見ていて『気持ち悪いスライド』を作らないためのパワポ便利技

気持ち悪いスライドを作らないためのパワポ技

” この線、傾いてない…? この図形、なんか間隔が一定じゃなくない…? ”

なんて思われているスライドを作っていませんか。見ていて「気持ち悪いスライド」を作らないためのパワポ便利技について、お話をしていきます。

「気持ち悪いスライド」を作らないためのパワポ便利技

ビジネスシーンではなにかと使う機会が多い、プレゼンツールの「パワポ(PowerPoint)」。

そんなパワポで作られた「スライド」を目にする機会にも事欠かないわけですが、「う〜、なんか気持ち悪っ。」というスライドもあるもので。

内容うんぬん以前に、「見た目」が気になる、気持ち悪い。そんなスライドがこちら ↓

  • 線が傾いている、円がまんまるじゃない、四角が正方形じゃない…
  • 図形の高さがそろってない、端がそろってない…
  • 図形が等間隔じゃない…

このような「気持ち悪いスライド」を作らないための便利技を、このあとお話ししていきます。

 

線が傾いている、円がまんまるじゃない、四角が正方形じゃない…

スライドを作った本人は「つもり」なのに、「そうじゃない」というスライドは、見ている人には気持ちの悪いものです。たとえば、こういうこと ↓

  • 水平な線を引いているつもり
  • まんまるの円(真円)を描いているつもり
  • 正方形を描いているつもり
image1

というわけで、これらの「気持ち悪い」を作らないための便利技がこちら ↓

「Shift キー」を押しながら図形を描く

これだけです。直線であれば、水平・垂直な線が引けるようになります。円であれば真円が、四角であれば正方形が描けます。

パワポの初歩テクニックではありますが、「え〜、知らなかったわ…」という人は、いまのうちにこっそりと習得しておきましょう。

 

図形の高さがそろってない、端がそろってない…

スライドを作った本人は「つもり」なのには、ほかにもあります。こんどはこちら ↓

  • 図形の高さがそろっているつもり
  • 図形の端がそろっているつもり

でも、そろってないんだな、これが。見ていて「気持ちが悪い」というサンプルがこちらです ↓

image2

というわけで、これらの「気持ち悪い」を作らないための便利技がこちら ↓

図形をクリック(選択)したあと、「Shift キー + Control キー」を押しながらドラッグしてコピーする

たとえば、円の図形の高さをそろえたい場合。

円をひとつ描いたあと、その円をクリック。「Shift キー + Control キー」を押しながらドラッグすると、同じ円を垂直または水平にコピーできます ↓

フツーにコピペしても、「ガイド線」が出るからいいじゃないか。という意見もあるかもしれませんが、手元が狂ってズレてしまうことはあります。

その点、「Shift キー + Control キー」を押しながらドラッグであれば、そもそもズレないというメリットがあります。

まら、これに付随してのおすすめ技に、スライドに「グリッド線」を表示するというものがあります ↓

 

image4
  1. PowerPointの「表示」タブを選択
  2. 「グリッド線」のチェックボックスにチェックを入れる

このように、あらかじめグリッド線を引いておけば、図形を配置する際の目安になります。上下左右の余白バランスなど、スライド全体をデザインする際の目安としても便利です。

 

図形が等間隔じゃない…

スライドを作った本人は「つもり」なのに、実際はそうじゃない。さいごはこちらです ↓

  • 図形を等間隔に並べているつもり
image5

というわけで、これらの「気持ち悪い」を作らないための便利技がこちら ↓

パワポの「配置」機能を使って、図形をそろえる

たったこれだけのお手軽技です。もしかして、画面に定規をあてて「等間隔」を測ったりしていませんでした? あぁ、それはかつてのわたしでした…

「げ、オレ(ワタシ)もだ」というあなたは、ぜひこの機会に覚えてしまいましょう。

たとえば、円が上下に「不」等間隔に並んでいる場合の、具体的な手順はこちら ↓

image6
  1. 対象の図形を「選択」状態にする(Ctrl キーを押しながら、それぞれの図形をクリック)
  2. 「ホーム」タブを選択
  3. 「配置」をクリック
  4. ドロップダウンメニューから「配置」をクリック
  5. 次のドロップダウンメニューから「上下に整列」をクリック

これで、対象の図形(上記例では、3つの円)が、上下・等間隔に並びます。

もう気持ち悪くない、気持ち良い。むしろ、チョー気持ちイイ(by 北島康介氏・2004年アテネ五輪)。

この「配置」機能は多彩です。ドロップダウンメニューを見ればわかるとおり、間隔を揃える以外にも、図形の上下・左右をそろえたり、上下・左右の中央に寄せたりできます。

いろいろと試して、使っていきましょう。

 

まとめ

見ていて「気持ち悪いスライド」を作らないためのパワポ便利技についてお話をしてきました。

どの技もお手軽カンタンですが、知っているかいないかで、できあがりのスライドには差が出ます。ぜひとも覚えておきましょう。

  • 「Shift キー」を押しながら図形を描く
  • 図形をクリック(選択)したあと、「Shift キー + Control キー」を押しながらドラッグしてコピーする
  • スライドに「グリッド線」を表示する
  • 「配置」機能を使って、図形をそろえる

 

[/box]

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!