『ニュースを見せられる・聞かされる』で奪われる3つのもの

ニュースで奪われる3つのもの




” いやぁ、しかし次から次へといろんなニュースがあるもんだ ”

と、感心をしている場合ではありません。気がつけば、知らなくてもいいニュースを見せられているかも・聞かされているかも、というお話です。

知りたくない・知らなくてもいいニュースまで知らされている僕ら。

ふだん何気なく目にしている・耳にしている「ニュース」。

そのニュースは、さまざまなカタチで、そしてカンタンに入手することができます。たとえば、テレビから、ラジオから、新聞から、ネットから、メルマガから、などなど。

いっぽうで。カンタンに入手できるからこそ、じぶんの意(知りたい・知りたくない・知らなくてもいい)とは関係なく、知らされているニュースもあるものです。

そこで、「ニュースを知らされる(見せられる・聞かされる)」ということについて、次のようなお話をしていきます ↓

  1. 「ニュースを見せられる・聞かされる」ことで奪われてしまう3つのもの
    • 時間
    • 気持ち
    • 集中
  2. 奪われないために決めておきたい3つのこと
    • いつ見る・いつ聞く
    • なにを見る・なにを聞く
    • どれだけ見る・どれだけ聞く

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

「ニュースを見せられる・聞かされる」ことで奪われてしまう3つのもの

たとえば、テレビ。つけっぱなしにしていると、ニュースを見せられる・聞かされることになります。

ニュースの内容を選ぶのはテレビ局であって、視聴者ではないからです。

もちろん、知りたくないニュースは見なければいい・聞かなければいい、ということですが。なんとなく見続けてしまう・聞き続けてしまう、ということはあるでしょう。

そんな状況のなかで、奪われてしまうものが3つありますよ。というお話です。その3つとは、「時間・気持ち・集中」です。

時間

じぶんにとって、知らなくてもいいニュースを見る・聞くのだとすれば。「ニュースを見せられる・聞かされる」ことで、じぶんの時間が奪われている、と言えます。

わたしにも経験があります ↓

  • テレビのニュース番組をずーっと見続ける
  • 新聞を隅から隅まで読む
  • ネットのニュースサイトのおすすめ記事を読み続ける
  • 毎朝届くニュース情報のメルマガを必ず読む

というわけで、気づいたら「スゲー時間たってるし」ということがありました。

時間が無尽蔵にあればそれもよいのですが、そんなことはないわけで。だれにとっても時間は限られています。

したがって、知らなくてもいいニュースまで見せられる・聞かされることで、じぶんの時間を奪われたくはないものですよね。

気持ち

言うまでもないことですが、世の中には「いろいろなたぐい」のニュースがありますから。じぶんの気持ちに対して、よくない影響を与えるニュースというのもあるでしょう。

「よくない影響」とは、たとえば ↓

  • 気持ちが暗くなる・沈む
  • テンションが下がる
  • 気持ちがそがれる
  • 怒りがわく

どういうたぐいのニュースが、上記のような「よくない影響」を与えるのかは、ひとによって違います。

それはそれとして、じぶんにとって、よくない影響を与えるようなニュースについては、できるだけ遠ざけたいものですよね。

遠ざけることができずに、ただただ「ニュースを見せられる・聞かされる」ようだと、じぶんの気持ちによくないし、じぶんの気持ちが奪われる、ということになります。

集中

ニュースを目にする、耳にするタイミングによっては、じぶんの集中力がとぎれてしまうことがあります。

スマホのプッシュ通知などはその典型でしょう ↓

  • 画面に表示された新着ニュースをすぐに読んでしまう
  • バイブ・音によって通知された新着ニュースで手が止まる

これらによって、それまでじぶんがやっていたこと・考えていたことなどが「一旦停止」させられてしまいます。せっかくの集中が途切れてしまいます。

そう考えると、いまどきの「通知」は、便利なようでいて罪深いものだと気づくわけです。

そのように、「なんとなく便利そう」にまかせて、「ニュースを見せられる・聞かされる」ようだと。じぶんの集中が奪われることになります。

 

奪われないために決めておきたい3つのこと

「ニュースを見せられる・聞かされる」ことによって、時間・気持ち・集中が奪われる。というお話をしてきました。

では、どうしたら奪われないようにすることができるのか?

それには、3つのことを決めておくのが効果的ですよ。というお話をしていきます。その3つとは、「いつ・なにを・どれだけ」です。

いつ見る・いつ聞く

わたしが、ニュースに時間・気持ち・集中を奪われないために、具体的に続けていることがあります。

それは、「毎朝 朝イチに15分、スマホアプリでニュースを見る」ことです。これについては、「朝イチ」というところにひとつポイントがあります。

朝イチ、つまり、起きてすぐに、きょうのニュースを押さえてしまうことで、その後にテレビでニュースが流れているような場合にも見続けずに済みます。

逆に、きょうのニュースを押さえていなければ。順番に流されるニュースを、「次はなんだろう?その次はなんだろう」という思いで見続けることになります。「時間」が奪われます。

ですから、そのように時間が奪われないよう。じぶんのほうから先に、きょうのニュースは押さえてしまうわけです。

また、ニュースに限らず、メールやSNSなどその他のアプリの「通知」も、できる限り切るように設定をしています。そうしなければ、通知によって目の前の「集中」を奪われてしまうからですね。

方法やルールは人それぞれだとしても、ニュースを「いつ見る・いつ聞く」のかをじぶんで決めておくことで、奪われるものを少なくすることができるはずです。

なにを見る・なにを聞く

さきほど、「毎朝 朝イチに15分、スマホアプリでニュースを見る」というお話をしました。

これについて、わたしがニュースアプリを見るときには、基本的に「タイトル」しか見ていません。なにが起きたか、はそれでもだいたいわかるからです。

そのうえで、深く理解したほうがよいかな、というニュースだけは記事の内容まで閲覧をしています。

このとき気をつけているのが、「暗い」トーンのニュースは記事の内容までは見ない。タイトルだけを見て、ニュースとしては把握しますが、それ以上は深追いをしないということです。

なにをもって「暗い」と感じるかは人それぞれの判断ですが、わたしに関しては、じぶんが「暗い」と感じたニュースは避けています。

理由は、じぶんの「気持ち」を奪われてしまうから。気持ちが沈んだり、悲しくなったり、怒りがわくような「暗い」ニュースは極力見ません。

それは、テレビなどのニュース番組もいっしょで、内容によってはチャンネルを変えてしまいます(妻が見ているときには嫌がられますが…)。

あまりにもいろいろなことが起きる世の中ですから、じぶんの気持ちに合わないものもあるでしょう。そのようなニュースはあえて見ないほうがよい、というのがわたしの考えです。

そのようなことであれば、「なにを見る・なにを聞く」のか、という線引をしておくとよいでしょう。もちろん、どこに線を引くかは人それぞれです。

どれだけ見る・どれだけ聞く

みたび、「毎朝 朝イチに15分、スマホアプリでニュースを見る」というハナシについて。これについては「15分」というところにもポイントがあります。

「いつ・なに」を見るか・聞くかを決めても、それを「いくらでも」見るというわけにはいきません。前述したとおり、時間は限られているからです。

だから、わたしは「とにかく 15分」と決めています。アプリでニュースのタイトルをざっと流し見る。必要があれば、その内容を流し読む。これで15分。

もしも、じっくり見る・聞くべきニュースがあれば。それは「別枠の時間でやるべきこと」として、その場はいったん保留します。とにかく、まずは 15分以内で済ませるのです。

「15分」なのか何分なのかは、おのおのが決めることですが。ついついダラダラと時間をかけすぎてしまう、なんてことがないように。「どれだけ見る・聞く」のかを決めておくのがおすすめです。

 

まとめ

「ニュースを見せられる・聞かされる」で奪われる3つのもの、についてお話をしてきました。

世の中のできごとを知ることはだいじなことです。できごとについて考えるのもだいじなことでしょう。

けれども、必要以上に知ろうとしてはいないのか、必要以上に考えてしまってはいないのか。

そのような視点で、いちどニュースの見方について考えてみるのはどうでしょうか。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!