毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

【レビュー/FELLOW Prismo】エアロプレスをエスプレッソマシンに変えるオプションパーツ

【レビュー/FELLOW Prismo】エアロプレスをエスプレッソマシンに変えるオプションパーツ
URLをコピーする
URLをコピーしました!

空気圧で淹れるコーヒー抽出器具「エアロプレス」をエスプレッソマシーンに変える、FELLOW Prismoのレビューです。おすすめなポイントと、イマイチなポイントとをまとめます。

目次

エアロプレスでお手軽エスプレッソを。

こんにちは、コーヒー好き税理士のモロトメジョーです。きょうも、コーヒーしてますか?

さて、今回は「エアロプレス」のオプションパーツである「FELLOW Prismo」のレビューです。いやいや、そもそもエアロプレスってなに? と、おもわれるかもしれませんが。

エアロプレスとは、「空気圧で淹れるコーヒー抽出器具」です。ハンドドリップとは違った味わいであるのはもちろん、ホットだけではなくアイス(水出し)もいける。しかも、お手軽に。というのは、以前に記事で書きました↓

その記事のなかでも書いたのですが、エアロプレスは「エスプレッソもいけるぜ!」とうたってはいるものの、さすがにそれは「言い過ぎ」。たしかに、「濃いめ」の抽出はできますが、エスプレッソというにはだいぶ遠い。

ところが、です。エアロプレスには、これからお話をする「FELLOW Prismo」という「エスプレッソ抽出用」のオプションパーツがあります↓

もちろん、エアロプレスのお手軽さはそのままに。今度こそエスプレッソもいけるぜ! と言ってよいものか?そのあたりをさっそく、レビューしていきましょう。

FELLOW Prismoは、「エアロプレスGo」には使えませんのでご注意を!


FELLOW Prismoのおすすめなポイント

FELLOW Prismoのレビューとして、まずは、おすすめなポイントをまとめます。

お手軽エスプレッソを実現

ふつうのハンドドリップもいいけど、エスプレッソもいいよねぇ。エスプレッソがあれば、カフェラテなんかもつくれるし。そうだ、エスプレッソマシーンを買おう! というのも1つの選択肢ではありますが。

エスプレッソマシーンはデカくて場所をとるし、メンテナンスもタイヘンだ… お値段もけして安くはないし、うかつに手を出すと後悔をするコーヒー器具のひとつでしょう。

じゃあ、ほかに方法はないのか? そうだ、「エアロプレス+FELLOW Prismo」があるじゃないか。エアロプレスがあれば、お手軽にコーヒーを抽出できることは、以前の記事で書きました↓

FELLOW Prismoを使うからといって、そのお手軽さは変わりません。もともとのパーツを1つ、FELLOW Prismoに付け替えるだけ↓

image4
左がもともとのパーツ、右がFELLOW Prismo

ただし、レシピは少々変わります。こんな感じです↓

  1. 20gのコーヒー粉(細挽き)を用意、エアロプレスに投入する
  2. 沸騰したお湯を 50ml、エアロプレスに注ぐ
  3. 20秒ほどかき混ぜる
  4. 40秒ほど放置する
  5. エアロプレスでプレスして抽出する

上記の「イメージ」として、FELLOW Prismoに付属する説明書を引用させていただきます↓

image1

豆の量や、お湯の量などには注意が必要ですが。やることとしては、いつものエアロプレスと変わりませんので。エアロプレスを使っている人であれば、お手軽さがわかることでしょう。

また、作業としては「プレスする」だけなので、腕(技術)を必要とするものではありません(少々腕力はいりますが)。つまり、だれにでも安定した品質で、エスプレッソを淹れることができます。

ちなみに、FELLOW Prismoとは、たった2つのパーツが組み合わさっただけの製品です↓

image2

圧力バルブ付きのフィルターカップ(画像・左)と、ステンレスフィルター(画像・右)です。ステンレスフィルターなので、ふつうにエアロプレスを淹れるときには必要なペーパーフィルターを使わなくて済む。というのは、メリットの1つでもあるでしょう。

ペーパーを通しませんので、コーヒーオイルも抽出されて、よりコクのあるまろやかな味わいを楽しめる。これは、エスプレッソの醍醐味でもありますね。

お片付けもカンタン

エアロプレスは抽出がカンタンなのに加えて、お片付けもカンタンです。エアロプレスの先端に取り付けた FELLOW Prismoを外したあと、もう一段プレスすると「コーヒーかす」が押し出されます↓

image3

これをゴミ箱に入れたら、あとは、エアロプレスや FELLOW Prismoを水洗いするだけ(わたしは基本的に、コーヒー器具を洗うのに洗剤は使いません)。

コーヒーマシンやエスプレッソマシーンは、このあとのメンテナンスがメンドーなんですよね。その点、エアロプレスやハンドドリップはよいなぁ、とおもいます。

味わいはエスプレッソ

さてさて、問題の味わいはどうなのか。結論、「エスプレッソ」と言ってよいでしょう。厳しいコーヒーマニアの方などからすると「こんなんエスプレッソじゃねぇっっ!」とか怒られるのかもしれませんが。

そこはね、エスプレッソマシーンとはそもそもモノが違いますから。そのなかで、「どこまでエスプレッソに近づけるのか?」が重要です。そういう意味では、「よく近づけている(←上から目線)」とおもいます。

さきほど、FELLOW Prismoのフィルターカップには、圧力バルブが付いているという話をしました。抽出する口を小さく絞ったうえで、「プレス」による圧力をかけてコーヒーの成分を一気に抽出するしくみです。

圧力をかけるという点では、エスプレッソマシーンと同じではありますが、手動の「プレス」でかけられる圧力は知れています。それでも、「あぁ、エスプレッソだね(少なくともドリップとはぜんぜん違う)」という出来です。

前述したお手軽さも含めて、エアロプレスを持っているのであれば、FELLOW Prismoは「あって良し」なオプションパーツでしょう。

エスプレッソがつくれれば、エスプレッソそのものだけではなく、アメリカーノやカフェラテなどもつくれて、レパートリーが広がります。コーヒーの楽しみも広がるはずです↓

ところで、エスプレッソマシーン以外のエスプレッソ抽出といえば、「マキネッタ(直火式エスプレッソメーカー)」があります。わたしのおすすめは、「ビアレッティ・ブリッカ」。以前にレビュー記事を書きました↓

ブリッカもまた、エアロプレスほどではありませんが、エスプレッソマシーンよりはお手軽といえます。そのブリッカでつくったエスプレッソと、エアロプレスでつくったエスプレッソの違いはどうなのか?

結論、ブリッカのほうがエスプレッソレベルは上。まぁ、あたりまえですよね。火を使っている分、ブリッカのほうがより強い圧力をかけられるでしょうから。また、見た目の問題として、ブリッカはクレマ(液体上部の泡)ができますが、FELLOW Prismoの場合には難しいです(できたとしてもわずか)。

なお、FELLOW Prismoはステンレスフィルター(とても目が細かい)を通していることもあってか、ブリッカよりも「クリア」な味わいにしあがります。なので、ブリッカとFellow Prismoは、各人の好みによるし、使い分けもありかなぁという感じです。


FELLOW Prismoのイマイチなポイント

おすすめなポイントに続いて、イマイチなポイントについてもお話をしておきます。

高い、ひたすらに高い

FELLOW Prismoを使うのに必要なエアロプレスのお値段は、Amazon価格でおおむね 6,000円弱です(ペーパーフィルター付き)↓

これに対して、FELLOW Prismoのお値段が、Amazon価格で 5,000円強です。「た、高ぇ…」と、おもいましたね、わたしは。言っても、圧力バルブとステンレスフィルターだけですからね↓

エアロプレスとあわせたら1万円超え。これってもう「ネスプレッソ(カプセル式エスプレッソメーカー)」とか買ったほうがよくない? と考えてしまうかもしれません。

どっちがよいかはともかくとして、FELLOW Prismoは、まぁ高いです。何回言うんだってことですが。わかってる、圧力バルブとステンレスフィルターに「技術の粋」が詰まっていることはわかってる。でも、オレの内なる声が言うのだからしかたがない。高い、まぁ高い。

豆食い虫

FELLOW Prismoには、もうひとつ、大きな問題点があります。それは、コーヒー豆をかなり消費することです。いうなれば、豆食い虫。

前述したレシピで、FELLOW Prismoからできあがるエスプレッソは 40mlくらいです。このとき、コーヒー豆(粉)を 20g使っています。

これに対して、ブリッカ(マキネッタ)ならどうか? というと。わたしが持っている大きさのブリッカだと、12gくらいのコーヒー豆で、60mlくらいのエスプレッソを抽出することができます。

これをみると、う〜ん… という感じですよね。なので、エアロプレスはランニングコストがかかります。いっぽうで、抽出も片付けも、エアロプレス+FELLOW Prismoのほうが、ブリッカよりもお手軽なのはたしかです。

それを FELLOW Prismoのメリットして、豆食い虫をあきらめるか。また、ブリッカよりも FELLOW Prismoのほうが「味が好み」であれば、それはそれですが。

なお、FELLOW Prismoからできあがる 40mlという量は、いわゆる「ショット」でいうと、1.33… ショットです(1ショットで 30ml)。1ショットを1人分とみれば、2人分にはだいぶ足りません(ブリッカだと2人分)。

カフェラテをつくるのであれば、一般的には「エスプレッソ1:ミルク4」なので、40mlのエスプレッソからは 200mlのカフェラテができることになります。2人で分けるには少ないので、やっぱり FELLOW Prismoだと量の少なさは気になるところです。


まとめ

空気圧で淹れるコーヒー抽出器具「エアロプレス」をエスプレッソマシーンに変える、FELLOW Prismoをレビューしました。

おすすめなポイントはありますが、正直、イマイチなポイントもあります。ただ、エアロプレスを持っている人で、エスプレッソも飲みたい人であれば、「買ってよし」な製品ではないでしょうか。エスプレッソとしての味わいは、合格点だからです。

FELLOW Prismo自体がコンパクトですから、エアロプレスといっしょに持ち出して、出先やキャンプなどでエスプレッソを淹れるのもよいでしょう。

【レビュー/FELLOW Prismo】エアロプレスをエスプレッソマシンに変えるオプションパーツ

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる