ブログに関する3大質問『儲かる?ヒマなの?楽しい?』に答えようじゃないか

ブログに対する3大質問

” ブログって儲かるの? 毎日書いてるみたいだけどヒマなの? それって楽しい? ”

ブログをはじめて以来、いったい何度おなじことを聞かれたことか… よし、ここで回答しておこう、そうしよう! というお話です。

ブログに関する3大質問「儲かる?ヒマなの?楽しい?」

ブログの毎日更新をはじめてから、きょうで713日めになります。

その間、いくどとなく聞かれてきたことがあります。これらです ↓

  1. ブログって儲かるの?
  2. ブログを書いてるなんてヒマなの?
  3. ブログって楽しい?

あまりに何度も聞かれるものだから、「おぉ、またそれか…」「カエサル、おまえもか」と、やや食傷気味のわたしです。カエサルさんは関係ありませんね、はい。

そこで。そうだ、ここで回答してみよう、そうしよう! ということで。前述の「ブログに関する3大質問」について、このあとお答えをしていきます。

 

《質問①》ブログって儲かるの?

はい、儲かります。

なにをもって「儲かる」なのか

「ブログは儲かるのか?」と質問するヒトが言う「儲かる」とは? 多くの場合、ブログを書くことで得られる「直接的な収入」を指しているようです。

たとえば、広告収入やアフィリエイト収入など、すぐにおカネに換算できる「直接的な収入」で儲かるのか? と。

わたしに関して言えば、それで生活ができるほどの収入ではありません。かと言って、「無くてもいっしょ」と言えるほどわずかな金額でもありません。

あぁ、まどろっこしいなぁ。具体的な金額、カモンっ! という声は聞こえるのですが。大人の事情により、ブログ上では開示できないことをお詫び申し上げます。

それはそれとして。確実に言えることは、「ブログが収入源のひとつになった」ということです。つまり、「ブログ」という収入源が増えました。

収入源がひとつしかない、あるいは少ないほど、生きるにあたっての危険度が上がります。世の中の変化、環境の変化により、数少ない収入源が絶たれた場合には困りますよね。

であるならば。「ブログが収入源のひとつになった」ことには、収入金額以上の価値がある。これを「儲かった」と言わずしてなんと言う? そんな気分です。 

広告収入やアフィリエイト収入だけじゃない

ブログを書くことで得られる収入は、広告収入やアフィリエイト収入などの「直接的な収入」に限られません。

わたしの場合には、当ブログサイトを経由して、次のような収入にも結びついています ↓

  • コンサルティング業務
  • 個別相談業務
  • セミナー講師
  • 執筆

日々のブログから「わたしがどういうヒトか」「なにができるヒトか」などを知ってもらい、結果として結びついた収入です。いわば、「間接的な収入」です。

わたしにはもともと「税理士顧問業務」というメインの収入源がありましたが、ブログをはじめたことで上記のような「収入源」も増やすことができました。

はじめのうち、数も金額も小さなものです。けれども、ブログを続けることで少しずつ、でも確実に、数も金額も増えていくことをわたしは実感しています。

「そんな悠長な…」と言うヒトに、ブログをおすすめはしませんが。少し先を見据えて、あらたな収入源を育てたい、と言うのであればおすすめです。

ブログって儲かるの? その答えは「儲かる」の定義しだいです。

 

《質問②》ブログを書いてるなんてヒマなの?

はい、ヒマです。

「ブログを書く=ヒマ」だと言うならば

ブログやメルマガを書くようになって、「自己開示」をするようになりました。たとえば、

では、ヒマだからブログを書くのか? ヒマだから昼からランニングをするのか? ヒマだから繁忙期にフルマラソンをするのか?

ちがいます。こういうことです ↓

  • 毎日書くと決めているから、毎日ブログを書いている
  • ランニングをしたいから、昼間でも走っている
  • フルマラソンに参加したいから、繁忙期でも参加する

「ヒマだから」をきっかけに◯◯しているのではなく、じぶんの考え方や価値観を起点に◯◯しています。

というわけで、ブログを毎日書くなんてヒマなの? と言われても。考え方や価値観のちがいですよねぇ、ということでしかありません。

「ブログを毎日書く=ヒマ」という価値観に当てはめれば、わたしはヒマ人でしかないわけで。「はい、ヒマです」と。

ヒマだけで毎日書けるか!という逆ギレ

前述した価値観のちがいについては、とくにどうこうありません。ヒトにはそれぞれちがいがある、それだけです。

どちらが良くて、どちらが悪い、というハナシでもありません。

それはそれとして。「ブログを毎日書くなんてヒマなの?」という質問に応じる際には、「軽い怒り」が伴う。というのが正直なところです。

ヒマだけで「毎日」なんて書けるかっ! 「毎日」だぞ「毎日」っ! キ〜〜っ!!

と、面と向かって言ったことはありません。ただただ心のなかで叫ぶばかりです。

じぶんが好きで毎日書いているのですからね。怒ったところで逆ギレもいいところです。大人だろ。はい、大人です。

 

《質問③》ブログって楽しい?

はい、楽しいです。

楽しいことばかり、でもない

「ブログって楽しい?」という質問のウラには、「ブログなんてタイヘンじゃないの?」という真意を感じずにはいられません。

いや、別にそんな真意は無いけど。と言われるのであれば、わたしの勘違いですから放っておいていただければ。

で、勝手にハナシを進めますと。ブログは楽しくもあるけれど、タイヘンはタイヘンです。わたしの場合は。

まず、楽しい理由を挙げてみますと ↓

  • 基本的には書くことが好き
  • チャレンジの機会が増えてワクワク(ブログのネタ探しもあってね…)
  • 書くことで得られる気づきはヤミツキ
  • 書くことでアタマが整理されてスッキリ
  • 人との出会いにドキドキ
  • 仕事(収入源)が増えてワクワク など

と、いろいろあります。ゆえに、ブログは楽しいです。

が、楽しいばかりでもありません… というハナシへと続きます。

タイヘンは成長の糧(かて)

前述した「ブログは楽しい」を実現するために、怠るわけにはいかないことがあります。こちら ↓

  • ブログを書くための時間を確保する
  • ブログを続けられるように健康を維持する
  • ネタ切れしないように、インプットを継続する
  • ブログサイトを自主運営できるよう、ITに強くなる
  • 文章力、表現力を鍛える
  • 人間力を磨く など

これらは、なかなかタイヘンです。ブログは楽しい反面、苦行でもあるのです。ときに悶絶するほどの苦行です(ほんとうに)。

だから、「ブログって楽しい?(タイヘンじゃない?)」と聞かれても、「うん、楽しい。でも、タイヘン」と答えることになります。

また、ブログを続けようとすればするほど、ブログに向き合うほど、「タイヘン」の度合いは高まります。

時間を確保する、健康を維持する、インプットを継続するなど、短いあいだであればできることでも、長いあいだとなれば難しくなります。

どんなに楽しいことでも、それを続けるとなるとカンタンではない、ラクではない。ブログしかりです。

ちなみに。もし、カンタンでラクだと言うならば。実は「真剣さ」が足りていないのではないか? 「真剣さ」の先にこそ成長があるのではないか? というのがわたしの考え方です。

だからわたしは、苦行であるほどに喜びます。ただのMなのか? そうかもしれない。

 

まとめ

ブログに関する3大質問「儲かる?ヒマなの?楽しい?」についてお話をしてきました。

ブログに対する考え方は、ブロガーそれぞれではありますが。わたしの考えとして、回答をさせていただきました。

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



毎週月・木 配信中!
経営・お金のヒントWeekly News

経営の考え方・銀行対応・補助金・減税など役立つ情報を、無料メルマガにて定期的にお届けします。

ABOUTこの記事をかいた人

税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!