仕事を増やして売上増もいいけれど、前倒しして売上増もいい

売上増と仕事の前倒し




「売上増」と聞いてイメージするのは、「仕事増」による売上増。

仕事増はもちろんいいけれど、それはそれとして、「前倒し」による売上増をしてみました。というお話です。

突然ですが、今年2月の業績はいかに?

きょうは3月のはじめ。そこで、開業から3度めになる2月の「業績」を振り返ってみたところ、こうなりました ↓

image2

上のグラフは、開業から3年間の「2月単月の売上高」を並べたものです。

これはこれは、お仕事が増えているようでよかったね。すごいですね。というふうに見えなくもないのですが、実は、そういうわけでもなく。

売上高が増えた理由を付記してみるとこうなります ↓

image1

2017年2月に比べて2018年2月の売上高が増加したのは、仕事(量)が増えたからです。ここは、開業2年目。仕事が増えてよかったね、です。

ところが、ことし2019年2月の売上高が増加したのは、おもに「仕事を前倒しした」ことによります。仕事がたくさん増えた、のではありません。

毎年3月は「確定申告」の仕事により、売上が多くなる。というのが、多くの税理士事務所に見られる現象です。

わたし(税理士)もまたご多分に漏れず、1年のなかでも3月の売上が多い状況にありました。

その「3月の売上」のおよそ7割くらいを、2019年は2月に前倒しすることができた。というのが、さきほどのグラフが示すところです。

前倒しの売上はスゴいのか?

前倒ししただけの売上なら意味ないんじゃないの? その分、3月の売上が少なくなるだけでしょ? と思われるかもしれませんが。

手前味噌を承知で言うのであれば、わたし自身はこの「前倒し」を、とても大きな「成果」として見ています。

なぜなら、前年は3月になってから終わっていた仕事の多くを、2月中に終わらせることができた、ということを意味するからです。

これで、この3月は前年にはできなかったことができるようになりました。仕事について言えば、あたらしい仕事を増やすことができます。

もともと売上が少なかった2月(2018年の売上金額がじゅうぶんだとは考えていませんでした)の「底上げ」ができて、かつ、3月にあたらしい仕事を増やせる「余白」ができた。

これは大きな成果と言っていいんじゃなかろうか。そんなお話をしています。

この点で。ではなぜ、前倒しができたのだろうか? という理由を考えてみたときに、次の3つが挙げられます ↓

売上を前倒しできた3つの理由
  1. 好きに予定を入れられるから
  2. スケジュールを前倒しできるから
  3. やりたいことがいろいろあるから

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

売上を前倒しできた5つの理由

《理由1》好きに予定を入れられるから

人は「期限」があると、期限を守ろうとチカラを発揮するものです。逆に、期限がないと、なんとなくチカラを発揮できずに遅くなる… という経験は誰にでもあるでしょう。

だったら、期限は決めたほうがいい。それも、なるべく「融通のきかない期限」がいい。じぶんの都合でカンタンに伸ばせるような期限だと、効果が半減してしまいますから。

そんなこともあり、ことしは確定申告の仕事を前倒しできるよう、3月1日〜3月15日(確定申告の期限)までのあいだに、次の予定を入れてしまいました ↓

  • 自主開催セミナー 2本
  • マラソン大会 2本

上記のような予定を、1月のうちに決めておくことで「やらざるをえない」環境をつくってみたわけです。

セミナーをやるにも準備の時間が必要ですし(2本のうちの1本は新セミナー)、マラソン大会に出るにしても練習の時間が必要になります。

それに、セミナーをやると言っておきながら、「やっぱり確定申告があるんで…」とは言えません。やると言った以上、セミナーは開催しなければいけません。

マラソン大会も、うち1本は家族での参加でしたから、じぶんだけの都合でやめるのは申し訳ないことです。

結果的に、これらの「融通のきかない期限」を守ろうとするチカラが発揮されたのだろうと感じています。

ところで。このように「好きに予定を入れられる」のは、独立開業のメリットでもあるでしょう。勤め人をしていたころには、好きに予定は入れられませんでしたから。

じぶんの仕事を終わればおしまい、というわけにもいかず。早く終わったら他の人を手伝う、という仕事が待っています。こうなると、先々に予定を入れておくこともできず… です。

《理由2》スケジュールを前倒しできるから

さきほど、「好きに予定を入れられる」のは独立開業のメリットだ、と言いました。

関連して、「スケジュールを前倒しできる」のも独立開業のメリットだと考えています。

じぶんの仕事が早く終わったら他の人を手伝う環境にあると、なかなかスケジュールの前倒しができないものです。

「手伝う」という仕事に引っ張られて、前倒しに着手ができないからですね。「前」にある仕事が終わらないので、「次」にある仕事を前倒しできない…

また、「どうせ早く終わっても、手伝わなきゃいけないんだし。だったらのんびりやったほうが…」みたいな思考・風土になりかねないところもあります。

いずれにせよ、じぶんの都合でスケジュールを前倒しできる「自由」な環境があるから、仕事を前倒ししやすいのだと言えるでしょう。

なお、環境があっても、それを活かせなければ意味がないわけで。わたしは、前年の進捗実績との比較をするようにしています。

たとえば、確定申告の仕事について。前年は〇月〇日に必要な資料回収をしたから、今年はそれを10日前倒ししようと「具体的」に決める。

そして、それを実現できるように方法を決めて行動する(お客さまの状況を把握しつつ、前倒しのご了承・ご理解をいただけるよう環境整備することも欠かせません)。

そのため、仕事の進捗実績については、その工程をあるていど細分化して記録しています。その記録が、あとで振り返りをするときや、改善を検討するときに役立ちます。

逆に、この記録がないと具体性が持ちづらく、「なんとなく早くやる」というようなあいまいになりがちです。

《理由3》やりたいことがいろいろあるから

《理由1》で「好きに予定を入れられる」という話をしました。しかし、入れたい予定がなければ、それもかないません。

そう考えると、「やりたいことがいろいろある」というのも、仕事を前倒しするには必要な要素なのではないかと感じます。

ブログをはじめ、もっと「書く仕事」もしてみたいですし、セミナーをはじめ、もっと「話す仕事」もしてみたい。

仕事だけではなく、もっと走りたい(ランニング)という思いもあります。本だって読みたいし、勉強もしたい。遊びにだって行きたい。やりたいことはいろいろです。

やりたいことがいっぱいあるなんて、あたりまえじゃないか。そう思われるかもですが。必ずしもそうとは言えません。

ひるがえって、昔のじぶんに「やりたいことがいろいろあったのか?」と言えば。う〜ん、無い。無かったな、というのが正直なところだからです。

目の前の仕事でいっぱいいっぱいで、これからやりたいことにまで気が回りませんでした。

やりたいことがまったくのゼロというわけではないけれど、「どうせできやしない」とのあきらめがありました。

独立開業してからは、その「あきらめ」がありません。じぶんしだいです。前述もしたとおり、「自由」があるからですね。

自由で「じぶんしだい」の環境が、仕事を前倒しすれば「もっとやりたいことができる」の原動力になっています。

そして、やりたいことができるようになれば、またさらにやりたいことも増えていく。だからまた前倒しする、という良い循環も生まれます。

もちろん、自由にはメリットばかりでなく、デメリットもありますが。それはそれとして、やりたいことがいろいろあるからこその前倒し、ではあります。

 

まとめ

仕事を増やして売上増もいいけれど、前倒しして売上増もいい。というお話をしてきました。

実際に実現した「売上の前倒し」を振り返ってみると、そこには独立開業がもたらす「自由」の醍醐味があらわているようだ。そんなことを強く感じています。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  










ご希望の日時での開催、マンツーマンセミナーの開催を受け付けています

セミナー開催希望 受付中!