れにくい、ズレにくい
  • 防水
  • コスパ最強

上記についての詳細は、このあと説明をしていきます。

 

《完璧 その1》コードレス以外の選択肢なんてありえるわけ?

コード付きのイヤホンで走ったことがあります。はっきり言って「ジャマ」です。

走る振動でコードがなんかユッサユッサ揺れる揺れる。そのコードが頬に当たったりするとこそばゆいわ、うっとうしいわで・・・

もう、いらんわ!フンっ!

とコードを引き抜くことになります。その点、「SoundBuds Sport NB10」はというと、 ↓

image6

コードはありません。正確に言うと、アゴの下に「垂れ下がるコード」はありません。あるのは頭にフィットさせるためのコードであり、ブラブラと揺れるものではないのです。

そのフィット感はこのあとお話ししますが。とにかく、揺れるコードが無いのサイコー。

ちなみに、Bluetooth 4.1対応。わたしはiPhone7と接続していますが、何の問題もなく、すぐにペアリングできます。

 

《完璧 その2》もう決して耳から外れない、と言っていい

「SoundBuds Sport NB10」をつけて走っていて、耳から外れたことはありません。たぶん、金輪際ずっと外れないと言っていい。そういうレベルです。

そう言える理由は、次の3つになります。

  • 耳に押し込むタイプの「カナル型」のイヤーチップであること
  • 「耳かけ式」であること
  • よりフィットさせるための「フィットクリップ」なるものがあること

《外れないワケ その1》カナル型イヤーチップ

イヤホンの先端部(イヤーチップ)は、耳に押し込むタイプのいわゆる「カナル型」の形状をしています ↓

image1

カナル型イヤホンは、その密着感の好みがわかれるところかもしれませんが。とにかく外れにくいのがメリットです。

イヤホン先端部のイヤーチップは、S・M・Lの3サイズが同梱されています。

《外れないワケ その2》耳かけ式

カナル型に加えて、耳かけ式です。だからフィットして、外れにくい。装着イメージはこんなカンジです ↓

image2

ところで、写真のモデルは息子(小学校3年生)です。カワイイ頭でしょ。

「41歳・白髪交じりのオジサン」というわたしの頭を晒すのに気が引けました。余談です、気を取り直していきます。

写真の赤矢印の部分、コードが耳にかかっていることをご確認ください。ここでひとつ疑問が生まれます。

メガネはOKなのか? と。

「常時メガネ」のわたしにとっては、ゆゆしき問題でしたが。結論はノープロブレム。まったく問題なし。驚くほど干渉しませんでした。その様子がこちら ↓

image3

いやいや、これじゃわからんだろ。みたいな写真ですみません。でも大丈夫です、ほんとに。

《外れないワケ その3》フィットクリップ

カナル型、耳かけ式ときて、さいごのダメ押しが「フィットクリップ」です。

フィットクリップとは、イヤホンを後頭部に固定し、より頭にフィットさせるしくみです。この部分 ↓

image4

後頭部に固定と言っても、フィットクリップはゴム製で柔軟。不快感を感じるようなことはありません。

さらに、フィットクリップは可動します。自分の頭のカタチに合わせて動かせば、フィット感は完璧です。

ランニング程度の振動で、イヤホンが外れることはありません。その様子はこちら ↓

image5

 

《完璧 その3》汗とか雨とか気にしてたらツカえないだろ?

コードレス、耳から外れない、と「SoundBuds Sport NB10」のおすすめポイントをお話してきましたが。続いて3つめのおすすめポイント。

防水です。

その防水能力の程度についてですが、「IPX5」という防水規格に準拠したものです。

IPX5は、「あらゆる方向からの噴流水による有害な影響がない」という防水能力とされるもの。ちょっとした雨や汗が問題になることはないでしょう。

だからランニングでも臆することなく、ジャンジャン使っていい。でも、ジャブジャブ水洗いはいけません。さすがに壊れると思う。

 

《完璧 その4》消耗品たるイヤホンであれば、コスパが命

雨や汗に耐えて使えるとは言っても。ランニングという酷な状況で使われるイヤホンは「消耗品」です。

ボディの質感や音質にこだわって高級品を選ぶ、というタイプのイヤホンはランニングには不向き(だという個人的意見です)。

できるだけ安いに越したことはありません。だって、高いの買って壊れたら、めっちゃショックだわ・・・

で、この「SoundBuds Sport NB10」。2017年5月3日現在、Amazon価格でスバリ 2,499円(グリーンは 2,999円)。

安い。お手頃。

では、安かろう悪かろうかというと、そんなこともないわけで。

これまでお話してきたこと以外に、「SoundBuds Sport NB10」のポイントとなる点を下記で補足しておきます。

音質

人によって好みもあると思うので、あくまで私見になりますが。決して悪くはない音質だと感じます。

音の系統としては「軽め」です。言い換えると、シャカシャカ感が強め。低音域よりも高音域が強調されるイメージですね。

とはいえ、それも許せるレベル。カナル型イヤホンということで耳との密閉性も高く、じゅうぶんに「聴ける」音だと評価しています。

重さ

本体の重さは21グラム。わたしが普段かけているメガネとぴったり同じ重量でした ↓

image7

見た目若干のゴツさはありますが、意外と軽い。いやいや、かなり軽いです。

充電

電源は充電式。Micro USBの充電ケーブルが同梱されています。公表値では、フル充電で6時間連続再生可能。

じゅうぶんなスペックです。わたしは6時間も連続で走るようなランナーではありません・・・走らないし、走れない。

音楽操作

右の耳側のイヤホンに、小さなボタンが3つ付いています。これである程度、音楽に関する操作ができます ↓

image8

できる操作は、

  • ボリュームの調整
  • 再生、一時停止
  • 次の曲へスキップ

ちょーっとボタンが小さいのでね、走りながらはなかなか難しいかもしれませんが。一時停止ができたりするのは便利です。

電話操作

電話の着信にも対応できます。着信すると、イヤホンから着信音が聞こえます。そこで、イヤホンに付いているボタンを使って、

  • 電話に出る、電話を切る
  • 着信を拒否する

などの操作が可能です。

ちゃんとマイクが付いているんで、電話を取り出さずとも、イヤホンを付けたまま走りながらお話しもできちゃいます。

もっとも、わたしは走っている最中に電話に出ることはありませんが・・・それでも、「いったい誰からの電話だよ?」とは気になるもので。

わたしの場合は、ランニングウォッチとして着用しているリストバンド型活動量計「fitbit charge2」を見ればわかります ↓

image9

さいごはまさに余談でした。

 

まとめ

 

ランニング時に最適な、ANKER社製のイヤホン「SoundBuds Sport NB10」についてお話してきました。

何を買おうか迷っているのであれば、ランナーにはたいへんおすすめのイヤホンです。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!