夏が終わる前に。いま聴きたいZARDソングベスト10!

夏に聴きたいZARDソングBEST10

スポンサードリンク

アラフォー世代には懐かしのアーティスト、ZARD。

時は2016年8月。突然ですが。

夏が終わる前に。いま聴きたいZARDソングベスト10やります!

青春時代とともにあった音楽アーティスト「ZARD」

アラフォー世代のわたし。ZARDを聴き始めたのは高校時代です。ZARDがオリコンチャートトップ10に入りはじめたのがそのころ。

その後、ZARDをはじめ、いわゆる「ビーイング系」アーティストの時代がやってきます。

ビーイング系と言えば、B’z、WANDS、T-BOLAN、FIELD OF VIEW、DEEN、ZYYG、大黒摩季・・・

名前を聞いただけでも懐かしくて涙が出そうな面々によって、ヒットチャートの上位が独占されました。世に言う、「ビーイングブーム」です。

そういえば、

  • 愛のままにわがままに 僕は君だけを傷つけない(B’z)
  • 別れましょう私から 消えましょうあなたから(大黒摩季)
  • このまま君だけを奪い去りたい(DEEN)
  • 愛を語るより口づけをかわそう(WANDS)

とか。「なんかタイトル長くね?」というのが流行ったころもありました。古き良き時代のビーイングです。

さて、余談が過ぎましたが。以来、ZARDはミスチルとともにわたしにとっての2大音楽アーティストになりました。

アラフォーミスチル好きが選ぶ!~2002年ミスチルベスト10

2016.07.30

部活と勉強に明け暮れていた高校時代、サークルとアルバイトに没頭して勉強をおろそかにした大学時代。

そんな偏った(?)青春に「彩り」を添えてくれたZARDを思い出してのベスト10!

青春と言えば「夏」でしょ、ということで。夏が終わる前に聴きたい曲を、お気に入りのワンフレーズとともに。

第10位 瞳そらさないで

瞳そらさないで
ZARD
価格…¥250
リリース…1995/03/10

DEENに楽曲提供後、1995年にアルバム「forever you」でセルフカバーした曲。

さわやかでアップテンポなDEENの「瞳そらさないで」とは違い、バラードにアレンジされています。

わたしが感じるZARDの魅力は「声」。ヴォーカル・坂井泉水さんの声です。歌が上手なアーティストは他にたくさんいますが、「声」自体に魅力を感じるアーティストは多くありません。

そんなZARDのバラードは切なさにグッときます!

” まだ 君の中に 僕がどれくらい居るのか 確かめてみたいんだ ”

アルバム「forever you」より 「瞳そらさないで」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

淡くて切ない恋の味。よく知らないけど。

第9位 負けないで

負けないで
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

言わずと知れたZARD最大のヒット曲「負けないで」は、1993年シングルリリースのナンバー。

某テレビ局の「○時間テレビ」でこの曲が定着したことにより、わたしの中で少々「飽き」がきてしまいました・・・ゆえに9位。

でもやっぱり名曲です。そして、1993年はわたしにとってのZARD黄金期。

大学進学などを前につらい時期もありましたが、とんでもないペースで量産された名曲のリリースも励みに乗り切りました(笑)

” 負けないで もう少し 最後まで走り抜けて ”

シングル「負けないで」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

涙でゴールが見えません。

第8位 突然

突然
ZARD
価格…¥250
リリース…1996/07/08

FIELD OF VIEWのミリオンヒット曲を、1996年にアルバム「TODAY IS ANOTHER DAY」でセルフカバー。

「なんでこの人達はいつもスーツなんだろう」って思ってました。それはFIELD OF VIEWのハナシ。

とにかくさわやかな夏のイメージにピッタリの曲です。サビのメロディーも好きですが、この曲のAメロはもっと好き。

ZARDの「声」もイイですが、「Aメロ」もイイというのはわたしの持論です。

” 突然の熱い夕立ちに 夢中で車に走ったね ”

アルバム「TODAY IS ANOTHER DAY」より 「突然」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

うん、走りたい。

第7位 心を開いて

心を開いて
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

1996年シングルリリースのナンバー。某清涼飲料水のCM曲としても使われた、さわやかさにあふれた一曲です。

わたしは当時大学生。もどかしい恋愛模様をうたう歌詞に、思い出す青春があります(遠い目)。

ZARDはアップテンポな曲でさえ、どこか「切なさ」を突いてくる歌詞が多いのも特徴。年をとると余計に切なくなります・・・

” 私はあなたが想ってる様な人では ないかもしれない ”

シングル「心を開いて」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

そんなこと言わないで欲しい。

第6位 If you gimme smile

If You Gimme Smile
ZARD
価格…¥250
リリース…1994/06/04

1994年リリースのアルバム「OH MY LOVE」の収録曲です。「OH MY LOVE」は200万枚を超えたヒットアルバム。

わたしとしてもZARDのアルバムベスト3に入る、イチオシのアルバムです。その中から少しマニアックな選曲ではありますが。

「小さなしがらみは捨てて、もっと大きな世界に」的な前向きな歌詞と、アップテンポなメロディーに勇気づけられる一曲です。

” なんてちっぽけな夢だったの 恋なんて 季節のボーダーライン ”

アルバム「OH MY LOVE」より 「If you gimme smile」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:栗林誠一郎

「ボーダーライン」の意味はよくわからないけど、前を向け!

第5位 あの微笑みを忘れないで

あの微笑みを忘れないで
ZARD
価格…¥250
リリース…1992/09/02

1992年リリースのアルバム「HOLD ME」収録曲。3rdアルバムである「HOLD ME」以降、ZARDはアルバム連続ミリオンをたたき出していきます。

「あの微笑みを忘れないで」はシングル曲ではないものの、ファンに人気の高い曲として定着。マニアックという曲ではありません。

前向きな明日を願うこの曲は、6位の「If you gimme smile」に通じるものを感じます。心に元気が足りないときはこの曲です!

” 孤独な時間抱きしめて 人は大人になるから ”

アルバム「HOLD ME」より 「あの微笑みを忘れないで」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:川島だりあ

辛い時間は、次に来る飛躍の時への充電期間です。

第4位 君がいない

君がいない
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

1993年1月リリースの「負けないで」がヒットを続ける中、同年4月リリースのシングル曲。

とにかく1993年はZARD黄金期。5月には、このあと紹介の第3位のシングルをリリース。9月には「もう少し あと少し・・・」、11月には「きっと忘れない」というリリースに続きます。

大量生産ながらもどれも名曲。この年リリースのシングルに「外れ」はありません。

やむを得ず別れを選ぶ男女を描いた、切なさ全開の失恋ソング。あの恋を思い出して泣きたいのなら。

” 逃げてゆく幸せに気づいた時 人は”もう戻れない”と思うの ”

シングル「君がいない」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:栗林誠一郎

後悔は、いつもあとからやってきます。

第3位 揺れる想い

揺れる想い
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

1993年5月リリースのミリオンヒットシングル。ZARDの代表曲ともいえるこの曲を知らない人はいないのではないでしょうか。

ちなみに連続リリースの合間を縫って、6月には「ZYYG,REV,ZARD&WANDS featuring 長嶋茂雄」というメンバーによる楽曲「果てしない夢を」がリリースされます。

「えっ!?長嶋茂雄?」スゲーな、おい。という曲。ジャイアンツファンだったわたしは、当時いたく満足したのでした。

ではなく。「揺れる想い」ももちろん満足できる一曲です。突き抜ける爽やかさはいま聴いても心が震えます。

”  揺れる想い 体じゅう感じて ”

シングル「揺れる想い」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

「体じゅう」の「ら」の部分をうたうときの声の上がり方が好きです。マニアック・・・?

第2位 Oh my love

Oh my love
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

1994年リリースのアルバム「OH MY LOVE」のタイトル曲。名曲とされながらもシングルカットはされませんでした。

曲に対する思い入れを抜きで純粋に選曲したとき、わたしのZARDベスト1ソングはこの「Oh my love」です。

毎年、夏が来ると思い出さずにはいられません。歌詞にもありますが「夕暮れ」の風にふとあの頃がよみがえります。

ZARD・坂井泉水の「声」が存分に活きた、最高の一曲として紹介しておきます。

” 私の存在どれくらい? 広い背中に問いかける夏  ”

アルバム「OH MY LOVE」より 「Oh my love」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

恋とは不安が尽きないものです。たしか。

第1位 眠れない夜を抱いて

眠れない夜を抱いて
ZARD
価格…¥250
リリース…2006/10/25

最高の一曲「Oh my love」を抑えての1位。1992年、ZARDの4thシングルとして発売されたこの曲でZARDを知りました。

当時高校生のわたしは「ラジオっ子」であり、ラジオで曲を耳にしたのがきっかけだったと記憶しています。その後、発売されていくZARDの新曲を楽しみにしていた高校時代。

曲への思い入れの差で1位に選曲です。なんかいろいろと思い出します。

” こぼれた夢のカケラをすくって 慣れてゆく毎日を確かめてゆく  ”

シングル「眠れない夜を抱いて」の引用
作詞:坂井泉水、作曲:織田哲郎

あの頃の夢を、いまも忘れてはいません!

************
  きょうの執筆後記
************

昨日は終日事務所内で仕事。
めずらしくちょっと「風邪」の気配を感じたので、午前中は無理せずに過ごしました。
おかげで体調は復活!「ちょっとすぐに休める」のは自宅兼事務所のメリットです。

スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!