セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

【Mac用】Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選

【Mac用】Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選

スポンサードリンク



Google Chromeにもショートカットキーがあるのは知っていますか? あるいは、知っていたとしても使っていますか?

というわけで。わたしがよく使う、Chromeの快速・快楽ショートカットキーを紹介します。

欠かせないChromeには、ショートカットキーも欠かせない。

本記事の内容は、Mac用です。Windows用ではありませんのでご注意願います

もはや使わない日はない、というくらい。毎日の生活や仕事に欠かすことができない「インターネットブラウザ」について。

Google Chromeを使っていると言うのなら、ショートカットキーがあるのは知っていますか? あるいは、知っていたとしても使っていますか?

マウス要らずの便利ワザである「ショートカットキー」。その利点は、なんと言っても「速くてラク」にあります。

いちいちマウスやトラックパッドに手を伸ばさなくていいから、その分だけ速い。その分だけラク。

というわけで。わたしがよく使う、Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選をご紹介します。こちらです ↓

【Mac用】Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選
  1. 画面のスクロール、いちばん上・下に移動
  2. 前のページに戻る、次のページに進む
  3. ページ内の検索
  4. タブを切り替える
  5. タブを開く、閉じる、閉じたタブを復活させる
  6. ブックマークしたサイトを開く
  7. 表示を拡大、元に戻す
  8. アドレスバーに移動
  9. リロード(再読み込み・更新)
  10. あたらしいウィンドウでChromeを開く

ショートカットキーによる1回1回の効果(速くてラク)はわずかでも、積み重なれば大きなものです。毎日使うブラウザだからこそ、その積み重ねは大きなものとなって、効率化に貢献するはず。

10のショートカットキーについて、このあと順番に押さえていいきましょう。

 

スポンサードサーチ

【Mac用】Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選

《1》画面のスクロール、いちばん上・下に移動

  • 画面を下にスクロール ・・・ スペースキー
  • 画面を上にスクロール ・・・ shift + スペースキー
  • 画面のいちばん上に移動 ・・・ command + ↑
  • 画面のいちばん下に移動 ・・・ command + ↓

ほとんどの人は、画面のスクロールをマウスやトラックパッドでやっているものと思われます。けど、慣れてしまうとショートカットキーのほうが快速・快楽です。ぜひ、お試しを。

なお、画面のいちばん上や下に移動するなら、マウスやトラックパッドは絶対に使ってはいけません。メンドーだし、時間がかかりすぎます。ショートカットキーなら「一瞬」です。

《2》前のページに戻る、次のページに進む

  • 前のページに戻る ・・・ command +「 
  • 次のページに進む ・・・ command + 」

Chromeを使っていると、「前のページに戻る・次のページに進む」のは、よくやる操作のひとつでしょう。よくやることほど、ショートカットキーを覚えておくと、快速・快楽が蓄積されますので効果は絶大です。  

《3》ページ内の検索

  • ページ内の検索 ・・・ command +F
  • 次の検索結果に移動 ・・・ command + G
  • 前の検索結果に移動 ・・・ command + shift+ G

WEBページのなかから特定の「文字」を探すときには、「眼」で探すのはやめましょう。疲れますし、時間がかかります。「command + F」で検索窓を開いて、文字を入力。returnボタンで検索すれば、あっという間です。

検索によって、複数箇所が見つかった場合。移動するときにもショートカットキーを使いましょう。検索窓に付属している矢印ボタンをクリックしているようでは、やはり疲れるし時間がかかりますので。

《4》タブを切り替える

  • 右側のタブに切り替える ・・・ control + tab
  • 左側のタブに切り替える ・・・ control + shift + tab

Chromeで作業をしていると、複数のタブを開いているのはあたりまえ、ということが多いでしょう。そんなときには、タブとタブとを行ったり来たり。タブを切り替える作業が発生します。

マウスやトラックパッドでタブを選ぶ動作よりも、ショートカットキーのほうがはるかに快速・快楽です。

なお、ショートカットキーを使うときには、先に「control(あるいはcontrol + shift)」を押したままにして、tabキーを押すのがコツです。tabキーだけを離して押す、離して押すを繰り返すとタブを次々に移動できます。

《5》タブを開く、閉じる、閉じたタブを復活させる

  • あたらしいタブを開く ・・・ command + T
  • いま開いているタブを閉じる ・・・ command + W
  • 閉じたタブを復活させる ・・・ command +shift + T

タブを開いたり、閉じたりも、Chromeで多い作業のひとつでしょう。これも、マウスやトラックパッドいらずです。

タブを閉じたら、「しまった! 閉じてはいけないタブだった…」ということはあるもので。そんなときに、再びそのWEBページを検索し直しているようではいけません。労力と時間のムダです。

あたらしいタブを開くときのショートカットキーに shiftキーを加えれば、閉じてしまったタブも見事に復活させることができます。

《6》ブックマークしたサイトを開く

  1. ブックマックマネージャーを開く ・・・ command + option + B
  2. tabキーを3回押して、ブックマークしたサイトの「列」にカーソルをあてる
  3. 開きたいサイトまで、↑または↓で移動
  4. 開きたいサイトにカーソルがあたったら、command + O

ブックマークしたサイトを開くにあたっては、すっきりとしたショートカットがないようです(わたしが知らないだけだったらだれか教えて…)。

というわけで。キーボードだけでなんとかできるように、意地になって編み出した(?)のが上の手順です。これに関しては、「マウスやトラックパッドのほうがいいような」と言われても否定はしません。意地です、意地。

なお、いちど上記の手順を行ったあと、別のブックマークしたサイトを選ぶ場合には。ブックマークマネージャーがタブに残っていれば、「command + option + B」でブックマークマネージャーに移動した段階で、ブックマークしたサイトの「列」にカーソルがあたっている状態です。

つまり、上記手順のうち、tabキーを使った2つめ手順は省くことができます。

《7》表示を拡大、元に戻す

  • 表示を拡大 ・・・ command + +
  • 表示の拡大をもとに戻す ・・・ command + 0

プレゼンやセミナーをする際などに、プロジェクターなんかを使ってChromeを映し出すと。「文字小さっ!」ということがあったりします。

そんなときには「command + +」です。非常にわかりにくい表記になってしまいましたが、commandキーと+キーをあわせて押します。

commandキーを押しっぱなしにしながら、+キーを押すたびに拡大されていく。拡大を元にもどすときには、「command + 0」のショートカットキーがおすすめです。

commandキーとマイナス(−)キーとで縮小もできますが、それでいちいち戻しているのもメンドーなので。

《8》アドレスバーに移動

  • アドレスバーに移動 ・・・ command + L

いま開いているタブで、そのまま別のWEBページを検索するというのなら。このショートカットキーが便利です。一気にアドレスバーにカーソルを移動できます。

そのまま検索ワードを入力して returnを押したら、検索完了です。

《9》リロード(再読み込み・更新)

  • リロード ・・・ command + R

クラウドサービスを使っていたりすると、リロード(再読み込み・更新)はわりとよくやる操作のひとつでしょう。

そのときに、わざわざマウスやトラックパッドでリロードマークをクリックするのもおっくうです。でも周囲を見ていると、けっこう皆さんやっていますよね。

そこは、ショートカットキーを覚えておきましょう。

《10》あたらしいウィンドウでChromeを開く

  • あたらしいウィンドウで Chromeを開く ・・・ command + N
  • シークレットモードで Chromeを開く ・・・ command + shift + N

Chromeで別のWEBページを開くにあたって、あたらしい「ウィンドウ」で開きたいときのショートカットキーです。ひとつのウィンドウのなかで別のページを開く「タブ」とは異なり、ウィンドウ自体を別に開きます。

また、閲覧履歴やダウンロード履歴を残さずにページを開きたいときには、シークレットモードでウィンドウを開きましょう。ほんとうの検索順位を知りたいときもシークレットモードを使います。

通常のウィンドウでは、検索結果が個人ごとにカスタマイズ(パーソナライズド検索)され、純粋な検索順位で表示されないことがあるからです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

毎日の生活や仕事に欠かすことができない Chromeだからこそ、ショートカットキーを使うことで、その効果(速くてラク)が積み重なります。

ふだんよくやる操作については、ショートカットキーを覚えて使ってみましょう。

【Mac用】Chromeの快速・快楽ショートカットキー10選
  1. 画面のスクロール、いちばん上・下に移動
  2. 前のページに戻る、次のページに進む
  3. ページ内の検索
  4. タブを切り替える
  5. タブを開く、閉じる、閉じたタブを復活させる
  6. ブックマークしたサイトを開く
  7. 表示を拡大、元に戻す
  8. アドレスバーに移動
  9. リロード(再読み込み・更新)
  10. あたらしいウィンドウでChromeを開く

この記事のシェアはこちらから!



オンラインで80分速習
銀行融資入門セミナー

銀行融資・銀行対応について、「これだけは押さえておくべき」という入門的な内容を 80分にまとめたセミナーです