フリーランスはExcelで『3つの売上グラフ』をつくっておこう

フリーランスの売上グラフ

スポンサードリンク




毎月の帳簿つけはしているけれど。出てきた数字をただただ眺めるばかり…

なんてことはありませんか? それではもったいない。そこで、フリーランスはExcelで「3つの売上グラフ」をつくっておこう、というお話をします。

ただ眺めているだけで、いったいなにが見えるというのか

フリーランスには、「帳簿つけ(経理)」というだいじな仕事があります。

ところで。その帳簿つけによって出てきた「数字」を、ただ眺めているばかり… なんてことはありませんか?

このとき、ただ数字を眺めるのではなく、ちょっとグラフにしてみると。実は、もっと多くのことに気がつくことができるものです(詳しくは後述します)。

というわけで、Excelでサクッとグラフにしてみましょう。

数字と言ってもいろいろありますが。なかでも今回は、「売上」の数字に注目します。

フリーランスが利益を出す・おカネを稼ぐにあたり、「これがなければはじまらないっ!」のが「売上」なのですから。

帳簿つけから出てきた売上の数字をもとにして、いろいろな気づきを得られるグラフをつくりましょう。

それには、次の3つのグラフがおすすめです ↓

フリーランスにおすすめの売上グラフ
  1. 前年実績・今年実績・今年目標の単月
  2. 前年実績・今年実績・今年目標の累計
  3. 12ヶ月移動平均

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

フリーランスはExcelでつくっておこう!3つの売上グラフ

Excelを使って…と言っても、むずかしいことはありません。基本的なことさえわかっていれば、すぐにできるものばかりです。

それでは、3つのグラフをつくっていきましょう。

《グラフ①》前年実績・今年実績・今年目標の単月

ひと月ごと(単月)の売上について、「前年実績・今年実績・今年目標」それぞれの状況を、パッと見てすぐにわかるようにするためのグラフです。

Excelには、こんなカンジでデータを入力してみましょう(クリックで拡大できます) ↓

image1

横軸には「月」を12ヶ月分。縦軸には「前年・実績」「今年・実績」「今年・目標」の3項目を。

あとは、それぞれに該当する数字を入力するだけです。

なお、上記の表は、9月までしか実績の数字は出ていない、という前提です。つまり、いまは10月で、10月以降の実績はまだこれからだ、ということです。

したがって、その部分(セルK3からセルM4)は、便宜的にセルを黄色で塗ってあります。

まだ実績が出ていない10月から12月の「今年・実績」の数字については、年初に立てた「今年・目標」を、ひとまず代わりに入力しておきました。

あとはグラフ化するだけです。その手順は次のとおり ↓

  1. 「セルA1からセルM4」を選択する
  2. 「挿入」タブから「棒グラフ」を選択する
  3. じぶんの好みで、グラフの体裁を整える

完成したグラフがこちらです(クリックで拡大できます) ↓

image2

このグラフから読み取りたいのは、こういうことです ↓

このグラフから読み取るべきこと
  • 前年実績と比べて、今年の各月の実績はどうか?
    → 前年と今年とで状況は違えども、「過去のじぶん」である前年実績を、ひとつの比較対象として見る(多いから良い・少ないから悪い、ということではなく。あくまで比較)
  • 今年目標と比べて、今年の各月の実績はどうか?
    → 先のことはわからないとは言えども、目指すべき姿を描いておくことはだいじ。ゆえに、当たるか当たらないかではなく、目指すべき姿を目標数字にする。その目標と実績とのズレを知る。なぜズレたのかの原因究明も忘れずに。

《グラフ②》前年実績・今年実績・今年目標の累計

さきほどの《グラフ①》は「単月の棒グラフ」でしたが。ここではそれを、「累計の折れ線グラフ」にします。

Excelには、こんなカンジでデータを入力してみましょう(クリックで拡大できます) ↓

image3

セルA1からセルM4までは、《グラフ①》のデータそのままです。

これを活かして、セルA7からセルM10までのデータを「算式」で埋めていきます。

「前年・実績」「今年・実績」「今年・目標」の3項目について、各月が年初からの累計した値になるように算式を組みます。

手順は次のとおりです ↓

  1. セルB8に「=B2」と入力する
  2. セルC8に「=B8+C2」と入力する
  3. セルC8を、セルM8までコピーする
  4. セルB8からM8までを選択して、9行目・10行目にコピーする

これによって、「前年・実績」「今年・実績」「今年・目標」それぞれのM列の数字が、年間累計の数字になっていればOKです。

続いてグラフ化します。その手順は次のとおり ↓

  1. 「セルA7からセルM10」を選択する
  2. 「挿入」タブから「折れ線グラフ」を選択する
  3. じぶんの好みで、グラフの体裁を整える

完成したグラフがこちらです(クリックで拡大できます) ↓

image4

このグラフから読み取りたいのは、こういうことです ↓

このグラフから読み取るべきこと
  • 年初からの「累計」で見て、前年実績と比べて、今年の実績はどうか?
    → 年末までの目標値(上記例では10月から12月)が入力済みなので、年末時点で前年実績を超えそうか・下回りそうかをイメージできる
  • 年初からの「累計」で見て、今年目標と比べて、今年の実績はどうか?
    → 年末までの目標値(上記例では10月から12月)が入力済みなので、年末時点で今年の目標をクリアできそうか・下回りそうかをイメージできる。いま現在、目標を下回っているならば、あとどれだけがんばれば挽回可能かも確認する

《グラフ③》12ヶ月移動平均

さいごはちょっと特徴的なグラフで、「12ヶ月移動平均」の折れ線グラフをつくります。

これは、各月から「直近1年」を見た場合に、増収しているか・減少しているかをわかるようにするためのグラフです。

言葉ではわかりづらいことと思いますので、さっそくつくってみましょう。

まずは、データの準備から。次のようなカンジにデータを入力してみましょう(3年分の実績データがある、という例です) ↓

image5

上図について。D列には「算式」を入力します。手順は次のとおりです ↓

  1. C列に各月の「単月実績」の数字を入力する
  2. セルD13に「=SUM(C2:C13)」と入力する
  3. セルD13を、セルD34までコピーする

これで、D列には、各月から見て「直近12ヶ月の年間累計」の数字が計算されます。

たとえば、セルD34の「7,068,028」は、2017年10月から2018年9月までの1年間の売上累計を表しています。

続いてグラフ化します。その手順は次のとおり ↓

  1. 「セルA14からセルD34」を選択する
  2. 「挿入」タブから「折れ線グラフ」を選択する
  3. じぶんの好みで、グラフの体裁を整える

完成したグラフがこちらです(クリックで拡大できます) ↓

image6

このグラフから読み取りたいのは、こういうことです ↓

このグラフから読み取るべきこと
  • 売上の「傾向」は上昇か・下降か?
    → 直近12ヶ月移動平均は「年間売上」の推移であり、いわゆる「季節変動」を排除することができるため、単月売上の推移よりも「傾向」がつかみやすい。単月の売上を横に並べて見ていても、得てして「傾向」は把握できないもの

フリーランスにおすすめのメニュー

確定申告・経理の記事まとめページ
フリーランスのためのはじめての確定申告・経理セミナー
じぶんで確定申告・経理のコンサルティング
経理・税金・確定申告の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

フリーランスはExcelで「3つの売上グラフ」をつくっておこう、というお話をしてきました。

毎月の帳簿つけはしているけれど、それだけ。出てきた数字を眺めているだけ、というフリーランスは少なくありません。

けれども、そこにほんのひと手間、Excelでグラフをつくってみると。これまでよりももっと、多くのことに気づくチャンスが出てきます。数字を活かしましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!