いまもこれからも『ずっと太らない』ために実践している5つの方法

いまもこれからも『ずっと太らない』ために実践している方法

スポンサードリンク




いますぐ痩せたい、もいいですが。いまだけ痩せてもしかたない。

というわけで。いまもこれからも「ずっと太らない」ために実践している5つの方法についてお話をします。

「いますぐ痩せる」よりも「ずっと太らない」

痩せたい、あるいは、太りたくない、というハナシはよく見聞きをするところです。

かく言うわたしも、「太りたくない」との思いがあります。

もともとが痩せ体型なので、「もっと太ったほうがいい」などと言われることも少なくないのですが、それはそれ。

44年、じぶんの身体と付き合ってきたわたしなりの「ベスト体重」というものがあり。そのベストを維持したい。太りたくない。と、考えています。

では、なぜ太りたくないのか?

できるだけ健康でいたい、元気でいたいからです。まじめか。まじめです。

3年ちょっと前に独立開業してからは、大まじめに「健康」のことを考えるようになりました。

これから先も独立してやっていくのであれば、カラダが資本、カラダがすべてだと言っても過言ではありませんから。

というわけで。これまでもちょいちょいと、太らないためにやってきたこともあるのですが。

最近では、こちらの本も読みながら、さらにあたらしいことにも取り組んでいます ↓

タイトルの「一生リバウンドしない」に共感をして買いました。わたしも「ずっと太らない」を目指しているからです。

いますぐ痩せられても、いまだけ痩せられても。「健康」との結びつきは弱いものでしょう。

目指しているのは「ずっと」という「持続性」です。

この点で、上記の本にはたくさんの気づき、具体的方法が掲載されています。とはいえ、そのすべてを取り入れるのはなかなかに困難です。

さすがにストイックに過ぎる。そういう内容。

ストイックにやれば効果は大きいでしょうが、ストイックに過ぎれば挫折の可能性が高まります。挫折をすれば「ずっと」はかないません。

ですから、わたしは「できること」を「できるぶんだけ」やるようにしています。イイとこ取りしてムリをしない。

ずっと続けるなら、続けたいなら。ムリをしない、という「加減」も必要でしょう。

なんて、もっともらしいことを言っていますが。こういうのを「じぶんに甘い」と言いますね、はい。ダマされてはいけません。

いずれにせよ。いろいろ続けたり、取り組んだりしている甲斐もあってか、なんとかベスト体重の周辺に落ち着いています。

というわけで。わたしがいま実践している、「ずっと太らない」ための方法についてお話をしてみます。次の5つです ↓

いまもこれからも「ずっと太らない」ために実践している5つの方法
  1. 食事は12時から20時のあいだだけ
  2. なにで炭水化物を取るかに気をつける
  3. 飲み物はカロリー・砂糖のないものを選ぶ
  4. ランニング、HIITを習慣にする
  5. 体重を記録し続ける

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

いまもこれからも「ずっと太らない」ために実践している5つの方法

食事は12時から20時のあいだだけ

1日のうち、12時から20時のあいだで食事(おやつ・間食含む)をとるように、と意識をしています。いわゆる「8時間ダイエット」です。

8時間ですから1日のうちの3分の1のあいだで食事をする、ということになります。食事は好きなものを好きなだけ。

残りの16時間は、ブラックコーヒーやお茶、水など、カロリーのない飲み物はOKです。

わたしの場合には、朝食はとらずに、12時から20時のあいだに昼食、おやつ、夕食になります。

朝食をとらないと肥満になりやすいという話もありますが。逆の研究結果もありますから、それについてはどっちもどっちでしょう。

じぶんとしては、8時間のあいだに食事をすることで、ゆるやかに摂取カロリーを減らすのが合っています。

なにより、食事の内容に制限が無いのがいい。食べたいものを食べたいっす、わたしは。

ちなみに、この8時間ダイエットを毎日必ず実践するほどまじめではありません。できる日もあればできない日もあります。

だれかと会食などというときにまで「20時なのでもう食べられません」では、おかしなヤツになってしまいますし。

だから、できるときだけやる。でも、できるときには意識する・実践する。それを継続する、という取り組み方です。

なにで炭水化物を取るかに気をつける

さきほどの8時間ダイエットでは、「好きなものを好きなだけ」食べていいという話をしました。

とはいえ、炭水化物の取り方には気をつけるようにしています。

同じ炭水化物でも、糖質だけではなく、ビタミンやミネラル、食物繊維がより多く含まれるものを選ぶ。

この点で、「葉物野菜(キャベツ、レタス、ブロッコリーなど)」がベストだと、前述した「パレオダイエットの教科書」には書かれています。

でも、わたしは「じぶんに甘い」のです。葉物野菜だけで生きることはできませぬ。ストレスで倒れます。本末転倒です。

なので、やはり「できることをできるだけ」やります。

たとえば、「白米」の代わりに「じゃがいも」を食べる。「フツーのパン」の代わりに「全粒粉パン」を食べる。「スナック菓子」の代わりに「ナッツ」を食べる。

これくらいならできるものです。これとて「必ず」ではなく、スナック菓子だって食べるときはあります。だってにんげんだもの。

それでも、なにもやらない・考えないよりはずっといい。だから、できるときには意識する・実践する。そして継続する、という取り組み方をしています。

飲み物はカロリー・砂糖のないものを選ぶ

飲み物で気をつけているのは「カロリー」と「砂糖」です。

カロリーは食事で取ればいいわけで、飲み物でもカロリーだと、カロリーの取りすぎにつながります。結果、太る。

また、「砂糖」には中毒性がありますから、甘いもの取り過ぎにつながります。結果、内臓脂肪、糖尿病、うつ病などの危険が高まる。怖い。

ということで、わたしはブラックコーヒーと炭酸水です。ほとんどはそのどちらか。

ただやはり、「たま」には甘いものも飲みたいし、飲みもします。じぶんにも甘々です。

少し前にスタバで「プリンアラモード フラペチーノ」なるものを飲んだときに、「あぁ、カロリーがあるものは美味いんだな」と再認識しました。

どうでもいいハナシです。次。

飲み物で言うと「お酒」もあります。お酒についても「良し悪し」があるとのことを「パレオダイエットの教科書」から学びました。

お酒を選ぶときには、よりカロリーが少ないものを、よりポリフェノールが多く、身体にやさしいものを。

と考えると、ビール、カクテル、チューハイ、サワーはOUTな部類です。

良いのは赤ワインやブランデー、ウィスキーなど。わたしは赤ワインやハイボールが好きなので、最近はそのあたりを飲みます。

でも、みんなが1杯めの「とりあえずビール!」のときに、「赤ワインで」とか言って一瞬引かれるのはツラいっす。

空気を読んでビールに乗るか、身体を選ぶか… 前者を選びがちなじぶんを変えようかと思っているわたしです。

なお、科学的にはお酒は1日2杯まで。それ以上は身体へのダメージが増えるとのこと。なので、お酒を飲むときには「2杯まで、2杯まで…」と言い聞かせています。

言い聞かせつつ、3杯めを飲んでしまうこともあるのがわたしです。止めてやってください。

ランニング、HIITを習慣にする

運動をして痩せる(太らない)、という方法があります。

ところが、運動だけで「太らない(痩せる)」は難しい。というのが「加齢」がもたらす災いのひとつです。

わたしは独立開業をきっかけにランニングをはじめて、なんだかんだと3年以上続いています。

だいたい月に100kmから120km前後走ることが習慣になりました。運動の習慣としてはまずまずのものではないかと、じぶんでは思っています。

にもかかわらず。あるときから、急に体重が増加をはじめたのです。理由は、はっきりしていて食べ過ぎ。好き放題食べ過ぎ。

ということもあって、前述したような取り組みもはじまったわけです。

食事・飲み物などもあわせて取り組むことで、運動もその効果を発揮する。ということがわかりました。

また、運動には身体機能の維持はもちろん、メンタル強化、記憶力の維持・向上などの効果があるといいます。「心身の健康」という点でも、運動を習慣にすることに異論はないでしょう。

この点で、3ヶ月ほど前から「HIIT(高強度インターバルトレーニング)」を習慣にしています。

HIITとは、短時間のあいだハードな運動をするトレーニングです。

具体的な運動内容はいろいろありますが、わたしはこんな感じです ↓

  • 20秒全力スクワット、10秒休憩
  • 20秒全力腕立て伏せ、10秒休憩
  • 20秒全力上体反らし(背筋)、10秒休憩
  • 20秒全力腹筋、10秒休憩
  • このサイクルを2回繰り返す(ぜんぶで4分)

上記を1セットにして、1日1セットから2、3セット。作業のあいまなどにやっています。

HIITには、基礎代謝を上げる、空腹感・食欲を減らす、などの研究結果もある。そうなんだ。じゃあ、がんばる。がんばれ。

体重を記録し続ける

わたしは毎日の体重をExcelに記録しています。

毎日記録をして、毎日それを目にしているからこそ、「なんか太ってきたかも」がわかります。

ここ1年の体重推移がこちら ↓

体重推移

途中、あきらかに体重が増えてきたポイントがあり、これはまずいぞということになりました。

好き放題食べていたこともありますが、44歳にもなり代謝も落ちてきたのだろうと推測します。

ゆえに、前述してきたようなことへの取り組みに対する「真剣さ」も増した。という経緯があります。

そう考えると。「記録」が持つ「説得力」はとても大きなものです。

記録は明らかに目に見えるものであり、記された数字は具体的であり、わたしは「言い訳」をすることができません。

なんか太ったのは気のせいかも、と「気のせい」にすることもできない。記録には、有無をも言わせぬ「説得力」があります。ただただ事実を受け入れるのみ。

わたしは「じぶんが甘い」ことを知っているので、記録が持つ「説得力」に頼ることにしています。

あぁ、オレは(ワタシは)言い訳が多いんだよなぁ… というのであれば。まずは記録をすることからはじめてみるのがおすすめです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

いまもこれからも「ずっと太らない」ために実践している5つの方法についてお話をしてきました。

かく言うわたしも、できることをできるだけ、やっているに過ぎません。それでも、なにもやらない・考えないよりはずっといい。

痩せるにしても、太らないにしても。あまりムリせず。できること・興味があることからはじめてみるのはいかがでしょうか。

いまもこれからも「ずっと太らない」ために実践している5つの方法
  1. 食事は12時から20時のあいだだけ
  2. なにで炭水化物を取るかに気をつける
  3. 飲み物はカロリー・砂糖のないものを選ぶ
  4. ランニング、HIITを習慣にする
  5. 体重を記録し続ける

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。