【レビュー】すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚独学法(浅田すぐる著)

すべての知識を「20字」でまとめる




たった20字による伝え方・学び方が書かれた本、『すべての知識を「20字」でまとめる 紙1枚独学法(浅田すぐるさん著)』をレビューします。

なにを伝え、誰がために学ぶか?を知れる本

すべての知識を「20字」にまとめる、というタイトルに惹かれて購入した本です。

” すべてを20字に、たった の20字にまとめる? どうやって?” 興味が湧きました。

わたしはこうして、毎日ブログを書いていることもあり、「短くまとめる」のは必要な能力だと感じています。

とはいえ。明確に「20字」というコンパクトさでもってまとめよう、と考えたことはないわけで。

本書を読むことで、「いかにして20字にまとめるか」の考え方・具体的かつ実践的な方法を知ることができました。

また、うれしい誤算もあり。もともとは「伝え方」に注目をして本書を手にとったのですが、「学び方」についても得られるところがありました。

「伝える、学ぶ」は、誰しも関わりのある行為でしょうから。汎用性もあり、ほとんどの人が読者対象になりうる一冊、と言ってよいでしょう。

そんな本書を端的に表現すると、「なにを伝えるか、誰がために学ぶかを知れる本」です。

その詳細はもちろん読んでみて、ということになりますが。伝えることや学ぶことに、悩みや迷いがあるのであれば、一読されることをおすすめします。

いろいろ勉強しているつもりなのに、仕事にはなかなか活きないなぁ… というヒトはとくに(わたしも耳が痛いところがありますね、はい)。

このあとは、わたしが本書から選んだ「名言」をご紹介しながらレビューします。

 

長くなるのは「本質をつかんでいない」から

『すべての知識を「20字」でまとめる』から選んだ、ひとつめの名言はこちらです ↓

本質はシンプルなので、端的な言葉で表現可能

20字という文字数が適切かどうかは置いといて。ものごとをまとめる、要約するという場面では、できるだけ「短く(少ない文字数で)」と考えるものでしょう。

ところが、いざやってみると。思いに反して長くなる、ムダが多くてまわりくどい。挙げ句、「要するに、どういうこと?」なんて言われてしまう。意外と「あるある」です。

これについて、著者の浅田すぐるさんは、長くなってしまうのは・短くできないのは「本質をつかみきれていないから」だと指摘しています。

本質のつかみ方については、本書の中でくわしく書かれているのでそこへゆだねるとして。まず、だいじなことは、「本質をつかんでいないから長くなる」と自覚をすることでしょう。

わたし自身、ブログを書いていても「なんかまとまらないなぁ…」ということがあります。そんなときには、文章の見てくれをこねくり回すのではなく、「本質」に目を向けなければいけませんね。

ちなみに。なぜ「20字」なのかについて、俳句(5・7・5)や、原稿用紙の1行(20字)などが理由に挙げられています。なるほど、自然、落ち着くところに落ち着いている、ということでしょう。

では、次の名言を。こちらです ↓

「正しいかどうか」より「役立つかどうか」

前述した「本質」について、浅田さんはこう言っています。「本質」は決して「絶対的な真理」ではない。

これをわたしなりに解釈をすると。世の中の100%にとって正しいかどうかではなく、じぶん(あるいはその周辺)にとって役に立つことが「本質」だ。

この点で。ともすれば「間違える」ことを恐れて、「正しい」答えを優先しがちだったりします。

「正しい」はだいじなことではあるけれど、そこに偏り、あまりに最大公約数的な答えになると「本質」がボヤけてしまう。結果、じぶんの役には立たない。

あるいは、それをほかの誰かに伝えようとするのであれば、その誰かの役にも立たない。これもまた割と「あるある」ではないか? ドキリとした名言です。

正しいかどうかよりも役立つかどうか。本質を考えるときには、忘れてはいけないポイントですね。

 

伝わらなければ「学んだ」とは言えない

ここまでは「伝え方」について話をしてきました。ここからは「学び方」について。本書から選んだ名言はこちらです ↓

学習とは、説明可能なレベルで思考整理する営み

他人に教えることで本当に身につく、などとも言われるところであり。それを再確認できる名言です。

誰かに伝えもできないことを、じぶん自身が学んだとは言えない。ということですね。

と、再確認なんて言っておきながら。それをウッカリ、「学んだつもり」になっていることは… ありますわ。あの本、読みっぱなし。あのセミナー、行きっぱなし。みたいな。

というわけで、自戒を込めて名言に挙げてみました。わたしはそんなふうですから、毎日のブログ執筆や、毎月のセミナー開催は、学んだことを「説明する」のに良い機会だと考えています。

毎日とか毎月とかはじぶんで課したルール、ある意味「強制」なので。ウッカリ学んだつもりにならないような「しくみ」として、ブログやセミナーを位置づけてもいます。

それはそれとして。学び方についての名言をもうひとつ ↓

わかるとは、「3つの疑問」が解消した状態

さきほど、「学習とは、説明可能なレベルで思考整理する営み」との名言を挙げました。

ここで言う「説明可能」とは。説明の相手が理解すること、わかることを意味しています。では、その「わかる」とはどういう状態なの? を表したのが上記の名言です。

「わかる」とは、説明の相手にとって「3つの疑問」が解消した状態だ、と著者は言います。3つの疑問は次のとおりです ↓

  • What
  • Why
  • How

説明を受けた者からの「ツッコミ(疑問)」は、この3つに集約されるのだと。だから、これらの説明がままならないと、相手は納得をしないわけです。

たとえば。わたしがブログで「経理は毎日やりましょう」を伝えたいとして。

それはなぜ?(Why)、やらないとなにが起きるの?(What)、どうやってやればいいの?(How)が説明できないと、ブログの読み手には伝わらない。そういうことです。

伝えようとする相手を思い、「3つの疑問」を想定しておく。「伝えたつもり」で終わらないように、気をつけなきゃ、ですね。

 

じぶんのために学ぶ、は「ため」にならない

さいごに、本書から浅田すぐるさんの名言をもうひとつ ↓

あなたの学びに、「他者貢献」的な動機はあるか?

本記事の冒頭、こんなハナシをしました。いろいろ勉強しているつもりなのに、仕事にはなかなか活きないなぁ…

もしも、そんな悩みがあるのであれば。それは、あなたの学びに「他者貢献」の動機がないからだ、と著者は言います。

たとえば、お客さまが抱える問題を解決するにはどうしたらいいだろう?との動機で手にとった本と。なんとなく自己啓発的な思いで手にとった本と。

どちらが仕事に活きるか、結果的にじぶんに活きるかは明らか、ですよね。「じぶんが、じぶんが」では、本質的なところでお客さまに貢献することは難しい、ということです。

にもかかわらず。自己満足・自己実現に偏った勉強しているかもしれないから気をつけて、との注意喚起が上記の名言になります。

他者貢献の動機があるか? の確認方法や、もし欠けているであれば、どのように動機づくりを考えるか? の具体的な方法も書中に示されています。

これからの勉強(本選び、セミナー選び、情報収集など)の「指針」を考えるきっかけにしてみるのはいかがでしょうか?

 

「なにを伝えるか、誰がために学ぶかを知る」ことができる、おすすめの1冊です ↓

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!