リストづくりは効用いろいろ!〇〇リストをジャンジャンつくる

〇〇リストづくり




ToDoリストに買い物リスト、世の中にはいろいろなリストがありますが。

それぞれ効用を持つ「〇〇リスト」をジャンジャンつくってみよう!というお話です。

効用はいろいろな「〇〇リスト」をジャンジャンつくる

ToDoリストや買い物リストなど。世の中にはいろいろな「〇〇リスト」があります。

リストをつくることで、 忘れてしまうのを防いだり、ものごとを整理したり、優先順位をはっきりさせたり。その効用もまたいろいろです。

わたし自身、リストの効用を期待して、さまざまな「〇〇リスト」をつくり、管理・運用しています。

たとえば、次のような「〇〇リスト」です ↓

“わたしが実践している〇〇リストの具体例”
  • 日ごとToDoリスト
  • 場面ごと買い物リスト
  • きょうの心得リスト
  • きょうのあたらしいことリスト
  • やらないことリスト
  • やりたいことリスト
  • 失敗リスト
  • ショートカットキーリスト
  • セミナー開催直前リスト

それではこのあと、これらのリストについて順番にお話をしてみます。

 

わたしが実践している「〇〇リスト」の具体例

いろいろな〇〇リストをつくっているわたしですが。その具体例を挙げてみます。

日ごとToDoリスト

多くの人がなにかしらのカタチでつくっているのではないか。と思われる、おなじみの「ToDoリスト」。

「やることリスト」とか、「やるべきことリスト」などと呼ばれることもありますね。その名のとおり、やること・やるべきこと(=ToDo)が列挙されたリストです。

わたしもまた、ToDoリストをつくっていますが。「日ごと」に分けてつくっている、という点では特徴があります。

たとえば。9月15日というタイトルのToDoリストには、9月15日に完了すべきToDoだけを記載します。翌日以降に着手するToDoは、それぞれの日付に割り振ります。

こうはせずに、1枚のリストにすべてのToDoを列挙してしまうと。どこから手をつけてよいかわからくなったり、手をつけにくいToDoが残り続けたりします。よろしくありません。

というわけで、ToDoリストは「日ごと」でつくっています。もしも、その日に完了できないToDoがあれば、別日のToDoリストに繰り越します。

このようなToDoリストの作成・管理ツールとして、わたしはEvernoteを使っています。紙だと修正や繰越処理がメンドーですし、EvernoteならスマホでもPCでも同期できるので。

場面ごと買い物リスト

これまた、多くの人がこしらえているであろう「買い物リスト」。

わたしがつくる買い物リストの特徴としては、買い物の「場面」ごとにリストを分けているところです。

ここで言う「場面」とは、大きく分けると2つ。ネットか、リアルか。ネット店舗で買うものはネット用の買い物リストに、リアル店舗で買うものはリアル用の買い物リストに書き出します。

そのうえで、ネット店舗で買い物をするときには、ネット用のリストを見るようにすれば買い忘れはありません。リアル店舗で買い物をするときには、リアル用のリストを見ればいい。

さらに、これを細分化しておくと便利です。たとえば、「コンビニ用」とか「100均用」とか「スーパー用」とか。

それぞれの買い物の「場面」に合ったリストを見るクセさえついていれば、買い忘れることもなく・効率よく買い物をすることができます。

わたしは、買い物リストもEvernoteで作成・管理しています。

きょうの心得リスト

いまのじぶんがだいじにしている考え方・生き方を、箇条書きのリストにしたものです。

会社で言うところの「経営方針」にあたるようなものであり、わたしは「きょうの心得」と名付けています。

独立開業してしばらくたってからつくり、以来、これをわたしは毎朝暗唱しています(リストの作成・管理はEvernoteで)。

1日のはじまりに、じぶんの気持ち・姿勢を整えるための「儀式」のようなものでもあります。

フリーランスという立場に加え、仕事場は自宅兼事務所です。オンとオフの切り替えがユルくなりすぎないように、いくつかの「儀式」を持つようにしています。

5分間の瞑想(呼吸を整える)、寝巻きから着替える(出かけなくても)、神棚にお参りする、トイレ掃除をする、とかとか。

きょうのあたらしいことリスト

毎日ひとつ、きのうのじぶんがやっていなかったことをやろう、と決めています。

そこで、「きょうのあたらしいこと」を記録するリストをつくっています。

あたらしことと言っても、ほんのささいなことも含めて、きのうまで未経験なのであればなんでもOK、としています。

わたしはもともとが「保守的」なタチ、ということもあり。あたらしいこと・ものには奥手なところがあります(いまも、ですが)。

保守的が良いか悪いかは別として。毎日ほんの少しでもあたらしいことに触れてみる。あたらしいことに対する抵抗を下げ、あたらしいことをクセづけよう。

そんな趣旨で、このリストを運用しています。極端を言えば、「新発売のジュースを飲みました」だってよいわけで。とにかく、毎日なにかしらの「あたらしい」をリストに書き加えています。

なお、このリストについては、データベースと位置付けて「Excel」で作成・管理をしています。

やらないことリスト

これはやらないぞ、と決めていることをリストに列挙しています。そのまんまですが、「やらないことリスト」です。

よくよく考えてみたら「やらなきゃよかった」などということをやっていたりします(わたしは)。

じゃあ、次はやらないかと言うと、そういうわけでもなく。性懲りもなく、また同じことを繰り返していたりするんですね、これがまた。だってニンゲンだもの。

と、あきらめてばかりもいられませんから。「やらなきゃよかった」と感じることは、つどリストに加えて、じぶんに言い聞かせるようにしています。

前述した「きょうの心得」といっしょで、やはり毎朝暗唱です。こうでもしないとダメなようです、わたしの場合。

結果、「どうやらやらないことが定着した」と言えるようになったものはリストから外します。

この「やらないことリスト」は、Evernoteで作成・管理をしています。

やりたいことリスト

いわゆる「夢」とか「目標」とか言われるたぐいのことをリストにしたものです。

たとえば「ホノルルマラソンを完走する」とか。そういう「楽しみな未来」を文字にして、リストにしてみる。

アタマのなかにある、という状態もひとつですが。文字にして可視化することで、よりはっきりとじぶんでも認識をすることができるものです。

それをふとしたときに眺めてみると、思いのほか元気や勇気が出たりもしますから。文字にしておくことにはメリットがあります。

やりたいことリストもEvernoteで作成・管理しています。

失敗リスト

「やっちまった…!」という間違い・ミスについては、「失敗リスト」に列挙しています。

言うまでもなく、できるだけ同じことを繰り返さないようにするためですね。リストには失敗の日付・内容・原因などを記録しています。

それらを記録したらば、すぐに具体的な対応策も講じることもセットです。

なお、この失敗リストには、じぶんの失敗だけではなく、他人の失敗も記録するところに特徴があります。

たとえば。どなたかのブログ記事に、「こんな失敗をしてしまって…」などというハナシがあったとして。それを「他人事だとも言えないな」と感じたら。

じぶんの失敗と同じように、失敗リストに記録します。内容・原因を記録して、対策を考えます。

他人のことであれ、明日は我が身です。当事者視点を持つ訓練としても、失敗リストの記録を位置付けています。

このリストについては、データベースと位置付けて「Excel」で作成・管理をしています。

ショートカットキーリスト

パソコン操作について。コピーはキーボードの「Ctrl + C」で、という場合の「Ctrl + C」はショートカットキーと呼ばれます。

わたしは、パソコン作業の効率化のために、できるだけショートカットキーを身につけたいと考えています。

とはいえ、はじめのうちは覚えたつもりが忘れてしまったり、ということもあるもので。

そこで、身につけようとするショートカットキーについては、いったんリストに加えるようにしています。

リスト化しておけば、忘れてしまったときにもリストを見ればすぐにわかります。

以前は忘れるたびにネットでググっていたこともあり…これだと時間をムダにしますよね。

ショートカットキーに限ったことではありませんが、覚えたいこと・身につけたいことはリスト化をしておくのがおすすめです。

なお、ショートカットキーリストについては、データベースと位置付けて「Excel」で作成・管理をしています。

セミナー開催直前リスト

わたしは、毎月なにかしらのセミナーを開催しています。にもかかわらず(?)、気づけばウッカリとできていないことがあります。

たとえば、すぐに「え〜」と言ってしまうとか、早口になってしまうとか、手の位置がダラダラしているとか… ダメじゃん。

なので、セミナー直前に必ず確認する用のリストを準備しています。これを見て、ウッカリしないようにさいごの確認をするわけです。

これは一例で、「〇〇直前リスト」はほかにもあります。

仕事については、業務ごとに、着手する直前に確認する「〇〇業務直前リスト」。趣味であれば、「ランニングレース直前リスト」など(←先日の失敗を受けて、つい先日つくった)。

このようなリストを作成しておくことで、ウッカリを減らす効果が期待できます。

 

まとめ

〇〇リストをつくることで得られる効用について、わたしの実践例をもとにお話をしてきました。

リスト化すること自体に大きな手間はありません。リスト化を妨げるとすれば、「リストをつくる習慣・発想がない」ことだけです(わたしもはじめはそうでした)。

身の回りのことをひとまず〇〇リストにしてみましょう。効用に気がつけば、おのずと〇〇リストがジャンジャン増えるはずです。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  









ブログでは書けないことも…
無料メルマガを配信中!




ABOUTこの記事をかいた人

税理士ブロガー。銀行融資、税理士いらずの経理の立ち上げを得意にする、横浜市の諸留誕税理士事務所・所長。2016年4月、18年間の「勤め人」を脱して独立開業。以来、ブログを毎日更新中!