デュアルディスプレイで消耗しないためのショートカットキー【Windows&Mac】

デュアルディスプレイショートカットキー

スポンサードリンク

パソコン利用の効率化に役立つ「デュアルディスプレイ」ですが。

デュアルディスプレイをより活かすための「ショートカットキー」は使っていますか?

デュアルディスプレイで消耗しないためのショートカットキー

ノートパソコンのディスプレイに加えて外付けのディスプレイなど。2台のディスプレイでパソコンを利用することを「デュアルディスプレイ」と呼びます。

ディスプレイを広く使える、複数のウィンドウ(アプリ)を並べて使えるなど、デュアルディスプレイは効率化に欠かせない手段です。

が。デュアルディスプレイを使う際、それを活かすショートカットキーは使っていますか?

具体的には、ウィンドウをキーボードで操作する。

キーボードでの入力状態から、いったん手を離してのマウス操作では時間と手間がかかります。また、1回1回はわずかな動作でも、積み重なれば消耗します。

ですからそこは、キーボードを使った「ショートカットキー」でいきましょう。

ということで、デュアルディスプレイで消耗しないためのショートカットキーについてお話をしていきます↓

  • ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動【Windows編】
  • ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動【Mac編】
  • そのほか便利なウィンドウ操作ショートカットキーを一覧【Windows・Mac比較版】

 

ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動【Windows編】

デュアルディスプレイで作業をしている際の「ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動」について。Windows編です。

ウィンドウの移動:Windowsキー + 矢印キー

アクティブ(作業中)なウィンドウを、ひとつのディスプレイ内で左半分に寄せる、または、右半分に寄せるときのショートカットキーです。

マウスでウィンドウ幅を調整したり、ウィンドウを移動させることなく、キーボード一発操作です。

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを左半分に寄せる:Windowsキー + ←

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを右半分に寄せる:Windowsキー + →

上記、ショートカット操作時のイメージは下図のとおりです。移動時の反対側の矢印キーを使えば元に戻すことも可能です↓

image1

ちなみに、矢印キーを「上下」にすると、次のような操作も可能です。

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを最大化:Windowsキー↑

上記のアクティブウィンドウ最大化を元に戻す:Windowsキー + ↓

ディスプレイ間でのウィンドウの移動:Windowsキー + Shift + 矢印キー

2つのディスプレイ間で、ウィンドウを左右に移動させるときのショートカットキーです。

マウスでウィンドウをドラッグすることなく、キーボードでカンタンに左右に飛ばすことができます。

アクティブウィンドウを右から左のディスプレイに移動:Windowsキー + Shift + ←

アクティブウィンドウを左から右のディスプレイに移動:Windowsキー + Shift + →

上記、ショートカット操作時のイメージは下図のとおりです↓

image2

 

ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動【Mac編】

デュアルディスプレイで作業をしている際の「ウィンドウの移動・ディスプレイ間の移動」について。Mac編です。

と言いながら。MacにはWindowsのようなウィンドウ移動のショートカットキーが無いようで…(わたしが知らないだけでしたらすみません)

ウィンドウ操作アプリの「Spectacle」のダウンロード・インストールをおすすめします(無料)。

これにより、以下のようなショートカットキー操作が可能になります。

ウィンドウの移動:option + command + 矢印キー

アクティブ(作業中)なウィンドウを、ひとつのディスプレイ内で左半分に寄せる、または、右半分に寄せるときのショートカットキーです。

マウスでウィンドウ幅を調整したり、ウィンドウを移動させることなく、キーボード一発操作です。

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを左半分に寄せる:option + comman + ←

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを右半分に寄せる:option + comman + →

ディスプレイ内で、アクティブウィンドウを中央に寄せる:option + comman + C

上記、ショートカット操作時のイメージは下図のとおりです。左右に寄せたウィンドウは「option + comman + C」で中央に寄せることも可能です ↓

image3

ディスプレイ間でのウィンドウの移動:control + option + command + 矢印キー

2つのディスプレイ間で、ウィンドウを左右に移動させるときのショートカットキーです。

マウスでウィンドウをドラッグすることなく、キーボードでカンタンに左右に飛ばすことができます。

アクティブウィンドウを右から左のディスプレイに移動:control + option + command + ←

アクティブウィンドウを左から右のディスプレイに移動:control + option + command + →

上記、ショートカット操作時のイメージは下図のとおりです↓

image4

ウィンドウ操作アプリの「Spectacle」は、ほかにもウィンドウ最大化(option + command + F)など、さまざまなショートカットが利用可能です ↓

image5

Spectacleの設定画面

 

そのほか便利なウィンドウ操作ショートカットキーを一覧【Windows・Mac比較版】

前述したウィンドウの移動・ディスプレイ間での移動に加えて、ウィンドウ操作に関する便利なショートカットを列挙してみます。

  Windows Mac
デスクトップを表示 Windowsキー + D F11(FnキーがONの場合)
アクティブウィンドウを閉じる control + W command + W
アクティブウィンドウを最小化 Windowsキー + ↓ command + M
すべてのウィンドウを最小化 Windowsキー + D option + command + M
開いているウィンドウを切り替える Alt + Tab command + Tab
アクティブなアプリを閉じる Alt + F4 command + Q

 

まとめ

デュアルディスプレイで消耗しないためのショートカットキーについてお話をしてきました。

効率よくパソコンを利用するにあたり、デュアルディスプレイは欠かせない手段と言えます。

そのうえで、さらに効率よく作業をするために。できるだけマウスを捨てて、キーボードによるショートカットキーを使うことをおすすめします。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。
フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!