その話ちょっと待って!銀行融資「借り換え」のデメリット

借り換え

スポンサードリンク

銀行から「借り換え」を勧められたけれどどうしよう?

事業資金の調達・確保にはチャンスです。でも、ちょっと待って。

良い条件で提示される「借り換え」だとしても。今後のデメリットにはじゅうぶん気を付けましょう。

「借り換え」のお誘いにはご用心

借り換えは、「どの銀行」で借り換えるのかがポイントになります。

借り換えには2つのパターン

まずはじめに。借り換えには2つのパターンがあります。

  • A銀行の融資を、A銀行で借り換える
  • A銀行の融資を、B銀行で借り換える

つまり。同じ銀行内での融資を借り換えるのか?別の銀行の融資を借り換えるのか?

前者であれば、とくに問題はありません。

ところが、後者。「A銀行の融資を、B銀行で借り換える」ようなケースでは注意が必要です。

メリットいっぱいの借り換えバナシ

銀行はいつも「貸し出し先」を探しています。貸し出し先に適した相手には、こんな話があるでしょう。

B銀行「A銀行の融資も、ウチの銀行でまとめてみませんか?」

先ほど触れた注意が必要なケースです。さらに、B銀行は次のように話を続けます。

B銀行「金利も下がりますし、毎月の返済も今よりラクになります。融資額も少し上乗せできますよ」

  • 利息が下がる
  • 毎月の返済額が減る
  • 融資上乗せで、手元のおカネが増える

という、なんとも魅力的なお話であり。たしかに、これならば借り換えるメリットがあります。

ところが、このお誘いがクセ者なのです。

気を悪くするA銀行がデメリット

いくらイイ話だからと言って、B銀行のお誘いをすぐに受け入れてはいけません。なぜか?

「A銀行との関係を壊す」原因になるからです。

フツーに考えてみてください。自分のお客さんが、同業他社に流れたとなれば気を悪くしますよね。

A銀行のことをおもんばかって「借り換え」を止めましょう。というわけではありません。

ここで言いたいことは、

”借り換え自体はOKだけど。今後、A銀行とのお付き合いは難しくなるかもよ”ということです。

A銀行との関係が切れることを覚悟できているか。そのデメリットを承知の上か。そういうこと。

 

「気を悪くしたA銀行」によって起きるデメリット

借り換えによって、A銀行とのお付き合いが難しくなると何が起きるのか?

いざというときのA銀行

A銀行とのこれまでの関係が長ければ長いほど。その「関係が切れる」デメリットは大きくなりえます。

対するB銀行との関係が浅いほど、そのデメリットは増大します。

たとえば。会社の業績が傾き、おカネが必要になったとき。

A銀行であれば、「これまでの関係」という信頼で、なんとか融資を考えてくれるという姿勢を期待できます。

もちろん、実際に融資をできるかどうかはわかりませんけれど。

それでもなお、「融資を後押しできる材料」がA銀行にはあります。

A銀行の意地と熱意とプライドと

融資検討先の状況が悪いながらも、積極姿勢を見せることができるA銀行の理由。それは、

  • 長年にわたる返済実績
  • 長年にわたる融資先に対する理解の深さ

この2つにあります。

長い間、滞りなく返済を続けたという実績は、とても大きな信頼を築きます。

また、長いお付き合いをしていれば、銀行は融資先の内情をより深く理解してくれているはずです。

だからこそ。融資先が困っていても、「なんとかできないか」を考えてくれるのがA銀行の良さになります。

長年の融資先を守ることに、A銀行は意地と熱意。プライドを持っているはずです。

そのA銀行を「切る」ということは、いざというときの頼みの綱を手放すことに等しい。そういう理解が必要です。

いざというときにB銀行は助けてくれるのか?

いいよ、いいよ。こんどはB銀行が助けてくれるから。と、あなたは言うかもしれませんが。

話はそうカンタンではありません。

B銀行との関係が、A銀行との関係ほど深くない場合。さきほどのA銀行とは逆のことが起こり得ます。

  • 返済実績が無い、あるいは短い
  • 融資先に対する理解が浅い

これではB銀行が融資先を助けたくとも、「助ける材料に乏しい」と言わざるをえません。

とくに、B銀行がまったくの新規であるような場合には要注意です。

借り換えのときは良かったとしても、そのあと融資先の業績が悪くなれば、態度は一気に冷たいものへと変わってしまうかもしれません。

「実績も無い、信頼も無い」のではビジネスライクにならざるを得ない。それはしかたのないことでもあります。

 

まとめ

事業をしていれば、より良い条件でおカネを集めること、資金調達することは重要なことです。

とはいえ、「より良い条件」を求めすぎるあまり。目先に偏った判断をしてしまうと、のちのち困ることが起こり得ます。

いざというときに助けてくれる銀行がなかった…そういうことです。

銀行融資については「信頼関係の構築」も十分考慮したうえで、「より良い条件」を求めるというのがベストになります。

長期にわたり、安定しておカネを調達できる。安心できる銀行付き合いを目指しましょう。

 

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



スポンサードリンク

毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。
フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!