セミナー開催希望、マンツーマンセミナーを受付中!

本の要約『flier』を50日使ってみてわかった良いところ・イマイチなところ

本の要約『flier』を50日使ってみてわかった良いところ・イマイチなところ

スポンサードリンク



本の要約サービス「flier(フライヤー)」をつかいはじめました。

というわけで。実際に 50日ほどつかってみてわかった、「良いところ」と「イマイチなところ」とをお話してみます。

ヒトに本を要約してもらう、というズボラさよ。

2021年になってから、本の要約サービス「flier(フライヤー)」をつかいはじめました(ちなみに、有料のゴールドプランを)。

もともと2日に1冊くらいの読書習慣があり、精読派と言うよりは多読派のわたし。flierで、さらに多読を加速できるかどうか? と考えたのがつかいはじめたきっかけです。

その flierを実際に 50日ほどつかってみてわかった、「良いところ」と「イマイチなところ」とをお話してみます。こちらです↓

flier(フライヤー)の良いところ
  • 多読になる
  • 選書に役立つ
  • 偏りがなくなる
  • コスパは悪くない
  • エッセンスは得られる
flier(フライヤー)の良いところ
  • 追加される本が少ない
  • 全体の要約ではない
  • 記憶に残りにくい
  • 細かな学びはムリ

これらのお話が、flierにご興味がある方の参考になるようでしたら幸いです。というわけで、「良いところ」と「イマイチなところ」それぞれについて、このあと順番にお話をしていきます。

スポンサードサーチ

flier(フライヤー)の良いところ

多読になる

flierのWEBサイトを見てみると、こんなことが書いてあります↓

flier(フライヤー)は、良書との出合いを促進する時短読書サービスです。

《 flier WEBサイトより引用 》

「時短読書サービス」という売り文句。本の要約サービスですから、それを利用することで、たしかに時短になります。

flierの要約量は「1冊 10分」くらいが目安です。1冊の本を 10分で読めるとしたら、そりゃあ「多読」もできますよね。

ちなみに、わたしがこの 50日ほどで何冊分の要約を読了したか? と言うと。48日で 109冊。すみません、50日はちょっとサバを読みました。ほんとうはまだ 48日でした。

とにかく、要約ではありますが、48日で 109冊です。わたしのふだんの読書ペースではなしえない量なので、flierを使うことで多読になる。これは、flierの良いところだと考えています。

選書に役立つ

さきほど紹介した flierの売り文句のなかには、「良書との出会いを促進する」ともありました。実際、これまでを振り返ってみると、購入した本のうち「ほんとうに良かった本」は 10冊に1冊くらいです。

まぁ、わたしの選書眼が悪いと言われればそれまでではありますが。そうは言っても、本を手に取る前から良書を選ぶのは、カンタンなことではないでしょう。

この点で。いちど要約に目を通すことができる flierは良書選びに役立ちます。要約を読んでみて、「さらに読みたい!」というものを買うのですから、失敗はほとんどないと言ってもいい。

なお、109冊の要約を読んだうえで、そのなかから購入した本は、いまのところ3冊。たった3冊です。30冊に1冊くらいと考えると、かなり少ないですよね。この理由については、おいおい明らかにしていきます。

なにはともあれ、選書に役立つというのは、flierの良いところです。

偏りがなくなる

本記事の投稿日現在(2021年2月20日)、flierでは毎日1冊ずつ要約が配信されているところです。この1冊について、わたしは必ず目を通しています。どんなジャンル・テーマの本だとしてもです。

という使いかたをしていると、読書に対しての「偏り」が改善されて、より開かれた読書ができると感じています。ふだんだったら手に取らない、選ばないような本も、要約であれば抵抗は小さくなるものです。

さきほどお話をしたとおり、目を通した 109冊の要約のなかから、実際に買った本が3冊しかなかったのは、そういうつかいかたをしているからでもあるでしょう(ある意味、無差別に要約を読んでいる)。

なお、flierに登録される本について、WEBサイトでは次のように説明されています↓

ビジネス書だけでなく、実用書や教養書など、幅広い分野から厳選しています。

《 flier WEBサイトより引用 》

なるほど、いろいろな本があるわけです。読書の目的のなかには、「視野を広げる」ということもあるでしょうから。偏りなく読書をしたいのであれば、flierは助けになりそうです。

コスパは悪くない

本記事の投稿日現在(2021年2月20日)、flierには 2,400冊ほどの本が登録されているようです。これらの本すべてについて、要約サービスを利用する場合には「ゴールドプラン」に登録する必要があります。

ゴールドプランとは、言い換えると「読み放題プラン」。好きなだけ要約を読むことができる。そのゴールドプランの価格は「月額 2,000円(税抜)」です。

わたしはもともと、月に 15冊くらいは本を読むので、月額 2,000円はリーズナブルに感じます。flierをつかうことで、じぶんにとってのハズレ本を買うことが減るとも思えば、さらにリーズナブルです。

ゴールドプランのほかに、月額 500円(税抜)のシルバープランもありますが。読むことができる要約は月に5冊です。わたしからすると、ちょっと少なすぎる。これはコスパが悪い、と言っていいでしょう。

せっかく flierを使うのであれば、コスパが悪くないゴールドプランがおすすめです。

なお、flierの要約を体験してみたいときには、決められた 20冊を読むことができるフリープランが用意されています。利用してみるとよいでしょう。

エッセンスは得られる

ところで、flierの要約は「品質」としてだいじょうぶなのか? 信頼できるものなのか? との疑問もあるでしょう。この点について、WEBサイトには次のように書かれています↓

各分野に精通したライターが要約を作成し、出版社/著者の許可を得たものだけを配信しています。

《 flier WEBサイトより引用 》

これを見る限り、品質は高く、信用できるものと考えられます。

実際に利用してみてどうかと言えば。正直言って、要約がわかりやすいライターさんもいれば、わかりにくいライターさんもいます。まぁ、じぶんに合うか合わないか、ということもあるのでしょうけど。

また、本のジャンル・テーマによって、わかりやすくもわかりにくくもなるのかもしれません。

いずれにせよ。本の「エッセンス」は得られることを感じています。その本にはどのようなことが書かれているのか、どこに重点が置かれているのか。そのあたりを知るのに、不足を感じるものではありません。

スポンサードサーチ

flier(フライヤー)のイマイチなところ

追加される本が少ない

さきほど、「flierでは毎日1冊ずつ要約が配信されている」という話をしました。これは、よくよく flierをつかってみると、「ちょっと少ないのではないか」と感じるところです。

欲を言えば、もう少し追加をしていただけると、読み応えがあるのかなぁと。

現状、2,400冊くらいの「在庫」があるわけですが。毎日2冊以上読み続ければ、どんどん在庫は減っていきます。減っていく過程で、じぶんにとっては興味がない本も増えてくるでしょう。

そう考えると、「追加される本が少ない」のはイマイチなところです。

また、2,400冊についても、すごく多いというわけではありません。じぶんが読みたい本を flierで検索したときに、要約がないことはかなりあります。

なので、flierとは関係なく、月に 10冊以上は本を買ってもいるところです。そこは、じぶんの選書眼だのみにならざるをえません。

全体の要約ではない

flierの要約は、1冊あたり 10分ていど読める量とされています。結果として、本全体の要約ができていないことは少なくありません。

つまり、全体のなかから一部だけを取り出した要約、ということです。もちろん、全体を丸々要約することがだいじなわけでもありませんから、それはそれではありますが。

本のすべてに目を通していない(ナナメ読みだとしても)という点では、ある種の「気持ち悪さ」が残るのはわたしだけなのでしょうか。だったら、すみません。気持ち悪いなら、じぶんで買って読みなさいよ、というハナシです。

それはそれとして。要約は、「良書を選ぶためのツール」であって、「読書を手短かに済ませるためのツール」ではない。とも、考えるべきところでしょう。

記憶に残りにくい

flierをつかいはじめてからまもなく、あることに気がつきました。それは、flierで読んだ本の内容があまりにも思い出せない… ということです。

もっとも、ふつうに買って読んだ本も、しばらくすると内容は忘れてしまうのですけど。それに比べても、flierだと格段に忘れてしまう。それも、オマエの記憶力の問題だ! と言われれば否定はできません。

けれども、ヒトは忘れる生き物。だからこそ、わたしは読書をしたあとはすぐに、本のなかから得た「実行したいこと・実行できること」をリストに書き出すようにしています。それを実行したら、リストから消していくという感じです。

それにしても、flierで読んだ本は、振り返ると「こんな本読んだっけ?」ということになりがち。ラクをしたことの代償なんでしょうか。

というわけで。flierで読んだ本については、さらに「じぶんなりの要約」を残すようにしました。言わば、要約の要約ですね。量にすると、多くても 150字くらい。これでだいぶ、記憶に残るようになりました。ご参考まで。

細かな学びはムリ

ふだん買った本を読むときには、その内容ばかりから学んでいるわけではありません。内容以外にも、たとえば本の構成や、言葉遣い、表現方法、デザインなどにも目を向けるようにしています。

細かい部分でもいろいろ学べるのが、本の良さです。

この点で。要約の場合には、そうはいきません。要約されているだけに、内容以外のことは、あまりよくわからない。というか、ほとんどわからない。これは、イマイチなところだと言えるでしょう。

ですから、読書のすべてを flierに置き換えることを個人的にはおすすめしません。本は本で、実際に手にとって読んでみるのもだいじなことだ、というのがわたしの考えです。

スポンサードサーチ

まとめ

本の要約サービス「flier(フライヤー)」を、実際に 50日ほどつかってみてわかった、「良いところ」と「イマイチなところ」とをお話してみました。

flierにご興味がある方の参考になるようでしたら幸いです。

良いところとイマイチなところはありますが。わたし自身はいまのところは、もうしばらく使ってみる考えです。

ただ、今後も「追加される本が少ない」ようだと、そこが不満でやめる可能性を感じています。追加される本が増えるようなら、おそらく継続します。うーん、言いたい放題。

flier(フライヤー)の良いところ
  • 多読になる
  • 選書に役立つ
  • 偏りがなくなる
  • コスパは悪くない
  • エッセンスは得られる
flier(フライヤー)の良いところ
  • 追加される本が少ない
  • 全体の要約ではない
  • 記憶に残りにくい
  • 細かな学びはムリ

この記事のシェアはこちらから!



オンラインで80分速習
銀行融資入門セミナー

銀行融資・銀行対応について、「これだけは押さえておくべき」という入門的な内容を 80分にまとめたセミナーです