毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

あえて負荷をかける効果(メルマガ・kindle本で執筆量を増やしてみて)

あえて負荷をかける効果(メルマガ・kindle本で執筆量を増やしてみて)
URLをコピーする
URLをコピーしました!

ふだんよりも執筆量を増やしたけれど、フシギとなにかが「犠牲」になったわけでもなく。結局、やりきれてしまうのは、「あえて負荷をかける効果」かも… というお話です。

目次

作家でもないのに、書きまくる日々。

ここ2ヶ月弱のあいだ、「執筆量」を増やしていました。と言っても、わたしは「作家」ではありませんので。「執筆量」などというと、たいそうな感じに聞こえてしまうかもですが。

なにはともあれ。ここしばらくは、このブログを含めて、毎日 6,000〜7,000字くらい(多いときは 10,000字超)の執筆をしています。もちろん、「たくさん書きゃあいい」というハナシではないものの。

たくさん書くのもタイヘンではあるし、書けば書いたで「得」もあります。得にもいろいろあるのですが、そのなかからひとつ。きょうは、「あえて負荷をかける効果」についてお話をしてみることにしました。

フシギなことに、執筆量を増やしたからといって、なにかが「犠牲」になったということもなく。結局、「なんとかなってしまう」のは、「あえて負荷をかける効果」なのではないか、と考えています。

ちなみに、今回の「負荷(執筆量の増加)」は、メルマガとkindle本が対象でした。メルマガは、これまでよりも 1,000〜1,500字くらいの増加。kindle本(もうすぐ発刊予定)は、1日 1,000字を目安に執筆を続けました(毎日ではありませんが)。

ややテキトーながら、「負荷のかけかた」自体はなんでもいいのかな、とは思っています。なんにせよ、「あえて負荷をかける効果」は多かれ少なかれあるだろう。というわけで、具体的にはこちらです↓

あえて負荷をかける効果
  • ムダなことが削られていく
  • 生産性向上を余儀なくされる
  • 能力がレベルアップする
  • 締め切り効果が顕著になる
  • 精神的にタフになる

それではこのあと、順番に見ていきましょう。


あえて負荷をかける効果

ムダなことが削られていく

わたし自身の「負荷のかけかた」として、執筆量を増やしたという話をしました。文字数にして、1日 2,000字くらい。時間に換算すると、1時間〜1時間半といった感じです。

1日が 24時間であることを考えると、なかなかの負荷だと言えるでしょう。それでもなんとかなった理由として、あえて負荷をかけることには「ムダなことが削られていく」という効果があるからだ、と考えています。

負荷がかかった分、時間はきびしくなるわけですから。ムダをしているヒマはありません。そのなかで、いままで「ふつうにやっていたこと」でも、「いらないかも」と気づきます。

たとえば、メールやSNSなどのチェック回数って、もっと少なくてもよくない? とか。仕事をするうえで、この手順って実はいらなくない? とか。結果、「やめる」と時間が生まれます。

最大の効率化は、やめることだ! みたいなハナシもありますよね。とはいえ、時間があると「やめる」という決断はしにくいものでしょう。惰性で続けてしまいがちです。そう考えると、たまにはあえて負荷をかけてみて、ムダの「洗い出し」をするのもよいのではないでしょうか。

生産性向上を余儀なくされる

仕事・生活をするうえで、生産性向上はだいじなテーマです。言うまでもなく、時間は有限。同じ時間をつかうのであれば、より大きな生産量をあげられるほうがよいわけで。

ところが、これまた時間があると、なかなか取り組もうとしないのがヒトでもあります。いまのままでも「ま、いっか」という感じです。ご多分に漏れず、わたしにもそういうところがあります。

それでも、負荷がかかって時間がきびしくなると、なんとかしなければいけません。そこで、作業の手順を変えてみたり、ツールを変えてみたり、手作業を減らすようにしてみたり。

このうち「手作業を減らす」というのは、いまの時代にあっては「有効な選択肢」でしょう。なんて、いまさらのハナシではありますが。Excelなら関数やマクロをつかうとか、複数のソフトの連携ならRPAをつかうとか。

どうやらわたしは、そういったことに「不向き」なようですが。あえて負荷をかけたことで、取り組みを余儀なくされる環境をつくることができました。おかげで、少しずつ前進をしています。

能力がレベルアップする

文字量を増やしたメルマガでは、じぶんの「仕事観・価値観」といったあたりを大きなテーマにしています。以前から書くのが苦手なテーマであり、あえてのチャレンジです。

具体的には、こんな「タイトル」で書いてきました↓

  • 結論はさいしょに言うか、さいごに言うか
  • ぜんぶじぶんひとりでやる!を笑う人たちへ
  • 快適なオンライン面談は見えない準備にかかっている
  • 世界一もうかる投資先を教えます
  • 返信がなくてイライラするのはじぶんのせい
  • 毎日の勉強が世の中の不平等を生んでいる
  • 外からくる疲労はブロックする
  • マンネリ化したルーティーンに意味はない
  • だから僕は、妻に経理を全公開している
  • 人見知りは短所のままでいい
  • マウントを取り取られるわたしたち
  • 生産性の勇者は日中の睡魔を制している
  • 話ベタのためのYouTubeという天国
  • いまさら、iPadがネ申な件
  • だれもがいますぐ使うのをやめるべき言葉たち
  • ヘタな鉄砲撃ちになるメリット
  • 3度の転職で出会った奇人たちから教わったこと
  • 先延ばし癖に効く処方箋
  • はじめてのお客さまになにを話すか・なにを聞くか
  • 読書の成果は読後で決まる
  • 順番待ちができるほど聞き上手な人がやっていること
  • 習慣化アプリで習慣化はできない
  • 事件が起きない人生の歩きかた
  • モロトメジョーのデスクツアー2022(誰得)
  • 停滞する現実とも向き合う勇気
  • ポチる者だけがたどりつく場所
  • 忘れたければメモをとるしかない
  • 継続の目的は継続でかまわない
  • 嫉妬の炎は適度に燃やせ
  • マルチタスク正当化という病
  • 販売実績を宣伝材料にすると胸が痛む
  • ”Why?”では世界を救えない
  • スベってもスルーされるだけ
  • 他人を雇うべきではない人の特徴
  • 後悔の海で溺れたときにつかむべき藁
  • 少なくとも2091日は風邪をひかない男
  • 時間がないのはヒマだから
  • やらないことリストではやめられない
  • キャッチーにグレーゾーンを責める代償
  • コネなんてなければなおいい
  • 陰を灯で照らす仕事
  • 世界一わかりにくい文章術
  • お客の機嫌は締め切りが9割
  • 僕たちはスマホに使われ過ぎている
  • ネタ切れが嫌なら息を吐け
  • きょうを整える、朝のおすすめ習慣
  • 負け戦でも楽しめるか
  • 休日がなくてむ休む技術
  • 2021年・買って失敗したもの
  • 時間の奴隷になってはいけない
  • どこでもできるは、どこでもできない

読者登録(無料)はこちらから

苦手なテーマですから、毎日、「なにを書こうか…」と悩みがちではありますが。それでも、日を追うごとに「抵抗感」が小さくなるのを感じています。

ブログもそうなのですが、「なにを書くか」を決めるのがけっこうタイヘンなのです。いわゆる、「ネタ探し」が。そのあたりがスムーズにいきだすと、だいぶラクになります。

ネタ探しは極論、「思考の慣れ」が大きいかな、というのがわたしの考えです。じぶんが取り扱うテーマをあきらかにしたうえで、ふだんからアンテナをはり続けることができるかどうか。慣れるためには、なによりトレーニング(実践)が大切です。

また、「書きかた」もなんとなくわかってきて、執筆のスピードも上がりはじめました。というわけで、「(かける負荷に)関連する能力がレベルアップする」というのも、あえて負荷をかける効果のひとつです。

締め切り効果が顕著になる

さきほど、「ムダなことが削られていく」という話をしました。それに近い話ではありますが、時間に追われると、「なんとなくボーっとしたり、うでうで考えてしまったり」というムダが減ります。

時間に追われる、というと。ネガティブなイメージもありますけど、「ヒマ」なほうがうつになりやすい、との話もあります(忙しすぎるのはダメですが)。ヒマだと、いらんことを考えてしまいやすい、ということですね。

なので、ちょっと時間に追われているくらいがちょうどいい、との考え方もあります。制限時間があることで集中力が高まることを「締め切り効果」などといいますが。まさにこれ。

あえて負荷をかけると、制限時間を設定するのと似た状況に身を置くことになります。それって精神論や根性論じゃね? と、思われるかもですが。ヒトは「感情の生き物」ですから、精神論も根性論も、あるていどはだいじなんじゃないの? と思うわけです。

精神的にタフになる

ヒトは感情の生き物だ、というハナシをしたばかりです。これに関連して、もうひとつ。あえて負荷をかけることで、「精神的にタフになる」という効果もあるでしょう。

精神的にタフになると、いろいろな状況下でも集中しやすくなるし、ものごとに粘り強く取り組めるようになるものです。なので、わたしは常々、「タフになりたい」と願っています。

が、願っているだけでタフにはなれませんので。タフになるためのトレーニングのひとつとして、「負荷」が役立つのではないかと考えています。

実際に、負荷にたえられると「自己効力感(やればできる!)」が高まったり、「挑戦意欲(もっとできるぞぉ!)」が高まったり。挑戦意欲がしぼんでいると、現状に甘んじるケースが増えてしまいます。保守的思考のわたしなどはとくに、です。

いわゆる「現状維持バイアス」は、避けるべきバイアスの最たるものだとも言えますから。精神的なタフさを鍛えるためにも、あえて負荷をかけてみるのもよいでしょう。


まとめ

ふだんよりも執筆量を増やしたけれど、フシギとなにかが「犠牲」になったわけでもなく。結局、やりきれてしまうのは、「あえて負荷をかける効果」かも… というお話でした。

これらの効果を狙って、あえて負荷をかけてみるのはいかがでしょうか。生産性や効率化を思案するのも大切ですが、エイヤっと負荷をかけてしまうのもひとつの方法です。

あえて負荷をかける効果
  • ムダなことが削られていく
  • 生産性向上を余儀なくされる
  • 能力がレベルアップする
  • 締め切り効果が顕著になる
  • 精神的にタフになる
あえて負荷をかける効果(メルマガ・kindle本で執筆量を増やしてみて)

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる