売上代金の入金が多すぎたとき・少なすぎたときの仕訳

売上代金の入金が多すぎる・少なすぎるときの仕訳




”あれ、お客さまからの売上入金が多すぎる”あるいは”少なすぎる”という場合。

帳簿つけ(経理)の「仕訳」はどうしたらよいのか? 6つのパターンについてお話をしていきます。

売上代金の入金が多すぎた・少なすぎたときの対応は6パターン

商売をしていれば付いて回るのが「売上代金の入金」です。

売り上げたら請求をして、請求をしたら入金があって。ということの繰り返しです。

では、その「売上代金の入金」について。請求金額より入金が多すぎる、あるいは、少なすぎるという場合。つまり、売上代金の入金間違いがある場合。

帳簿つけ(経理)をするときの仕訳はどうしたらよいのか、お話をしていきます。

入金間違いへの「対応」によって、6つのパターンに分かれます。下図のとおりです ↓

image1

それでは、順番に見ていきましょう。

 

売上代金の入金が多すぎた場合の仕訳

まずは、売上代金の入金が「多すぎた」場合について。その対応別に、3つのパターンを見ていきます。

下図のうち、赤色部分です ↓

image2

次回に相殺する

売上代金の入金が「多すぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまであれば、「次回に相殺」をする。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時・1回め】 売掛金 50,000 売上高 50,000 〇〇商事 売上

続いて、「入金時」。入金が、5,000円多すぎたという例で ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時・1回め】 普通預金 55,000 売掛金 55,000 〇〇商事 入金(5,000円過入金)

この時点で、「売掛金」の残高はマイナス 5,000円ですが保留します。続いて、次の「売上時(請求時)」 ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時・2回め】 売掛金 70,000 売上高 70,000 〇〇商事 売上

本来であれば、70,000円の入金をいただくところですが、すでに 5,000円を多く入金されていますから、65,000円を入金してもらいます ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時・2回め】 普通預金 65,000 売掛金 65,000 〇〇商事 入金(5,000円過入金分相殺)

これで、〇〇商事の入金が「多すぎた」は解消します。

【参考】「売掛金」の残高はマイナス のまま、決算日を迎えた場合

上記の例で、「売掛金」の残高はマイナス 5,000円の状態で決算日を迎えた場合。マイナスの残高はよろしくありませんので、次のような仕訳をしておくとよいでしょう ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【決算日】 売掛金 5,000 預り金 5,000 〇〇商事 過入金分・科目振替

決算日が明けたら(期首)には、決算日とは逆の仕訳をして、元に戻しておきましょう ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【期首】 預り金 5,000 売掛金 5,000 〇〇商事 過入金分・科目振替

返金する

売上代金の入金が「多すぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまではない、あるいは、多すぎた金額が大きいときには「返金」する。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 売掛金 50,000 売上高 50,000 〇〇商事 売上

これに対して、まさかのケタ違い入金… 実務ではときどきありますね、はい。 ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時】 普通預金 500,000 売掛金 500,000 〇〇商事 入金(450,000円過入金)

この時点で、「売掛金」の残高はマイナス 450,000円になりますが。多すぎた分をすぐに返金します ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【返金時】 売掛金 450,000 普通預金 450,000 〇〇商事 過入金分返金

これで、〇〇商事の入金が「多すぎた」は解消します。

ちなみに、上記の「返金時」の仕訳は、返金する際の振込手数料をお客さま負担にするケースです(お客さまが間違えたのですから、負担をしてもらうのがスジでしょう)。

振込手数料分も合わせて、多すぎた 450,000円を返金すると、上記のような仕訳になります。

もしも、こちらが負担をするというのであれば、仕訳は次のとおりです。ご参考まで ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【返金時】 売掛金 450,000 普通預金 450,000 〇〇商事 過入金分返金
支払手数料 864 普通預金 864 振込手数料

頂戴する

売上代金の入金が「多すぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまではない、かつ、多すぎた金額が少額であるようなときには、そのまま「頂戴」する。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 売掛金 49,900 売上高 49,900 〇〇商事 売上

お客さまが請求金額を見間違えて、90円多く入金してきたというケース ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時】 普通預金 49,990 売掛金 49,990 〇〇商事 入金(90円過入金)

この時点で、「売掛金」の残高はマイナス 90円になりますが。多すぎた金額を「頂戴する」ということで決着したのであれば ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 売掛金 90 雑収入(あるいは売上高) 90 〇〇商事 過入金分・科目振替

これで、〇〇商事の入金が「多すぎた」は解消します。

 

売上代金の入金が少なすぎた場合の仕訳

まずは、売上代金の入金が「少なすぎた」場合について。その対応別に、3つのパターンを見ていきます。

下図のうち、赤色部分です ↓

image3

次回に合算する

売上代金の入金が「少なすぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまであれば、「次回に合算」をしてもらう。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時・1回め】 売掛金 55,000 売上高 55,000 〇〇商事 売上

続いて、「入金時」。入金が、5,000円少なすぎたという例で ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時・1回め】 普通預金 50,000 売掛金 50,000 〇〇商事 入金(5,000円不足)

この時点で、「売掛金」の残高は 5,000円ですが保留します。続いて、次の「売上時(請求時)」 ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時・2回め】 売掛金 70,000 売上高 70,000 〇〇商事 売上

本来であれば、70,000円の入金をいただくところですが、5,000円の不足がありますから、75,000円を入金してもらいます ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時・2回め】 普通預金 75,000 売掛金 75,000 〇〇商事 入金(5,000円不足分含む)

これで、〇〇商事の入金が「少なすぎた」は解消します。

督促する

売上代金の入金が「少なすぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまではない、あるいは、少なすぎた金額が大きいときには「督促」する。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 売掛金 500,000 売上高 500,000 〇〇商事 売上

これに対して、またしてもケタ違い入金… やはり実務ではときどきあります ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時】 普通預金 50,000 売掛金 50,000 〇〇商事 入金(450,000円不足)

この時点で、「売掛金」の残高 450,000円。少なすぎた分をすぐに督促して、入金してもらいます ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【督促後に入金時】 普通預金 450,000 売掛金 450,000 〇〇商事 不足分入金

これで、〇〇商事の入金が「少なすぎた」は解消します。

負ける

売上代金の入金が「少なすぎた」場合。継続的に取引をしているお客さまではない、かつ、少なすぎた金額が少額であるようなときには、そのまま「負ける」。という対応があります。

このときの仕訳について、売上時から順を追って見ていきましょう。はじめに、「売上時(請求時)」から ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 売掛金 49,990 売上高 49,990 〇〇商事 売上

お客さまが請求金額を見間違えて、90円少なく入金してきたというケース ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【入金時】 普通預金 49,900 売掛金 49,900 〇〇商事 入金(90円不足)

この時点で、「売掛金」の残高は 90円になりますが。少なすぎた金額を、こちらが「負ける」ということで決着したのであれば ↓

  借方・勘定科目 借方・金額 貸方・勘定科目 貸方・金額 摘要
【売上時】 雑損失(あるいは売上高) 90 売掛金 90 〇〇商事 入金不足分・科目振替

これで、〇〇商事の入金が「少なすぎた」は解消します。

フリーランスにおすすめのメニュー

確定申告・経理の記事まとめページ
フリーランスのためのはじめての確定申告・経理セミナー
じぶんで確定申告・経理のコンサルティング
経理・税金・確定申告の個別相談

まとめ

売上代金の入金が多すぎたとき・少なすぎたときの仕訳、についてお話をしてきました。

商売を続けていると、「入金間違い」はときどき起こります。

ときどき、であるために、仕訳に迷うところでもありますが。こちらの記事で、パターンに応じて確認をしてみましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!