セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

僕の3大ネガティブ『嫉妬心・承認欲・憂うつ』との戦い方

僕の3大ネガティブ『嫉妬心・承認欲・憂うつ』との戦い方

スポンサードリンク



わたしが、なかなか克服できない「嫉妬心・承認欲・憂うつ」。そんな「3大ネガテイブ」との戦い方についてお話をしていきます。

ネガティブと戦う日々。

なんの告白だよ、と思われるかもですが。わたしには、なかなか克服できない「3大ネガティブ」があります。

具体的には、こちらです↓

僕の3大ネガティブ
  1. 嫉妬心
  2. 承認欲
  3. 憂うつ

こうして見ると、じぶんの「いたらなさ」を明らかにするようで、恥ずかしいところはあるけれど。

でも、もしかしたら。「実は僕も…」「実はわたしも…」と悩みを抱えるヒトがいるかもしれない。さすがに、「3つぜんぶ」ということはないにしても。

というわけで、わたしの3大ネガティブとの「戦い方」について。それぞれのネガティブに対して、戦い方を3つずつ、お話をしていきます。

参考になるものがあるようでしたら幸いです。それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

僕の3大ネガティブ「嫉妬心・承認欲・憂うつ」との戦い方

嫉妬心

なんだか、となりの芝生が青く見えてしかたない。ということはありませんか? わたしはあります。いわゆる「嫉妬心」ですね。

そんな「嫉妬心」との戦い方はこちらです↓

嫉妬心との戦い方
  • 嫉妬している気持ちを受け入れる
  • 無防備で SNSを見ない
  • なにに嫉妬しているのかを明らかにする

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

嫉妬している気持ちを受け入れる

まずは、嫉妬心を受け入れるようにしています。つまり、じぶんが「なにかに嫉妬する気持ち」を認める。否定しない。

嫉妬しなくてすむのであればそれがいちばんですが。嫉妬しているのに、「(嫉妬なんかしては)ダメだ、ダメだ」と否定しているばかりでは滅入ってしまいます。

滅入った結果、「自己嫌悪」が強くなるのもいけませんので。嫉妬するのはしかたない、だって人間だもの。と、じぶんに優しく(甘く?)するところからスタートです。

無防備で SNSを見ない

嫉妬をあおるモノの最たるものが SNSなのではないか? と考えています。あくまで「個人的」に、そう考えています。

とくに、Twitter や Facebook は、じぶんとは相性が悪いようで。「無防備」で見ていると、嫉妬をしてしまうことがしばしば。よろしくない。

ちなみに、ここで言う「無防備」とは。Twitter や Facebook の「タイムライン」をそのまま眺めることです。

タイムラインには、いろいろな投稿がとめどなく流れてきますので。じぶんの嫉妬をあおるものは少なくありません。

だったら、見なきゃいい。でも、SNSの閲覧には「情報収集」の目的もあるので。Twitter であれば「TweetDeck」というアプリを使って、見るべき情報をしぼりこむようにしています。

なにに嫉妬しているのかを明らかにする

無防備で SNSを見ないことで、必要以上の嫉妬を避けることはできますが。それでもゼロにはなりません。

じゃあ、どうするか? じぶんがいったい「なに」に嫉妬しているのかを考えるようにしています。

嫉妬の対象もいろいろです。たとえば、「おカネ」「時間」「地位」「人気」「愛情」などなど。

そういうったもののなかで、じぶんが「なに」に嫉妬してるかがわかれば。その「なに」を手に入れるために「努力をする」という選択肢が生まれます。ただただ嫉妬をせずにすみます。

また、「なに」を考えてみたら、「別にじぶんがほしいものではなかった」ということはあるもので。ぱっと見がキラキラしてたから、思わず反射的にうらやましくなってしまっただけ、ということもあります。

嫉妬を感じたら、ただただ受け入れるばかりでなく、「なに」に嫉妬しているのかまで考えてみるとよいでしょう。

承認欲

だれでもほめられたらうれしいものですよね。

でも、そのうれしさがエスカレートすると、「ほめられたい、とにかくほめられたい」との欲に変わることがある。承認欲です。

そんな「承認欲」との戦い方はこちらになります↓

承認欲との戦い方
  • 承認されたい思いを受け入れる
  • 承認欲をエネルギーに変えて行動する
  • 目的・成長・貢献を考える

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

承認されたい思いを受け入れる

前述した「嫉妬心」について。まずは受け入れましょう、という話をしました。それといっしょです。

じぶんのなかにある「ほめられたい、承認されたい」という思いを、すなおに受け入れることからはじめます。だって、やっぱり人間だもの。

じぶんを「ダメだ、ダメだ」と否定してしまうと、自己嫌悪でやられてしまうので。そこは、避けなければいけません。

だから、まずは「どんなじぶんも受け入れる」ところからスタート。これが基本だと、わたしは考えています。

承認欲をエネルギーに変えて行動する

ほめられたいとの思い、つまり、承認欲にはエネルギーがあります。

ほめられたいからがんばろう! そう考えたて行動したことが、だれにもいちどくらいはあるのではないか?と思うのですがどうでしょうか。

ほめられたいからがんばる、というのが正しいことかどうかはさておき。がんばること、行動することは悪くありません。むしろ、必要。

なので、承認欲を感じたら、ほめられたい思いをエネルギーに変えて、行動するようにじぶんをしむけるのがよいでしょう。

承認欲に罪悪感をいだくのではなく、エネルギーだと考える。負ではなく正。前向きにいきましょう。

目的・成長・貢献を考える

承認欲をエネルギーに変えて行動する、と言いました。でも、「ヘンなほう」に向かって行動するのは困りますよね。

なので、行動をする前にちょっと考えてみます。考えるのは、じぶんにとっての「目的・成長・貢献」です。もう少し、具体的に言うと、

その行動は「なんのため?(目的)」、その行動で「どうなりたい?(成長)」、その行動は「なに・だれに役立つ?(貢献)」。

そんなことを考えてみるようにしています。すると、あまり「ヘンなほう」には向かわずにすみますね。

がんばる・行動するのであれば、できるだけ「正しいほう」に向かいたいものです。ただただ承認欲に突き動かされる… ことには注意しましょう。

憂うつ

なんだかうまくいかないことが多い、なんだか気分がスッキリしない。そんなときもありますよね。

いろいろある毎日ですから、「憂うつ」にもなります。だって、にんげ… もう、いいか。

そんな「憂うつ」との戦い方はこちらです↓

憂うつとの戦い方
  • 気分は無視して行動する
  • 分析的・作業的なことをやる
  • メンタルを鍛える

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

気分は無視して行動する

「気分で行動する」ことがあるいっぽうで、「行動が気分をつくる」ことはあるものです。

だったら、気分は無視して行動すればいい。と、わたしは考えています。行動しているうちに気分も乗ってくるだろう、みたいな。

とはいえ、ただただ行動しようとするのもツラかったりはしますから。気分を「切り替える」手段があったほうがいいでしょう。

わたしの場合、ランニングや筋トレ、ブログ(文章)を書く、瞑想する、などといった手段が挙げられます。

これらはいずれも、科学的に「メンタルを改善・強化する効果がある」とされていますのでおすすめです。

憂うつだからといって、じっとしているよりも。気分は無視して行動することも考えてみるとよいでしょう。

分析的・作業的なことをやる

クイーンズ大学の研究によれば、「憂うつな気分の人は、細かいことに気がつく傾向がある」ということらしいです。

憂うつな気分によって、注意力が高まったり、慎重さが高まったりするから。結果として、細かいことにも気がつきやすくなる。

この点で。憂うつなときには、細かい分析が必要なことや、注意力を要するような作業的なことが向いている、と言えます。

逆に、憂うつなときには、創造的なことや大局的なことをやるのには不向きだと言えます。

憂うつを感じつつも仕事をするようなときには、仕事の性質を考えて、分析的・作業的な仕事を選ぶとよいでしょう。

メンタルを鍛える

憂うつとはうまくつきあう、ということもありますが。憂うつにならなくてすむのであれば、ならないのがいちばんです。

そのためには、できるだけ憂うつになりにくいように、メンタルを鍛えることも必要でしょう。

鍛える方法はいろいろありますが。わたしがやっていることで言えば、ランニングや筋トレ、そして瞑想です。これらは、さきほども触れましたね。

いずれも、メンタルを改善・強化する効果があります。

それから、もうひとつ。「良質な睡眠」です。睡眠不足になると、どうしても心身が弱くなります。

睡眠不足が、うつ病のリスクを高めるとも言われていますから、いかにして良い睡眠をとるか? を考えるようにしましょう。

寝不足でもがんばる! には、いいことがありません。くわしくはこちらの記事もどうぞ↓

体も心も健康に!良質な睡眠のために実践している7つの方法

体も心も健康に!良質な睡眠のために実践している7つの方法

スポンサードサーチ

まとめ

わたしが、なかなか克服できない「嫉妬心・承認欲・憂うつ」。そんな「3大ネガテイブ」との戦い方についてお話をしてきました。

同じようにネガティブを抱えて、悩んでいる人の参考になるものがあるようでしたら幸いです。

この記事のシェアはこちらから!