ヒトを雇う・モノを買うときでは遅すぎる!いますぐおカネを借りなさい【銀行融資】

ヒトを雇う・モノを買うでは遅すぎる銀行融資

スポンサードリンク




「ヒトを雇うときにはおカネを借りる」「モノを買うときにはおカネを借りる」

遅すぎます。いつかおカネを借りるつもりなら、借りるかもしれないのなら、いますぐおカネを借りなさい。というお話をしていきます。

「いますぐおカネを借りなさい」は暴論か?

会社・事業における銀行融資について。こんなハナシをよく見聞きします ↓

  • ヒトを雇うときには、おカネを借りよう(採用・教育)
  • モノを買うときには、おカネを借りよう(設備投資)

ヒトを雇う・モノを買うにはおカネがかかる。だからそのときに銀行融資を受けよう、ということですね。

一見、理にかなっているようではありますが、実はそうでもありません。

なぜならば、ヒトを雇うとき・モノを買うとき、というタイミングでは「遅すぎる」からです。

では、いつおカネを借りればいいのか?

いますぐ、です。いつかヒトを雇う・いつかモノを買うときに銀行融資を受けるつもりなのであれば、いますぐおカネを借りなさい。

などと言うと、「暴論だ!」と言われるのかもしれませんが。実際にタイミングが遅すぎて、しなくてもいい苦労をしている会社・事業はあるのです。

そこで、なぜいますぐ借りるべきなのか、ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる理由について、このあとお話をしていきます ↓

ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる理由
  • そもそも借りられるかどうかわからないから
  • 借りられるとしても間に合わないかもしれないから
  • おカネが無いから借りる、をずっと繰り返してしまうから

それでは、このあと順番に見ていきましょう。

 

スポンサードサーチ

ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる理由

そもそも借りられるかどうかわからないから

「ヒトを雇うときにおカネを借りよう」「モノを買うときにおカネを借りよう」と言う人は、次のような思い込みをしていることがあります ↓

『おカネは借りたいときに借りられる』

このような思い・考えがあるから、おカネを借りるならおカネが必要になったとき。つまり、ヒトを雇うとき・モノを買うときでいいや、となるわけです。

ところが。銀行はいつでもおカネを貸してくれるわけではありません。おカネが必要な会社・事業に、必ずしも融資をしてくれるわけではありません。

銀行が融資をするのは、「貸したおカネを返してくれる(あるいは返してくれそうな)会社・事業」に対してのみです。

端的に言えば、決算書の内容が良い会社・事業は融資を受けやすく、決算書の内容が悪い会社・事業は融資を受けにくい。

もちろん、融資の可否は「決算書だけ」で決まるわけではありませんが。「ほぼ決算書」で決まる、と言っても過言ではありません。

この点で、ヒトを雇う・モノを買うというときに、もしも決算書が悪かったらどうするのでしょう? ありえないハナシではないし、むしろ、じゅうぶんにありうるハナシです。

結果はさきほどお話をしたとおり、決算書が悪ければ融資が受けにくくなる。銀行融資に関して言えば、おカネは「借りたいときに借りられるわけではない」のです。

したがって、いつかおカネを借りるつもりであるならば、決算書が良いときにあらかじめ融資を受けておく。融資を受けて、手元におカネを備えておく。

それが「いますぐおカネを借りなさい」のことばが示す真意です。

借りられるとしても間に合わないかもしれないから

ヒトを雇う・モノを買うというときに、幸いにして「決算書の内容が良い」という場合。融資を受けられる可能性は高いでしょう。

けれども、その融資がヒトを雇う・モノを買うのに間に合うかどうか? は、また別の話です。

たとえば新規出店にあたり、店舗物件を押さえるために支払う保証金。もし、手元に支払うだけの自己資金がなかったら、物件を押さえることができません。

そこで、銀行に融資を依頼するにしても、融資審査には相応の時間がかかります。物件がよいものであればあるほど、そのあいだに物件は他の誰かに流れてしまうでしょう。

借りられるかどうか以前に「間に合わない」こともあるわけです。結果として、おカネが無いばかりにせっかくのチャンスを逃してしまうことになります。

会社・事業をしていると、手元におカネが無くても、ヒトを雇う・モノを買うことが求められる場面はあるものです。

おカネを使って、ヒトを雇う・モノを買うことで、窮状を打開せねばならない、成長・持続を目指したい。そういう局面はあるものです。

そのときに、手元のおカネが無い(自己資金が無い)。だから急いで銀行に… では、「手遅れ」もありうることを理解しておきましょう。

だから、いますぐおカネを借りなさい、借りられるときに借りておきなさい、というお話をしています。

おカネが無いから借りる、をずっと繰り返してしまうから

ここまで、ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる、というお話をしてきました。

「そうは言うけど」と、こんな言葉も聞こえてきます ↓

  • ヒトを雇うときにおカネを借りた(借りられた)
  • モノを買うときにおカネを借りた(借りられた)

誤解を恐れず、あえて言いますが、それは「たまたま」です。たまたま、運が良かったので借りることができた。そのように解釈をすべきです。

たまたま決算書が良かったから融資を受けられた。たまたま審査が早くて支払いに間に合った。たまたま、です。

融資をするかしないかを決めるのは銀行。審査にどれだけの時間をかけるかを決めるのも銀行。融資の可否・審査のスピードは、借り手がコントロールできるものではありません。

にもかかわらず。今回はうまく借りられたから、次回もだいじょうぶ、借りられる。と考えるのでは楽観的に過ぎるでしょう。

楽観も過ぎると(たまたまだと思えないと)、「おカネが無くなったら・足りなくなったら借りればいい」との発想に陥ります。

ところが、それが必ずしもうまくいかないのは、ここまでお話をしてきたとおりです。事実、おカネが無いのに借りられず、苦しんでいる会社・事業があります。

おカネが無いから借りようとするのは、たいへん難しく、苦しさを伴います。そうなる前に、いますぐおカネを借りる、という選択肢を持ちましょう。

【参考】理由もなく融資は受けられるのか?

ヒトを雇う・モノを買うなどの「理由」があるから、銀行融資を受けられるのではないか。理由もなく、あらかじめ(いますぐ)融資を受けることなどできるのか? と思われるかもしれません。

そのとおりです。いっぽうで、資金繰りを安定させるために「あるていどの余裕資金」を持つことも、融資を受ける理由になりえます。

手元に余裕資金ができると(加えて、決算書の内容が良いと)、銀行は「もっとおカネを貸したい」と考える傾向にありますので、さらに手元資金を潤沢にすることも可能なのです。

CHECK! 試算表に見る、銀行融資を申し込む『良いタイミング』とは?

銀行融資におすすめのメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」をするメニューをそろえています! 当事務所は経営革新等支援機関の認定を受けています。
銀行融資の記事まとめページ
銀行融資入門セミナー
銀行融資・財務のコンサルティング
銀行融資の個別相談

スポンサードサーチ

まとめ

ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる、というお話をしてきました。

いつおカネを借りるべきなのか? については、「いますぐ」がベストタイミングかもしれないことを理解しておきましょう。

えてして、ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎます。

ヒトを雇う・モノを買うときにおカネを借りるのでは遅すぎる理由
  • そもそも借りられるかどうかわからないから
  • 借りられるとしても間に合わないかもしれないから
  • おカネが無いから借りる、をずっと繰り返してしまうから

当事務所のサービスメニュー

モロトメジョー税理士事務所では、「銀行融資のサポート」と「じぶんで経理や確定申告をしたい個人事業者・会社のサポート」をするメニューをそろえています!
各種セミナー
融資コンサルティング
経理コンサルティング
税務顧問
個別相談
執筆・取材
セミナー講師

  

スポンサードリンク







銀行融資、経理・税金のご相談、コンサル・セミナー・執筆・取材のご依頼など

ご依頼・ご相談を受付中!