中小企業がメガバンクから融資を受けるときの注意点まとめ

メガバンクからの融資の注意点




” 三菱UFJ・みずほ・三井住友… メガバンクから融資を受けたいな ”

というのであれば、気をつけるべきことがありますよ。そこで、中小企業がメガバンクから融資を受けるときの注意点をまとめてみます。

あまたある銀行のなか、メガバンクから融資を受けるなら

会社・事業で「銀行融資を受けよう」というときに。「銀行」と言ってもいろいろあります(下記【参考】参照)。

いろいろある銀行のなかでも、中小企業が「メガバンク」から融資を受けよう・受けたいと言うのなら。注意点がありますよ、というお話をしていきます。こちらです ↓

メガバンクから融資を受けるときの注意点
  • そもそも相手にされにくい
  • 融資希望額が少ないと難しい
  • 決算書が悪いと難しい
  • 借りれても、その後の見切りが早い
  • 他の銀行に悪影響が出やすい
  • 借りるならプロパーで

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

【参考】 銀行はいろいろ

ひとことで「銀行」言ってもいろいろな銀行(金融機関)があります。これをまず大きく分けると、「民間金融機関」と「公的金融機関(日本政策金融公庫など)」とに分かれます。

民間金融機関は事業規模によって、都市銀行、地方銀行、信用金庫・信用組合とに分けられます。

その中で「メガバンク」は、とくに総資産が大きい銀行とされ、具体的には、三菱UFJ・みずほ・三井住友の3つが該当します。

 

中小企業がメガバンクから融資を受けるときの注意点

中小企業が、メガバンクから融資を受けよう・受けたいというときの注意点について、お話をしていきます。

そもそも相手にされにくい

メガバンクが考えている融資先は、基本、「大きな企業」です。

いっぽうで、銀行としては小さい信用金庫・信用組合が考えている融資先は、「中小企業・個人事業者」です。地方銀行はその中間、になります。

このように、銀行には融資先についての「役割分担」があります。したがって、役割分担を理解して、自社・じぶんに合った銀行選びをすることが大切です。

中小企業がメガバンクから融資を受けようとすることは、銀行の役割分担にそぐいません。

ゆえに、「そもそも」相手にされない・されにくい、ということを覚えておきましょう。

CHECK! 融資を受けるならどこがいい?銀行選びの3ステップ

役割分担が生じるワケ

メガバンクはたくさんの預金を集めています。その豊富な資金量を活かして、低金利でも多額の融資をすることで収益をかせぐことができます。

低金利ですから、「たくさんの企業」が融資を受けにやってきます。するとメガバンクは、たくさんの企業のなかから「良い融資先(結果的に大きな企業)」だけを選ぶことができます。

メガバンクから借りることのできなかった企業は、地方銀行へ。地方銀行から借りることができなかった企業は、信用組合・信用組合へ。というのが、「役割分担」が生じる理由です。

融資希望額が少ないと難しい

メガバンクの融資は、「低金利・大量貸し」が基本のスタイルです。安心・安全な融資先(結果的に大きな企業が中心)を選び、たくさんのおカネを低金利で貸すことで収益をあげるスタイルです。

これが、「低金利・少量貸し」ではビジネスになりません。わずかな利息収入に対して融資審査・手続きの手間ばかり… ということになってしまいますから。

大きな資金が必要になることが多い「大きな企業」こそが、やはりメガバンクにとっては融資先の大本命です。

したがって、中小企業がメガバンクから小さな金額(数百万円)を借りよう、というのは難しいことなのです。

結論として、メガバンクから借りるのであれば、設備資金などまとまった金額が必要になるとき。と考えるのがよいでしょう。

決算書が悪いと難しい

さきほど、メガバンクの融資は「低金利・大量貸し」だというハナシをしました。「低金利」ですから、たくさんの企業が「メガバンクから借りたい!」と考えます。

たくさんの企業がやってくるメガバンクとしては、選別して良い企業にだけ融資をすればよい。ということになります。

その選別に使われるのが「決算書」です。決算書の内容が良いか悪いか、「数字」の良し悪しでシビアに見られます。

ですから、決算書が悪い(赤字、債務超過などの)企業は、メガバンクから融資を受けることは困難です。

いっぽうで、地方銀行や信用金庫・信用組合は、決算書以外の要素(経営者の人柄や個人資産・会社のようす・事業の将来性など)も評価をして、なんとか融資できないかを検討します。

比較的に決算書がきびしい企業が多く、数字だけでシビアに審査をしていたら融資先がなくなってしまうからです。

良いか悪いかは別にして、メガバンクの融資審査は「数字(決算書)」ありきの傾向があることは理解しておきましょう。

借りれても、その後の見切りが早い

ここまで、中小企業がメガバンクから「融資を受ける」のは難しい面があることをお伝えしてきました。

「融資を受ける」ときだけではなく、さらに、「融資を受けたあと」にも難しさがあることには注意が必要です。

メガバンクは、常にシビアであり、他の銀行に比べて「見切り」が早い。これを覚えておかなければいけません。

借入ができたとしても、その後に業績が悪化して決算書が悪くなると。驚くべきスピードで「姿勢」が変化することがあるのです。

イメージとして言うのであれば、いわゆる「貸しはがし」や「貸し渋り」のたぐい。すぐに資金の回収をはかります。

よって、「更新前提の短期融資」などは気をつけましょう。いちどは借りれても、状況が悪くなると次の更新(ふたたび同じ条件で借りる)にはきびしいのがメガバンクです。

地方銀行や信用金庫・信用組合は「気長」

驚くべきスピードで「姿勢」を変えるメガバンクに対して、地方銀行や信用金庫などは、比較的に気長に見てくれます。

ちょっと業績が悪くなったからといって、資金の回収をはかるようでは「地域」のウワサ(あの銀行は血も涙もない、みたいな)になってしまいます。

地元密着型のビジネスモデルである地方銀行や信用金庫などにとって、悪いウワサは致命傷になりかねない。ゆえに、比較的に気長という傾向があります。

他の銀行に悪影響が出やすい

メガバンクは見切りが早い、というハナシをしました。もしも見切られた会社が、他の銀行からも融資を受けている場合にどうなるか?

他の銀行も、基本、追随します。つまり、見切る方向に動こうとします。

銀行の世界は、いまも昔も変わらず「横並び」。あっちが貸すならウチも貸す。あっちが引くならウチも引く。というのが銀行の習性です。

したがって、メガバンクが資金回収に動いたことをきっかけに、他の銀行も回収に動く。回収まではしなくても、新規融資には渋くなる。ということはじゅうぶんに考えられます。

逆に、メガバンクから融資を受けられたことで、他の銀行からの評価が上がる。ということもありえます。銀行はとくに、じぶんの銀行よりも上位の銀行の動きには敏感なのです。

メガバンクから融資を受けること自体は悪くありませんが、そのような特性があることは押さえておきましょう。

借りるならプロパーで

メガバンクから融資を受けようと言うのなら、「プロパー融資」を狙うことをおすすめします。

プロパー融資とは、信用保証協会の保証付きではない融資のこと。銀行が単独でリスクを負って貸し出すのが「プロパー融資」です。

そうではなく、メガバンクから「保証協会付き融資」を受けた場合。業績悪化時には、やはり見切りをつけるのが早いです。

見切りをつけられるとどうなるか? 回収不能と判断して、保証協会への肩代わりを依頼する「代位弁済(だいいべんさい)」となります。

肩代わりをすると言っても、借金が「チャラ」になるのではなく、貸し手が銀行から保証協会に代わるだけです。原則、借金の額に変わりはありません。

これに対してプロパー融資の場合には、見切りをつけられると、「サービサー」という債権回収を専門にする民間業者に「債権譲渡」されます。

このとき銀行は「少しでも回収できればいい(マシ)」と考えることから、サービサーへの譲渡金額は残債金額よりも低くなります。

サービサーは譲り受けた金額以上に回収できればいいわけですから、もともとの残債金額よりも低い金額で、借り手との折り合がつく。ということになります。

CHECK! リスケもできないときの『代位弁済』『サービサーへの債権譲渡』とは?

ですから、借り手としては「さいごまできびしい保証協会付き」よりも、「さいごに期待がもてるプロパー融資」のほうがよい。という一面があります。

ちなみに、資金をたっぷり持っているのがメガバンクですから。ちょっとした融資にまでイチイチ保証協会を使わない、なんてプライドもあるようです。

銀行融資におすすめのメニュー

銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

まとめ

中小企業がメガバンクから融資を受けるときの注意点についてお話をしてきました。

基本的に、メガバンクは「数字(決算書)」にシビアでドライですから。こちらもその覚悟でおつきあいをすることが大切です。

地方銀行や信用金庫などと同じ感覚で融資を受けていると、いざというときに慌てることになりますから気をつけましょう。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!