『いつもの操作』を高速化するMacショートカットキー5選

macいつもの操作のショートカットキー

そのMacの操作を、もっと速くする方法ありますよ。

ショートカットキーです。マウスやタッチパッドよりも速い、「いつもの操作」を高速化するMacショートカットキー5選をお話しします。

「いつもの操作」を高速化するMacショートカットキー5選

Macを使いはじめてから約半年になります。Windows一筋だったわたしも、Macに馴染んできました。

そんなわたしが日ごろ繰り返している「いつもの操作」について、多用しているショートカットキーを5つ紹介します。

いつもの操作にこそショートカットキーは有効です。1回1回はわずかな効果でも、頻度高く繰り返すのであれば、積み重なる効果は大きなものです。

だから、「いつもの操作」にこそ、ショートカットキーを、ということで。こちらです ↓

  1. アプリケーションの切り替え
  2. Dockの操作
  3. 文字入力の操作
  4. ファイルなどの即削除
  5. ファイルなどの移動

いずれもWindowsとは勝手が異なり、その存在を見つけるのにも苦労をしたショートカットキーです。

もしかすると、Macユーザー歴がそれなりの人でも「意外と知らない」ものがあるのかも、です。

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

アプリケーションの切り替え

command + tab

複数のアプリケーションを開きながら作業をしているのであれば、必須のショートカットキーがこれ。わたしはもう、これを日になんど使うかわかりません。具体的なやり方は、

  1. 「command + tab」を押す(tabはすぐ離す)と、アプリケーションスイッチャー(現在使用しているアプリの一覧)が表示される
  2. 「command」を押したまま、「tab」を押して離すを繰り返し、選択したいアプリケーションのところで「command」を離せば、アプリケーションの切り替えができる

同一アプリケーションで複数のウィンドウを開いている場合(たとえば、Excelで複数のファイルを開いている場合)、ウィンドウ単位での切り替えも可能です。

上記アプリケーションスイッチャーで該当のアプリケーションを選択後(「command」は押している状態)、「↓」を押すとウィンドウ選択画面に切り替わります。

「command + tab」は、アプリケーションスイッチャー内を「右」に移動しますが、「shift + command +tab」を使えば「左」にも移動できます

 

Dockの操作

control + F3

Macと言えば「Dock」、「Dock」と言えばMac。Dockも日ごろよく操作をすることから、ショートカットキーは覚えておくと便利です。

  1. 「control + F3」を押すと、Dockが表示される
  2. 「→」・「←」でDock内を移動し、選択したいアプリケーションのところで「return」を押すと、アプリケーションが起動

なお、「return」の代わりに「↑」を押すと、サブメニューの表示・選択も可能です。 

上記ショートカットキーが使えない場合には、システム環境設定を確認しましょう↓

  • システム環境設定→キーボード→「F1、F2などのキーを標準のファンクションキーとして使用」にチェック
  • システム環境設定→キーボード→ショートカット→「Dockを操作対象にする」にチェック

 

文字入力の操作

  • control + F(Forward・1文字前に移動)
  • control + B(Back・1文字後に移動)
  • control + A(Ahead・行頭に移動)
  • control + E(End・行末に移動)

文章をたくさん入力するという場合には、地味ながらも超絶に効果を発揮するショートカットキーです。ブログなどを書いていると重宝します。

これらのショートカットキーは、各種の「矢印キー」の代わりと言えるもの。じゃあ、矢印キーでいいじゃん、って?

ダメです。使ってみるとわかりますが、「矢印キー」とは速さがまるで違うのです。ショートカットキーのほうがダンゼン速い。

なぜならば、上記のショートカットキーは、指をホームポジションからほとんど動かさずに操作可能です。

いっぽうの矢印キーは、右手をホームポジションから離して、だいぶ動かさなければいけません。時間ロス。

さらにわたしの場合、矢印キーは目視しないと押し誤ること多数…(とくにキーが小さい「↑」と「↓」)。

文字入力の操作には、次のようなショートカットキーもあります。

  • control + P(Previous・前の行に移動)
  • control + N(Next・次の行に移動)

 

ファイルなどの即削除

command + option + delete

ファイルやフォルダを削除する際のショートカットキー「command + delete」を使うと、削除したものはいったんゴミ箱に入ります。

いやいや、ゴミ箱を介さず即座に削除したい。という場合のショートカットキーがこれです。わたしは通常の削除はほとんど使わず、即削除です。

ちなみに、このショートカットキーを使うと、「ほんとうにいいの?元に戻せませんよ」的な注意メッセージが表示されます。

ここで、「キャンセル」か「削除」かを選択するのですが、ここでもショートカットキーが使えます。「tab」で選択、「スペースキー」で決定です。

上記、選択で「tab」が機能しない場合、システム環境設定を確認しましょう。

  • システム環境設定→キーボード→ショートカット
  • ウィンドウ下部の「フルキーボードアクセス」の項目で、「すべてのコントロール」にチェック

 

ファイルなどの移動

command + option + V

ファイルやフォルダを移動する際、元のファイルなどを「command + C」でコピー、移動先で「command + V」で貼り付けると、元の場所に元のファイルは残ったままです。

つまり、移動ではなく、コピペになってしまいます。このままでは、移動元のファイルをわざわざ削除しなければいけません(わたしは以前やっていました…)。

そんなメンドーはイヤだ、コピペではなく、移動をしたいのだけど。というときのショートカットキーがこちらです。

元のファイルなどを「command + C」でコピーしたあと、移動先では「command + option + V」を押す。これで、移動になります。

 

まとめ

「いつもの操作」を高速化するMacショートカットキーについてお話をしてきました。

自分が日ごろ繰り返している「いつもの操作」にショートカットキーはないのだろうか?

いちど時間をかけて探してみましょう。その時間を補って余りある効果をショートカットキーは提供してくれるはずです。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!