セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーほか【ブラック・無糖】

苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーほか【ブラック・無糖】

スポンサードリンク



「やっぱりハンドドリップが美味いよねぇ」とは思いつつ。それでも、もっと「お手軽」にコーヒーを飲みたいときもあったりします。

というわけで。苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーなんかについてのお話です。

違いもわからない男がおすすめするコーヒー。

唐突ではありますが、コーヒーが好きです。なんの告白か、よくわかりませんけれど。とにかく、コーヒーが好きです。

で、「やっぱりハンドドリップが美味いよねぇ」とは思いつつ。それでも、もっと「お手軽」にコーヒーを飲みたいときもあったりします。

たとえば、出かけているときにすぐに飲める「缶コーヒー」とか。家で、さっと飲める「ボトルコーヒー」とか。

そこで。おすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーなんかについて、ちょっとお話をしてみようかと思います。ちなみに、わたしは「苦め」が好きです。

最近では、そういうのはあまり流行らないのかどうなのか。「なにこれ、うっす…」という、妙にシャバシャバした水っぽいコーヒーが多いような。まぁ、ただの思い過ごしかもしれません。

それに。わたしは、コーヒーの専門家でもなんでもなく。どちらかと言えば、「違いがわからない」タイプのような気もします。ダメじゃん。

だから、ただの「苦いコーヒー好きな人」がおすすめするコーヒーなんだ、と割り切っていただけますと幸いです。なんだよ、不味いじゃないか! と、言われても。苦情は受け付けておりませんのであしからず。

と、そんなハナシをされてなお、おすすめされるコーヒーもどうなのか… とは思うけれど。根拠の無い自信だけはあります。ずばり、こちらです(いずれもブッラク無糖)↓

苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーほか
  • 缶コーヒー「タリーズコーヒー バリスタズブラック / 伊藤園」
  • 缶コーヒー「BLACK無糖 FULL BODY / UCC」
  • ボトルコーヒー「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」
  • ボトルコーヒー「スペシャルティアイスリキッドコーヒー / 加藤珈琲店」
  • ソリュブルコーヒー「ゴールドブレンド コク深め / ネスカフェ」

それではこのあと、順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーほか

缶コーヒー「タリーズコーヒー バリスタズブラック / 伊藤園」

まずは、缶コーヒー部門から。缶コーヒーは、出かけているときにでも、すぐに飲めるのがいいですよね。

で、その「缶コーヒー」のなかでも、圧倒的におすすめなのがこちら。「タリーズコーヒー バリスタズブラック / 伊藤園」です↓

 

商品説明にも「深煎り豆を主体に使用し、キレのある深いコクが特長」とうたわれているとおり。深煎りの特徴である「苦味」と「コク」を感じることができる缶コーヒーです。

薄くてシャバシャバの缶コーヒーとは、一線を画しています。なぜこんなにも、「薄くてシャバシャバ」を目のカタキにするのかはよくわかりませんが。とにかく、薄いのがダメなんです。がっかりします。

それはともかく。豆については、「ブラジル産のアラビカ種 100%」だそうです。

ブラジルはコーヒー生産量が世界でいちばん。日本でもよくお目にかかるコーヒーではあります。世の中のコーヒー豆は、アラビカ種かロブスタ種のどちらかがほとんどです(ほんのいちぶ、別なものがあります)。

そのうちロブスタ種は、いっぱんに価格が安いことから、缶コーヒーに使われることも多いのですが。この「タリーズコーヒー バリスタズブラック」は、「アラビカ種 100%なんだぜ!」とアピールをしているわけですね。

ということで。「苦味」と「コク」、そして「品質」の良さもあっておすすめの「タリーズコーヒー バリスタズブラック」。もうひとつ、おすすめする理由があります。

それは、「買いやすさ」です。「タリーズコーヒー バリスタズブラック」は、コンビニや自販機での取り扱いが多く、「なかなか見つからない、なかなか買えない…」ということがありません。

これ、けっこうだいじです。この点で、「おすすめなのに、なかなか買えない」のが、次にご紹介する缶コーヒーになります。

缶コーヒー「BLACK無糖 FULL BODY / UCC」

もうひとつ、缶コーヒー部門でのおすすめを。こちらの「BLACK無糖 FULL BODY / UCC」です↓

 

このコーヒー、とにかく「苦い」です。苦いのがダメな人には、ちょっとキツイと思う。それくらいに苦い。他の缶コーヒーを寄せ付けない、苦さでトガっている缶コーヒーになります。フルボディの名に偽りなし。

コーヒーなめんなっ! ブラックなめんなっ! という、UCCさんの意地(わたしが勝手に感じている)が伝わってくるかのようで。わたしが、いちばん好きな缶コーヒーです。

ただ、問題は。なかなか売ってないんですよね… 自販機でもコンビニでも、なかなか取り扱っていない。だから、見つけたときには歓喜するほどです。ほんとうに。

なお、「BLACK無糖 FULL BODY」もまた、コーヒー豆はアラビカ種 100%です。ロブスタ種ではありません。もちろん、「深炒り」の豆を使っていますので、「苦味」や「コク」があるコーヒーにしあがっております。

それから、もうひとつ。「BLACK無糖 FULL BODY」のおすすめポイントは、「香料」をつかっていないこと。原材料は「コーヒー」、以上です。

割合で言えば、香料をつかっている缶コーヒーは多く。さきほどの「タリーズコーヒー バリスタズブラック」も香料がつかわれています。それでも、「タリーズコーヒー バリスタズブラック」の場合には、味をそこねる感じはないのでよいのですけど。

商品によっては、「香料感がすごいなぁ」「香料クサくてコーヒー死んでる」と感じるようなものもあります。その点、「BLACK無糖 FULL BODY」は香料無しのコーヒーオンリー。さすがのUCCです。

ボトルコーヒー「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」

ここからは、ボトルコーヒーでいきます。家で過ごしているときなどは、ボトルコーヒーは重宝しますよね。缶コーヒーと同じく、お手軽でありながら、缶コーヒーよりもリーズナブルです。

そんなボトルコーヒーのおすすめについて。まずはこちら、「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」です↓

 

こちらの商品は、「Amazon限定」らしいです。商品のラベルなどには、そのようなことは書かれていないんですけどね。限定だと言うのだから、そうなのでしょう。

商品名のとおり、「深煎り」が売りで、「コクのある味わい」「コーヒー感」がアピールされています。ボトルコーヒーもまた(?)、薄味のものがあったりするのですが。「職人の珈琲 深炒り焙煎」はだいじょうぶ。コーヒーの苦味も感じられます。

そして、さきほどの「BLACK無糖 FULL BODY / UCC」と同様に、「香料」は不使用です。純粋にコーヒー。

ちなみに、ボトルコーヒーには、「コーヒー」「コーヒー飲料」「コーヒー入り清涼飲料」の種類があるのはご存知でしょうか。商品ラベルに記載されている「種類別名称」というところを見るとわかります。

「コーヒー」とは、内容量 100gのなかに、5g以上のコーヒー豆を含むもの。「コーヒー飲料」とは 2.5g以上5g未満のコーヒー豆を含むもの。「コーヒー入り清涼飲料」とは、1g以上 2.5g未満のコーヒー豆を含むもの。との区分です。要は、豆がどれだけ使われているか、です。

「職人の珈琲 深炒り焙煎」は、「コーヒー」に分類される商品になります。コーヒーを飲むなら、やっぱり「コーヒー」がいいよね。「コーヒー飲料」とか「コーヒー入り清涼飲料」とかじゃなくて。と、個人的には思っています。

それから、もうひとつ。「職人の珈琲」ブランドのこだわりに、「アンウォッシュド(非水洗式)」の豆を使う、ということがあるようです。

アンウォッシュドとは、コーヒー豆の精製方法の一種。水洗式などほかの精製方法とは違った独特の風味(香りとか甘みとか)が得られる、という特徴があります。まぁ、そのあたりを感じ取る能力は、わたしにはありませんけど。

ボトルコーヒー「スペシャルティアイスリキッドコーヒー / 加藤珈琲店」

ボトルコーヒー部門として、もうひとつ。「スペシャルティアイスリキッドコーヒー / 加藤珈琲店」をご紹介しておきます。こちらです↓

 

ボトルではなくて、紙パックではありますが。まぁ、似たようなものです。こちらの商品は、みんな大好き(わたしは大好き)楽天市場から購入できます。

さきほど紹介した「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」と比べると、ちょっとお値段は高めです。ただ、その分、よりしっかりとした「コーヒー感」を得ることができます。

商品案内には、「世界規格スペシャルティコーヒー、Qグレード珈琲豆を100%使用した高品質なアイスコーヒーリキッドです」とのアピールがありまして。

スペシャリティコーヒーとは、その名のとおり、スペシャルなコーヒーのことです。公(おおやけ)にも品質を認められた、すばらしいコーヒーだ。ということになりますです、はい。

で、このようなコーヒーを飲むと。なかなか、「ふだんづかいのボトルコーヒー」には戻りにくくなります。さきほどの「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」でさえ、「ちょっと薄くない…?」と思えてしまうほどです。

まぁ、その分お値段も高いので当然と言えば当然ではありますけど。あと戻りできなくてもしかたがない、そう思えたらお試しあれ。って、そんなに敷居の高いものではありませんね。いちいち大げさです。

なお、この「スペシャルティアイスリキッドコーヒー / 加藤珈琲店」は、とくに「深煎り」とかはうたわれていないのですが、「けっこう苦め」だと感じています。苦めが好きな人には、よろしいのではないでしょうか。

ソリュブルコーヒー「ゴールドブレンド コク深め / ネスカフェ」

さいごは、ソリュブルコーヒー部門から。

ところで、「ソリュブルコーヒー」ってなんだ? とも思いますよね。「ソリュブル」とは「溶ける」という意味の英語です。つまり、ソリュブルコーヒーとは「溶けるコーヒー」のこと。

な〜んだ、インスタントコーヒーのことか。というハナシです。でも、気をつけましょう。場合によっては、「違う、ぜんっぜん違う!ソリュブルコーヒーは、インスタントコーヒーとは違うんだ!」と怒られます。たぶん。

実際、製法なんかは違うみたいで。当然、味にも違いが出るでしょう。まぁ、わたしは「違いがわからない」ほうの人間なので、あまり気にしませんが。

それはともかく。おすすめするのはこちら、「ゴールドブレンド コク深め / ネスカフェ」です↓

 

ちなみに、こちらの商品は「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」というマシンが必要になりますのでご注意を。こういうやつです↓

 

わが家では、インスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)を飲むときには、この「バリスタマシン」をつかっています。お湯を沸かす手間もなく、スマホからポチッとやると、コーヒーが出来あがるのでお手軽・便利です。

でも、100回に1回くらい、コップを置き忘れたままポチっとやって「大惨事」となります。気をつけましょう。

ハナシを戻して。1杯あたりに換算すると 20円以下で、リーズナブルでもあります。

で、バリスタシリーズのソリュブルコーヒーには、いろいろと種類があります。ちょっと迷うくらいの種類があります。そのなかで、わたしがおすすめなのが、「ゴールドブレンド コク深め」です。

深煎りをうたっている商品であり、「苦味」が強く、「コク」が深い、という特徴になります。もともとブラックが苦手だったり、苦いのが苦手だと、そのままではキツイかもしれません。

なので、ネスカフェさんも、この商品をつかっての「コク深ラテ」を提案していたりもします。ラテにしてもおいしいよ、と。ブラック派のわたしではありますが、たまにはラテもいいかもです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

「やっぱりハンドドリップが美味いよねぇ」とは思いつつ。それでも、もっと「お手軽」にコーヒーを飲みたいときもあったりしますよね。

そんなときには、苦め好きなわたしがおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーなんかも、お試しいただけるようでしたら幸いです。

苦め好きな僕がおすすすめの缶コーヒー・ボトルコーヒーほか
  • 缶コーヒー「タリーズコーヒー バリスタズブラック / 伊藤園」
  • 缶コーヒー「BLACK無糖 FULL BODY / UCC」
  • ボトルコーヒー「職人の珈琲 深炒り焙煎 / UCC」
  • ボトルコーヒー「スペシャルティアイスリキッドコーヒー / 加藤珈琲店」
  • ソリュブルコーヒー「ゴールドブレンド コク深め / ネスカフェ」

この記事のシェアはこちらから!