初フルマラソンを完走!第6回 古河はなももマラソン【RUNレースレポート#08】

古河はなももマラソン

2018年3月11日(日) 第6回・古河はなももマラソン・フルマラソンの部(茨城県古河市)の参戦レポートです。

初フルマラソン、長期戦を制しての完走…!

ランニングを習慣にしてから1年と11ヶ月。ついに、初フルマラソンに参戦です。

2018年3月11日(日) 第6回・古河はなももマラソン(茨城県古河市)、ひとり税理士の仲間方 4名といっしょに。

結論を先に言ってしまえば、わたしの記録は5時間31分22秒。

「えっ、歩いたの?」「 いやいや、歩いてない。歩いてないってば。」という押し問答が始まりそうな記録ではありますが。断じて歩いていない。完走。

歩いていないにもかかわらず「5時間半」、という壮絶な長期戦のお話はのちほどにして。

まずは本大会の概要をカンタンにまとめてみます ↓

大会の概要

レース名称 第6回 サンスポ古河はなももマラソン
開催日 2018年3月11日(日)
開催地 茨城県古河市
主 催 古河はなももマラソン大会実行委員会
共 催 古河市・サンケイスポーツ

種目などの詳細は下記のとおりです ↓

種目 定員 制限時間 参加費
フルマラソン 総計
10,500人
関門制限あり(次表) 7,100円
10km 関門制限あり(次表) 4,300円
3km・中学生 1,000円
2km・ファミリーペア 3,000円

【 関門制限 】

フルマラソン
  • 約10km地点:制限時間1時間55分
  • 約30km地点:制限時間4時間40分
  • 約36km地点:制限時間5時間30分
  • 約39km地点:制限時間5時間50分
  • 競技中止:制限時間6時間40分
10km
  • 約4.5km(1周目)地点:制限時間40分
  • 約7km(2周目)地点:制限時間1時間10分
【参考】

  • フルマラソンは18歳以上
  • ファミリーペアは、満20歳以上と小学生
  • フルマラソンは「ふるさと納税枠」もあり 

それでは続いて、古河はなももマラソンのおすすめポイントと注意点を。

 

古河はなももマラソンのおすすめポイントと注意点

次回大会以降、参加を検討される方の参考に。本大会のおすすめポイントや注意点などをまとめてみます。

実際に参加をした「フルマラソンの部」でのお話が中心です

【おすすめ】13,000人が疾走!の盛況レース

レース翌日の産経新聞には、「はなももマラソン、1万3,000人が疾走」の文字がありました。

先日参戦した神奈川マラソンもそうでしたが、参加人数が多いレースは「テンション」が上がります。

それまでは多くても数百人くらいのレースにしか出たことがなかったのですが、10,000人前後となるとまったくの別モノ。

明らかに記録狙いのガチランナーもたくさんいます、凝った仮装で楽しませてくれるランナーもいます、沿道からもたくさんの声援があります。

レースデビュー当時は小さな大会も良いですが、慣れてきたら大きな大会にもぜひ!

【おすすめ】コースがフラット(平坦)

最大高低差 10m以内のフラットコースは、はなももマラソンの「ウリ」になっています。

つまり、自己ベストが出やすいぞ、と。それでこぞってガチランナーが集まるのでしょうか、どうでしょうか。

わたしのごとき、初フルマラソンランナーにとっても、「フラット」はなんとも心地よい響きです。

それでも、「うわ〜、登ってるじゃんココ…」と感じる箇所がいくつかあって萎えました。そんなわたしです。

【おすすめ】制限時間がユルい

前述の「大会の概要」で触れたとおり、途中で関門制限はありますが、ゴール制限時間は6時間40分。

これはユルいぞ! というのも、はなももマラソンの「ウリ」です。ビギナーも完走を目指せます、と謳っています。

制限時間6時間40分を単純に見れば、「1kmあたり9分半」くらいのペースでゴールできる、ということですね。

たしかに、初フルマラソンランナーには「親切ペース」です。でも、ウラを返せば、6時間40分かけてでもがんばれ! の拷問にも見えるという怪…

制限時間がユルいのはビギナーに優しいのかどうなのか、わからずにいるわたしです。

【おすすめ】会場での受付無し

会場に着いてからの「手続き」がありません。受付はいっさい無し。

事前に、ナンバーカードや計測チップが郵送されてくるので、それを持参すれば良い。というしくみになっています。

これは地味に良いですね。同じく規模の大きな神奈川マラソンは現地受付で、けっこう待たされていましたから。

寒空の中で「なにかを待つ」というのは堪えるものです。と、わたしは思っています。

【注意点】遠い。横浜から遠い。

横浜から遠い。という、なんとも私的事情ではありますけれど。茨城県古河市、というのは遠いです。

電車に乗っている時間だけでも、片道たっぷり2時間の長旅です。

行きは「少しでも体力温存」のために、横浜からグリーン車に乗車(会場最寄りの古河駅まで直通)。

考えることは皆同じですねぇ、ふと見回せば「ランナー」ばかりの貸し切り車両みたいになってるし。って、こんなに参加者がいるんかい!?

話がすり替わってしまいました。古河駅は遠い、横浜からは。

【注意点】トイレ不足

行きの電車内では、「トイレがたいへん混雑しているので、到着駅でご利用ください」とのアナウンス。駅に着けば着いたで、ホームは人であふれ、トイレには行列…

まぁ、会場で行けばいっか。という考えは甘く、会場内のトイレはどこも大行列です。

わたしはレースの45分ほど前に、男女共用の仮設トイレの列に並んだのですが、30分以上待ってムダに体力を消耗した観があります。スタート直前ギリギリお仲間方もお待たせしてしまいましたし。

大きな大会では「トイレ問題」が必然なので、タイミングを見極める嗅覚が必要です。だれか教えて。

【注意点】有料の荷物預かり所はあるが、青空・野ざらし

会場内には、料金200円の荷物預かり所があります。

ランナーにはおなじみの「青空・野ざらし」方式さいしょのころは、あまりのワイルドさに腰を抜かしましたが慣れました。

屋根なんてない広場に敷かれたシートのうえに荷物ドーン、の方式です。雨が降ったら? まぁ、袋の口をしっかり縛っておけばいいんじゃないの?

大きなビニール袋に荷物を入れたら、スタッフの案内で所定の場所へ置きにいくセルフサービス。荷物の引き取りもセルフサービス。

レース中もずっとスタッフの方が見張ってくれてはいるはずですが、相変わらず貴重品を置いておこうとは思えない環境です。

【注意点】コースが単調

まず、風景が単調です。スタート・ゴール地点などを除き、基本的にコースの左右には「のどかな田園風景」が広がっています。

気持ちはよいのですが、途中からは若干イライラがつのります。もちろん、「古河」が悪いのではありません。わたしの未熟さゆえのイライラです。

走れど走れど景色が変わらず、進んでいる気がしないじゃないか(イライラ)。この道路、どこまでまっすぐ続いているんだ、先が見えん(イライラ)。みたいな。

都会に住んでいると、田園風景に対する耐久度(?)が低いのかもしれません。ちなみに、こんな風景です ↓

image1

 

古河はなももマラソン・モロトメ選手のハイライト

それでは、ご興味があるかないかは別にして。毎度恒例、本大会に出場したわたしのレース・ハイライトをお届けします。

【モロトメ選手(わたし)のプロフィール】

ランニング歴は1年11ヶ月ほど。これまでのマラソン大会参加は、10kmの大会を2回、ハーフ(ひとつは20km)を3回。30kmはいちど ↓

今回は満を持してのフルマラソンです。

タイムは5時間31分、歩かず完走!

これまでも今回も、タイムこそ自慢はできませんが。わたしには、「コース上では歩かない」という記録が続いています。

レースに出始めてからずっと、歩いたことはありません(給水所やトイレで「止まり」はしますが、コース上では歩かない)。

マラソンをしていると苦しい局面はなんども経験します。それでも、「歩かない」と決めている。

そこを今回も貫くことができたことが、わたしの誇りです。えっへん。

なんどか、もうダメかも… とは考えましたが、コイツが勇気をくれました ↓

入手してから一度も袖を通さずにいた、ニューヨーク・ヤンキース時代の松井秀喜氏のユニフォームです。元ジャイアンツファン、松井ファンのわたし。

今回ご一緒した税理士・マラソンの先輩から、「コスプレをしていると応援してもらえる」ということを聞きまして。今でしょっ! という想いで持っていきました。

これが奏功します。

不安しかなかった最初の10km

レースがスタートして、序盤の10km。想定よりもスピードが落ちていました。

やはり、はじめての「フル」はあまりに未知の世界です。30kmを走ったことはありましたが、体力的にはギリギリだったという経験しかありません。

そこからさらに12km強なんて… というネガティブなことばかりを考えて走っていたのが、さいしょの10kmでした。

ところが、沿道からは「ニューヨーク・ヤンキースがんばれ!」「松井がんばれ!」の声援が。想定をはるかに超える量の声援をいただきました。

さすがヤンキース、さすが松井。ワールドワイドだぜっ。と、すっかり気分が良くなって、声援に手を挙げながら走るわたし。

すっかり調子づいておりましたところ、「松井、遅(おっ)せ!」という野次(励まし?)が飛び、意気消沈… まぁ、事実遅いからね、合ってる合ってる。

15kmで早くも露呈する膝の痛み

声援と意気消沈のはざまで揺れ動く中、懸念事項のひとつ、左膝の痛みがやってきました。15km付近。

1ヶ月半ほど前に30kmレースで痛め、その後、長い距離を抑えることで痛みはなかったのですが。距離が長くなると、やはりダメなようです。

おすすめできることではありませんが、痛み止めを飲んでしのぐことに決定。給水所にて薬を服用。巻いていたサポーターを、一段階キツく締め直して様子をみます。

フラットかつまっすぐなコースに心折れる

コースがフラットなのはよいのですが、ほとんど道がまっすぐです。はるか彼方にまでまっすぐに伸びた道を見ると、わたしのごときランナーは愕然とします。ど、ど、どこまで続くんよ… と。

また、古河はなももマラソンは、折り返しが多いのも特徴で、先行するランナーとすれ違う場面がいくどもあります。うまくいくと、すれ違う仲間とあいさつができます。これは元気出ます。

このとき、「おぉ、もうすぐ折り返しかぁ?」と心躍らせるのですが、行けども行けども折り返しが来ないという… そして、道はまっすぐに伸びているという… 心折れる。

ちなみに、コースはこのような感じです ↓

image2

大会公式WEBサイトより抜粋
https://kogahanamomo.jp

何kmのレースでも中盤は元気

今回のフルマラソンで、「10km」「ハーフ」「30m」「フル」のそれぞれのレースに出たことになります。

それで気がついたことは、何kmのレースに出ても、中盤あたりの調子は良いことです。

たとえば、10kmという短いレースでも、さいごはキツい。では、ハーフのレースで10km地点はというと元気です。でもやはり、ハーフのさいごはキツいです。

ならば、フルの20km地点はというと、やっぱり元気なんですね。なんだか行けそうな気がする〜、というのがフルにおける中盤。

ところが、やっぱり。どんな距離のレースでも、終盤はあたりまえにキツくなります。しかも、フルの終盤はかなりキツかった…

給水所で立ち止まる、救護所でコールドスプレーの繰り返し

30kmを超えたところで、明らかに脚が重くなりました。膝もメッチャ痛いし。未知の領域はここからなのにねぇ。

もともと1キロあたり7分くらいで走っていたのですが、30km以降は8分、9分とみるみる減速。

なんでしょうね、脚を動かすことに拒否反応が出てきます。強いてたとえるならば、おなかいっぱいで、もう食べ物を見るのも嫌だ。そんな感じでしょうか。

とにかく脚を動かすことがすごくイヤだ。気分が悪い。

このあたりからは、給水所ごとにいったん立ち止まり、給水とストレッチ。救護所ではコールドスプレーを借りて、膝にふりかける。その繰り返しです。

もっともキツかった38km付近

ハタから見れば、ゴール目前の38km付近。今回のレースで、いちばんキツいところでした。あと4kmとはまったく思えず、まだ4kmもあるのか、と。

ペースもガックリで、1キロ9分くらい。本人は走っているつもりでも、周囲は「お〜い、歩くなよぉ」という感じなのだと思います。

それでも、腕はぜったいに下げず、走る(両足が宙に浮く瞬間がある)姿勢をあきらめませんでした。

それが、わたしの走るにあたっての「流儀」だからです。って、なにを気取っているんだか。

いまにして思えばですが、「ユニフォーム」のおかげもありました。松井秀喜氏のユニフォームを着て、歩いていたのでは申し訳が立たないというものです。

松井氏がいちどでも打つことをあきらめたことがあるか? 勝つことをあきらめたことがあるか? そんなことを想いながら、耐えに耐えた4kmでした。コスプレさまさまです。

ゴールで見た「先輩」のスゴさ

なんとかかんとかゴール近くにたどり着くと、先にゴールをしていた先輩がスマホを構えてくださっていました。

なかば放心状態で走っていたのですが、カメラを向けられて反射的に両手を挙げたわたし。アイキャッチ画像(冒頭の写真)です。

初フルマラソン感動のゴール、もうちょっとカッコいいポーズがあったのでは…? というのは後の祭りでしかありません。

しかし、驚いたのはそのあとの先輩の動き。いったん、わたしの写真を撮ったあと、こんどはフィニッシュラインまで、「普通に走って」移動して、さらに写真を撮っていただきました。

レース中は全身着ぐるみでフルマラソン、そのうえ完走後も普通に元気だし。いっぽうのわたしは、脚を引きずるように帰路につき、最寄り駅の上り階段で悶絶。今は全身筋肉痛に悶絶。

これはまだまだ精進せねば、と思った次第です。

初マラソン完走に対して寄せられた家族の声

なにはともあれ無事完走。妻にLINEで、完走記録証の画像を送付。コメントが返ってきました ↓

” お疲れ様ー。完走おめでとう(クラッカーの絵文字付)”

そして、完走した旨を妻から聞いた娘(いよいよ今春、中学生)は、こう呟いたそうです ↓

” まだ、走ってたんだ。”

ガーーーン!! そ、そうね… 5時間半ですからね。たしかに娘が言うとおり、「まだ」走っていました…

いつかは「もう」走ったんだ(すごいね)、と言われるようになりたいです、お父さんは。

まぁ、自分で言うのもなんですが、5時間半走り続けるって、それはそれでスゴいことだと思ったりもします。

その半分以下の速さで同じ距離を走り終えるランナーはほんとうにスゴいですが、そのランナーの倍以上の時間をあきらめずに走っているランナーたちもスゴいだろ。

と言うのは負け惜しみなのだろうか? 

 

************
  きょうの執筆後記
************

ブログには書けない・書きにくいことその他。きょうの「執筆後記」は毎日メルマガでお届け中です。

よろしければメルマガ(無料)をご登録ください! → 登録はこちらから

スポンサードリンク



1 個のコメント

  • ABOUTこの記事をかいた人

    税理士レス経理エバンジェリスト、フリーランス型税理士。1975年生まれ。 フリーランスの経理・会社の銀行融資支援を得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!