ぜんぶ知ってる?銀行融資には4つの種類

銀行融資の4種類

スポンサードリンク

トーザカシコシ?なにそれ?誰が賢いんだって?

いえいえ、違います。誰かが賢いわけじゃなくってね。

「当座貸越(とうざかしこし)」は、銀行融資の1種です。ほかにも銀行融資には種類がありますよ、というお話をしましょうか。

銀行融資の4つの種類

ひと口に「銀行融資」と言っても、実は4つの種類があります。次の4つです。

  • 証書貸付
  • 手形貸付
  • 手形割引
  • 当座貸越

さて、あなたはいくつ知っていますか?

銀行でおカネを借りるその前に。銀行融資の4つの種類も覚えておきましょう。

 

銀行融資と言えばコレ!「証書貸付」

「銀行融資」と言って多くの人がイメージしているのがコレ。「証書貸付」です。

証書=金銭消費貸借契約書

おカネを借りるときには、借用書を交わすイメージがあると思いますが。

銀行とかわす借用書を「証書」に置き換えて「証書貸付」。「証書貸付」の「証書」とは、正式には「金銭消費貸借契約書」のことを言います。

ちなみに「貸付」は、銀行サイドから見た言い方であり。借りる方から見れば、当然に「証書借入」です。

契約書に書かれていること

金銭消費貸借契約書には、次のようなことが書かれています。

  • 融資の金額
  • 金利
  • 返済期間
  • 返済の方法
  • 担保 など

その契約書に、借主と連帯保証人が署名・捺印して契約を結び融資を受けるわけです。

1年を超える長期の融資に

証書貸付が利用される場面は、返済期限が1年を超える長期の融資を受ける場面です。

具体的には、設備投資に対する融資がこれに当たります。

設備投資にかかる多額の融資を、1年以内に返すのはムズカシイ。だから、設備投資資金は長期で借りるのが一般的です。

1年よりも短い期間の融資についてが、続いてお話しする残りの3種類です。

 

手間と印紙を節約できる「手形貸付」

「証書」の代わりに「手形」を使う融資が、「手形貸付」です。

メリットいろいろ

手形貸付とは、借主が借用書の代わりに、手形を振り出し、銀行に差し入れることにより融資を受ける方法です。

一括返済のほか、6か月などの分割返済の返済方法もあります。

証書貸付と異なる点として、

  • 連帯保証人の署名・捺印が不要
  • 印鑑証明書の添付が不要
  • 書類は手形のみで簡素化
  • 印紙税が証書貸付よりも低額

と、手間やコスト面でのメリットがあると言えます。

利用シーンは「1年以内」

証書貸付に対して、メリットも多い手形貸付ですが。その利用シーンは、原則、「返済期限が1年以内」です。

具体的には、次のような資金目的で利用されています。

  • 賞与資金…賞与支払いのため
  • 決算資金…納税のため
  • 運転資金…売上入金までのつなぎのため など

いずれも短期での貸付であることから、銀行から見れば回収不能のリスクは小さくなります。

よって、長期貸付よりは融資がしやすいという側面もあります。

もちろん、資金利用目的の明瞭性や借主の状況など「条件がそろったうえで」という前提は欠かせません。

 

手形を売って現金化!手形割引

同じ「手形」でも、自ら振り出した手形ではなく。他から受け取った手形を用いるのが「手形割引」です。

借りるんだけど借入金じゃない

売上代金として、取引先から受け取った手形。

この手形を期日が到来する前に、銀行に買い取ってもらおうというのが「手形割引」です。

銀行から受け取る金額は、手形の額面金額から期日までの割引料を差し引いた金額になります。

手形の売却という性格のものであるため、決算書や試算表に「借入金」として掲載されることはない。という特徴もあります。

リスクが小さく、貸しやすい

手形が期日を迎えると、銀行は手形の振出人から資金を回収します。手形の割引先から資金を回収するわけではありません。

したがって、その割引先の資金繰りが悪くなったとしても、割引した際の資金は振出人から回収できます。

銀行からすれば、その分リスクが少なく安心。比較的融資をしやすいというのが「手形割引」です。

無条件に割引はしてくれない

融資しやすいとは言っても。銀行もむやみに手形を割り引いたりはしません。

当然、審査があります。主に、

  • 手形振出人の信用力
  • 手形割引先の信用力

振出人の信用力はともかく。なんで、割引先の信用力まで?と思うかもしれませんが。

もしも手形が期日を迎えた際に、振出人が決済できない場合。 割引先がその手形を買い戻さなければいけないことになっているからです。

ということで、借りやすいけれどちょっと怖いところもある点には注意です。

 

信用力有無のバロメーター「当座貸越」

さいごの「当座貸越」は、4種類中、もっとも審査が厳しいといえる融資方法です。

借主の自由度MAX

「当座貸越」とは、設定した限度額までは自由に借りたり、返したりできる融資の方法です。

通常、融資を受けるとなれば大なり小なりの審査が必要。ところが、当座貸越なら必要ありません。

おカネが足りないそのときに、審査を受けずとも、すぐに都合できる。借主にはなんとも魅力的な「当座貸越」です。

ゆえに限度額設定の審査はキビシイ

借主にとって自由な「当座貸越」ですが。それはあくまで、「設定された限度額」の範囲内でのこと。

自由であるだけに、その「限度額の設定」の審査は非常に厳しいものがあります。

貸し手である銀行側の目線で考えてみれば、

  • 資金の使い道もわからないのにおカネを貸して大丈夫?
  • 結局は借りっぱなしになっちゃって返してもらえないんじゃ…
  • いつ貸して、いつ返してもらえるかもさっぱりわからない

そんな「商品」なのですから、イヤでも慎重にならざるを得ないというものです。

よって、業歴がある程度以上、いわゆる格付けが優良であるなど。借主にとって、超えるべき壁は低くありません。

 

まとめ

銀行融資の4つの種類についてお話をしてきました。

  • 証書貸付
  • 手形貸付
  • 手形割引
  • 当座貸越

の4つです。

銀行融資を利用するのであれば、それぞれの特徴や利用シーンについては押さえておきましょう。

 

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。
フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!