PowerPointで画像に文字入れする方法【スライド・アイキャッチ・バナーづくり】

PowerPointで画像に文字入れする方法

” 画像に文字入れ、ってどうやるんだ? どんな文字の入れ方がカッコいいんだ?”

というわけで、PowerPointで画像に文字入れする方法についてお話します。スライド・アイキャッチ・バナーづくりにお役立てください。

スライド・アイキャッチ・バナーの画像には文字が要る

手持ちの画像に「文字」を入れたい、ということありますよね?

たとえば、スライドをつくる、ブログのアイキャッチ画像をつくる、サイトのバナーをつくる、などなど。

文字がなくてもダメなわけではありませんが、画像に文字が添えられていると、よりメッセージが伝わりやすくなるものです。

そこで、PowerPointで画像に文字入れする方法についてお話します。方法は次の5つです ↓

  • ノーマル
  • 白ぼかし
  • ベタ塗り
  • スモーク
  • 縁取り

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

PowerPointで画像に文字入れする方法

PowerPointを使って、画像に文字を入れる方法についてお話をしていきます。

お手軽でカンタンな方法から、少しずつ難易度を上げていきますが。全体を通じて、難易度は低いですから、心配するようなことはありません。

画像の状況や、じぶんの好みに応じて、いろいろな方法を使い分けてみましょう。

ノーマル

まずは、もっともシンプルな「ノーマル」タイプの文字入れから。できあがりはこんなカンジです ↓

image5

このタイプの使いどころは、「背景色が薄い かつ 無地に近い画像」です。

具体的な方法・手順は次のとおり ↓

  1. PowerPointで「新しいスライド(白紙)」を開き、文字入れをしたい画像をドラッグする
  2. 「挿入」タブ → 「テキストボックス」→「横書きテキストボックスの描画」を選択する 
    image1
  3. 文字入れをしたい場所で、ドラッグしながらテキストボックスを描画。テキストボックス内に文字を入力する ↓
    image2
  4. 画像全体を囲うようにドラッグして、画像とテキストボックスを選択状態にする ↓
    image3
  5. 右クリックでリストメニューを表示。「グループ化」を選択して、画像とテキストボックスをまとめる ↓
    image4
  6. 画像を右クリックでリストメニューを表示。「図として保存」を選択して、画像データを任意の場所に保存して完成

「ノーマル」タイプは以上のとおり、お手軽でカンタンです。

ちなみに、テキストボックスはドラッグで移動できます。また、文字は「フォントの種類」や「大きさ」「色」などを変更することが可能です。

白ぼかし

続いて、「白ぼかし」タイプの文字入れを。できあがりはこんなカンジです ↓

image6

上記の画像のうち、左側の文字が「白ぼかし」タイプです。右側は前述した「ノーマル」タイプ。この画像だと、「白ぼかし」のほうが見やすいですよね。

「白ぼかし」の具体的な方法・手順は次のとおり ↓

  1. PowerPointで「新しいスライド(白紙)」を開き、文字入れをしたい画像をドラッグする
  2. 「挿入」タブ → 「テキストボックス」→「横書きテキストボックスの描画」を選択する (※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順②を参照)
  3. 文字入れをしたい場所で、ドラッグしながらテキストボックスを描画。テキストボックス内に文字を入力する(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順③を参照)
  4. テキストボックスを右クリックでメニューを表示。「図形の書式設定」を選択する ↓
    image7
  5. 「文字のオプション」→「文字の効果」を選択。「光彩」の「標準スタイル」から「光彩の種類」を選択(下記の例では、「光彩18pt;青、アクセントカラー1」を選択)。
    「色」は「白」を選択。「透明度」は「10%」まで下げる ↓
    image8
  6. 画像全体を囲うようにドラッグして、画像とテキストボックスを選択状態にする(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順④を参照)
  7. 右クリックでリストメニューを表示。「グループ化」を選択して、画像とテキストボックスをまとめる(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順⑤を参照)
  8. 画像を右クリックでリストメニューを表示。「図として保存」を選択して、画像データを任意の場所に保存して完成

以上が、「白ぼかし」タイプの文字入れ方法・手順です。

ベタ塗り

次は、「ベタ塗り」タイプの文字入れです。できあがりはこんなカンジになります ↓

image11

画像の上にゴチャゴチャと文字を載せたくないときには、この方法がスッキリします。

「ベタ塗り」の具体的な方法・手順は次のとおり ↓

  1. PowerPointで「新しいスライド(白紙)」を開き、文字入れをしたい画像をドラッグする
  2. 「挿入」タブ → 「図形」→「正方形/長方形」を選択する ↓
    image9
  3. 元の画像に、長方形を重ねます ↓
    image10
  4. 「挿入」タブ → 「テキストボックス」→「横書きテキストボックスの描画」を選択する (※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順②を参照)
  5. 文字入れをしたい場所で、ドラッグしながらテキストボックスを描画。テキストボックス内に文字を入力する(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順③を参照)
  6. 文字について、フォントの種類、大きさ、色などを調整する
  7. 画像全体を囲うようにドラッグして、画像とテキストボックスを選択状態にする(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順④を参照)
  8. 右クリックでリストメニューを表示。「グループ化」を選択して、画像とテキストボックスをまとめる(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順⑤を参照)
  9. 画像を右クリックでリストメニューを表示。「図として保存」を選択して、画像データを任意の場所に保存して完成

以上が、「ベタ塗り」タイプの文字入れ方法・手順です。

スモーク

次は、「スモーク」タイプの文字入れです。できあがりはこんなカンジになります ↓

image12

もともとの画像の上に、「スモーク」がかかった図形を載せて、そこに文字を書きます。「ベタ塗り」にしないことで、オシャレ感を出せます(たぶん)。

「スモーク」の具体的な方法・手順は次のとおり ↓

  1. PowerPointで「新しいスライド(白紙)」を開き、文字入れをしたい画像をドラッグする
  2. 「挿入」タブ → 「図形」→「正方形/長方形」を選択する(※ わからなければ「ベタ塗り」タイプの方法・手順②を参照)
  3. 元の画像に、長方形を重ねます ↓
    image13
  4. 長方形の図形を右クリックでメニューを表示。「図形の書式設定」を選択する
  5. 図形の書式について、「塗りつぶし」の「色」を黒に、「透明度」を65%に設定する ↓
    image14
  6. 長方形の図形を右クリックでメニューを表示。「テキストの編集」を選択して、文字を入力する。
  7. 文字について、フォントの種類、大きさ、色などを調整する。このとき、文字に「影」を入れると、より文字がシャープに見えます。
  8. 画像全体を囲うようにドラッグして、画像とテキストボックスを選択状態にする(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順④を参照)
  9. 右クリックでリストメニューを表示。「グループ化」を選択して、画像とテキストボックスをまとめる(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順⑤を参照)
  10. 画像を右クリックでリストメニューを表示。「図として保存」を選択して、画像データを任意の場所に保存して完成

以上が、「スモーク」タイプの文字入れ方法・手順です。

縁取り

さいごに、「縁取り」タイプの文字入れです。できあがりはこんなカンジになります ↓

上記の画像のうち、上段の「縁取り」タイプのほうが、下段の「ノーマル」タイプの文字よりもしっかりと目立っていますよね。

このように、背景の色が濃かったり、背景がゴチャついていても、力強く文字を表現できるのが、「縁取り」タイプの特徴です。

「縁取り」の具体的な方法・手順は次のとおり ↓

  1. PowerPointで「新しいスライド(白紙)」を開き、文字入れをしたい画像をドラッグする
  2. 「挿入」タブ → 「テキストボックス」→「横書きテキストボックスの描画」を選択する (※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順②を参照)
  3. 文字入れをしたい場所で、ドラッグしながらテキストボックスを描画。テキストボックス内に文字を入力する(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順③を参照)
  4. 文字について、フォントの種類、大きさ、色(白以外)などを調整する ↓
    image15
  5. テキストボックスをクリックして、「Ctrl + C」でコピー、「Ctrl + V」で貼り付ける
  6. コピーしてできた2つめのテキストボックスをドラッグで移動して、コピー元のテキストボックスにピッタリ重ねる
  7. テキストボックスを右クリックでメニューを表示。「図形の書式設定」を選択する(※ わからなければ「白ぼかし」タイプの方法・手順④を参照)
  8. 「文字のオプション」→「文字の輪郭」で「線(単色)」を選択。「色」は白、「幅」を8Ptに設定する ↓
    image16
  9. テキストボックスを右クリックでメニューを表示。「最背面へ移動」→「背面へ移動」を選択する(これにより、縁取り文字に見えるようになればOKです)  ↓
    image17
  10. 画像全体を囲うようにドラッグして、画像とテキストボックスを選択状態にする(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順④を参照)
  11. 右クリックでリストメニューを表示。「グループ化」を選択して、画像とテキストボックスをまとめる(※ わからなければ「ノーマル」タイプの方法・手順⑤を参照)
  12. 画像を右クリックでリストメニューを表示。「図として保存」を選択して、画像データを任意の場所に保存して完成

以上が、「縁取り」タイプの文字入れ方法・手順です。

【補足】
テキストボックスを2つ重ねずに、ひとつのテキストボックスだけでも、「文字の輪郭」設定から文字を縁取ることは可能です。ただし、その場合には、かなりインパクトの弱い縁取りになることを申し添えます。

 

まとめ

PowerPointで画像に文字入れする方法について見てきました。

画像の状況や、じぶんの好みに応じて、いろいろな方法を使い分けてみましょう。

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください!  登録はこちらから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  



ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!