毎日配信メルマガ「Joe's オフレコ」登録受付中(無料)

2022〜2023冬におすすめ!ユニクロのヒートテック商品3選

2022〜2023冬におすすめ!ユニクロのヒートテック商品3選

冬におすすめ、ユニクロのヒートテック商品をご紹介していきます。どれも、わたしが実際に使っている、ほんとうにおすすめのあったか〜い商品ばかりです。

目次

ほぼほぼ、全身がユニクロコーデな男。

いつのころからか(ここ数年の話)、ユニクロが大好きになってしまい。ほぼほぼ、全身がユニクロコーデ… という日が増えました。その昔は、ユニクロを嫌ってさえいたのですが。人生とはかくも奇妙なり。

というハナシは置いといて。本記事(2022年11月執筆)では、冬におすすめの「ユニクロのあったか〜い商品」をご紹介してみます。どれも、わたしが実際に使っているものだけ。ほんとうのおすすめです。

具体的なおすすめポイントもふまえて、お話をしていきます。それではさっそく、いってみましょう!


冬におすすめ!ユニクロのあったか〜い商品3選

ご紹介する商品は、こちらになります↓

冬におすすめ!ユニクロのあったか〜い商品3選
  • ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)
  • ヒートテックウォームパデッドベスト
  • ヒートテックライニングパデッドマフラー

それでは、順番に見ていきます。

ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)/ 1,500円

image1

まずは、インナーから。ユニクロといえば、「ヒートテック」と言っても過言ではありません。そんなヒートテックのインナーにもいろいろと種類があるのですが、わたしが昨年から愛用しているのがこれ。

ヒートテックコットンクルーネック。商品名のとおりですね。ヒートテックかつ、コットンかつ、クルーネック。いやいや、わからんだろう… ということで、少々解説をします。

ヒートテックなのは「裏地(裏糸)」です。そのうえで、表はコットン素材。って、どういうしくみ? と、おもってしまうわけですが。ユニクロにはそういうことができるのですね↓

image8
左上は表地、右下は裏地

単なるヒートテックのインナーだと、「下着感」があるものですが、この商品にはそれがありません。アウターとしてもじゅうぶんに成立する質感にしあがっています。しかも、コットンなのにシワになりにくい。ノーアイロンでもいけるくらい↓

image7
シワになりにくい

で、クルーネックとは「丸首」にことですね。昔は「丸首ダセえ…(やっぱVネックだろ)」とかおもっていたのですが、いまはすっかり丸首派になりました。なんなんでしょうね。

image2

なお、この商品は「Uniqlo U」シリーズです。いやいや、ユニクロユーってなに? と、おもわれるかもしれませんが。有名ファッションデザイナー「クリストフ・ルメール」のコラボデザインです。要は、ユニクロのなかでも、とくにイケてるシリーズ。

これでお値段 1,500円は、リーズナブルすぎて意味がわかりません。

ちなみに、最近のわたしは「黒ジャケットに白系のインナー、黒のパンツ」がお気に入りであり、その際のインナーとして、この「ヒートテックコットンクルーネック(長袖)」を着ています。ベストマッチです。

色展開は、WHITE、DARK GRAY、BLACK、NATURAL、DARK BROWM、MUSTARD、と豊富です。このなかで、わたしが着ているのは「NATURAL」になります(前述の画像もNATURALです)。

ほんとうは、真っ白が好きなのですが、冬に WHITEだと寒々しいかなぁ、という気がするので。

なお、真冬であれば、9分丈でVネックのヒートテックインナーをさらに着込むのがおすすめ。「ヒートテックコットンクルーネック」の丸首は、首元がかなり締まっている(狭い)ので、Vネックの襟がはみ出ることはありません。9分丈であれば、もちろん、袖がはみ出ることもありませんし。

ヒートテックウォームパデッドベスト/ 3,990円

image4

その名のとおり、「ベスト」ですね。ベストなんていうと、「なんだかオジサンっぽいなぁ…」とおもっていた昔がなつかしくもあります。いまは、オジサンっぽいかどうかよりも、あったかいかどうかが気になります。はい。

で、このベスト、あったか〜いです。もうね、商品名に「ヒートテック」の文字があるだけで、あったかいに違いない!と感じてしまう。それってもう、プラセボ効果なのではないか? という気がしないでもありませんが。事実、あったかいです。

なぜなら、ベストに「ヒートテック中綿」を詰め込んでいるから。というように、詰め物をすることを「パデッド」と言いまして、商品名は「パデッドベスト」となっております。ためになるねぇ、ためになったよぉ。

この商品、ただあったか〜いだけではありません。まず、シルエットがすっきりしているので、レイヤード(重ね着)しやすいんですね。わたしは、前述したとおり「ジャケットスタイル」なので、ジャケットの下に着ています。でも、ゴワゴワしたり、気になることはありません。

ボタンが「比翼仕立て(ボタンが隠れるデザイン)」なのもナイスですね。レイヤードしたときにも、よりスッキリと見えます。機能美もだいじですが、造形美もだいじですよね、ファッションは。などと言ってみるわたしは、ファッション素人ですけれど。

image11

それはさておき、Vゾーンを「折りたたんで広げる」こともできます。折りたたんで、裏地のボタンを止めるので、めくれあがってくるようなこともありません。

image3

さらに、この商品がスゴいなぁ、とおもうところ。ベスト自体を折りたたんで、コンパクトに収納できてしまいます。収納袋は、ベストの内側にしまうところがありますので、いつでもすぐに収納できる。

屋外では寒くても、屋内ではけっこう暑い… ということもありますからね。そんなときには、脱いだり着たりできて、脱いだらカバンにしまっておけるのは、まちがいなく便利です。こういうところなのよ、ユニクロのすごさは(←上から目線)

image14

というわけで、全国民が1つずつ携帯すべき冬アイテムだとおもっています。色展開は、DARK GRAY、BLACK、DARK BROWM、NAVYの4色です。いちおう、メンズのみ。

ヒートテックライニングパデッドマフラー/ 1,990円

image5

またまた出ました、「パデッド」シリーズ。こんどは、マフラーです。マフラーのなかに「綿」が詰まってます。ダウンジャケットをマフラーにしたような感じです。わかりますか? わかってください。

見た目の素材感は、さきほどの「ヒートテックパデッドベスト」と似ていますから、あわせて使うと統一感もありますね。

機能面としては、風を通しにくいという点であったかい。加えて、裏側は「吸湿発熱・保温機能」を持った「ヒートテックフリース」です。だから、もっとあったかいんだから〜。別に、ふざけているわけではありません。ほんとうに、あったかいです↓

image6
上が表地、下が裏地

デザインとしては、「ループ構造」ということで、マフラーの片側の端っこに「輪っか」が付いていて、そこへもう片方の端っこをくぐらせるだけ。これで、しっかりと首まわりにフィットします。すばらしい。

これだけじゃないんです、このマフラー。なんと、丸めてコンパクトにしまうことができます。マフラーの片側の端っこがポケット的になっているんですね。マフラーって、屋内に入ったら「基本ジャマ」じゃないですか?

そんなときには、くるくるっと丸めて、カバンのなかへポイ。そういうコンパクトさです。さきほどのベストといい、このマフラーといい、脱いだり外したりしたときのことまで考えてあるのが、ほんとうにすばらしいなぁ、とおもいます。

image15

なので、「この冬はあたらしいマフラーを買おう!」と考えている人は、ぜひユニクロの「ヒートテックライニングパデッドマフラー」も選択肢にどうぞ。ちなみに、男女兼用です。色展開は、BLACK、OLIVE、NAVYの3色です。


まとめ

冬におすすめ、ユニクロのヒートテック商品をご紹介していきます。どれも、わたしが実際に使っている、ほんとうにおすすめのあったか〜い商品ばかりです。よろしければお試しを!

冬におすすめ!ユニクロのあったか〜い商品3選
  • ヒートテックコットンクルーネックT(長袖)
  • ヒートテックウォームパデッドベスト
  • ヒートテックライニングパデッドマフラー
2022〜2023冬におすすめ!ユニクロのヒートテック商品3選

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

良い記事があればシェア
  • URLをコピーしました!
目次