ひとり(フリーランス)がひとり(孤独)でいられるように、とやっていること

フリーランスが孤独いられるように

スポンサードリンク




フリーランスは孤独だ、と言うのであれば。それは、ある意味でしかたのないことです。事実、ひとりの時間・場面が多いのがフリーランスなのですから。

そこで。ひとり(フリーランス)がひとり(孤独)でいられるように、とわたしがやっていることについてお話をしていきます。

孤独の良さを活かすために、孤独の悪さにフタをする

” フリーランスとは、孤独なものである。”

などと言うと、異論が出るのかもしれませんが。

そうは言っても、フリーランスは「ひとり」でいる時間が多いものですし、「ひとり」で判断をしなければならない場面も多いものです。そう、会社員に比べれば。

もちろん、会社員に「ひとり(孤独)」の要素がまったくない、というわけでもないでしょう(集団のなかだからこその孤独感、とか?)。

それでもやはり、フリーランスのほうが「よりいっそう、ひとり(孤独)だ」というのが、以前は会社員だったわたしがいま実感していることです。

そんな孤独がもたらすものとして、「さみしさ」とか、「そこはかとない焦燥感」とか「自由すぎて怠惰」などを挙げるフリーランスは少なくないようです。

そのあたりは、当然と言うか、正直と言うか、わたしにも心当たりがありますね。はい。

いっぽうで、孤独には「孤独の良さ(自由!とか)」もあるわけで。その良さをじゅうぶんに活かすために、「孤独の悪い部分」にはしっかりフタをする。もう出てくんな!とフタをする。

というわけで。ひとり(フリーランス)を選んだ以上、ひとりで居続けることができるように。わたしがふだんやっていることのなかから一部、お話をしてみます ↓

フリーランスが孤独でいられるようにやっていること
  • 朝イチの瞑想
  • 習慣として走る
  • 型を持つ

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

フリーランスが孤独でいられるようにやっている3つのこと

朝イチの瞑想

「瞑想」なんて言うと、どこか宗教めいたイメージがあったりするのでしょうか。

また、ひとくちに「瞑想」と言っても、その「ていど加減」はさまざまあるようです。

そのなかにあって、わたしがやっている瞑想は、「とてもライト(軽い)」なものだと自覚をしています。手順としてはこんなカンジです ↓

わたしの瞑想手順
  1. 朝起きたらすぐにやる
  2. あぐらで床に座る
  3. タイマーをかける(わたしは2分)
  4. タイマーをスタートして目を閉じる
  5. 息をゆっくり(わたしは5秒くらいで)吸って、ゆっくり(やはり5秒くらいで)吐き出す
  6. できるだけ呼吸に集中して、ほかのことは考えない
  7. タイマーが鳴ったらおしまい

※ わたしは、上記の2分を2回やっています

上記のとおり。とくに難しいことはありませんし、時間や手間がかかるものでもありません。

では、この瞑想をすることで、「孤独」に対してどんな効果があるのか?

わたしの場合には、「気持ちのリセット」という効果を期待して続けています。

生きていれば毎日いろいろなことがありますからね。不安になったり、イライラしたり、悲しくなることもあるでしょう。

そういった気持ちについて、会社勤めをしていると、意外と会社に着いたらスイッチが切り替わる。気持ちがリセットされる。ということはあるものです。

通勤によって、イヤでも社会の空気に触れる。社内には上司・同僚・部下がいることによる緊張感からスイッチを入れざるを得ない。わたしはそうでした。

ところが、フリーランスになると。通勤もなし(自宅兼事務所の場合)、上司・同僚・部下もいない。外部的なスイッチはなく、気持ちがリセットしづらいのです。

そこで、気持ちをリセットする。とくに、ネガティブな気持ちを1日じゅうズルズルと引きずらないように、朝イチの「瞑想」を取り入れています。

前述した「瞑想手順」のなかに、「できるだけ呼吸に集中して、ほかのことは考えない」と書きました。これは、いわゆる「無心」を目指したものなのですが。

わたしは当然ながら、凡人・俗人のたぐいでして、無心になんてなれません(笑) だから、「呼吸」に集中します。

呼吸の長さ(秒数)を数えたり、呼吸の回数を数えたりに集中する。結果として、呼吸以外のこと・余計なことは考えない、という状況をつくるわけです。

この瞑想を、毎朝起きてすぐにやることが、1日をすっきりとした気持ちでスタートするきっかけになっています。

はじめは半信半疑でしたが、続けているうちに「一定の効果」があることを実感できました。ご興味あれば、ぜひいちどお試しを。

習慣として走る

会社員を辞めて独立してからは、習慣として「走る」ようになりました。ランニングです。

だいたい1回あたり 5km〜10kmの距離を、1ヶ月で 120kmくらい走ることを目標に続けています(最近のランニング記録は、当ブログの最下部にあります…ひそかに)。

「走る」のは、はじめはカラダの健康目的でしたが、いまではココロの健康目的でもあります。

走るという行為もまた「孤独」です。基本的には、ひとりで走るものですから。

また、たとえレースや大会などで周囲に人が居たとしても、本質的にはじぶんひとりです。「走り続けるのか? それとも途中で走るのをやめてしまうか?」は、じぶんしだいです。

「走る(とくに走り続ける)」のは、決してラクなことではなく、ときに「きびしさ」や「ツラさ」を伴います。

そこをひとりで乗り越えていくようすは、まさに「孤独に耐える」という状況そのものと言ってよいでしょう。

ですから、習慣として走り続けることで、走っているときに限らず、日ごろの「ひとり(孤独)」についても強さを発揮できるようになるのではないか。

ひいては、ココロの健康につながるのではないか、と考えています(ある意味、都合よく)。

走ることはストレス発散や脳の活性化などに貢献する、というのは科学的にも言われているところです。

実際わたしも、ひとりでモヤモヤしていたけれど走ってみたらスッキリした! という経験は数知れず。

走ることを習慣にして、あえて「ひとり(孤独)」になる。結果、孤独に強くなる。こちらも試してみるのはいかがでしょうか。

というハナシをすると。「なにが楽しくて走るのですか?」なんて言われてもしまうのですけど… なにごとも向き不向きはありますね、はい。

型を持つ

孤独のきびしさやツラさに耐えかねて、じぶんを見失ってしまう。ということが考えられます。

見失うまではいかずとも、じぶんの軸がブレてしまう。というのもありうることです。

そんなときに、お決まりの「型」を身に着けていれば、見失ったりブレたりはしづらくなることでしょう。

ですから、わたしはわたしなりの「型」を持つようにしています。前述した「瞑想」や「ランニング」も、「型」のひとつです。

たとえばほかにも、次のような「型」があります ↓

型を持つ、の例

上記のとおり。とても些細なものや「なんだそれ?」というものも含めて、いろいろな「型」を持っています。

そして、それらを日々、粛々と実行するようにしています。誰に言われるわけでもなく、誰のためにでもなく、じぶんのものとして実行し続ける。

そのようにして「確かな型」を身に着けたとき。じぶんの軸がよりハッキリするし、じぶんの軸がより太くなるのだろう。そのように考えています。

もちろん、その前提として「なにを型に選ぶか?」は重要です。もしも、じぶんに要らない型や、間違えた型の実行に励んでいるというのでは、もったいないハナシです。

そう考えると、「型選び」とともに、いちど選んだ型でも見直すことも必要でしょう。

それはそれとして、正しい型を選び、その実行に励んでいるというのであれば。いつどんなときでも(孤独のときにも)、強いじぶん・ブレないじぶんを打ち出すことに近づけることでしょう。

孤独のなかにあっても、じぶんが選んだ型を実行し続ける。だからこそ、孤独にも強くなる。そんな好循環を目指して(夢見て?)、きょうも型を実行しているわたしです。

 

スポンサードサーチ

まとめ

ひとり(フリーランス)がひとり(孤独)でいられるように、とやっていること。について、お話をしてきました。

孤独な時間・場面が多いのがフリーランスです。

孤独に悩んでいる、というのであれば。ただ悩んでいるよりもまず、対策を打ちましょう。本記事が、そのときの参考になりましたら幸いです。

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!