資金繰り円滑化サービス

資金繰り円滑化サービス

「資金繰り円滑化サービス」とは

資金繰りでいつも悩んでいる個人事業主・会社さまを支援するための継続サービスです。

金融機関(銀行)と良好な関係を築き、将来にわたって資金繰りに困らない個人事業・会社を目指すための支援をします。

当サービスをおすすめしたいのはこんな会社・事業主さま

悩み
  • 手元のおカネに余裕がなく、いつも資金繰りで苦労している
  • 銀行から借入をするのはいつもギリギリのタイミングで焦ってしまう
  • どうしておカネが無いのか、きちんとした理由がわかっていない
  • 銀行とお付き合いをしていない、あるいは、うまいお付き合いができていない
モロトメ

資金調達のプロである銀行融資プランナー・税理士の諸留誕(モロトメジョー)が、あなたの会社の財務部長として、資金繰り管理と金融機関対応までを主体的に行います。
単なるアドバイス業務ではありません!

【 お客さまの悩みに対する回答 】

  • 「いつも資金繰りで苦労している」 
    → ほんとうはできるはずの銀行借入を行い、余裕のある資金繰りができます(あるいは、目指せます)

  • 「銀行から借入をするのはいつもギリギリのタイミング」
    → しかるべきタイミングで、余裕を持った資金調達(借入)を検討できます

  • 「おカネが無い理由がよくわからない」
    → おカネの動きを目に見えるカタチにした「資金繰り表」をもとに、経営判断ができるようになります

  • 「銀行とうまくお付き合いができない」
    → 適切な銀行選びや銀行とのお付き合いのコツなど、銀行対応に必要な知識・ノウハウが身につきます

 

「資金繰り円滑化サービス」のサービス内容と料金プラン

主なサービス内容

財務部長的な業務全般(中長期の資金繰り予測、金融機関対応)

サービス内容 サービスの流れ

資金繰り表の作成

  • 毎月、当事務所が資金繰り表(実績・予測)を作成し、お客さまにお渡しします

資金繰り会議の開催

  • 当事務所が作成する資金繰り表をもとに、お客さまとの会議を行います
  • 会議では、目指すべき資金繰りの姿、財務戦略を検討・共有します
  • 会議の開催頻度は、毎月、3ヶ月毎、6ヶ月毎からお選びいただけます

金融機関対応支援

  • 必要に応じて随時、当事務所が主体的に、金融機関対応(融資申込資料の作成・金融機関の開拓・金融機関への説明)を行います
経営分析シートの作成
  • 毎決算後に、金融機関(銀行)の視点を取り入れた「経営分析」を行い、報告書を作成します

料金プラン

料金は「資金繰り会議の開催頻度」で異なります。

 資金繰り会議の開催頻度 月額報酬(税別)
6か月に1度 開催 35,000 円
3か月に1度 開催 40,000 円
毎月 開催 50,000 円
《ちょっとQ&A》料金が高いのでは・・・?
大企業であれば、財務部長や財務部が融資や資金調達を担うところですが、多くの小規模零細企業はそのような「財務の機能」を持ちません。
そこで、金融機関からスムーズに融資を受けるために「財務部長」を継続的に雇うとしたら・・・上記料金では難しいものがあるはずです。
また、小規模零細企業の財務については、常勤で財務部長を雇うほどの業務ボリュームもありません。ゆえに当サービスのような「外注」は効率的・合理的と言えます。

 

お引受け条件

お引受け条件を、次のようにさせていただきます。条件に合わない場合でも、料金のご相談をいただくことは可能です。

  • 年間売上高 5億円未満
  • 訪問場所が電車・バスなど公共交通期間で、横浜駅から90分程度圏内

上記の条件以外については、状況を確認のうえ、別途料金をご提案させていただきます。
なお、お客さまの状況により、お引受けできない場合がありますことをご了承ください。

モロトメ

当事務所がお役に立てる方・会社について「諸留誕税理士事務所プロフィール」もご覧ください!

 

ご依頼までの流れ

  1.  ご依頼の検討を希望される方は、まずは初回面談(無料)のお申込みをお願い致します
     → ご依頼・お問合せフォーム (「初回面談希望」の項目にチェックをお願いします)
  2.  当事務所よりメールにて、初回面談候補日等をご連絡いたします
  3.  初回面談にてお話をうかがい、本取組みの方向性について提案をさせていただきます
  4.  お客さまに、ご依頼の検討をしていただきます

 

「資金繰り円滑化サービス」導入により期待できる効果

脱どんぶり勘定!

なんとなくで動かしていた「おカネ」について、明確な方針のもと、あんしん・あんぜんな資金繰りを目指すことができるようになります。

資金繰りシミュレーションでお金の流れがわかります!

たとえば、「販売価格の値上げ(値下げ)」「人員の雇用」「設備投資」などの経営判断がおカネに与える影響を、「資金繰り表」という目に見えるカタチで確認できます。

手間いらず!

金融機関対応の多くを当事務所が引き受けるため、お客さま自身で金融機関向けの資料を作成する手間や時間が省けます。

将来のお金の流れをコントロール!

半年から1年先の資金繰り表を常に作成するため、将来のおカネの流れがわかるようになります。

資金が不足する場合には前もって資金調達を行えるため、資金繰りが安定します。

任せて安心!

金融機関(銀行)の考え方を熟知した銀行融資プランナー・税理士の諸留誕(モロトメジョー)が金融機関対応を行いますので、銀行とのコミュニケーションがスムーズです。

また、適切な銀行選びや銀行とのお付き合いのコツなど、銀行対応に必要な知識・ノウハウもお客さまにお伝えいたします。

資金調達の力がアップ!

財務の面で明確な方針を打ち出し、方針に沿った財務活動を実行するため、金融機関からの信頼度が上がります。結果、資金調達(融資)力が格段に上がります。

金融機関からは「貸してもいい会社」「ぜひ貸したい会社」と評価される会社を目指すことができます。

 

【 初回面談(無料)のお申込はこちらから 】