銀行・融資の記事まとめ

銀行融資・記事まとめ

会社・事業を続けていくなら欠かせないもののひとつに「銀行融資」が挙げられます。

でも、よくわらない銀行のこと・融資のこと。それでは、銀行融資を受けること・活かすことができません。

当ブログサイトでは、たくさんの「銀行・融資」関連記事を用意しています。気になる記事を読んで身につけましょう!

借りるメリット・借りないデメリット

そもそも、なんでおカネを借りなきゃいけないの? おカネは借りないほうがいいんじゃないの?

そんなあなたは、まず「借りるメリット・借りないデメリット」についてを学びましょう。

ちまたで言われる「無借金経営がいちばん」や、「借金=悪」という固定観念をあらためるところからスタートです。

会社・事業を続けたいのなら、借りてでもおカネを持つ! この考え方がだいじになります。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

借りるタイミング

「おカネが必要になったら借りる」なんて言ってはいませんか?

つまり、借りたいときに借りられる、と考えている。これは間違いです。

なぜなら、銀行が「いいよ」と言ってくれなければ、おカネを借りることはできないから。貸す・貸さないを決めるのは銀行であって、借りる側ではありません。

ですから、おカネを借りるのであれば、「借りられるとき」に借りることです。ならば、「借りられるとき」とはいつなのか、そのタイミングを学びましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

借りることができるかどうかの見極め方

おカネを借りることにしよう。でも、ほんとうにウチは借りることができるのか? と疑問に感じることはありますよね。

というわけで。銀行はなにをもって「貸す・貸さない」を判断しているのか? その判断材料を押さえておきましょう。

判断材料は大きく分けて2つです。決算書などの「数字」と、経営者の人柄や会社・事業のようすなど「数字以外」。それぞれを学んでおきましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

銀行員特有の見方・考え方

銀行員特有の見方があり、また、考え方があることも知っておくとよいでしょう。

「数字」については、たとえば、銀行員は決算書に粉飾(利益の水増し)がないかを疑っています。そして、粉飾の疑いがある、あるいは確証があれば、決算書の数字を補正して見ています。

また、「数字」以外にも。金を滞納していないか、借入金返済に遅延がないか、経営者の個人信用情報にキズがないか、などなど。これらもあわせて確認をしておきましょう 。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

融資を受けるために必要なモノ

銀行に融資の申し込みをする前に、「必要なモノ」を確認しておきましょう。

まずは、銀行融資の三種の神器とも言える、「決算書(決算後数ヶ月経過後は試算表も)」「資金繰り表」「借入金一覧表」。これらは基本中の基本です。

加えて、銀行から要求される書類、あるいは、自主的に提示することで融資審査上プラスになりうる書類についても学んでおきましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

銀行の選び方

いざ、銀行に融資の申し込みを! となったときに。はて、いったいどこの銀行に行けばよいのやら? ということもあるものです。

ここで、テキトーな銀行に飛び込んだり、ネームバリューを求めてメガバンクを選んだりしてはいけません。

なぜなら、それぞれの銀行には、それぞれ役割があるからです。

また、ひとつの銀行とだけ取引をする(一行取引)のはやめましょう。銀行の融資姿勢が急に変わってしまい、融資を受けられなくなったときに困ります。

銀行の選び方を学びましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

脱!借りっぱなし・返しっぱなし

無事、融資を受けることができた。めでたし、めでたし、で終わってはいけません。

なぜなら、おカネを借りるメリットとは、「手元のおカネを増やすことができる」こと。

銀行から融資を受けたとしても、そのあと返済を続けているだけであれば、また手元のおカネは減っていきます。おカネを借りたメリットは無くなってしまいます。

借りっぱなし、返しっぱなし。これでは、またはじめに逆戻りです。いちど借りたら借り続ける、という考え方も学びましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

創業融資のこと

創業融資は、最初で最後、一度きり。そのうえ、またとない銀行融資のチャンスです。そんなチャンスを誤って逃すことがないように。

なぜ、創業融資がまたとないチャンスだと言えるのか。そして、どうすれば創業融資は受けられるのかについて学びましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

会社が厳しいときやリスケジュールのこと

長く会社・事業を続けていれば、きびしいときもあるでしょう。そんなときにはどうしたらよいか?

また、考えたくはありませんが、「もう返済できない…」というときのリスケジュールはどう対応すればよいのか? 念のため、学んでおきましょう。

おすすめ記事

その他の関連記事

 

銀行・銀行員とのおつきあいについてのハナシ

日ごろ、銀行・銀行員とのおつきあいの中で生じる疑問や、おつきあいのしかたに関する記事はこちら。

 

専門用語についてやその他のハナシ

銀行融資における専門用語に関すること、その他のことに関する記事はこちら。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師