毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

じぶんの強みを定点観測。強みは変わるし、変えられる【VIA強みテスト】

じぶんの強みを定点観測。強みは変わるし、変えられる【VIA強みテスト】
URLをコピーする
URLをコピーしました!

じぶんの強みを客観的に知ることができる、「VIA(強みテスト)」。これを使って、じぶんの強みを定点観測してみて、考えたことについて、お話をしていきます。

目次

じぶんの強みはわかってる?

突然ですが、じぶんの「強み」はわかりますか。「なんとなく」はわかっているかもしれませんが。もっと客観的に、科学的根拠に裏打ちされた「強み」を、把握しておくのもよいのではないでしょうか。

ということで、わたしが試しているのが「VIA(強みテスト)」です。ちなみに、「VIA」とは? をカンタンに説明すると、こんな感じになります↓

VIA(強みテスト)とは?
  • ポジティブ心理学(個人や社会を繁栄させるような強みや長所を研究する心理学)の研究にもとづくテスト
  • これまでのテストの受験者は世界中で 1,500万人
  • テストを受けるのは無料、簡易なレポートであればPDFでダウンロードできる
  • ネット上で 96問のアンケートに回答する(10〜15分ていど)
  • 人を特徴づける24要素の強みについて、じぶんの強みを順位付けした結果が得られる

このとおり、VIAを受けることで、じぶんの「強み」を客観的に知ることができます。こちらが、VIAのWEBサイトです↓

VIA INSTITUTE ON CHARACTER

VIAは「英語」のサイトですが、サイトの左上のほうに「言語」を切り替えるところがありますので。日本語に切り替えたうえで、テストを受けるとよいでしょう(多少、翻訳はヘンですけど)。

なお、テストを受けるにあたって、メールアドレス・パスワードの登録が必要になります。テストを受けるのは無料です。テスト後には、順位付けされた強みを、PDFでダウンロードできます。

ぜんぶで24の強みの要素(たとえば、自律心、知的柔軟性、思慮深さ など)についても、テスト結果には、カンタンな解説がついていますので、おおむね理解できるはずです。

というわけで、わたしもテストを受けましたが。今回は2回めです。前回は約2年半前になります。VIAのWEBサイトでも、「数年ごとに行うことをお勧めします」と書かれていますので。

はたして、結果はどうなったのか? そして、結果から考えたことについて、このあとお話をしてみることにします。


VIA(強みテスト)による定点観測の結果

わたしの強みに興味があるかないかは、ともかく。2年半のときを経て、はたして「強み」は変わったのかどうか? 「定点観測」という視点で見ていただければと思います。はい。で、結果がこちらです↓

順位今回前回前回からの変動
向学心寛容さ2
希望思慮深さ11
好奇心向学心2
自律心誠実さ3
スピリチュアリティ好奇心3
忍耐力公平さ5
知的柔軟性自律心9
寛容さスピリチュアリティ−7
審美眼勇敢さ12
10思慮深さ創造性−8
11親切心忍耐力1
12勇敢さ親切心−3
13誠実さ希望−9
14大局観慎み深さ3
15社会的知性熱意9
16熱意知的柔軟性−1
17創造性大局観−7
18慎み深さユーモア−4
19リーダーシップ愛情1
20感謝リーダーシップ2
21ユーモア審美眼−3
22公平さ感謝−16
23チームワークチームワーク0
24愛情社会的知性−5

というわけで、見てみると。けっこう、ド派手に変わっているところもありますね…

「希望」に関しては、前回から11ランクアップでベスト5入りです。「希望」とはなにか? について、「未来を描き、未来に向かって努力できる人」とされていますので、なかなか良い強みができたのではないかと満足しています。

いっぽうで、大幅ランクダウンしたのが「公平さ」。前回6位から、なんと16ランクのダウンです。どこ行った、オレの公平さ… 「公平さ」とは、感情的にならずに他者を公平に評価するチカラ。わたしは、この2年半で「歪んだ」のでしょうか?

わたしの強みだったはずの「誠実さ」も、前回4位から9ランクダウンです。公平さといい、誠実さといい、なかなかショッキングな結果に、動揺を隠しきれないでいます。

なお、ポジティブ心理学的には、「強みを活かそう」という感じなので、順位が低い要素については「必要以上」に悩むものではありません。まぁ、それでも気になるのですけどね。

ちなみに、「審美眼」が前回21位から、9位まで大幅ランクアップ。「審美眼」とは、日常のなかに美を見出し、そこに価値を認める人のこと。美的センスがアップしたとは思えませんが、Apple製品ばかりをそろえるようなったのはこのせいか?

それから、今回、ベスト5入りしている「スピリチュアリティ」。あれ、もしかしてオレ、スピリチュアルなほうに向かっているのか? 見えないものが見えはじめているのか? というと、違います。じぶんの信念や哲学にもとづき行動できるか、ということのようです。


定点観測から考えたことを3つほど

人は変わる

さきほど、「結果」で示したとおり。2年半という、比較的短いあいだでも、強みは変わっていました。言い換えると、「人は変わる」ということです。若いうちはともかく、歳をとれば変わりにくくなるとも言われますが。

人は、変わらないようで変わっているのかもしれません。そう、本人は「じぶんが変わっているかどうか」がわからない、客観的に見ることができないところもあるでしょうから。こういったテストを利用する価値はあるものと考えます。

テストの結果を、信じるか信じないか、というハナシもあるのでしょうが。信じる信じない以前に、「ひとつの客観的評価」として、じぶんを見つめなおすうえで「参考」にすることには、じゅうぶんな意味があるはずです。

わたしの例で言えば、大幅にランクダウンした「公平さ」。以前よりも「感情」に流されやすくなっているかもしれない、気をつけよう。なにかを評価・判断するときには、客観的な視点や材料に注意してみようかな。これだけでも、学びです。

人は変われる

人は変わる、と同じように思えるかもしれませんが。それとは、別モノです。人は変われる、つまり、じぶんは変えられるのであれば、未来はじぶんで変えることができるということでもあるでしょう。

人は「生まれ持ったじぶん」を変えられない。という考え方を、「硬直マインドセット」といいます。これに対して、「じぶんは変えられる」という考え方を、「成長マインドセット」といいます。

言うまでもありませんが、成長マインドセットを持つ人は、人生のさまざまな場面で「しなやか」に乗り越えていくことができるものです。いっぽう、硬直マインドセットを持つ人は、いつも思考停止・行動停止。壁に跳ね返されるばかりです。

VIAによる「定点観測」では、わたしは「変わった」ことがわかりました。これを「人は変われる」と受け止めることもできるはずです。わたしは、「人は変われる」といっそう確信をして、きょうを生きようと考えています。

強みの活かしかたを思案する

繰り返しになりますが、VIAのテストによって「じぶんの強みを知る」ことができます。もちろん、知ったらおしまい、ではもったいないハナシです。では、どうするか? 強みの活かしかたを思案することが大切でしょう。

わたしの強みであれば、ベスト5は「向学心、希望、好奇心、自律心、スピリチュアリティ」です。

たとえば、「向学心」や「好奇心」。これらは、あたらしいことへの学びや挑戦につながるものです。そういった場面や時間を増やすことで、わたしはより、人生を楽しむことができるはず、と考えることができます。

また、じぶんの学びや挑戦の結果・体験を、仕事に結びつけるのもよさそうです(いまでも、ブログを通じて実践しているつもりではありますが、もっともっと加速させるイメージで)。

というように、強みの活かしかたが見つかれば、人生はもっと幸せなものになりますし、もっと生産性の高い毎日を送ることもできる。そのように考えて、VIAのテストを受けてみる。結果について思案をしてみるのはいかがでしょうか。


【おまけ】モロトメファミリーの強み比較

さいごにおまけとして、わたしの家族(妻、長女・高1、息子・中1)との強み比較をしてみます。なにが言いたいか、というと。同じ家族でも、違いはありまっせ。と、そんな感じです。まずは、上位5つから↓

順位わたし長女長男
向学心感謝寛容さ知的柔軟性
希望自律心感謝思慮深さ
好奇心思慮深さ自律心チームワーク
自律心知的柔軟性親切心親切心
スピリチュアリティ親切心愛情勇敢さ

どうでしょうか、けっこう違いがありますよね。これが、VIAのおもしろいところです。24もの要素がありますから、まったく同じになるようなことはないでしょう。

家族で違いがあるということは、それぞれの強みを活かすことで、それぞれの弱みをカバーできる、ということでもあります。「強み」のテストなのですから、ポジティブにとらえていきましょう。では、続いて下位の5つを↓

順位わたし長女長男
20感謝審美眼リーダーシップ熱意
21ユーモアユーモアユーモア創造性
22公平さリーダーシップ創造性スピリチュアリティ
23チームワーク創造性向学心ユーモア
24愛情スピリチュアリティ熱意リーダーシップ

はい、「ユーモアない家族」で確定です。そんなところだけ、キレイにそろっています。家中真っ暗で、笑いのひとつもない家族… では、けしてありませんので。いちおう、言い訳をしておきます。まぁ、家族そろって、冗談はつまらないかもしれません。でも冗談くらいは、ちゃんと言うんですよ。わたしだって。

それよりなにより、わたしの「ヤバさ」が際立ちますね。感謝もない、愛情もない、チームワークもない、ってだいじょうぶか? この親父は、って感じですよね。でもしかたがない、VIAがそう言うのだから。

さきほど、上位5つで見たとおり、妻や長女は「感謝」がランクイン、息子も「感謝」は6位です。また、わたし以外の家族は、「愛情」も比較的上位にあることから、家庭全体でみれば「だいじょうぶ」なんだと思います。たぶん。

そんなわけで、ご家族や友人などとも比較をしてみたりするのも、おもしろいのではないでしょうか。お互いの強みを知って、けっこう盛り上がります。

まとめ

じぶんの強みを客観的に知ることができる、「VIA(強みテスト)」。これを使って、じぶんの強みを定点観測してみて、考えたことについて、お話をしてきました。

強みを知って、強みをより活かすことができれば。人生はもっと幸せなものになりますし、もっと生産性の高い毎日を送ることもできるはずです。ご興味あればぜひ、いちど(あるいは定期的に)、VIAのテストを受けてみるのはいかがでしょうか。

VIA INSTITUTE ON CHARACTER

じぶんの強みを定点観測。強みは変わるし、変えられる【VIA強みテスト】

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる