自宅兼事務所の僕が妻にチェックをしてもらっている3つのこと

妻にチェックをしてもらっていること

スポンサードリンク




自宅兼事務所の良さ、メリットはいろいろあるけれど。家族の協力を得られる、のはそのひとつです。

というわけで、自宅兼事務所のわたしが、妻にチェックをしてもらっている3つのことについてお話をします。

妻にチェックをしてもらう、という自宅兼事務所のメリット

会社勤めをやめて独立してから3年のあいだ、自宅兼事務所で仕事・生活をしています。

「自宅兼」ですから、仕事をするでもすぐ近くに家族がいるわけで。

家族のひとりである妻には、「日常的」にチェックをしてもらい、「助かるなぁ」と感じていることがあります。

これもまた、自宅兼事務所の良さ、自宅兼事務所のメリットのひとつだ、と言えるでしょう。

ずっと家に居なかった僕が自宅兼事務所で2年半過ごして確認できたこと

2018.10.20

そんなわけで、自宅兼事務所のわたしが「妻にチェックをしてもらっている3つのこと」についてお話をしてみます ↓

妻にチェックをしてもらっている3つのこと
  1. 毎日のブログ記事
  2. お客さまなどへのメール、チャット
  3. 経理、家計簿

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

《チェック1》毎日のブログ記事

独立してから3年になります。そして、このブログもまた、独立してから3年。毎日記事を投稿し続けています。

毎日の記事のチェック。これが、妻にチェックをしてもらっていることの1つです。

もともとは、「単純に不安だったから」がはじまりで。それまでブログなんて書いたこともなかったわたしですから、だいじょうぶかなぁ…? ということですね。

けれども、3年たったいまでは、不安の解消意外にも「効果」を感じていることがあります。大きく分けて次の2つです ↓

  • わかりにくい箇所のあぶりだし
  • 不適切な表現のあぶりだし

わかりにくい箇所のあぶりだし

このブログでは、「銀行融資・銀行対応」「税金・経理」に関する記事を多く投稿しています。

また、それら記事の読者は「初心者・入門者」を想定して執筆しています。知識や経験が無い・少ないという人にこそ伝わるように。

ですから、「いかに易しく、いかにわかりやすく」が重要ですし、いつもそのことばかりを考えて記事を書いています。

この点で、妻は「初心者・入門者」です。銀行のことも税金・経理のことも「人並み」です。

ゆえに、記事のなかに「わかりにくい箇所」「説明不足の箇所」などがあれば気づいてもらうことができます。

いくらわたしが気をつけていても、わかりにくいところというのはあるもので。「易しく、わかりやすく」がカンタンではないことに気付かされるばかりです。

不適切な表現のあぶりだし

不適切な表現って… というカンジではありますが。おもには「ネガティブでないか?」です。

読みかたによっては「否定的」「消極的」にとられたり、「攻撃的」にとられたり。ある意味では、「誤解」や「不快」を与えかねないような表現をチェックしてもらっています。

これはわたしがチェックをお願いしたというよりは、気づいたらチェックされていました… 

考え方や文章にはクセがでますからね。じぶんでは気づかないこと、あるいは、じぶんではOKでも他人はNGなことはあるものです。

そんなクセも含めて個性だとも言えますし、妻の指摘になっとくができないときもあるけれど。おおむね「ごもっとも」と修正を余儀なくされて助かっているわたしです。

 

スポンサードサーチ

《チェック2》お客さまなどへのメール、チャット

お客さまからの質問・相談に対する回答などについて。メールやチャットで送る「文章」を、妻にチェックしてもらうことがあります。

意図としては、前述した《チェック1》のブログと同じで、わかりにくい箇所がないかどうか? を見てもらうためです。

おいおい、そんなのじぶんでチェックできないのかよ。と、思われるかもしれませんが。

お客さまにお送りする「文章」もまた、わたしが提供する「商品」であり「サービス」のひとつです。

その商品・サービスについて、わたしが重視をしている「わかりやすさ」という品質をより高められるのであればと、妻のチカラも借りるようにしています。

実際、たとえば税金や経理など専門的な内容について、フリーランスになったばかりというような方に文字で伝えるのは、言うほどかんたんなことではありません。

専門家が、専門用語や専門的表現を使った文章で、「伝えたつもり」になっている例は枚挙にいとまがないわけで。わたし自身も、まだまだ注意が必要なところです。

また、お客さまだけに限らず。ブログからのお問い合わせに対する回答メールについても、妻にチェックをしてもらうケースがあります。

その意図はやはり、わかりにくい箇所がないかということがひとつ。もうひとつもやはり、不適切な表現がないかです。

お問い合わせをいただくもののなかには、お断りをさせていただくということもあるわけで。

お断りをするにしても、と言うか、お断りをするからこそ、「こちらの真意が伝わるか、失礼がないか」には気をつけるようにしています。

それには、他人の感覚として、妻が読んでみてどう感じるかは参考になるところです。

 

スポンサードサーチ

《チェック3》経理、家計簿

毎月月初には、前月分の事務所の経理と家庭の家計簿の結果について、妻にチェックをしてもらっています。

チェックというか、わたしが報告・説明をして、妻に意見を求める、というカンジでしょうか。もっとも、物々しいフンイキでやっているものでもありませんが。

ちなみに、報告・説明をしている項目がこちら ↓

  • 仕事の現状 → 前月までの売上・経費・利益の推移実績
  • 仕事の予測 → 年末までの売上・経費・利益の推移予測
  • 家計の現状 → 前月までの支出の推移、前月までの財産(資産 ー負債 ※)の推移実績


資産 ・・・ 現金預金(事業用・プライベート用とも)、売掛金、株式・投資信託、仮想通貨、自宅不動産など
負債 ・・・ 事業用の借入金、クレジットカードの未払(引落前)、住宅ローンなど

上記のとおり、家計はもちろん、仕事に関する数字もフルオープンで報告・説明をしています。

仕事について言えば、「ふだん仕事をしている姿」と「そのときの収入・利益」とのあいだにはギャップはあるもので。

たとえば、その月に仕事で外出が多いからといって、その月の稼ぎが多いとは限りません(その逆もまたしかり)。仕事のしかたや、収入の種類もいろいろだからです。

自宅兼事務所だからこそ、事務所仕事をしているようすが妻の目につくわけですが。そのようすと稼ぎ(収入・利益)はまた別なのであり、勘違いがあっても困るかなぁ、と思います。

極端を言えば、稼ぎに見合わない家計の支出をしてしまう、とか。幸い(?)なことに、妻にそのような消費癖はありませんけれど。

家計に関わる妻には、家計に影響する仕事の稼ぎについても「正しい情報・事実」を知ってもらう意義はあるでしょう。お互いの金銭感覚を近づけることもできます。

まぁ、どれだけ家計で支出をしようと問題がないくらい稼げばいい、というハナシもありますが…  わたしの場合、現実的ではありませんね。

それはそれとして。経理や家計簿のチェックを妻にしてもらうことで、「仕事自体」や「仕事でのおカネの使いかた」を理解・納得してもらえる効果もあるでしょう。

仕事自体で言えば、どんな仕事をしているか、どんなお客さまがいるか、仕事の種類ごとの収入はどのくらいなのか、など。

仕事でのおカネの使いかたで言えば、この収入であればこれくらいの経費を使っても問題ないのかな(やたらAmazonやら楽天やらが届いているようだけれど)、とか。

配偶者には「仕事の収入・利益」は見せない・見せたくない、というハナシも聞きますが。デメリットもあればメリットもあるものです ↓

フリーランスが配偶者に『数字(経理)』を見せるメリット・デメリット

2018.05.31

 

スポンサードサーチ

まとめ

自宅兼事務所の僕が妻にチェックをしてもらっている3つのこと、というお話をしてきました。

自宅兼であるがゆえ、妻には「日常的」にチェックをしてもらえることがある。家族の協力を得ることができる。

これもまた、自宅兼事務所の良さ、自宅兼事務所のメリットのひとつだ、と言えます。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク




スポンサードリンク







ご希望の日時での開催、マンツーマンセミナーの開催を受け付けています

セミナー開催希望 受付中!