試算表に見る、銀行融資を申し込む『良いタイミング』とは?

試算表と銀行融資のタイミング

スポンサードリンク




 銀行に融資の申し込みをするときに、「試算表」の提示を求められることがあります。

その試算表の提示には、良いタイミングもあれば悪いタイミングもある。というお話をしていきます。

試算表には、良いタイミングと悪いタイミングがある。

会社・事業における銀行融資について。

銀行は融資審査の材料として、「決算書」を重視しています。なにはともあれ、会社・事業の状況を「数字」で見てみたい、と考えているからです。

ところが。決算書の作成は、年1回。したがって、決算日から時間がたてばたつほど、決算書の情報は古くなる。

そこで、決算日から数ヶ月ていどを過ぎると、決算書の代わりに「試算表」で数字を見てみたい。と、銀行は考えます。「試算表を見せて」と銀行は言います。

では、その「試算表」について。銀行から融資を受けるのであれば、「良いタイミング」があるのはご存知でしょうか?

つまり。試算表を銀行に提示するのであれば、「いま融資を申し込むべき!」というタイミングが存在する、ということです。

1年を通じて、試算表の状態は刻々と変わります。その変化のなかには、良いタイミングもあれば、悪いタイミングもある。良いタイミングを逃さないようにしましょう。

というわけで。試算表に見る、銀行融資を申し込むのに「良いタイミング」について、お話をしていきます。良いタイミングは次の3つです ↓

銀行融資を申し込む「良いタイミング」
  • 単月黒字が続いているうちに
  • 現金預金の残高が多いときに
  • 「決算を見てから」と言われる前に

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

試算表に見る、銀行融資を申し込む「良いタイミング」

単月黒字が続いているうちに

決算書が黒字(利益がプラス)だと、銀行から融資を受けやすい。というハナシを聞いたことがある人・知っている人は多いことでしょう。

いっぽうで。試算表が黒字だと、銀行から融資を受けやすい。というハナシはそれほど知られてはいないようです。

なぜなら、決して少なくはない会社・個人事業者が、「赤字(利益がマイナス)」の試算表を銀行に見せて、融資を受けようとしているからです。

銀行が「黒字」を好むのは、決算書でも試算表でも同じこと。「黒字=返済力がある」と、銀行は考えています。

だったら、試算表が「赤字」というのはよろしくありません。黒字のときに融資を申し込むようにしましょう。

たとえば、決算から6ヶ月の試算表であれば。6ヶ月トータルの利益(累計利益)がプラスのとき、ということになります。

加えてもうひとつ。6ヶ月について、各月それぞれが「単月黒字」の状態がベストです。

よくないのは、6ヶ月それぞれの月が「単月黒字→単月赤字」と推移しているようなケース。これだと、6ヶ月累計で黒字だとしても、「先行き不安」の印象を与えてしまいます。

ゆえに、試算表を提示して銀行融資を申し込むのであれば、単月黒字が続いているうちに。と、覚えておきましょう。

【参考】かんたんに「単月赤字」で済ませない

年1回の決算書は黒字に!と考えるヒトは多いのに比べると。毎月の試算表は黒字に!と考えるヒトは多くありません。

ところが銀行は、「単月黒字」を評価します。であるならば、かんたんに単月赤字にしないことです。

たとえば、4月は黒字、5月は赤字という場合。ならしてみて2つの月とも黒字にはできないのか? もちろん、「許される経理処理の範囲内」でということですが、ぜひ検討するようにしてみましょう。

現金預金の残高が多いときに

試算表は「黒字」がいい、と前述しました。黒字、つまり、利益は多いほどいい。

ところで、銀行融資にあたって、多いほどいいのは利益だけではありません。

実は、「おカネ」も多いほうがいいのです。具体的には、試算表に掲載されている「現金預金」の金額。これが多いほどいい。

なぜなら、手元にあるおカネが多ければ、「貸したおカネを回収しそびれる危険は少ない(だから融資しやすい)」と銀行は考えるからです。

おカネを持っているなら貸す必要もないのでは?と考えがちですが、銀行はそうは考えないということです。

端的に言えば、「おカネがあるところにこそ、もっと貸したい」のが銀行のホンネでしょう。

ですから、試算表を提示して銀行融資を申し込むのであれば、現金預金の残高が多いときがベストタイミング。

たとえば、大口の売上について代金を回収、月末の現金預金が多くなっている。融資を申し込むには良いタイミングです。

現金預金は多いときもあれば、少ないときもある。だからこそ、現金預金が少なくなるときに備えて、現金預金が多いときに、融資を申し込んでおくことを検討しましょう。

手元のおカネが少ない会社・事業を銀行は嫌います。

「決算を見てから」と言われる前に

銀行が、会社・事業の「数字」を見るときに。決算書と試算表のどちらを重視するか、と言えば「決算書」です。

確定した数字である「決算書」に比べると、不確定な数字だと言える「試算表」は、信用力の面で劣るから。というのが、その理由です。

この点で。試算表を提示して融資申し込みをする際、銀行に「決算を見てから」と言われることがあります。

試算表の数字からは判断しかねるので、決算が終わってから。決算書を見てから判断しましょう、と言われることがある。

とくに、試算表の業績が振るわない(赤字、あるいはちょっとだけ黒字)とか、決算日が近いなどの状況で、そのように言われることが多いでしょう。

それでも、決算書ができるまで待てればよいのですが。そこまでは待てない、というケースも少なくありません。

であるならば。「決算を見てから」と言われる前に、融資の申し込みをしなければいけません。

いちばんの方法は、毎年、決算書ができた段階で、銀行に融資の相談をしておくことです。

決算書ができた段階で向こう1年を想像してみる。結果、向こう1年のあいだに融資を受ける可能性があるのであれば、あらかじめ相談(打診を含めて)をしておきましょう。

これをせずに、赤字になってから・おカネが無くなってから、場当たり的に試算表を提示するから、次の決算までお預けになるのです。

銀行は、計画性のある会社・事業を好みます。慌てず、余裕をもって対応することが大切です。

とはいえ、いまなんとかしたい。いま、銀行に「決算を見てから」と言われている状況をなんとかしたいのであれば。

試算表だけではなく、見込みの決算書(着地見込み)や、向こう1年ていどの予測資金繰り表なども提示して、銀行の不安解消をはかりましょう。

銀行は試算表の数字だけでは判断をしかねているのですから、相応の説得力・説得材料が必要になる。ということです。

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

試算表に見る、銀行融資を申し込む「良いタイミング」について、お話をしてきました。

1年を通じて、試算表の状態は刻々と変わります。その変化のなかには、良いタイミングもあれば、悪いタイミングもある。良いタイミングを逃さないようにしましょう。

銀行融資を申し込む「良いタイミング」
  • 単月黒字が続いているうちに
  • 現金預金の残高が多いときに
  • 「決算を見てから」と言われる前に

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!




ABOUTこの記事をかいた人

「銀行融資」と「税理士レス経理」支援を得意にする、横浜在住・ひとり税理士ブロガーです。ブログ・メルマガ毎日執筆、セミナー毎月開催中。ランニング、ディズニーリゾート好きです。