せっかくならば記録したい!にわかランナーですがなにか

ランニンググッズ

スポンサードリンク

「健康のために走る」などと言うけれど、そもそも「走る」とは?
にわかランナーデビューも早1ヶ月。
走ることはそこそこ習慣化してきましたが、気になりだしてきた記録。
「走る」ことの「記録」についてお話しします。

変化を知るために記録する

この4月から「走る」ことの習慣化をはじめました。
フリーランスになったことをきっかけに健康への関心が高まったからです。

「歩く」から「走る」へ。走ることの5つの効用

2016.04.20

最初の1か月での変化

目的は「健康」であり、手段は「無理なく走る」。
なので、必要以上に長い距離を走るとか、速く走るという思いはありません。
そのことからすれば、自由に楽しく走れれば十分なわけです。

それでも自分は、きちんと記録をとることにしました。
なぜか?「自分の変化を理解する」ためです。
月のうち何日走ることができたか、
どれくらいの距離をどれくらいの速さで走れるようになったか、など。

ちなみに、最初のころは距離3キロ前後、しかも遅いうえに著しい息切れ。
完全に体力不足です。ただ情けないだけですね・・・
およそ1ヶ月たった今は、距離は倍に近い5キロから6キロ前後。
速度はやや早くなりながらも、それほど強い息切れはなし。
明らかに変化が出てきました。

記録に使えるMagellan EchoとJogNote

走った距離や時間を記録する方法はいろいろありますが、自分はつぎの3つのツールを使っています。

・スマートウォッチの「Magellan Echo(マゼラン エコー)」
・iPhoneアプリの「JogNote(ジョグノート)」
・ランニング用ウェストポーチ

Bluetooth連携で、時計側からiPhoneのアプリを操作する感じです。
Magellan Echoでは走行時に、走行距離、走行時間、瞬間的な走行速度、ラップタイムなどを表示できます。
ライトも点灯できますので夜でもOK。

時計であるMagellan Echoだけでは記録はできませんので、いっしょにiPhoneは携帯しておかなければなりません。
そのためにiPhoneを収納するウェストポーチなども必要になります。

ウェストポーチは、次の機能を満たしておくと便利かもしれません。
・防水性 (汗をかきますし、多少の雨でも大丈夫)
・小銭や家のカギくらいは入る程度の収納力(大きすぎると邪魔です)
・有線のイヤホンケーブルを通す穴が開いている(音楽を聴きながら走るなら)
・ペットボトルホルダー(家から持っていくでも、途中で買うでも便利)

ランニングのつもりがジョギングだった!?

JogNoteのアプリを使って記録した、1ヶ月の記録です。
いろいろな情報表示ができますが、「まとめ」としてはこんな感じです(拡大できます)↓

ランニング記録(2016.04

GPSで測定していますので、走行後はGoogleマップ上に走行軌跡を記録出来たり、走行コースの標高差などもわかるようになっています。

ところで、自分の走行速度はおおよそキロ当たり6分半。
これってどうなの?と思うわけです。
私のランニングバイブルのひとつである金哲彦さんの「金哲彦のランニング・メソッド」には、次のような記載があります。

レベル 1km フルマラソン
初級 8分 約6時間
中級 6分 約4時間30分
上級 4分 約2時間50分
一流 3分 約2時間06分

引用元書籍

少しは中級に近づいた、といったところでしょうか。
もっとも自分の場合、5キロ程度の距離での速度ですから、もっと長い距離になった場合に維持できる速度かは未知数です・・・
「一流(マラソン選手)」の走行速度はバケモノであることを実感します。

あわせてランニングについて、ネット検索をしていたところ、自分にとっては少々衝撃的な記述もみつかりました。
キロ6~7分程度のスピードはジョギングと定義されることもある、と。
いままでランニングのつもりでしたが、もしかして自分のはジョギング?

走るとは

走ると歩くの違いは明確で、「どちらかの足が地面についている」のが「歩く」。
「左右の足が同時に宙に浮く」のが「走る」です

分類すると、

歩く・・・ ウォーキング

走る・・・ ジョギング

走る・・・ ランニング

同じ「走る」でも、ジョギングとランニングの違いは何か?
調べてみましたが、ジョギングには明確な定義はないようです。
ペースに関していえば、「話をしながら続けられる」のがジョギングという記述が多くあります。
自分でいえば、走行速度でキロ7分程度でしょう。

速度のほかに、心拍数という目安もあるようですが自分は計測していないのでわかりません。
心肺機能の変化を知るためには、心拍数も計測できた方がよさそうですね。

自分はジョギングなのか、ランニングなのかという疑問は残りましたが、ひとまずこれからも「自由に楽しく走る」を続けてみます。
にわかランナー(ジョガー?)の変化は、またお話ししていきたい思います。

本投稿に掲載されている情報は投稿日現在の情報です
 閲覧日時点とは情報が異なる可能性がございますのでご了承ください

************
  きょうの執筆後記
************

4月4日から記録をはじめて、月末までの27日間のうち19日走りました。
「走らなきゃ」というよりは「走りたい」と思うわけですが、もう40歳。
先走る気持ちで「故障」だけはしないように気を付けたいものです。

 

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!