毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

ひとり仕事の僕がパソコンの故障・不調に備えるための5つのルール

URLをコピーする
URLをコピーしました!

ひとり仕事をしているわたしが、パソコンの故障・不調に備えるために実践している、5つのルールについてお話をしてみます。

目次

その日は、ある日突然にやってくる。

仕事で使っているパソコンが故障したり、不調になったり… 困りますよね。

パソコンは「ある日突然」に、なんの前触れもなく壊れたりするもので。きのうの夜までいたってフツーだったのに、朝になったら動かなくなっていた… という経験もあります。やれやれ。

そんな「パソコンの故障・不調」について。会社勤めをしていれば、会社の指示にしたがうということになるのでしょうが。独立して、ひとり仕事をしていると、じぶんで考えるほかありません。

というわけで。わたしが、パソコンの故障・不調に備えるために実践しているルールについてお話をしてみます。こちらの5つです↓

ひとり仕事の僕がパソコンの故障・不調に備えるための5つのルール
  1. パソコンは常に2台体制
  2. データはクラウドに保存
  3. パソコンは定期的に買い換える
  4. 買い替えを想定しておく
  5. ひたすらに愛する

実際にパソコンが故障したり、不調になってからでは遅いので。そうなるまえの備えとして、参考にしていただけるようでしたら幸いです。

それではこのあと、順番に見ていきましょう。

 


ひとり仕事の僕がパソコンの故障・不調に備えるための5つのルール

《ルール1》パソコンは常に2台体制

ふだんは、パソコンが1台あればじゅうぶんです。けれども、その1台が壊れたときに、とても困ったことになります。

なので、パソコンは常に2台体制です。さすがに、2台が同じタイミングで故障したり、不調になったりすることは少ないでしょうから。

具体的には、現状、MacBookPro13インチ(2020年)と、Dell XPS13(2018年)の2台体制です。メインは MacBookPro、サブは XPS13という位置づけで。

ほんとうは Macの2台持ちをしたいのですが。「Windows環境」が必要なソフト・アプリもあるため、Windows機として XPS13を用意しています。

MacBookProでは「Parallels Desktop」を使って、Windows環境をつくってはいるものの。完全には対応できないケースもあるため、安全策として Windows機は持っておくようにしています。いまのところ。

経理や税金に関するソフト(税理士なので必要)が Macにも対応してくれれば、安心して Macの2台体制に移行できるんですけどね。たぶん、ムリなんでしょうね。

ちなみに。独立する前までの 20年は、Windows機しか使ったことがありませんでした。独立して、好奇心から使いはじめたMacは、はじめこそ少々難儀したけれど、いまはもう「Mac大好き」です。

とくに Apple製品同士の「連携」はすばらしいものがあって、それがわかると、なかなか Windowsに戻る気にはなれませんね。

というわけで、いまは身の回りにApple製品が増えました。スマホは iPhone(12mini)、タブレットは iPadPro(11インチ・2020年)、イヤホンは AirPodsPro、スマートスピーカーは HomePodmini。

すっかり、Appleの術中にはまっているようです。

閑話休題。パソコンは常に2台体制にしておきましょう、というハナシ。実際に、いきなりパソコンが壊れたこともあるし、不調に陥ったこともあります。

そんなときにも、2台体制だからこそ、余裕を持って買い替えたり、修理に出したりができました。1台しかなければ、タイヘンな騒動になるだろうと、想像するだけで恐ろしくなります。

まさかとは思いますが、「オレの(ワタシの)パソコンは壊れない」だなんて、考えてはいませんよね? 壊れるときはちゃんと壊れますから気をつけましょう。

《ルール2》データはクラウドに保存

パソコンで扱うデータをクラウドに保存する理由は、いくつかありますが。わたしは、パソコンの故障・不調に備えるという面でも、データはクラウドに保存するようにしています。

言い換えると、「データをパソコン自体には保存しない」ということです。

厳密に言うと、ごく一部のデータ(毎日使うExcelファイルなど)は、パソコン自体に保存をしていますが。それらのデータも、クラウドストレージと同期するかたちで、やはりクラウドに保存をしています。

とにかく、データを「パソコンのなかだけ」に保存しない。これは、言うまでもなく、パソコンが壊れたときに「データの消失」を防ぐためです。

パソコンのなかだけに保存して、そのバックアップをとっておけばいいという考え方もありますが。つどつどバックアップをとるのもメンドーでしょう。

それに、「あした、バックアップをとろう」と思っていたのに、朝になったらパソコン壊れてました… という可能性もゼロではありません。

なので、データはそもそもクラウドに保存をしておくのが安心です。

にもかかわらず、ついついデータをパソコンにだけ保存してしまう。デスクトップに置きまくってしまう… というヒトもいるかもしれません。

そういうことを避けるためにも、パソコンを買うときには、あまりストレージ容量が大きなものは買わないことです。保存できる容量に余裕があるから、パソコンに保存をしてしまうわけなので。

クラウドにデータを保存することが前提であれば、パソコンのストレージ容量は小さくてすみます。個人的には、256GBくらいあれば、ひとまず問題はないだろうと考えています(長い動画を編集する場合などは別にして)。

ストレージ容量を抑えられれば、パソコンの購入費用も抑えられるので、クラウドストレージの利用料だって負担できるはずです。

なにより、パソコンが突然に故障したり、不調になったりしたときの備えとして。クラウドストレージの利用は欠かせないものと考えます。

[ad1]

《ルール3》パソコンは定期的に買い換える

パソコンも買ってから時間が経てば、故障したり不調になったりする確率は上がるものです。そう考えると、パソコンを定期的に買い換えることも必要でしょう。

買い替えによるあらたな出費を考えると、できるだけ長く使いたいという思いもありますが。日々を快適に過ごすことを思えば、しかたのない出費なのかなとも考えるわけです。

あまりに昔のパソコンで、動作がめっちゃ重いというのでは、仕事のパフォーマンスも下がってしまいます。

であるならば、あたらしいパソコンに買い換えるための出費は、むしろ「コスパが高い出費」だと言えるでしょう。あたらしいパソコンであれば、動作も軽快ですから、仕事のパフォーマンスも上がるからですね。

実際に、わたしも定期的に買い替えています↓

  • XPS13 … 初代 2016年3月購入 → 2代目 2018年2月購入
  • MacBookPro … 初代 2017年11月購入 → 2代目 2020年5月購入

XPS13の初代は、ある日突然に壊れたことによる買い替えです。また、初代 MacBookProは、わりと手間がかかる子でして、2回ほど修理に出しました。

そのあたりもふまえて、買い替えは「3年くらい」がひとつの目安かなぁ、と考えています。

だとすると、2代目 XPS13はそろそろです。ほんとうは Macに買い替えたいんだけどなぁ(← まだ言っている)。

《ルール4》買い替えを想定しておく

いましがた、パソコンは定期的に買い換える、というハナシをしました。

とはいえ、「買い替え」って躊躇することありませんか? いまと同じ環境で使えるように設定をするのがメンドーだ… みたいな。

そういう意味では、パソコン自体にデータが入っているのは最悪でしょう。データを移行するのには、手間も時間もかかります。

やっぱり、データはパソコンのなかには置かずに、クラウドに保存しておくのがいい。というのは、前述したとおりです。

データとは別に、アプリやソフトの設定という問題もあるでしょう。このあたりは、Macであれば「Time Machine」を使って、環境をまるごと移行すればよいのですが。

わたしは、あまり好みません。

あたらしいパソコンを買ったら、ゼロからもういちど環境をつくりなおすほうが好きです。そっちのほうがメンドーじゃん、というハナシではありますが。

まぁ、それに。現状の環境自体に不調の原因があるケースもあるので。そういった面でも、ゼロからやり直したほうがいいこともありますね。

そんなときにも躊躇せず、買い替えができるように。使っているアプリやソフトのリストをつくっておいたり、それぞれの設定のしかたやポイントを整理しておいたり、IDやパスワードを一覧にまとめておくようにしています。

このあたりの準備をしていないと、買い替えをするにも不安がありますし、とてもおっくうになります。買い替えを躊躇しているあいだに、結局は故障した、不調になった… というのではイマイチです。

ふだんから、買い替えを想定して準備をしておくのがよいでしょう。

《ルール5》ひたすらに愛する

わたしにとって、いまやパソコンは「なくてはならないもの」です。なければ、仕事になりません。仕事にならなければ、生活をしていくこともできません。

だから、わたしはパソコンを「だいじなパートナー」だと思っていますし、じぶんのパソコンに対しては「愛機」という表現をよく使います。

こんなことを言うと、「おかしなヤツ」と思われるかもですが。パソコンは、「ひたすらに愛する」ことがだいじ。と、わたしは考えています。

モノにも魂が宿る、というハナシはときおり見聞きすることです。だいじにされているクルマの故障は少ない、みたいな。少々スピリチュアルにも思えますが、そうとも言い切れないでしょう。

だいじにされるモノは、やさしく扱われるのですから外的な損傷は小さくなります。いつも気にかけているから、内的な不調にも気が付きやすくなります。早期の修理ができれば、軽症ですむかもしれません。

結果として、故障や不調が少ない。あるいは、大きな故障や不調を回避することができる。ということは、あるのではないでしょうか。

実のところ、「手間がかかる子」ほど可愛いかったりはするもので。

初代 MacBookProは、なかなかに「手間がかかる子」でした。動作不良に陥ったり、交換プログラムの対象にされたり。修理に出したら、別のところがおかしくなって戻ってきたり。

それでも、日々仕事をともにして、乗り切ってきたMacBookProを入れ替えるときには、さみしい思いがありました。下取りに出したのですが、「良いヒトに使ってもらえよ」と送り出したしだいです。

まぁ、それすらも問題があって、いちどはまた戻ってきて。ふたたび送り出す、というあたりが「手間がかかる子」たるゆえんです。

2代目 MacBookProもまた、なかなかの「かまってちゃん」で。これまでにもすでに、いろいろと不調を訴えています。これが Macゆえのことなのかどうかはわかりませんが、手間はかかるけれど嫌いにはなれないところです。

そんなふうに、「ひたすらに愛する」ことができれば、突然の故障・不調に備えることもできるし、心穏やかに対応もできるのではないでしょうか。

 


まとめ

「パソコンの故障・不調」について。会社勤めをしていれば、会社の指示にしたがうということになるのでしょうが。独立して、ひとり仕事をしていると、じぶんで考えるほかありません。

実際にパソコンが故障したり、不調になってからでは遅いので。そうなるまえの備えとして、本記事を参考にしていただけるようでしたら幸いです。

ひとり仕事の僕がパソコンの故障・不調に備えるための5つのルール
  1. パソコンは常に2台体制
  2. データはクラウドに保存
  3. パソコンは定期的に買い換える
  4. 買い替えを想定しておく
  5. ひたすらに愛する

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる