セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

PowerArQ2+PowerArQSolarレビュー/ポータブル電源+ソーラーパネルで災害に備える

PowerArQ2+PowerArQSolarレビュー/ポータブル電源+ソーラーパネルで災害に備える

スポンサードリンク



ポータブル電源「PowerArQ2」と、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」をレビューします。

キャンプでの電源確保にはもちろん、災害時の電源確保にもおすすめです。

キャンプもいいけど、災害に備えるために。

ポータブル電源「PowerArQ2」と、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」とを買いました ↓

 

 

これらを購入した一番の目的は、「災害時の電源を確保するため」です。

自宅兼事務所ということもあり、また、新型コロナウイルスによる変化もあって、自宅にいることがほとんどになりました。

この状態で、もしも大地震… が起きたとしたら。わたしは自宅にいる可能性が極めて高い。にもかかわらず、外にいるとしたら、相当運が悪かったと思うしかない。

それはともかく。予測されている大地震、近年増えている豪雨などの自然災害への備えとして。じぶんと家族を守るために、災害時の電源を確保しておくことにしたしだいです。

もっとも。ご紹介する「PowerArQ2」と「PowerArQ Solar」は災害時に限らず、キャンプやピクニックなどでも使えます。むしろ、そっちの使い方がメインなのでは…? とは思いますが。

いつかキャンプやピクニックにも連れて行けたらいいなぁ、などとも考えつつ。レビューをしていくことにします。

 

スポンサードサーチ

まずは、ポータブル電源「PowerArQ2」をレビュー

「ポータブル電源」と言っても、いろいろありまして。はたして、どれにしたものか…? 

そこで「基準」としたのが、「容量」「使い勝手」「価格帯」の3つです。使える電気の容量がそこそこあって、使い勝手が良くて、価格は高すぎず。みたいな。

そんなことを考えながら、大好きな「楽天市場」を眺めているときにビビッときました。それが「PowerArQ2」です。

デザインが秀逸

どんなふうにビビッときたか? と言うと。デザインがいい、カッコいい。それでビビッときた。ひとめぼれ。

って、さっきの3つの「基準(容量・使い勝手・価格帯)」はどこにいっちまったんだよ? というハナシです ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

頼れるヤツがやって来た。 #powerarq2 #非常時に備えて #ポータブル電源 #いつかはキャンプでも

モロトメ ジョー(@joemorotome)がシェアした投稿 –

というわけで。「デザインがいい、カッコいい」のは、PowerArQ2のおすすめポイントでしょう。個人的には、あまりメカメカしい(機械っぽい)のは好きくありません。

カラーバリエーションはぜんぶで6色。わたしが買ったのは「コヨーテタン」(上記画像)。コヨーテタンってなんだかよくわかりませんけど。

ほかには、オリーブドラブ、ジェットブラック、レッド、チャコール、スノーホワイトがあります。こういった選ぶ楽しみがあるのも、「PowerArQ2」の特徴です。

ポータブル電源なんて、電源がとれりゃあいいんだ! という考えであれば、カラーバリエーションなんて必要ありませんからね。

しかしまぁ。そうは言っても目的はあくまで、災害時の電源確保。デザインだけで「決定」するわけにもいきませんので。そのほかの「基準」についても見ていくことにしましょう。

ひとまずは安心の容量 500Wh

ポータブル電源選びのポイントのひとつと言える「容量」について。

「PowerArQ2」の容量は 500Wh(ワットアワー)とされています。ところで 500Whってどれくらいのものなのか? と言うと。

消費電力が 100W(ワット)の電気機器だったら、5時間のあいだ動かすことができる(100W × 5時間 = 500Wh)。消費電力が 20Wの電気機器だったら、25時間のあいだ動かすことができる。

というのが、500Whが意味するところです(実際には「電力ロス」が起きるので、動かすことができる時間はもっと短くなります)。

と言われても、いまいちピンとこないわぁ… という方のために。メーカーさんが公表している「目安」を引用させていただきます ↓ 

デバイス稼働時間または充電回数
LEDライト(5W)約 70時間
スマートフォン(5.5W)約 69回充電
タブレット(25W〜42W)約 9回充電
デスクトップPC(95W)約 4時間
32インチLEDテレビ(98〜156W)約 2〜3時間
ミニ冷蔵庫(60W)約 4〜6時間
【参考】
ノートパソコンの充電は 15回くらいはできるのではないか、と推測します。たぶん。

どうでしょう? 「ひとまずは安心できる容量」と言えるのではないか、とわたしは考えています。

でも、使いきってしまったらどうすんの? に対応するために。後述するソーラーパネル「PowerArk Solar」です。

ソーラーパネルで充電できることを前提にすれば、「PowerArQ2」は「ひとまずは安心できる容量」と言えるだろう、と考えています。

ちなみに。容量を示す「単位」として、さきほどの「Wh」とは別に、「mAh(ミリアンペアアワー)」があります。スマホ用のモバイルバッテリーなどは、「mAh」の表示が見られるところです。

けれども、ポータブル電源選びでは「mAh」だけを見ていてはいけません。なぜなら、「Wh」と「mAh」とのあいだには、次のような関係性があるからです ↓

Wh = mAh × V(電圧)÷ 1,000

この点で。「PowerArQ2」と、そのミニ版である「PowerArQ mini」とを比較してみましょう ↓

 PowerArQ2PowerArQ mini
mAh(定格容量)45,000mAh86,400mAh
V(公称電圧)11.1V3.6V
Wh(定格エネルギー)500Wh311Wh

「mAh(定格容量と呼びます)」だけを見ていると、「PowerArQ mini」のほうが「PowerArQ2」よりもかなり大きい。ミニ版のほうが容量が多いの? と勘違いをするところです。

けれども、「mAh」に「V(公称電圧)」を掛け算した「Wh(定格エネルギーと呼びます)」で比べると。「PowerArQ2」のほうが「PowerArQ mini」よりも大きくなります。こっちが正解。

容量の比較をするときには、気をつけるようにしましょう。見るべきは「Wh」のほうです。

TypeC、ワイヤレス充電対応… 抜群の使い勝手!

「PowerArQ2」を使って、電気機器に充電をするときの「使い勝手」はどうなのか?

結論として、「抜群」です。じゅうぶんな種類と数の出力端子(ポート)がありますし。特筆すべきは、「USB TypeC」と「ワイヤレス充電」にも対応していること。

「USB TypeC」があれば、わが愛機 MacBookPro13も「直接充電」ができます。

そんなの「コンセント(AC出力)」から充電をすればいいだろう? と思われるのであれば。それは、違います。

なぜなら、「コンセント(AC出力)」から「USB TypeC(DC出力)」に変換する過程で、電気を余計にロスすることになるからです。これはもったいない。

なので。「コンセント(AC出力)」とは別に「USB TypeC(DC出力)」の端子があったり、「USB TypeA」の端子が豊富にあるほうがよいのです。

それでは、「PowerArQ2」の主力端子の状況をまとめてみましょう ↓

AC出力端子(コンセント)2口
AC出力周波数50Hz・60Hzに対応
AC出力パワー300W
波形正弦波
USB Type-A4口
USB Type-C1口
ワイヤレス充電1口

なお、上記の「波形」とは。波形には大きく分けて、「正弦波(せいげんは)」と「矩形波(くけいは)」があります。

両者の違いをざっくり言うと。正弦波はすべての電気機器に対応できるが、矩形波だと対応できる電気機器が限られる、ということです。

そのため、せっかくポータブル電源を買うのであれば「正弦波」であるかどうかを確認しましょう。基本的に、矩形波のポータブル電源は、正弦波のポータブル電源よりも低価格です。

価格だけを見て購入してしまい、あとで後悔することがないように気をつけましょう。

ハナシを「PowerArQ2」に戻して。さきほど「表」で見た出力端子はこんな感じで配置されています ↓

PowerArQ2 出力端子

上図の左下、「USB TypeA」は「左右に2口ずつ」分かれています。左右それぞれの2口のうち、1口だけを使うと「急速充電」が可能になっています(2口とも使うと通常充電)。

ワイヤレス充電は、「天面」にあります ↓

PowerArQ2 ワイヤレス充電

決して安くはないが、高すぎもしない価格

ポータブル電源選びの「基準」として、「容量」「使い勝手」「価格帯」の3つを挙げていました。

ここまで、「容量」「使い勝手」と見てきましたので、もうひとつ。「価格帯」のお話です。

本投稿日現在(2020年7月19日)、「PowerArQ2」は定価 59,800円(消費税込)になります。わたしの金銭感覚からすると、決して安くはありません。

が、他のポータブル電源と比較をすると、高すぎることもありません。「PowerArQ2」の価格よりも、ひと桁多いポータブル電源もありますから。

そのうえで。59,800円は決して安くはないが、コストパフォーマンスから見れば、決して高すぎることはない。というのが、わたしの考えです。

パフォーマンスについては、「デザイン」「容量」「使い勝手」などを通じてお話をしてきました。加えて、その他のポイントについて。このあとサクッとまとめてみますので、こちらも参考にしていただければ ↓

その他のポイント

PowerArQ2について。前述したこと以外で、気になることをまとめてみます。

ランタン代わりにもなる!LEDライトを搭載

「PowerArQ2」は、背面(前面は出力端子など)に「LEDライト」を搭載しています ↓

PowerArQ2 LEDライト

ライトの明るさは 520ルーメン。懐中電灯やランタンの代わりにもなる明るさです。PowerArQ2の容量から見ると、約 70時間くらいつけっぱなしにできます(他の電気機器を充電しなければ)。

停電時の夜、キャンプでの夜などにも安心です。

さらに、ライトは「点滅モード」に切り替えもできます。見たところおそらく「SOS信号」の点滅なので、万一のときには役立つかもしれません(SOS信号じゃなかったらすみません)。

「持ち手」は折りたたみでコンパクト

「PowerArQ2」の大きさは、「26×19.1×19.5cm」です。ちょっとした小包くらいの大きさ、でしょうか。

大きさはたいしたことないのですが、問題は「重量」。重量は 6.2kgと、なかなかにヘビーです。

というけで、「持ち手」がほしい。でも、持ち手があるとジャマくさい。だから、「PowerArQ2」の持ち手は折りたたみ式になっています ↓

PowerArQ2 持ち手

通常時は、持ち手をたたんでおけますから。スペース的にもコンパクトだし、見た目もスッキリです。

ちょっと惜しい!液晶画面

わたし的には、「PowerArQ2」に対する不満はほぼほぼ無いのですけれど。ひとつ挙げるとしたら、「液晶画面」です。

本体前面にある液晶画面には、「電池残量」や「入力電力量」「DC出力電力量」「AC出力電力量」が表示されます。このうち「電池残量」の表示単位が 20%刻みです ↓

PowerArQ2 液晶画面

さすがに大雑把すぎるんじゃないか…? と、大雑把なわたしに言われたくもないでしょうが。

せめて、10%刻み。できれば5%刻みくらいが希望でした。

なかなか轟音なファン

「PowerArQ2」は内部の熱を排出するための「ファン」が内蔵されています。

充電時などには、そのファンが回るのですが、これがなかなかに轟音です。そして、本体側面からは、なかなかの風が出ます ↓

PowerArQ2 ファン

比較対象の製品がないので、なんとも言えないのですが。まぁ、こんなもんなのかもしれません。でも、なかなかです。

わずかに防塵、わずかに防水

「PowerArQ2」は、わずかに防塵、わずかに防水です。完全防塵、完全防水ではありませんので、タフな使い方には不向きだと言えます。

国際規格でいうと、防塵性能はIP2X、防水性能はIPX1とのこと。極論、防塵・防水機能は無いものと考えて扱うのが無難でしょう。

じゅうぶんな付属品

「PowerArQ2」に同梱されている付属品は次のとおりです ↓

  • ACアダプター、電源コードのセット
  • MC4ケーブル 1.5m(ソーラーパネルとつなぐときに使う)
  • シガーケーブル 0.7m
  • USB TypeCケーブル 1.0m
  • 取扱説明書

上記のとおり、必要なものはそろっている、という感じです。

MC4ケーブルも付属しているので、このあとお話するソーラーパネル「PowerArQ Solar」にも、すぐにつなぐことができます。

 

スポンサードサーチ

続いて、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」をレビュー

ここまでは、ポータブル電源「PowerArQ2」をレビューしてきました。

ここからは、その「PowerArQ2」とあわせて使うことができる、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」をレビューしていきます ↓

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 

太陽充電をお試し中。#powerarq2 #powerarqsolar #災害に備えて #ソーラーチャージャー #ポータブル電源 #曇りの日でも充電できるかな

モロトメ ジョー(@joemorotome)がシェアした投稿 –

そもそも、ソーラーパネルなんて要る? と思われるかもしれませんが。

要るでしょう。というか、あったほうがいいでしょう。だって、ポータブル電源の電池残量が無くなったらどうすんの。災害時など停電をしていたら、充電できないじゃん。もうおしまいじゃん。

ライフラインのなかでも、水道やガスに比べると、電気の復旧は速いとは言われますが。

それでも、数日ていどは覚悟しておくべきですし。2019年には台風 15号の被害によって、千葉県内の一部で2週間ていど停電が続きました。

2週間ものあいだ電気無しは、どう想像してみてもキツイです。だからと言って、2週間分もの電気を貯めておくほどのポータブル電源を用意するわけにもいきません。

だから、ソーラーパネルはあったほうがいい。ソーラーパネルがあれば、「ポータブル電源の容量は多少小さくてもいいかな」とも考えられるところです。最低限の電気は確保できそうです。

というわけで。ソーラーパネル「PowerArQ Solar」をレビューしてみましょう。

折りたたみ、という正義

実は、「PowerArQ Solar」は2種類あります。「折りたたみ式」と「そうじゃないやつ」の2種類です。

わたしが買ったのは「折りたたみ式」のほう。だって、持ち運ぶことを考えたら、絶対に「折りたたみ式」のほうがいいでしょう。だって、こんなにコンパクトだもの(比較のために 500mlペットボトルを添えました) ↓

PowerArQ Solar 折りたたみ

って言うか。これってハタから見たら、ちょっとした「おしゃれバッグ」じゃない? まさか、ソーラーパネルだとは思わないんじゃない? というカッコよさがありますね、はい。

厚さは、わずか3cmなのですが(横幅 51cm × 縦幅 55.4cm × 厚さ3cm)。重さは 4.2kg、けっこうズッシリです。

けれども、折りたたみができて、持ち手もついていますから、わりとラクに持ち出すことができる。太陽のある場所へ移動しなければならないのですから、「折りたたみ式は正義だ」と言ってよいでしょう。

ちなみに、折りたたみ式の「PowerArQ Solar」の欠点は、非防水であること。折りたたみじゃないほうの「PowerArQ Solar」は、IP65相当の防水性能があります。

折りたたみをとるか、防水をとるか。わたしは断然、折りたたみでした。

組み立てもカンタン

折りたたんであるからには、開いて、組み立てねばならんだろう? ということですが、心配は無用です。組み立てもカンタン。

まずは、折りたたみの状態から、パタパタと「3面」に広げた状態がこちらです(ソーラーパネルの裏面)↓

PowerArQ Solar 裏面

マジックテープで固定された「脚」が3本付いているので、テープをペリペリっと剥がして、脚を立てるだけ ↓

PowerArQ Solar 裏面・脚

あとは太陽に向かって、ソーラーパネルの位置を整えます(広げたときの横幅は 157.8cm) ↓

PowerArQ Solar パネル面

ソーラーパネルにつながっているコードと、ポータブル電源「PowerArQ2」に付属してたコードとを使って、「PowerArQ Solar」と「PowerArQ2」とをつなぎます。数分あれば、できるでしょう。

というわけで、組み立てもカンタンです。

コンセント並の発電能力(晴れれば)

折りたたみのソーラーパネルなんぞで、ちゃんと充電(発電)できるのかな? と思われるかもしれません。

結論として、おうちのコンセントと同じくらいの速さで充電ができます。

ポータブル電源「PowerArQ2」を、家庭用のコンセントで充電すると。フル充電までに6〜7時間かかります。

これに対して、「PowerArQ2」を、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」で充電すると。同じく、6〜7時間で充電可能です。

折りたたみ式のソーラーパネルで、コンセント並の発電能力はすばらしい! と思うのですが、いかがでしょうか。

ただし、コンセント並の発電能力を発揮するのは、「夏場」で「晴れていれば」という条件付きではあります。

日光の「当たり判定」がシビア

晴れていれば、すばらしい発電能力を見せてくれる「PowerArQ Solar」ではありますが。7月中旬の「薄曇り」で、太陽があると思われる方向にソーラーパネルを広げてみました。

結果、発電は 23W ↓

PowerArQ Solar 薄曇りの発電

夏場の晴れた日であれば、70〜90Wを得られるところですから。23Wはこころもとありません。まぁ、日光あってのソーラーパネル。しかたないと言えば、しかたない。

それから。「PowerArQ Solar」は、日光に直接当たるようにしなければいけません。

晴れた日にベランダで「PowerArQ Solar」を広げてみました。が、ウチのベランダは「庇(ひさし)」が長いのか、日光がベランダの「床面」までには届かず… 

「PowerArQ Solar」を広げては見たけれど、なかなか直接日光には当たらない。この状態だと、発電は 0Wです。ゼロ…

これは悲しいですね。ソーラーパネルの日光に対する「当たり判定」は、かなりシビアなようです。いいよ、いいよ。いざとなったら、目の前の公園に持っていって充電するんだから。もちろん、ただの強がりです。

やはり安くはないが、安心には変えられない

さいごに、「PowerArQ Solar」の価格について。

ずばり、定価 27,296円(消費税込)です(2020年7月19日現在)。

ポータブル電源「PowerArQ2」と同じように、決して安くはありません。が、災害時など、いざというときの安心には変えられません。

そう考えると、やはり、高すぎるという価格でもないでしょう。

少し前に、「ソーラーパネル付きのモバイルバッテリー(数千円)」を買おうかと考えたことがあります。けれども、レビューを見ていると「晴れていても、さっぱり充電できない。気休め」みたいなコメントがちらほら。

安物買いの銭失い、とも言いますので。良いモノを選ぶ「眼」が必要です。

 

スポンサードサーチ

まとめ

ポータブル電源「PowerArQ2」と、ソーラーパネル「PowerArQ Solar」をレビューしました。

これらがあれば、キャンプはもちろん、災害時の備え・安心にもなるのではないか、と考えています。

2つあわせると「PowerArQ2 59,800円 + PowerArQ Solar 27,296円 = 87,096円」。いざというときのために、「ポータブル電源 + ソーラーパネル」を検討してみるのはいかがでしょうか。

 

この記事のシェアはこちらから!