専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者3選

専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者

スポンサードリンク




”融資を受けたいけれど、銀行対応に自信がないんだよね…” と言うのであれば。専門家のチカラを借りるのもひとつの方法です。

そこで。専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者についてお話をしていきます。

専門家に報酬を支払ってでも得られる融資のメリットがある

会社・事業における銀行融資について。

会社が自社で、あるいは経営者がじぶんで融資を受けようとする方法以外に、税理士やコンサルタントなど「専門家の支援」を利用するという方法があります。

もちろん、支援を受ければ、専門家に支払う報酬もツキモノではありますが。それでも、専門家の支援を受けたほうがいい会社・経営者のお話をしていきます。

つまり。専門家の支援を受けることで、大きなメリットを得られるであろう会社・経営者について。次の3つのような会社・経営者が挙げられます ↓

専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者
  1. 銀行対応に自信がない
  2. 融資手続にかける時間が惜しい
  3. できるだけ大きい金額の融資を受けたい

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者3選

銀行対応に自信がない

自社・じぶんだけでは「銀行対応に自信がない」という会社・経営者は、専門家の融資支援を利用するのがよいでしょう。

言うまでもないことですが。自信がないままに対応して、勘違い・間違いをしている。結果、融資が受けられなかった… というのでは困ってしまいます。

銀行には「銀行特有の考え方」があることから、そこを理解していないと融資の成功は遠のくばかりです。

実際、わたしがお聞きする「融資を断られた」という話のなかには、「ほんとうは融資を受けられたはずなのに」と残念に思うものは少なくありません。

この点で、専門家は「銀行特有の考え方」を知っていますから、融資の「成功確率を上げる」ことに貢献できます。

CHECK! 「銀行員特有の考え方」の記事一覧はこちらから

もちろん、融資に絶対成功はない(絶対無理はある…)のですが、それでも豊富な知識や経験にもとづき、できる限りの知恵を絞り出すのが専門家でもあります。

この融資はなんとしても受けたい、失敗したくはない、というときほど。専門家の利用を検討することをおすすめします。

専門家に支払う「報酬」のデメリット(と言うのであれば)はありますが。融資を受けられずに資金不足に陥るデメリットとを比較検討してみましょう。

【参考】専門家に支払う報酬額

たとえば当事務所の場合、融資支援の報酬は「融資実行額 × 2%」。着手金なし、完全成功報酬です。

専門家によって、報酬額はいろいろですから比較してみましょう。その際、支援の「範囲」にも注意しましょう。どこまで支援してくれるのかも、専門家によっていろいろです。

ちなみに。専門家に支援を求めるのであれば、「できるだけ早い段階で」がおすすめです。ただ単に急かしているのではなく、「遅すぎてどうしようもない」というケースがとても多いからです。

専門家が考える銀行対応には、対応するのにふさわしいタイミングが存在します。ですから、「もうちょっと早ければ(やりようもあったのに)…」と言われてしまうことがないように。

銀行対応に自信がなければ、次の融資を待たずとも、いちど相談してみる・意見を求めてみるのがよいでしょう。

融資手続にかける時間が惜しい

融資を受けるとなると、「手続き」が発生します。

たとえば、各種書類の作成・準備があります。借入申込書、決算書(試算表)、資金繰り表、借入金一覧表、事業計画書など、これらすべてをゼロから準備するのはタイヘンでしょう。

慣れているのであればまだしも、不慣れな場合には、かなりの時間を費やすことになってしまいます。

経営者であれば、ほかにやるべき・やりたい仕事はあるわけですから、書類の作成・準備にかける時間は惜しまれるところです。

また、書類の作成・準備に加えて。融資手続きを進めるうえでは、融資の依頼・相談にはじまり、銀行との「折衝」にも時間がかかります。

これらに要する時間を、経営者の給料に換算すると「とても高額・とても割高」ということが少なくありません。

そもそも、経営者は「経営者にしかできないこと(会社の方向性を決める、など)」に時間を使うことが望ましく、他人に任せられる融資手続きは任せてしまったほうがよい。と考えることができます。

この点では、専門家に依頼することで支払う報酬も、「経営者の貴重な時間には変えられない」ということになります。

さらに、融資手続きについては、「ストレス」や「心労」を口にされる経営者も少なくありません。やはり、銀行対応は不慣れなものだからです。

したがって、このような場合にも、融資手続きを専門家に任せる積極的な理由になるでしょう。

【参考】書類がなくても融資は受けられる、について

「書類がなくても融資は受けられる」と言うのであれば、それはちょっと違います。

書類をきちんとそろえることで、融資の成功確率はよりいっそう上がるからです。また、状況が悪いときほど(赤字が大きいなど)、書類にもとづいた明確な説明が求められます。

「書類はメンドーだからつくらない」ことで、実はみずから融資の成功確率を下げているのだ、と理解しておきましょう。良くも悪くも、銀行は「書類文化」で成り立っています。

できるだけ大きい金額の融資を受けたい

自社・じぶんで銀行から融資は受けられる(自信も時間も問題ない)、という場合でも。できるだけ大きい金額の融資を希望するのであれば、専門家の支援も選択肢です。

その理由は、2つ挙げられます。

まず1つめの理由は、専門家が支援をすることで、銀行に対する説得力・信用力が上がるから。

前述してきたように、専門家は「銀行の考え方」を心得ていますから、銀行とのコミュニケーションがスムーズです。

銀行が求める書類を過不足なく準備し、的確な説明をすることができます。ゆえに、説得力・信用力を上げられるのが専門家です。

また単純に、専門家がついているのだから信頼できるはずだ、とのイメージもあるでしょう(あまり期待すべき部分ではありませんが)。

結果として、自社・じぶんだけでは難しいであろう金額の融資も実行できた、という事例は多々聞かれるところです。

専門家の支援を選択する2つめの理由は、専門家が支援をすることで、融資金額を引き上げるしくみがあるから。

日本政策金融公庫には「中小企業経営力強化資金」という融資制度があります。

これによれば、「認定経営革新等支援機関」という国が認定する専門家の支援を受けることを条件に、通常よりも融資限度額を引き上げることができます。

自社・じぶんだけでは融資を受けられない、大きな金額を希望する場合には、専門家のチカラを借りるべきケースと言えます(ただし、限度額まで借りられるかどうかは、会社の返済力などによります)。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています!当事務所は経営革新等認定支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者についてお話をしてきました。

支援を受ければ、専門家に支払う報酬もツキモノではありますが。それでも、専門家の支援を受けたほうがメリットがあるのかどうか。検討をしてみましょう。

専門家の銀行融資支援を受けたほうがいい会社・経営者
  1. 銀行対応に自信がない
  2. 融資手続にかける時間が惜しい
  3. できるだけ大きい金額の融資を受けたい

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。