これはやっちゃいかん!わたしのブログタブー集

ブログタブー集




” ブログでこれはやっちゃいかん ”

720日間、毎日ブログを更新しているわたしのブログタブー集についてのお話です。

これはやっちゃいかん!を決めたブログタブー集

ブログの毎日更新をはじめてから、きょうで721日め。

いろいろとありながらも続けてきた中で、「ブログでこれはやっちゃいかん」と決めたブログのタブー。

そんなわたしのブログタブー集がこちらです ↓

  • ウソをつく
  • 書き言葉を多用する
  • お悩みをぶちまける
  • 結論を後回しにする
  • 「思う」を連発する
  • 「個人的には」と前置きする
  • 「元気じゃない」を打ち明ける

これらのタブーについて、このあと順番にお話をしていきます。

 

《タブー》ウソをつく

ウソをついてはいけません。って、そんなことはみんなわかっているのであって。

ブログにおける問題は、「結果的に」ウソをついてしまうことがある、という点です。

具体的には、間違えて、あるいは、勘違いして書いてしまったというケース。

わたしもあります。読者の方からご指摘をいただき修正… ふとした瞬間に気がついてこっそり修正… 

この場合、修正をするまでのブログ記事は「ウソだ」と言われても文句は言えません。

文句を言っていただけるのは良いほうで、「このブログはウソつきだ」と思われておしまい、ということのほうが多いでしょう。

ウソをつく気はなくても、ウソになる、ウソになっていることがある。という認識はたいせつです。間違い・勘違いにはじゅうぶん気をつけましょう、というハナシですね。

ちなみに。ウソはつきませんが、つまらない冗談を書いてしまいます、わたし。「このブログはつまらない」と思われておしまい、ということがあるのかもしれん…

 

《タブー》書き言葉を多用する

書き言葉はなるべく使わずに、話し言葉を使って文章を書くようにしています。

話し言葉、つまり「日常の会話」に近い文章のほうが、読みやすく、スッと頭に入りやすいものだからです。

なので、文章を書いたあとには、会話として不自然な表現はないか、リズムが悪くないか、を確認しています。実際、口に出して発音してみるのがよいですね。

「いやいや、アンタの文章、いつもリズムおかしいけど」というご指摘を受けるのであれば、それはわたしの「会話力が壊れている」という別の問題ですからあしからず。

そんなじぶんのことを棚に上げて言えば、話し言葉で文章を書くことはカンタンではありません。

文章を書こうと思うと、どこか構えてしまうものです。結果として、よそいきの書き言葉を多用してしまいます。

漢字が多い、会話では言わない熟語表現を使っている、カタカナ語・専門用語が多い、などは要注意です。

 

《タブー》お悩みをぶちまける

「いま、◯◯で悩んでます」「いま、◯◯で困ってるんです」以上、みたいなブログ。ただただお悩み聞いてください… のブログは書かないようにしています。

「ブログ読者」は、家族や友人などとは違いますからね。お悩みをぶちまけられても困るばかりでしょう。わたしはあなたの親じゃないんだから、というカンジです。

とはいえ、かつてはわたしも書いていました。お悩みぶちまけのブログ記事。うん、忘れよう。むかしのことだ。

いまでも「お悩み」自体は書くことがあります。でもそれは、話したいことの「きっかけ」、あるいは「具体例」としてです。

お悩みを話すだけでおしまい、というブログ記事は書かないようにしています。

 

《タブー》結論を後回しにする

起承転結のような「結論の後回し」をしないようにしています。このブログ記事も、冒頭で結論とその概要を列挙する構成です。

読者がすぐに結論を知ることができるように、結論に興味がなければすぐに読むのをやめられるように、との考えからです。

書く側からすると、結論は後回しにして、読者をさいごまで引っ張りたい、という思惑があったりします。

けれども、読む側は早く結論が知りたいのです。結論までが長すぎれば読むのをやめるし、せっかく読んだのに結論がイマイチだった、という思いはしたくないのです。

だから、書く側の思惑はあきらめて「結論は先」です。

結論が的を射たものであれば、先に出してもさいごまで読まれます。逆に、結論後回しでさいごまで読まれたとしても、その結論が的を射ていなければ読者の反感を買うばかりです。

 

《タブー》「思う」を連発する

「〜だと思います」という表現をできるだけ使わないようにしています。

とくに、なにかを「主張」したり、「意見」をする場面では、「思います」ではなく「です」で言い切ります。

「思います」では、主張や意見としては弱すぎるからです。弱すぎて、主張や意見とすら思われないこともありえます。

せっかく、ブログという舞台で、じぶんの主張・意見を出すのであれば、中途半端をしないことです。

なんて言っているわたしも、「思います」って付け足したくなることは山ほどあります(むかしは付けていたかも…)。付けると安心するんですよねぇ、なんか。

でも、安心して喜んでいるのはじぶんだけです。じぶんだけが喜ぶ文章を書くのならば、あえてブログにすることもないわけで。日記でいいんじゃね? と。

だから、覚悟を決めて言い切る。「思います」なんて言わない。

 

《タブー》「個人的には」と前置きする

前述の「思う」と似たハナシではありますが。主張や意見の前置きとして、「個人的には〜」とか「わたしとしては〜」と書かないようにしています。

そもそもブログは個人的なものです。ひとりの個人がブログに書く文章が「個人的」じゃないことなんてありえません。

だからわざわざ、「個人的には〜」というあたりまえな前置きは必要ない、ということです。

にもかかわらず、そのような前置きをするのは、主張や意見に自信がない、覚悟がないことの現れでしょう。読者はそんな書き手の心理を敏感に感じ取るものです。

前置きするくらいなら書かない。書くのなら前置きしない。二者択一です。

 

《タブー》「元気じゃない」を打ち明ける

ブログを書くときに、「風邪をひきました」とか「◯◯の調子が悪くって」といった、「元気じゃない」系の話をしないようにしています。

もちろん、人間、風邪をひきますし、調子が悪いことだってあるわけですが。

それをあまり正直に打ち明けていると、「この人、いつも風邪ひいてない?」みたいなイメージがついてしまいかねません。

ブログに「営業活動(仕事)」の一面があるのであれば、このイメージはマイナスだと考えています。

そう言えば、マラソンで脚を痛めたことは以前に書きました。慢性的なものではなく、近く治るはずのものだから、との判断で。

まぁ、これも「年中」となると、「この人、なんでそこまでして走ってんの?」みたいなイメージがついてしまうのかもしれません。

イメージはたいせつです。

 

まとめ

わたしのブログタブー集について、お話をしてきました。

人それぞれのタブーであって、すべての人に共通する正解はありません。

わたしのタブーが、あなたにとってのタブーを考えるきっかけになりましたら幸いです。

  • ウソをつく
  • 書き言葉を多用する
  • お悩みをぶちまける
  • 結論を後回しにする
  • 「思う」を連発する
  • 「個人的には」と前置きする
  • 「元気じゃない」を打ち明ける

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!




ABOUTこの記事をかいた人

税理士ブロガー。銀行融資、税理士いらずの経理の立ち上げを得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!