スマートプラグにできること/Meross『Smart Plug Mini』レビュー

スマートプラグにできること

スポンサードリンク




” スマートプラグ(スマートコンセント)ってなに? なんの役に立つの? ”

というわけで。「スマートプラグにできること」について、Meross製の「Smart Plug Mini」をレビューしつつお話をします。

スマートプラグだからできること、があるから使う

スマートフォン、スマートウォッチ、スマートスピーカー、スマート家電など。「スマート〇〇」と名のつくものはいろいろとありますが。

本記事では、「スマートプラグ(スマートコンセント)」について。モノで言うと、こんなカンジです ↓

image1

上記画像の赤色矢印、白い箱型の物体が「スマートプラグ」になります。

「壁にある差込口」と、家電などの「電源コードの先」との「あいだ」に配置されるのが「スマートプラグ」です。

見てのとおり、そこそこかさばりジャマくさいこんなモノを、わざわざ使う理由はなんなのか?

もちろん、スマートプラグだからできることがあるから、ですよね。

というわけで、スマートプラグについて、次のようなお話をしていきます。

このあとの話の内容
  • スマートプラグにできることとは?
  • 実際にできるまでの流れ・方法(Meross「Smart Plug Mini」レビュー含む)

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

スマートプラグにできることとは?

そこそこかさばりジャマくさいスマートプラグではありますが。スマートプラグだからこそできることは、こちらです ↓

スマートプラグでできること

プラグ(コンセント)を差すだけで動作する家電などについて、

  • スマホアプリで、電源のON・OFFができる
  • スマホアプリを使って、電源のON・OFFのスケジュール設定(タイマー設定)ができる
  • 音声で、電源のON・OFFができる(スマートスピーカーが必要)

※ 無線LAN(Wi-Fi)環境が必要です

上記について、それぞれすこし補足をします ↓

スマホアプリで、電源のON・OFFができる

スマートプラグを差込口にセットし、対応するスマホアプリの設定を済ませる(詳しくは後述)ことで、スマホを使って電源のON・OFFができるようになります。

ここでの「電源ON・OFF」の対象は、「プラグ(コンセント)を差すだけで動作する家電」だ。ということにポイントがあります。

例としてわかりやすいのは、イマドキじゃない扇風機。風量ボタンを押し込んだままにして、電源コード(プラグ・コンセント)を差すと、扇風機は回ります。電源コードを抜くと、扇風機は止まります。

スマートプラグが役に立つのは、そのような家電類です。

スマホアプリで電源ONの操作をすれば、スマートプラグに電気が流れるので扇風機が回る。電源OFFの操作をすれば、スマートプラグの電気が止まるので扇風機も止まる。リモコン代わりになります。

なら、イマドキの扇風機にスマートプラグは必要ないよね。だって、もともとリモコンがあるから。と言うのであれば、それはちょっと違います。

なぜなら、「スマートプラグ+スマホ」であれば、扇風機のそばにいなくても電源をON・OFFできるからです。外出先からでもOK。「あ〜、扇風機消し忘れた!」にも対応できます。

リモコンはといえば、そうはいきません。外出先からリモコンを操作しても赤外線は届きませんからね。

繰り返しますが、スマートプラグが役に立つのは「プラグ(コンセント)を差すだけで動作する家電」です。そのような家電が、じぶんの身の回りにあるかをイメージしてみましょう。買うのはそれから。

スマホアプリを使って、電源のON・OFFをスケジュールできる

スマートプラグがあると、電源のON・OFFをスケジュールすることができます。「その場」でのON・OFFだけではなく、「曜日や時間」でON・OFFを設定できるのです。

たとえば、こたつ。起床時間より少し前に電源ONにセットしておけば、はじめからヌクヌクです(どんだけ寒がりだよ、ということですが…)。

わたしの場合で言うと、仕事部屋(自宅兼事務所)の加湿器。起床時間の30分くらいまえに電源ONに設定しておくことで、はじめから快適な湿度で仕事がはじめられます。

乾燥はお肌に悪いから、って乙女か。ちがうちがう、冬場はなんといっても湿度管理が体調管理のキモだからです。

それはそれとして。タイマー機能がない家電でも、電源OFFの時間を設定することでタイマー代わりになります。

以上のような使い方が考えられる家電があれば、スマートプラグが役に立つでしょう。

音声で、電源のON・OFFができる

スマートプラグに加えて、スマートスピーカー(AIスピーカー)があると。「音声」で電源のON・OFFをすることもできます。

スマホアプリを手で操作する必要がなく、声だけで済む。という便利さ・手軽さがあります。人間、どんどんモノグサになっていくというデメリットはありますが…

ちなみにわたしは、「OK,Google、加湿して」と言うと加湿器のスマートプラグが電源ONに、「OK,Google、加湿やめて」と言うと電源OFFになるように設定しています。

ここでは、じぶんが好きなセリフを設定できるのは楽しくもあり、おもしろいところです。

 

スポンサードサーチ

実際にできるまでの流れ・方法(Meross「Smart Plug Mini」レビュー含む)

スマートプラグでできること、は前述をしたとおりですが。

では、どうしたら実際にそれらができるようになるのか。流れと方法についてお話をしていきます。

なお、わたしが使っているスマートプラグはこちらになります ↓

スマートプラグにもいろいろなものがありますので注意をしましょう。たとえば、

スマートプラグ購入時の注意点
  • 海外製スマートプラグで、そのままでは日本のコンセントに対応していない(別途、変換プラグが必要)
  • じぶんの持っているスマートスピーカーに対応していない(音声操作をする場合)
  • IFTTTに対応していない(じぶんの好きなセリフで音声操作をする場合)

といった不都合が考えられます。じぶんの使い方などに合ったものを選ぶようにしましょう。

以下、上記で紹介をした Meross製の「Smart Plug Mini」の利用を前提にお話をしていきます。

スマートプラグでできること、についてじゅうぶんに対応できるスマートプラグとしてはおすすめです。

スマートプラグの初期設定

Meross製の「Smart Plug Mini」には、簡易的な説明書が同封されています。

そこには専用アプリについて記載されていますので、まずはアプリのダウンロード・インストールです ↓

Meross

Meross

Chengdu Meross Technology Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

その後、アプリを開き、アカウント登録やWi-Fiの設定などを案内に従って設定を進めていきましょう。

ていねいに案内をされますので、とくにむずかしいことはないはずです。5分〜10分あれば、設定できる内容です。

このあたりのアプリの使いやすさ・わかりやすさという面でも、Merossはおすすめできます。

ひとつだけポイントとして。初期設定の中で、スマートプラグに「名前」をつける、というところがあります。

スマートスピーカーで音声操作をするつもりであれば、それを意識して名前を付けるようにしましょう。

たとえば、加湿器用のスマートプラグに、「加湿器」という名前を付けたとすると。「OK,Google、加湿器をつけて」のように言うことになります。

したがって、じぶんが言いやすい「名前」を付けることです(名前はあとから変更もできます)。

初期設定が終われば、スマホアプリから「タップ」ひとつで、電源ON・OFFを切り替えられるようになります(赤色矢印部分) ↓

image2

スマートプラグのスケジュール設定

インストールをしたMerossのアプリから、かんたんにスマートプラグの「スケジュール設定」ができます ↓

  1. アプリ画面下部の「スケジュール設定」を選択
  2. 右上の「+」マークを選択
  3. 「ルーチン設定」の画面が開く
  4. 曜日・時間で電源ON・OFFを設定できる「スケジュールのオン/オフ」、または「X分後に自動オフ」を選択して設定を進める

ここもむずかしいことはとくにありません。

スマートプラグを音声操作するための設定

音声操作をするための設定は大きく分けて2つあります ↓

  • Amazon Echoのスキル、GoogleHomeのDirectActions
  • IFTTT(イフト)

「Amazon Echoのスキル、GoogleHomeのDirectActions」のほうは、スマートスピーカーにおける標準的な機能であるため、設定方法については省かせていただきます。

代わりに、音声操作のセリフを自由に設定できるなど応用が効く「IFTTT(イフト)」の設定について、説明をします ↓

  1. IFTTTのアプリをスマホにダウンロード・インストールする
    IFTTT

    IFTTT

    IFTTT無料posted withアプリーチ

  2. IFTTTのアカウント登録後、ログインする(以下、iPhoneアプリを前提にした操作説明)
  3. 画面右下の「My Applets」を選択する
  4. 画面右上の「+」マークを選択する
  5. 「+this」を選択する
  6. GoogleHomeを使うなら「Google Assistant」を選択、Amazon Echoを使うなら「Amazon Alexa」を選択する(以下、Google Assistantを前提にした操作説明)
  7. 「Say a simple phrase」を選択する
  8. 「What do you want to say?」に、スマートプラグを電源ONにしたいときのセリフを入力する(たとえば、「加湿して」)
  9. 「What do you want the Assistant to say in respnse?」に、上記セリフを言った際に、GoogleHomeから返して欲しいセリフを入力する(たとえば、「加湿します」)
  10. 「Language」で「Japanese」を選択する
  11. 「Device」で、Merossのアプリで登録したスマートプラグを選択する
  12. 「Create trigger」ボタンを押す
  13. 「+that」を選択する
  14. 「Meross」を選択する
  15. 電源ONの設定をしているので「Turn on」を選択する
  16. 「Device」で、設定をしたいスマートプラグが選択されていることを確認する
  17. 「Create action」ボタンを押す
  18. 確認画面が表示されるので「Finish」ボタンを押す
【参考】IFTTT(イフト)ってそもそもなに?や、詳しい設定方法などはこちらの記事もどうぞ

GoogleHomeを使って声だけでEvernoteにメモをとる方法【IFTTT】

2018.06.20

これで、GoogleHomeに向かって、「OK,Google、加湿して」と言えば、加湿器用のスマートプラグの電源がONになります。

同様に、電源OFFについてもIFTTTの設定をしてみましょう。

 

スポンサードサーチ

まとめ

スマートプラグにできることについて、Meross「Smart Plug Mini」をレビューしつつお話をしてきました。

スマートプラグが役に立つ家電やシーンは、それなりに限定されている点には注意です。買ったはいいけど、使いみちがない… ということもありえます。

購入する前に、まずは「スマートプラグにできること」をイメージして、じぶんの周りで使えそうかどうかを検討してみましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。